ご挨拶とは?

ご挨拶

読み方:ごあいさつ

名詞挨拶」に、接頭辞「ご」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ご挨拶

読み方:ごあいさつ

自分への失礼な言葉に対して言い返す時の言葉。「これはまた、ご挨拶で。」のように用いる。

ご挨拶

原題:
製作国:日本
製作年:1991
配給:東映アストロフィルム
スタッフ
監督:寺田敏雄 テラダトシオ

市川準 イチカワジュン

桃井かおり モモイカオリ
製作総指揮:櫻井五郎 サクライゴロウ
プロデューサー:森光正 モリミツマサ

島田十九八 

杉山恵 スギヤマメグミ

山本興三廣 
脚本:寺田敏雄 テラダトシオ

市川準 イチカワジュン

寺田敏雄 テラダトシオ
企画:稲垣博司 イナガキヒロシ

長根尾寿美江 
撮影:福元文一 フクモトフミカズ

小林達比古 コバヤシタツヒコ

鈴木達夫 スズキタツオ
音楽:梅林茂 ウメバヤシシゲル

鈴木さえ子 スズキサエコ

梅林茂 ウメバヤシシゲル
美術:村木忍 ムラキシノブ

丸山裕司 マルヤマユウジ

村木忍 ムラキシノブ
編集:阿部浩英 アベヒロヒデ

阿部浩英 アベヒロヒデ

高島健一 タカシマケンイチ
録音:高橋義照 タカハシヨシテル

瀬川徹夫 セガワテツオ

瀬川徹夫 セガワテツオ
スクリプター:酒井政利 サカイマサトシ

高岩震 タカイワシン
助監督:蘆田完 

月野木隆 

鈴木政信 スズキマサノブ
照明:海野義雄 ウンノヨシオ

中村裕樹 ナカムラユウキ

海野義雄 ウンノヨシオ
キャスト(役名
蟹江敬三 カニエケイゾウ (米倉正義
真行寺君枝[眞行寺君枝] シンギョウジキミエ (岡本昌代
林美里  (瀬田香織)
寺田農 テラダミノリ (水谷健一郎
小林勝彦 コバヤシカツヒコ (吉村
大出俊  (長谷部光男)
かがわゆきえ  (米倉陽子
佃美影  (松本麻子
中島唱子 ナカジマショウコ (大田原裕美子)
杉浦幸 スギウラミユキ (橋本ユキ
島田義宏 シマダヨシヒロ (加藤俊介
安田伸 ヤスダシン (コートの男
蓮舫 レンホウ (人事課の担当者
米山曼舞子  (白井秀子)
喜多川正子  (佐藤佳代
高原駿雄 タカハラトシオ (ハンコ屋親父
三浦賢二 ミウラケンジ (駅員宮川
桃井かおり モモイカオリ (村井啓子)
奥田瑛二 オクダエイジ (高杉修二)
イッセー尾形 イッセーオガタ (宮本英明
赤塚真人 アカツカマコト (村瀬邦夫)
古尾谷雅人 フルオヤマサト (曾根田豊)
木野花 キノハナ (吉崎和美
真木洋子 マキヨウコ (長谷川みどり)
石井くに子 イシイクニコ (千葉鈴子
伊藤公子 イトウキミコ (川崎富子)
北村総一朗 キタムラソウイチロウ (宴会係)
大口ひろし オオグチヒロシ (啓子の逃げた男
中原早苗 ナカハラサナエ (寿司バーママ
横山道代 ヨコヤマミチヨ (大森芳江)
中村嘉葎雄 ナカムラカツオ (釣り堀の男)
解説
日常で交わされる挨拶テーマに、現代生きるオンナ達の本質本音を三話形式オムニバスで描く。第一話脚本監督は「グッバイ・ママ」の脚本家寺田敏雄撮影福元文一第二話は「つぐみ」の市川準脚本監督撮影は「家庭教師」の小林達比古第三話は寺田敏雄脚本で、女優モモイカオリ桃井かおり)が監督撮影は「チー公物語 ネズミ小僧のつくりかた世紀末版」の鈴木達夫それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
イロイロ、ありまして〕タカミネ商事では、今日辞めることになった社長秘書瀬田香織がお別れのご挨拶をしていた。そして彼女がその挨拶の中での辞める理由として言った「その~イロイロ、ありまして」という発言から、会社様々な噂が飛び交う女子社員イジメか、男との関係か、はたまた幹部だけしか知らない社内秘密か。経理課長米倉は、社長命令により極秘に香織の退社理由を探るべく行動開始した。だが彼女の退社理由を探っているのは米倉だけではなく先輩昌代同僚裕美子とユキ、そして会社実権を狙う常務水谷様々な人間関係入り交じり、それが原因あげくの果て米倉家庭崩壊。つかれ果てた彼は退社決意し、香織同様に別れ挨拶を交わす。そして会社を去る米倉すれ違い海外旅行から戻った香織が現れるのだった。 〔佳代さん〕東京下町小さな駅の売店で働く白井秀子は今年で六五歳。早番遅番交替制で勤める彼女には、やはり今年で六五歳になる佐藤佳代という同僚がいた。ふたりとも戦争で夫を亡くし、今は身寄りもなく街の片隅古いアパートひとり暮らしている清楚老婆だった。ある日秀子は、佳代からハンコ屋おじさん再婚するという相談を受ける。ささやかな結婚式当日、秀子は思いもかけず、佳代友人として祝福のご挨拶をすることになる。普段はほとんど無口な秀子だったが「佳代さん、おめでとう」と、彼女は佳代祝福すべく、真心のこもった飾らない言葉でのスピーチを語るのだった。 〔NOW IT'S THE MOMENT IN OUR LIFE!!〕同棲中の男には逃げられ、勤め先オーナーは五歳の息子置き去りにしたまま行不明と、ツキに見放された啓子は、虚ろな気持ち埋め合わせをしようとひとり街を歩き回り、たどりついた先は行くつもりもなく返事出してなかった高校同窓会が行われているホテルだった。十八年振り再会した友人達。彼らは陽気に懐かしい話に興じている。高校時代憧れていた豊も来ている。誰も知らないことなのだが病気ダブって啓子は皆より二歳年上であることを少し気にしていた。そしてパーティ終わりに近づき締めのご挨拶を啓子がやるはめになる。「NOW IT'S THE MOMENT IN OUR LIFE!! 今、この時こそが私たち最良の時です」言葉探しながら必死に喋る啓子。しかし友人反応はなく、彼らの心は既に二次会へと動いていた。そんな中、豊だけが彼女の挨拶に静かな祝福送り、啓子を二次会へ誘う。だがいつの間にか幹事役を押し付けられていた啓子は、その場所聞く暇もなく後始末に追われてしまうのだった

ご挨拶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/05 05:33 UTC 版)

ご挨拶』(ごあいさつ)は、1991年公開の日本のオムニバス映画。






「ご挨拶」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ご挨拶」の関連用語

ご挨拶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ご挨拶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのご挨拶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS