上皇_(天皇退位特例法)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 上皇_(天皇退位特例法)の意味・解説 

上皇 (天皇退位特例法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/30 15:21 UTC 版)

上皇(じょうこう、:emperor emeritus[1][2])とは、天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づき退位した日本天皇の称号。




注釈

  1. ^ 「皇太后」は英語でEmpress dowager(寡婦皇后)と訳されている。英語版のw:Empress dowagerの項目を参照。
  2. ^ なお、有識者会議のメンバーに日本史学を専門とする歴史学者は含まれていない。

出典

  1. ^ ご称号とお代替わりの基本用語 (PDF)”. 宮内庁 (2019年4月10日). 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ “The key ceremonies in Japan's Imperial succession” (英語). The Japan Times Online (ジャパンタイムズ). (2019年4月28日). ISSN 0447-5763. オリジナルの2019年4月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190429134454/https://www.japantimes.co.jp/news/2019/04/28/national/key-ceremonies-japans-imperial-succession/ 2019年4月29日閲覧。 
  3. ^ “【譲位特例法成立】天皇の退位等に関する皇室典範特例法(全文)、付帯決議(全文)”. 産経新聞. (2017年6月9日). http://www.sankei.com/life/news/170609/lif1706090058-n1.html 2017年6月10日閲覧。 
  4. ^ a b “上皇の英語表現、「Emeritus」と名誉職を明記へ”. 朝日新聞. (2019-02-25  ). https://www.asahi.com/articles/ASM2T4TRRM2TUTIL01Z.html 2019年2月25日閲覧。 
  5. ^ 「名誉教皇」の称号は引退した司教を「名誉司教」と呼ぶ習わしに基づいて造語された。
  6. ^ Japanese Emperor Akihito declares historic abdication - BBC
  7. ^ 天皇在位時代の上皇さまと上皇后美智子さまが|【西日本新聞ニュース】”. (2019年5月24日) 
  8. ^ 上皇さまと上皇后さまの今後 お出ましの機会は…、テレビ朝日”. (2019年5月2日) 
  9. ^ 上皇さま、国立科学博物館ご訪問 譲位後初、魚類ご研究で 産経新聞”. (2019年5月13日) 
  10. ^ “「令和」幕開け 新天皇陛下が即位”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2019年5月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44371710Q9A430C1MM8000/ 2019年5月27日閲覧。 
  11. ^ a b “天皇陛下、200年ぶり退位へ 憲政史上初、歴史的1年に”. 福井新聞. (2019年1月1日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/770010 2019年3月14日閲覧。 
  12. ^ a b c “平成の30年(8)天皇陛下退位へ 平成に幕 200年ぶり、憲政史上初めて”. 日本経済新聞. (2018年12月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39493270Y8A221C1947M00/ 2019年3月14日閲覧。 
  13. ^ “皇室どう変わる? ポイント整理”. 日本経済新聞. (2019年1月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39452790X21C18A2000000/ 2019年3月14日閲覧。 
  14. ^ 官房長官「特例法は先例になり得る」” (日本語). NHKNEWSWEB (2019年4月30日). 2019年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月1日閲覧。
  15. ^ “天皇退位「先例なり得る」=菅官房長官”. 時事通信. (2019年4月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019043000477&g=pol 2017年5月1日閲覧。 
  16. ^ “天皇退位、特例法が成立 一代限り退位容認”. 日本経済新聞. (2017年6月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H5T_Y7A600C1MM0000/ 2017年10月6日閲覧。 
  17. ^ 特例法附則第1条(施行期日)。
  18. ^ 特例法附則第1条第2項(皇室会議の意見聴取)「前項の政令を定めるに当たっては、内閣総理大臣は、あらかじめ、皇室会議の意見を聴かなければならない。」の規定に基づく。
  19. ^ 楊井人文. “産経「譲位」に用語変更 朝日も「生前退位」不使用 他社は表記の混乱も” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2019年1月18日閲覧。
  20. ^ 【譲位】産経新聞は今後、「生前退位」ではなく「譲位」とします」『産経新聞』、2016年10月28日。2019年1月18日閲覧。
  21. ^ 【譲位】朝日新聞は「生前退位」から「退位」表記に 広報部「内容に応じてふさわしい言葉を」」『産経新聞』、2016年10月29日。2019年1月18日閲覧。
  22. ^ “新称号、正しい理解に配慮=天皇退位・山内昌之東大名誉教授インタビュー”. 時事ドットコムニュース. (2017年5月2日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050200668&g=ryl 2017年6月27日閲覧。 
  23. ^ “「皇太后は未亡人の意味合い」 称号は「上皇后」に”. 朝日新聞デジタル. (2017年4月7日). http://www.asahi.com/articles/ASK465J9DK46UTFK010.html 2017年6月27日閲覧。 
  24. ^ 天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議 (2017年4月21日). “最終報告 (PDF)”. 首相官邸. 2017年8月1日閲覧。
  25. ^ 小松田健一 (2018年4月30日). “天皇陛下、退位まで1年 高輪で仮住まい 皇居・御所改修へ”. 東京新聞. オリジナルの2018年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180502002430/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018043002000121.html 2019年1月22日閲覧。 
  26. ^ 京都事務所の所掌事務を定める内閣府令及び宮内庁組織規則の一部を改正する内閣府令(平成31年内閣府令第25号)第一条。
  27. ^ 特例法 附則第1条(施行期日)、附則第10条(国民の祝日に関する法律の一部改正)。
  28. ^ 上皇ご夫妻が大正天皇陵に退位を報告 毎日新聞 2019年6月6日


「上皇 (天皇退位特例法)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上皇_(天皇退位特例法)」の関連用語

上皇_(天皇退位特例法)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



上皇_(天皇退位特例法)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上皇 (天皇退位特例法) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS