使用とは?

し‐よう【使用】

[名](スル)人や物を使うこと。「会議室を使用するには許可がいる」「ストロボの使用は御遠慮ください


し‐よう【使用】

〔名〕

① 物や人をつかうこと。

正法眼蔵123153弁道話「群生とこしなへにこのなかに使用する、各各知覚方面あらはれず」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「妖婆按摩頓馬に至る迄を使用して」〔管子軽重丁〕

法律で、物をこわしたり、物に本質的な変更加えたりすることなく、その用法に従って利用すること。

民法明治二九年)(1896)二〇六条法令制限に於て自由に其所有物の使用、収益及び処分為す権利有す


使用

標章ついての商標法第2条第3項各号に掲げられている行為をいう。


使用

読み方:しよう

測量法30条では、国土地理院測量した基本測量成果を使用して測量する場合をいい、承認事項であるが、適正な利用であれば承認されてきている。

使用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/18 04:10 UTC 版)

使用(しよう)とは、道具使う(役立たせること)である。また、賃金を支払い、または権限によって他人労務に就かせることもいう。前者は利用ともいい、本項では前者、特に法律における使用を解説する。後者は雇用を参照。




「使用」の続きの解説一覧

使用

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:56 UTC 版)

名詞

使 しよう

  1. 使うこと。

発音

し↗よー

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
使用-する

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「使用」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のインディケーターとは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のインディケーターとは、チャートを分析するためのテクニカル指標のことです。MT4のインディケーターには、罫線分析ツール...

  • FXのティックとは

    FX(外国為替証拠金取引)のティック(tick)とは、取引時間の最小単位のことです。また、為替レートの値動きごとに描画したチャートをティックチャート、あるいは、ティックといいます。ティックの元データと...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でのVQの設定方法

    VQは、為替レートの変動率をもとに売買タイミングを計ることができるテクニカル指標です。正式にはVolatility Qualityといいます。VQは、FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT...

  • FXのレバレッジの計算方法は

    FX(外国為替証拠金取引)において、通貨ペアの売買の際に必要になるのが証拠金です。レバレッジは、証拠金と、通貨ペアの価格、通貨数により計算することができます。FXのレバレッジの計算方法は、次のような式...

  • バイナリーオプションの税金は

    バイナリーオプションは、金融商品取引法の定める店頭デリバティブ取引の1つです。店頭デリバティブ取引で一定の利益を確定した場合には確定申告が必要になります。バイナリーオプションの利益は、2012年から先...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「使用」の関連用語

使用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



使用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
かんこうかんこう
2021 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの使用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの使用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS