プリンターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気 > プリンター > プリンターの意味・解説 

プリンタ

別名:プリンター,印刷装置
【英】printer

プリンタとは、コンピュータ使って作成され文書、表、図形画像などのデータを、紙などの媒体印刷する機器総称である。

プリンタには様々な分類方法呼び名がある。一度の印刷で扱うデータ単位見れば文字単位印刷するシリアルプリンタ、行単位印刷するラインプリンタページ単位印刷するページプリンタなどがある。

印刷方式分類すると、プリンタはインパクトプリンタノンインパクトプリンタ2種類大別することができる。インパクトプリンタインクリボンを紙に打ち付けることで印刷を行うもので、それ以外の方法で印字するものはノンインパクトプリンタ分類されるノンインパクトプリンタは、さらに熱転写プリンタインクジェットプリンタレーザープリンタなどの種類分けることができる。

インクジェットプリンタは、インク圧力をかけて細いノズル先端からインクを紙に吹き付けて印刷する方式用いる。インクジェットプリンタは、レーザープリンタなどに比べると精細さや印刷速度に劣るが、小型化用意安価なため、家庭用などで広く普及している。

レーザープリンタは、感光体トナー付着させ、熱と圧力によって紙に転写する方式用いている。比較高価で小型化が難しいが、印刷速度速い上に静かで出力高精細である。レーザプリンタは主にオフィスなど業務用途利用されている。

熱転写プリンタは、さらに「溶融型」と「昇華型」に分けられる。「溶融型」の熱転写プリンタは、インクフィルム上の固形インクを熱で溶かし、紙に転写する方式であり、塗りつぶしや、明確な線の描画などに適しているインクジェットプリンタ各家庭普及する以前は個人向けのプリンタとしての主流であった他方、「昇華型」の熱転写プリンタは、インクフィルムに染み込ませ染料を熱で昇華させ、紙に転写する方式である。こちらは発色良さ微妙な色彩表現優れており、写真など出力適している

コンピュータのほかの用語一覧
プリンタ・スキャナ:  印字装置  印字ヘッド  ペンプロッタ  プリンタ  プロッタ  カッティングプロッタ  スキャナ

プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 16:48 UTC 版)

プリンター: printer)とは、印刷用の機械の総称である。印刷機(いんさつき)などの名称でも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 参考英文版カタログ; 活字をベルト状に一列環状にしたもの (PDF) 米国製GE TermiNet300プリンター;日本でもGEのタイムシェアリングシステムで相当数稼働した。インパクト音も比較的静な方式もの。

出典

  1. ^ MORKUM MODEL 11 TAPE PRINTER、タイプホイールによるテープ印刷型電信機 1921年製” (英語). www.baudot.net. 2010年1月5日閲覧。
  2. ^ Model 15-KSR Type-Bar Page Printer、キーボード付きページ印刷電信機” (英語). www.baudot.net. 2010年1月5日閲覧。
  3. ^ Model 14-TD (aka M14-XD) Transmitter-Distributor、穿孔テープ媒体の送受信機” (英語). www.baudot.net. 2010年1月5日閲覧。
  4. ^ TELETYPE MODEL 19 SET、テープ印刷型電信機とキーボード付きページ印刷電信機のセット” (英語). www.baudot.net. 2010年1月5日閲覧。
  5. ^ TELETYPE MODEL 28 PAGE PRINTER” (英語). www.baudot.net. 2010年1月5日閲覧。
  6. ^ TELETYPE MODEL 32 PAGE PRINTER” (英語). www.baudot.net. 2010年1月5日閲覧。
  7. ^ アメリカ合衆国特許5208609号 (PDF)
  8. ^ 「特集 UNIXツール」『インターフェース増刊 archive No.4』、CQ出版社、1987年3月1日、 19頁。
  9. ^ 日本のコンピュータ - 【富士通】 FACOM 6715D 日本語ラインプリンタ装置 IPSJ コンピュータ博物館、情報処理学会



プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 04:08 UTC 版)

ナイト2000」の記事における「プリンター」の解説

モニター下部スリットから出力されるテキストグラフ顔写真などをプリントできるビデオ再生機能併用され場合がある

※この「プリンター」の解説は、「ナイト2000」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「ナイト2000」の記事については、「ナイト2000」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 14:59 UTC 版)

3Dバイオプリンティング」の記事における「プリンター」の解説

通常のインクプリンターと同様に、バイオプリンタには3つの主要な構造物がある。これらは、「ハードウェア」、「生物学的なインク」(バイオインク)の種類」、およびそれが「印刷される材料生体材料)」である。「バイオインク」は、生きた細胞そのものもしくは生きた細胞含み後に細胞を含むゲルとなる物質材料とし、液体のように振るまい、望む形状作り出すために「印刷」される。バイオインクを作るために、細胞を含む液、ゲルを含むものが、「カートリッジ」として、特別に設計されプリンタ挿入されるバイオプリンティング潜在的な用途としての第一の候補は、静脈および動脈に代わる血管組織皮膚への移植片としての皮膚シート作成することである。 バイオプリンティング使用されているプリンタとしては、主要な3つの種類がある。インクジェット、レーザーアシスト、および押出プリンターである。また、それぞれの種類のプリンターに使用されるバイオインクには異な特性求められる例えば、インクジェットプリンタには、低粘度かつ造形面に着液後に瞬時に固まるバイオインクが必要である細胞影響与えず瞬時に固まインク素材としては、アルギン酸ナトリウム用いられてきたが、最近では西洋わさび由来ペルオキシダーゼ反応によって瞬時に固まるように処理したさまざまな高分子素材とするインク開発されている。押出プリンターのインクには比較的高粘度のものが使用可能であり、固まるまでに要する時間インクジェットインクほど速いものは必要ないインクジェットプリンタは主に、高速および大規模な製品バイオプリンティング使用される。ドロップオンデマンドインクジェットプリンタと呼ばれるインクジェットプリンタ1つタイプは、正確な量で材料印刷しコストおよび廃棄物最小限抑えるレーザ利用するプリンタは、高解像度の「印刷」が可能である。しかし、このプリンタ高価である押し出しプリンタ細胞を含むインクを、3Dプリンターのように、層ごとに押し出して印刷」し、3次元構造つくり出す細胞だけでなく、押し出しプリンターは細胞注入したハイドロゲル使用することもある。

※この「プリンター」の解説は、「3Dバイオプリンティング」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「3Dバイオプリンティング」の記事については、「3Dバイオプリンティング」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 22:24 UTC 版)

TRS-80」の記事における「プリンター」の解説

Quick Printer放電破壊プリンターであり、ビデオメモリ内容読み取って画面イメージを1秒で印刷する:16。しかしこれは拡張インタフェースとは非互換で、Disk BASIC におけるリアルタイムクロック使った一定間隔の割り込みとも非互換である。そのため、特殊なケーブル接続でカセットポートへの書き込みをプリンターのトリガーとする必要があった。

※この「プリンター」の解説は、「TRS-80」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「TRS-80」の記事については、「TRS-80」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 21:34 UTC 版)

タクシーメーター」の記事における「プリンター」の解説

主に、領収書発行利用する。「支払表示時にボタンを押す領収書発行される設定により、ボタン押さなくても自動的に発行されるものも存在するまた、データ表示内容印字可能で納金時に印字され内容沿え事務所納金することが義務付けられているタクシー事業者も存在する。プリンターを内蔵したタクシーメーター販売されている。印字方法は、ドットインパクト式かサーマル式が主流である。

※この「プリンター」の解説は、「タクシーメーター」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「タクシーメーター」の記事については、「タクシーメーター」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 01:08 UTC 版)

タイムレコーダー」の記事における「プリンター」の解説

タイムカード印字をするためのプリンター。現行品ではドットインパクトプリンター用いられることがほとんどだが、かつては活字用いるものが主流だった。前述の搬送部では、レール上をタイムカード移動するため、縦方向印字位置合わせることができるが、横方向印字位置については合わせることができないこのため、プリンターはレール上を左右に移動し調整した後で印字をすることになる。

※この「プリンター」の解説は、「タイムレコーダー」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「タイムレコーダー」の記事については、「タイムレコーダー」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:40 UTC 版)

沖電気工業」の記事における「プリンター」の解説

LEDプリンター ドットインパクトプリンター 複合機 大判プリンター 詳細沖データを参照

※この「プリンター」の解説は、「沖電気工業」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「沖電気工業」の記事については、「沖電気工業」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:02 UTC 版)

パーソナルコンピュータ」の記事における「プリンター」の解説

文書画像などを紙に印刷するための装置カラーインクジェットプリンターレーザープリンター主流である。最近[いつ?]ではパソコンなしでメモリーカード直接挿入したり、デジタルカメラUSBケーブルで直接接したりすることで、メモリカードカメラ内に保存されている画像文書印刷するともできるイメージスキャナとの複合機になったものもある。

※この「プリンター」の解説は、「パーソナルコンピュータ」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「パーソナルコンピュータ」の記事については、「パーソナルコンピュータ」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:32 UTC 版)

セイコーエプソン」の記事における「プリンター」の解説

ホーム向けインクジェットプリンター -日本国内では カラリオシリーズ で製品を展開。 ビジネスインクジェットプリンター レーザープリンターページプリンター)- 海外向けではAcuLaser(アキュレーザー)やWorkForceワークフォース)と呼ばれている。かつてはエスパーシリーズ、Interシリーズ展開されていた。現在は一部機種Offirioオフィリオブランドロゴ残っているものの、最近はOffirioロゴ付けていない機種出ている。レーザープリンター富士フイルムビジネスイノベーション京セラドキュメントソリューションズからのOEMドライバ製造元開発されたものをベースエプソン独自で手を加えたものを使用している 大判プリンター - かつてはMAXARTマックスアートシリーズ展開されていたが、現在はSureColor(シュアカラー)ブランド変わったデジタル捺染プリンター インパクトプリンター レシートプリンター - サーマル方式小型プリンターTMシリーズを展開。 ラベルプリンター プロフェッショナルフォトプリンティングシステム - CRYSTARIOシリーズ やSureLabシリーズなど写真店向けの製品。 プリンター消耗品 - インクカートリッジトナーカートリッジインクジェットプリンター用紙写真用紙光沢紙マット紙など)、リボンカートリッジなどのOAサプライ

※この「プリンター」の解説は、「セイコーエプソン」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「セイコーエプソン」の記事については、「セイコーエプソン」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 03:34 UTC 版)

ニンテンドウパワー」の記事における「プリンター」の解説

LoppiPOSレジ連動して伝票チケット類を印刷発行する機器ゲーム書き換えでは購入消去したゲームタイトル購入店舗などを記した利用者引き渡し用と店舗用の伝票発行された

※この「プリンター」の解説は、「ニンテンドウパワー」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「ニンテンドウパワー」の記事については、「ニンテンドウパワー」の概要を参照ください。


プリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 05:01 UTC 版)

ドットマトリクス」の記事における「プリンター」の解説

プリンターにおいては、低解像度インパクト式プリンターを主にドットマトリクス方式と呼ぶ。8本/9本/24本のピン並んでいて、タイプライターインクリボンのようなものにそれらピン叩きつけることで紙にドット転写するデイジーホイールプリンターラインプリンターといった活字プリンター区別する意味で、ドットマトリクスプリンターと呼ばれた。 しかし、今ではコンピュータ用プリンターのほぼ全てドット配列印字行っており、レーザープリンターインクジェットプリンターなどテクノロジー違い呼称するようになっているインパクト式プリンターは叩きつける圧力が高いため、今ではノーカーボン紙などによる複数重ねた帳票印刷などにのみ使われている。 電子式プリンターはイメージデータを2段階で生成する。まず、印刷すべき情報ラスターイメージプロセッサドットマトリクス変換する。このドットマトリクスラスターイメージ呼び印刷すべき情報ページ全体に対応しているラスターイメージ処理は Adobe Postscript などのページ記述言語使ってプリンター内で行う場合もあるし、コンピュータ内のプリンタードライバというソフトウェアが行場合もある。 1980年代初期のインパクト式プリンターは簡単なラスターイメージ処理機能備えコンピュータから送られてくる文字コードデータ内蔵の低解像度ビットマップフォント変換して印字していた。ドットマトリクス情報としては1行分の文字列対応する程度しか保持できなかった。グラフィカル画像印刷には外部でラスターイメージ理を行うこともできるが、処理そのもの時間がかかり、データ転送1行分ずつしか行えなかった。 ドット大きさはプリンターによって異なりドット格子形状一様でない場合があるアンチエイリアスのために境目小さドット使用するプリンターもある。また、ドット大きさ一様だが、紙を送る機構(ペーパーフィード)が通常より小さくステッピングすることで一様でない解像度実現する場合もある。 ドットマトリクス方式は紙以外へ印刷にも便利であるインクジェット方式インパクト方式ドットマトリクス様々な製品印字することが行われている。2次元コード印刷にも使うことができる。

※この「プリンター」の解説は、「ドットマトリクス」の解説の一部です。
「プリンター」を含む「ドットマトリクス」の記事については、「ドットマトリクス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プリンター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

プリンター

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 13:09 UTC 版)

語源

英語 printer借用

名詞

プリンター

  1. 広義印刷目的とした機械総称
  2. 狭義コンピュータからの情報出力するのに使用される機器

翻訳


「プリンター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プリンターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プリンター」の関連用語

プリンターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プリンターのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリプリンタの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプリンター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナイト2000 (改訂履歴)、3Dバイオプリンティング (改訂履歴)、TRS-80 (改訂履歴)、タクシーメーター (改訂履歴)、タイムレコーダー (改訂履歴)、沖電気工業 (改訂履歴)、パーソナルコンピュータ (改訂履歴)、セイコーエプソン (改訂履歴)、ニンテンドウパワー (改訂履歴)、ドットマトリクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプリンター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS