開会とは? わかりやすく解説

かい‐え〔‐ヱ〕【開会】


かい‐かい〔‐クワイ〕【開会】

読み方:かいかい

[名](スル)会議集会を始めること。また、始まること。「司会者あいさつで—する」⇔閉会


開会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 19:03 UTC 版)

開会とは会議行事を始めることである。対義語は閉会。ここでは会期制を採用している議会日本国会など)においての開会について説明する。




「開会」の続きの解説一覧

開会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 03:41 UTC 版)

パリ講和会議」の記事における「開会」の解説

1月18日講和会議の開会が時計の間で宣言されそのまま講和会議総会開かれた開催後会議でまず検討されたのは会議形式であったウィルソン会議公開し会議内容自由な報道を許すよう主張した。しかし過去の秘密外交暴露世論左右されることを恐れたロイド・ジョージフランスステファン・ピション外相猛反対にあったこのため会議公開断念され、旧来の秘密会議形式取られることになった。 なお、この1月18日は、プロイセン王国成立1701年)の日、かつ、ドイツ帝国成立の日(1871年ヴェルサイユ宮殿鏡の間戴冠)でもあり、敗戦国ドイツにとって重要な日付でもあった。 1月25日には総会においてウィルソン提案委員会設置承認された。2月14日には三度目総会が行われ、委員会策定され国際連盟規約草案承認された。2月中旬から3月中旬まではロイド・ジョージウィルソン帰国しており、さらに2月19日クレマンソー暗殺未遂事件発生して不在であったため、外相達が会議取り仕切った3月中旬になってようやく平和条約具体内容討議中心となったウィルソン提示した諸原則そのもの他の首脳反対を受けなかったものの、彼らは「原則では賛成細目では反対」の交渉ウィルソン抵抗したフランスが最も強く要求したのはザール地方領有戦費賠償金全面的な履行ライン川左岸永久占領であった。この3案は四人会議紛糾させる最大の争点となったこれらの一種の心理的な飢餓状態」「戦争精神異常」と評されフランス側の対独警戒心緩和するため、イギリスフランス侵攻された際に援助する保障条約の締結でこれに代えようとしたが、合意見られなかった。 3月25日ロイド・ジョージは「フォンテーヌブロー覚書」を発表し、「新し戦闘挑発することのない講和」を目指すために、ドイツ過度の屈辱与えず履行可能な講和条件与えるべきとした。この覚書アメリカ賛意を持って迎えられたが、フランス首脳達は激怒したフランス英米間隙より大きくなり、4月2日にはフォッシュが「一週間以内平和会議は潰れる」と予言し4月7日には体調を崩していたウィルソン帰国準備命令する事態となった。またイギリス世論議会ではロイド・ジョージ賠償金問題ボリシェヴィキに対して弱腰であるという批判続発し4月15日から4月17日議会対策のため一時帰国し、「厳格な講和」を約束することとなった。 しかしロイド・ジョージ一時帰国した隙にクレマンソーハウス大佐を通じてウィルソン説得し連合国軍による15年ライン川右岸ザール占領を行うという妥協案に合意させた。イギリス抵抗した4月22日三国合意成立した。この合意を受けて4月20日米仏間、5月6日英仏間での軍事保障条約締結された。

※この「開会」の解説は、「パリ講和会議」の解説の一部です。
「開会」を含む「パリ講和会議」の記事については、「パリ講和会議」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「開会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「開会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

開会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパリ講和会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS