死亡とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 死亡 > 死亡の意味・解説 

し‐ぼう〔‐バウ〕【死亡】

読み方:しぼう

[名](スル)人が死ぬこと。死去。「事故で—する」「—届け


死亡

死亡 1研究は死亡が人口与え影響を扱う。死亡率 2という一般的用語は、死亡 3頻度計るすべての(133-4)を意味する特定の形容詞なしで死亡率という用語が用いられ場合通常粗死亡率普通死亡率) 4訳注)を意味する粗率一般的議論については136-8参照)。これは通常年率であり、すなわち一年間生じた死亡数の、同一期間中に死亡リスクさらされていた人口に対する比率表されるこの人口は対象期間平均人口 5等しく、もし人口規模変化がかなり緩やかであれば平均人口通常大きな誤差伴わず年央人口代用することができる。部分人口101-6)の死亡に限って計算されたものを殊死亡率(134-6)といい、その中で性・年齢別死亡率 6最もよく用いられる。性を区別しない場合には年齢別死亡率 7となる。


死亡

作者マッシモ・ボンテンペルリ

収載図書わが夢の女ボンテンペルリ短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月1988.12
シリーズ名ちくま文庫


死亡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/22 04:05 UTC 版)

死亡(しぼう、: Death)とは、 日本民法戸籍法臓器移植法などの法令新聞などのマスメディア上、或いは、人口統計学などの学術などにおいて使用される、人のという事象を指す用語である。


  1. ^ 失踪宣告 | 裁判所”. www.courts.go.jp. 2022年3月5日閲覧。
  2. ^ 同時死亡の推定”. 遺産相続相談窓口. 2022年3月5日閲覧。
  3. ^ 戸籍法 | e-Gov法令検索”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年3月5日閲覧。
  4. ^ 臓器の移植に関する法律 | e-Gov法令検索”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年3月5日閲覧。
  5. ^ 戸籍法第八十六条 死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知つた日から七日以内(国外で死亡があつたときは、その事実を知つた日から三箇月以内)に、これをしなければならない。
  6. ^ 住民基本台帳法第二十五条 第二十二条第一項及び第二十三条の場合を除くほか、その属する世帯又はその世帯主に変更があつた者(政令で定める者を除く。)は、その変更があつた日から十四日以内に、その氏名、変更があつた事項及び変更があつた年月日を市町村長に届け出なければならない。
  7. ^ 国民健康保険施行規則第六条2 世帯主は、被扶養者でなくなつた者が生じたとき、又は前項第一号の記載事項(職業及び収入に限る。)に変更があつたときは、十四日以内に、その旨を市町村に届け出なければならない。
  8. ^ https://www.e-sogi.com/, いい葬儀(株式会社鎌倉新書) (2022年3月1日). “有名人・著名人の死亡記事100年分を調べてわかったこと” (日本語). はじめてのお葬式ガイド. 2022年3月5日閲覧。
  9. ^ 「死去」「死亡」「他界」「逝去」の意味と違い” (日本語). 社会人の教科書 (2020年7月28日). 2022年3月5日閲覧。


「死亡」の続きの解説一覧

死亡(加害者を除く7人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 23:49 UTC 版)

熊野一族7人殺害事件」の記事における「死亡(加害者を除く7人)」の解説

事件当日18時51分、玄関先に駐車してあった軽ライトバンでは以下4人の遺体発見された。

※この「死亡(加害者を除く7人)」の解説は、「熊野一族7人殺害事件」の解説の一部です。
「死亡(加害者を除く7人)」を含む「熊野一族7人殺害事件」の記事については、「熊野一族7人殺害事件」の概要を参照ください。


死亡(モールテ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 17:44 UTC 版)

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」の記事における「死亡(モールテ)」の解説

即死魔法対象死神身体突き抜けるような悪寒襲われ死に至る。主にワイズ真人に対するツッコミ使用この世界で死んだ場合棺桶閉じ込められてしまう。3巻メディ使用した際は実際に死神現れ対象すり抜けることで即死させる描写がされた。また9巻では全体即死魔法としても使用している

※この「死亡(モールテ)」の解説は、「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」の解説の一部です。
「死亡(モールテ)」を含む「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」の記事については、「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「死亡」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

死亡

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 03:43 UTC 版)

名詞

しぼう

  1. 生命がその活動永遠停止すること。ぬこと。

用法

死亡生存負傷行方不明昏睡などに対する語で、人間の状態や事故の分類などに用いる。一方に対する一般的な語である。

類義語

翻訳

参照

動詞

活用

翻訳

しぬ参照


「死亡」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



死亡と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

死亡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死亡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死亡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの熊野一族7人殺害事件 (改訂履歴)、通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの死亡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS