講書始とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 講書始の意味・解説 

講書始

読み方:こうしょはじめ
別名:講書始の儀

新春催される宮中行事で、天皇皇后両陛下をはじめ皇族方が、年のはじめに学界第一人者招き講義を受ける行事明治始めに開始されたとされる

現在の講書始では、人文科学社会科学自然科学の3分野について、それぞれ1名ずつ学者を招いている。2011年の講書始では佐々木毅・元東京大学総長ら3名により、2012年の講書始では佐々木丞平京都国立博物館長ら3名により講義が行われた。

関連サイト
講書始 - 宮内庁 皇室に伝わる文化

こう しょはじめ かう- [4]講書始

宮中新年儀式の一。一月天皇はじめ皇族国書漢書洋書三部分け学者一名宮中召して、御学問所進講を受ける儀式第二次大戦後人文・社会・自然の各科学から進講者が選ばれている。

講書始

読み方:コウショハジメ(koushohajime)

一月の中・下旬吉日行われる宮中新年行事一つ

季節 新年

分類 人事宗教


講書始

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 15:24 UTC 版)

講書始(こうしょはじめ)とは宮中行事の一環で、毎年1月に天皇の学問始(読書始)として学者による進講を行う。




  1. ^ 西角井正慶編『年中行事事典』p296、1958年(昭和33年)5月23日初版発行、東京堂出版
  2. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.53-54
  3. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.54
  4. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.54-55
  5. ^ a b c 『明治天皇の聖徳 教育』p.55
  6. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.55-56
  7. ^ a b c 『明治天皇の聖徳 教育』p.56
  8. ^ a b c 『明治天皇の聖徳 教育』p.57
  9. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.57-58
  10. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.58
  11. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.58-59
  12. ^ a b c 『明治天皇の聖徳 教育』p.59
  13. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.60
  14. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.60-61
  15. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.61
  16. ^ 『明治天皇の聖徳 教育』p.61-62
  17. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.62
  18. ^ a b c 『明治天皇の聖徳 教育』p.63
  19. ^ 官報第6761号、1906年1月16日
  20. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.64
  21. ^ a b 『明治天皇の聖徳 教育』p.65


「講書始」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「講書始」の関連用語

講書始のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



講書始のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの講書始 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS