磁気とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > 磁気の意味・解説 

じ‐き【磁気】


磁性

(磁気 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 02:15 UTC 版)

物理学において、磁性(じせい、: magnetism)とは、物質が原子あるいは原子よりも小さいレベルで磁場に反応する性質であり、他の物質に対して引力や斥力を及ぼす性質の一つである。磁気(じき)とも言う。


  1. ^ Fowler, Michael (1997年). “Historical Beginnings of Theories of Electricity and Magnetism”. 2008年4月2日閲覧。
  2. ^ Vowles, Hugh P. (1932). “Early Evolution of Power Engineering”. Isis (University of Chicago Press) 17 (2): 412–420 [419–20]. doi:10.1086/346662. 
  3. ^ Li Shu-hua, “Origine de la Boussole 11. Aimant et Boussole,” Isis, Vol. 45, No. 2. (Jul., 1954), p.175
  4. ^ Li Shu-hua, “Origine de la Boussole 11. Aimant et Boussole,” Isis, Vol. 45, No. 2. (Jul., 1954), p.176
  5. ^ Schmidl, Petra G. (1996-1997). “Two Early Arabic Sources On The Magnetic Compass”. Journal of Arabic and Islamic Studies 1: 81–132. 
  6. ^ a b A. Einstein: "On the Electrodynamics of Moving Bodies", June 30, 1905.
  7. ^ Heisenberg, Werner K. (1928). “zur theorie des ferromagnetismus”. Zeitschrift für Physik A Hadrons and Nuclei 61 (3-4): 619-636. 
  8. ^ Bloch, Felix (1930). “zur theorie des ferromagnetismus”. Zeitschrift für Physik A Hadrons and Nuclei 61 (3-4): 206-219. 
  9. ^ Stoner, Edmund C. (1930). “The magnetic and magneto-thermal properties of ferromagnetics”. Philosophical Magazine Series 7 10 (62): 27-48. 
  10. ^ Mott, N. F. (1949). “The Basis of the Electron Theory of Metals, with Special Reference to the Transition Metals”. Proceedings of the Physical Society. Section A 62 (7): 416. 
  11. ^ Anderson, P.W. (1959). “New Approach to the Theory of Superexchange Interactions”. Physical Review 115 (1): 1. 
  12. ^ B. D. Cullity, C. D. Graham (2008). Introduction to Magnetic Materials (2 ed.). Wiley-IEEE. p. 103. ISBN 0471477419. https://books.google.co.jp/books?id=ixAe4qIGEmwC&pg=PA103&redir_esc=y&hl=ja 
  13. ^ Catherine Westbrook, Carolyn Kaut, Carolyn Kaut-Roth (1998). MRI (Magnetic Resonance Imaging) in practice (2 ed.). Wiley-Blackwell. p. 217. ISBN 0632042052. https://books.google.co.jp/books?id=Qq1SHDtS2G8C&pg=PA217&redir_esc=y&hl=ja 
  14. ^ Griffiths, David J. (1998). Introduction to Electrodynamics (3rd ed.). Prentice Hall. ISBN 0-13-805326-X. OCLC 40251748 , chapter 12
  15. ^ Jackson, John David (1999). Classical electrodynamics (3rd ed.). New York: Wiley. ISBN 0-471-30932-X 
  16. ^ Milton, Kimball A. (June 2006). “Theoretical and experimental status of magnetic monopoles”. Reports on Progress in Physics 69 (6): 1637–1711. doi:10.1088/0034-4885/69/6/R02. http://arxiv.org/abs/hep-ex/0602040.  - Milton はいくつかの決定的でない事象に言及し (p.60)、「磁気単極子が存在したという証拠は全く残っていない」と結論している (p.3)。
  17. ^ Guth, Alan (1997). The Inflationary Universe: The Quest for a New Theory of Cosmic Origins. Perseus. ISBN 0-201-32840-2. OCLC 38941224 .



磁気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 23:26 UTC 版)

記憶装置」の記事における「磁気」の解説

磁気記憶装置は、ディスクテープ表面塗布され磁性体磁化パターン変化させることで情報記憶する磁気記憶装置不揮発性である。情報へのアクセス1つまたは複数読み書きヘッドを使う。ヘッドには電気信号と磁気信号相互に変換する変換器がある。ヘッド媒体表面ごく一部にしかアクセスできないので、ヘッド媒体移動させることでデータアクセスする現在のコンピュータでは、以下のような磁気記憶装置がある。 ディスクドライブフロッピーディスク(オフラインストレージとして使用ハードディスクドライブ二次記憶装置として使用磁気テープ装置三次記憶装置およびオフラインストレージとして使用初期のコンピュータでは、磁気ドラムメモリ磁気コアメモリコアロープメモリ薄膜メモリ磁気バブルメモリなどが一次記憶装置としても使われていた。また、磁気テープ二次記憶装置として使われることが多かった

※この「磁気」の解説は、「記憶装置」の解説の一部です。
「磁気」を含む「記憶装置」の記事については、「記憶装置」の概要を参照ください。


磁気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 01:57 UTC 版)

計量単位一覧」の記事における「磁気」の解説

磁気 ヘンリー - 透磁率:H エルステッド - 磁界 磁束密度:Bガウス テスラ - 1テスラは、104ガウスに等しいウェーバ - 磁束Wb マクスウェル - 磁束 ギルバート - 磁位

※この「磁気」の解説は、「計量単位一覧」の解説の一部です。
「磁気」を含む「計量単位一覧」の記事については、「計量単位一覧」の概要を参照ください。


磁気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 06:21 UTC 版)

第六感」の記事における「磁気」の解説

詳細は「磁覚を参照 磁気(地磁気)を感じ取る能力磁覚)が「第六感」と捉えられることもあり2019年3月東京大学カリフォルニア工科大学などの共同研究チームヒトには地磁気大まかに感じ取る能力があるとする研究成果米国専門誌発表した。なお、地磁気感じ磁覚については渡りなどの鳥類サケミツバチなどにその能力見られる

※この「磁気」の解説は、「第六感」の解説の一部です。
「磁気」を含む「第六感」の記事については、「第六感」の概要を参照ください。


磁気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 23:50 UTC 版)

ヘリウム二量体」の記事における「磁気」の解説

75テスラの非常に強い磁場の下で十分な低い温度であればヘリウム原子引き合い線状鎖を形成しうる。この状況は、白色矮星中性子星の中で起こりうる磁場増大すると、結合長解離エネルギー両方大きくなる

※この「磁気」の解説は、「ヘリウム二量体」の解説の一部です。
「磁気」を含む「ヘリウム二量体」の記事については、「ヘリウム二量体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「磁気」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

磁気

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:16 UTC 版)

この単語漢字

第六学年

第一学年
音読み 音読み

発音

じ↘き

名詞

(じき)

  1. (電磁気学) 磁石同士または、磁石電流間に作用する力根源鉄片引きつけたり、電流発生させる。

「磁気」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



磁気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

磁気のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



磁気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの記憶装置 (改訂履歴)、計量単位一覧 (改訂履歴)、第六感 (改訂履歴)、ヘリウム二量体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの磁気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS