外相とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 様子 > 外相の意味・解説 

がい‐しょう〔グワイシヤウ〕【外相】

読み方:がいしょう

外務大臣のこと。

「外相」に似た言葉

がい‐そう〔グワイサウ〕【外相】

読み方:がいそう

外から見たその人のようす。

「―はいみじう清廉なるやうにて、偏頗といふ事つゆも気色現さず」〈無名抄


げ‐そう〔‐サウ〕【外相】

読み方:げそう

言語動作など外面表れたもの。また、美醜など外見上の姿。うわべ。外面

「―仮徳を以て是を見るべからず」〈正法眼蔵随聞記・一〉


外務大臣

(外相 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/13 16:57 UTC 版)

外務大臣(がいむだいじん)または外相(がいしょう)は、主権国家において外交政策の立案を補佐する政府閣僚




「外務大臣」の続きの解説一覧

外相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 01:10 UTC 版)

ヴク・イェレミッチ」の記事における「外相」の解説

2007年5月15日、イェレミッチはセルビアの外相に就任した政治評論家のシャシャ・ドラゴイロは、タディッチ政権における外務省唯一の任務は、コソボセルビア一部として留め置き、かりにコソボ独立宣言したとしても、ごく一部国家承認しか取り付けることができない状況確保することであった述べている。国内外セルビア人当初32歳のイェレミッチが有能な外相となれるのか懐疑的であった。「あなたが若く、みなあなたのことを初めてみたときには、そのほとんどはただ驚くばかりだろう。これは実際、彼らの心を開かせるという点ではよいことだ。・・・彼らはあなたの発言聞きたいと思うだろう。あなたは変わり者なのだから」とイェレミッチは述べている。 2008年2月コソボ一方的に独立宣言すると、イェレミッチはその自称国家国際共同体への統合反対する運動を開始した。5年間の外相在任中、イェレミッチは1000回航空機を利用し100か国以上を訪問した。イェレミッチは「世界の外相のうち、90%のことはとてもよく知っている」と述べている。2009年1年間には、700時間(およそ29日間)以上を機内過ごしたエコノミストは、イェレミッチ外相下のセルビア外交を「極端に強化されている」と表現している。「彼の不屈の旅は、ほとんどの国の外相を─セルビアのような小国の外相はとりわけそうだが─眠たげなのろまのようにみせる」と、同紙レポーター述べている。イェレミッチは、セルビアコソボ取り返すために武力を行使するつもりはないと繰り返し言明しセルビアはその主権領土一体性防衛するため、対話外交に訴える強調したコソボ広範な自治のためのあらゆる権利有するが、セルビア政府本格的な独立はけっして認めないとも主張したイスラエルのラウダー政治・外交戦略学院前における演説で、イェレミッチは次のように説明した私たちは、コソボアルバニアコミュニティ支配利害持たない私たちは彼らに税を課そうとも、彼らの地の治安維持しようとも、司法教育システムによって彼らをセルビア再統合しようとも思わない私たち通貨コソボ存在しなくとも、それでかまわない私たち軍隊また、彼らの地に駐屯していなくともよい。そして彼らは国際的な金融機関と関係を持ち国際競技連盟別個の会員資格有し海外にある種の代表を送り出しているが、私たちはそうした関係には干渉しない2009年、イェレミッチは国際司法裁判所 (ICJ) に対してコソボ独立宣言に関する拘束力のない勧告的意見求めた2010年7月ICJ独立宣言合法であったと判示した。イェレミッチはこれに対して領土紛争解決する手段としての一方的な分離自制するよう呼びかける決議を行うよう、国連求めた2010年7月末、イェレミッチはこの問題について、国連潘基文事務総長会談した2010年9月国連総会紛争双方当事者解決することを求め決議採択し、イェレミッチはこれを歓迎した。イェレミッチは、この決議が「誠実な対話を通して達成されるセルビア人アルバニア人間の包括的和平協定締結向けた建設的な雰囲気を醸成する手がかりとなる」ことを望む述べた。 イェレミッチの外相在任中セルビア近隣諸国との関係は劇的に改善した欧州連合米国との関係も、コソボをめぐる紛争存在するものの改善した2009年12月EUセルビア課していたビザ制限解除した。イェレミッチは12月19日ハンガリー入国しビザなしでEU入った初めてのセルビア市民となったそのとき、イェレミッチのパスポートスタンプ押したのはハンガリーのペーテル・バラージュ外相であった。イェレミッチの在任中セルビア旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷 (ICTY) に関する義務果たした2008年7月セルビア当局ボスニアセルビア人指導者であるラドヴァン・カラジッチ逮捕したカラジッチICTYから戦争犯罪人道に対する罪ジェノサイド容疑起訴され11年間にわたり潜伏続けていた。裁判のため、カラジッチ身柄速やかにICTY引き渡された。イェレミッチは、カラジッチ逮捕セルビアEU加盟国となるために全力取り組んでいるあらわれであると述べた。この3年後にはカラジッチ参謀総長であったラトコ・ムラディッチと、クロアチアにおけるセルビア人指導者であったゴラン・ハジッチも逮捕された。 2012年3月1日セルビアEUから加盟候補国地位与えられたセルビア2009年EU加盟申請していた。2012年5月セルビア大統領選挙民主党政権から転落すると、イェレミッチも外相の職を失い7月27日退任した。イェレミッチの外相として最後の訪問国ロシアで、彼はそこでロシアセルゲイ・ラブロフ外相と会談した

※この「外相」の解説は、「ヴク・イェレミッチ」の解説の一部です。
「外相」を含む「ヴク・イェレミッチ」の記事については、「ヴク・イェレミッチ」の概要を参照ください。


外相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 22:08 UTC 版)

パオロ・ジェンティローニ」の記事における「外相」の解説

2014年10月31日ジェンティローニ首相レンツィから、フェデリカ・モゲリーニ欧州連合外務・安全保障政策上級代表転出)の後任の外相に任命された。当時イタリア欧州連合理事会議長国であったため、同年12月期間満了まで、ジェンティローニはその議長国の外相の地位にあった当初ジェンティローニ政界関係者から後継候補とみられていなかった。レンツィ男女閣僚数の均衡を保つため、女性後任あてようとしたとの報道もある。ジェンティローニまた、外交専門家として有名ではなかった。 2015年2月13日ジェンティローニニュース専門チャンネル Sky TG24 とのインタビューで「要請があれば、イタリアリビアISIL(「イスラム国」)に対して空爆を行う用意があるイタリアから船でたった数時間ところに活発なテロリスト脅威あることを、イタリア政府容認できないからだ」と述べた。その翌日ジェンティローニイスラム国から名指しで十字軍敵国大臣などと非難され脅迫受けた2015年3月にはメキシコキューバ訪問したキューバではラウル・カストロ国家評議会議長会談しキューバとアメリカ合衆国の関係正常化に対するイタリア支持改め表明した2015年7月11日には、エジプトカイロ発生したテロ事件関連してイタリアは怯まない」と述べテロとの戦い続け意思明らかにした。同日テロ事件ではカイロイタリア総領事館外で自動車爆弾爆発し少なくとも1人死亡、4人が負傷した2015年12月ジェンティローニ内戦が続くリビア2つ政府国際連合アメリカ合衆国ロシア代表者からなる和平会議ローマで主催した。 外相在任中ジェンティローニ数多くイタリア市民拉致事件対処した2015年1月には、シリアテロリスト168日間拘束されていた2名のイタリア人解放交渉あたった。しかし、2016年1月25日には、ケンブリッジ大学在籍していたイタリア人学生エジプトカイロ拉致され殺害された2016年国際連合総会行われた2017年から翌年国際連合安全保障理事会非常任理事国をめぐる選挙では、イタリアオランダ最後のをめぐって争い、5回の投票経て決まらなかった。そのため、ジェンティローニオランダのベルト・クンデルス外相と会談し2年任期両国折半することで合意した。

※この「外相」の解説は、「パオロ・ジェンティローニ」の解説の一部です。
「外相」を含む「パオロ・ジェンティローニ」の記事については、「パオロ・ジェンティローニ」の概要を参照ください。


外相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:50 UTC 版)

椎名悦三郎」の記事における「外相」の解説

1964年昭和39年)の自民党総裁選池田佐藤栄作によって争われ川島派池田支持した総裁選激戦となった池田制して3選された。池田川島副総裁据え椎名第3次池田改造内閣外務大臣に就任した。外相に就任した際はマスコミからは奇想天外人事評され本人も「何でこんな人事考えやがったんだ」と外相就任難色示していた。この人事は前尾繁三郎の強い推薦よるものであったとされる同年9月池田首相喉頭がんにより入院し10月25日退陣発表された続いて組閣された第1次佐藤内閣でも外相に留任、「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」(日韓基本条約)の締結に向けて韓国側と交渉した。日韓交渉椎名政界に入る前の1951年昭和26年)から断続的に行われており、請求権問題漁業問題では大筋で合意していた。しかし、韓国内ではこのような合意に対して野党学生により「対日屈辱外交反対」が叫ばれており、韓国の政情不安有って交渉は度々中断された。この頃残された両国問題は日韓併合条約有効性韓国政府管轄権であった日韓併合条約については日本昭和20年無効主張し韓国当初から違法であり無効である主張したまた、管轄権については、日本韓国の支配領域北緯38度以南主張し韓国朝鮮半島全域管轄する唯一の合法正当政府であると主張した。これらについて椎名交渉相手李東元外務部長官へ玉虫色合意促すことで決着図ったまた、竹島領有権問題議題挙げなかった。李東元朴正煕大統領承諾を得たうえで椎名提案受け入れこれらの問題は棚上げされた。 1965年昭和40年2月韓国の金浦国際空港降り立った際に日本の過去を「深く反省すると声明を述べ、また当意即妙応答マスメディアを通じて韓国世論沈静化寄与し日韓基本条約仮調印漕ぎ着けた日本では椎名訪韓先立って椎名に対する不信任決議案が日本社会党民主社会党議員から提出されていた。提出理由はこの訪韓佐藤内閣言明していた懸案一括解決反しまた、出発前国会審議において訪韓目的説明せず、日本国憲法第73条違反にあたるなどとするものであったが、椎名帰国後に決議案否決された。椎名請求権問題未決定だった1億ドル以上とされた民間協力規模を3億ドル、また漁業協力について4000ドルと金額を定めた4月3日日韓両国外相は東京請求権漁業在日韓国人法的地位についての協定仮調印した。3協定仮調印後、日韓両国では野党学生による反対相次いだが、6月22日東京日韓基本条約及び関連協定両国外相により正式に調印された。日韓新聞各社妥結内容に対する不満をそれぞれ社説掲載した条約の批准を巡る、いわゆる日韓国会」では日本社会党日本共産党などの左派政党が「政権米国傀儡」として強硬に反対していた。椎名締結の責任者として答弁立ったが、椎名曖昧な答弁姿勢批判された。11月9日椎名に対する不信任決議案が再び提出された。提出理由日韓両国で全く意見の一致をみない重要事項について国民秘匿して調印行いアメリカ追従外交終始することで日本の国民的利益アジア平和に対して重大な障害与え無責任で不真面目な国会答弁をしたとされた。この不信任決議案採決先立って中野四郎らから答弁時間制限を設ける動議提出され可決された。議長船田中不信任決議案提出者楢崎弥之助西村関一帆足計穂積七郎松本七郎趣旨弁明通告されていた質疑制限時間超過理由として再三中止させ、投票翌日延会された。翌10日椎名に対する決議案25票差否決され12日与党による強行採決によって日韓基本条約と諸協定衆議院可決された。続いて参議院でも与党強行採決により12月11日可決され波乱の国会幕を閉じた12月18日ソウル日韓条約批准書交換式が椎名によって執り行われ日韓国交正式に結ばれた外相時代は、過去日韓関係に関して社会党戸叶里子議員から「深く反省しているとはどういう意味か」と問われしみじみと反省しているという意味でございます」と答弁したり、日米安保条約についての見解問われた際に、「アメリカ日本の番犬であります」と発言し野党議員から「大臣そんなこと言っていいのか」と発言の訂正促されると「番犬さまでございます」と表現したこうしたおとぼけユーモアは、本人落語好きに由縁している。また吉田書簡問題では、この外政策関わった書簡私信位置付けて公表反対続けたこの様な椎名所作により、椎名を名外相と評価する立場からも、「ものぐさ椎名」と揶揄されている1966年昭和41年1月には外相として戦後初となるソ連訪問しアレクセイ・コスイギン首相アンドレイ・グロムイコ外相と会談の末、日ソ航空協定日ソ貿易協定調印した

※この「外相」の解説は、「椎名悦三郎」の解説の一部です。
「外相」を含む「椎名悦三郎」の記事については、「椎名悦三郎」の概要を参照ください。


外相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 00:46 UTC 版)

アレクサンドル・ゴルチャコフ」の記事における「外相」の解説

1856年4月27日皇帝アレクサンドル2世により外務大臣任じられた。以降25年にわたってロシア外相としてロシア外交主導した

※この「外相」の解説は、「アレクサンドル・ゴルチャコフ」の解説の一部です。
「外相」を含む「アレクサンドル・ゴルチャコフ」の記事については、「アレクサンドル・ゴルチャコフ」の概要を参照ください。


外相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 13:35 UTC 版)

モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ」の記事における「外相」の解説

2013年7月23日ハサン・ロウハーニー次期大統領当時)が外相にザリーフ選任したとの報道流れたその後8月4日にロウハーニーが国会にザリーフ正式に推薦したことで、初めてこの報道裏付けられたこの人事は国会で承認されザリーフアリー・アクバル・サーレヒー後任の外相となった外相としてザリーフは、イランの核開発問題に関する6か国協議P5プラス1)を主導したその結果2015年7月14日包括的共同作業計画採択され2016年1月16日にはイランへの経済制裁が解除された。 2016年イランアメリカ兵10人を拘束した際には、アメリカケリー国務長官解放に向けホットラインで会談を行い短時間で問題終結させた。 2017年8月5日発足した第2次ロウハーニー政権でも引き続き外相を務め人事が国会に提示され留任した2018年5月アメリカイラン核合意離脱を受け、中華人民共和国始ま合意当事国歴訪するなど対応に追われた。アメリカによる経済制裁再開されたことでイラン経済苦境陥り合意失敗であったとして合意主導したザリーフの外相辞任要求議会から噴出し2019年2月25日、外相を辞任する意向表明したが、翌26日にロウハーニー大統領辞任却下27日ザリーフ辞意撤回した2019年5月15日-17日日本訪問安倍晋三首相河野太郎外相らと会談行った2019年6月13日イランの最高指導者アリー・ハーメネイー師と安倍首相会談してるさなかで起きたホルムズ海峡近くでの日本のタンカーへの攻撃懸念を表明して対話訴えた14日アメリカイラン犯行として非難していることに対して自らが度々主張している「Bチーム」(イラン敵対的なアメリカジョン・ボルトン補佐官イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相サウジアラビアムハンマド・ビン・サルマーン皇太子のこと)によるもの述べた20日イスラム革命防衛隊米軍無人偵察機撃墜した際はアメリカによる領空侵犯主張した2019年8月アメリカの経済制裁対象指定されホワイトハウスからの招待自らが断ったことを明かした

※この「外相」の解説は、「モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ」の解説の一部です。
「外相」を含む「モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ」の記事については、「モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ」の概要を参照ください。


外相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 09:25 UTC 版)

ムーサ・クーサ」の記事における「外相」の解説

2009年3月4日アブドゥル・ラフマン・シャルガム後任として全国人民会議議会に相当)によって、外相に当たる対外連絡国際協力書記指名された。 2009年4月リビア首都トリポリ開催されアラブ・マグレブ連合リビアアルジェリアモロッコモーリタニアチュニジア加盟理事会主催した2009年11月10日、アッ・シャルク・アル・アウサト紙のインタビューで、中国アフリカ投資に対して激しく批判した中国アフリカ多数労働者送り込むなど、「アフリカ半分占領しているようなものだ」と強い警戒感表明し中国振る舞いについてアフリカ大陸における過去植民地主義想起させる」と指摘したまた、対アフリカ支援は、リビア議長国務めアフリカ連合AUを通じて行うべきだと強調した

※この「外相」の解説は、「ムーサ・クーサ」の解説の一部です。
「外相」を含む「ムーサ・クーサ」の記事については、「ムーサ・クーサ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「外相」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

外相

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:41 UTC 版)

名詞

  1. がいしょう外務大臣のこと。
  2. がいそう外から見たときの様子
  3. (げそう)言語動作など外面表れたもの。また、美醜など外見上の姿。上辺外面

「外相」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



外相と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外相」の関連用語

外相のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外相のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外務大臣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴク・イェレミッチ (改訂履歴)、パオロ・ジェンティローニ (改訂履歴)、椎名悦三郎 (改訂履歴)、アレクサンドル・ゴルチャコフ (改訂履歴)、モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ (改訂履歴)、ムーサ・クーサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの外相 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS