ボールペンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > ペン > ボールペンの意味・解説 

ボール‐ペン

ball-point penから》軸の円錐形になっている先端小さなボールはめ込んであるペン。書くときこのボール回転して、軸内から特殊インク出て筆記される。


ボールペン

作者三浦哲郎

収載図書三浦哲郎自選全集 第7巻 野・拳銃と十五の短篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3

収載図書
出版社講談社
刊行年月1990.4
シリーズ名講談社文芸文庫


ボールペン

作者小島貴征

収載図書読まれたいんですわ。私、本ですから
出版社郁朋社
刊行年月1998.10


ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/17 21:50 UTC 版)

ボールペンは、ペン先に小さな鋼を内蔵してあり、運筆とともに回転することで軸内のインクを滲出させて筆記する構造を持つ筆記具[1]精密機械であり、文房具の一種。


  1. ^ a b c d e f 意匠分類定義カード(F2) 特許庁
  2. ^ The New Oxford American Dictionary, Second Ed., Oxford University Press, 2005.
  3. ^ a b 小学館ランダムハウス英和大辞典』小学館
  4. ^ 日本語大辞典講談社、1989年
  5. ^ ボールペン」『Weblio英和辞典・和英辞典』
  6. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language, New College Edition, Houghton Mifflin, 1975.
  7. ^ 『新和英大辞典 第5版』研究社、2003年
  8. ^ Room, Adrian (1983). Dictionary of Trade Name Origins. Routledge. pp. 41. ISBN 0710201745. https://books.google.co.jp/books?id=Qdw9AAAAIAAJ&printsec=frontcover&hl=hu&redir_esc=y#PPA41,M1 2008年7月22日閲覧。 
  9. ^ a b c “パリの教室 風景変えた日本製ペン”. GLOBE(朝日新聞別刷り) (朝日新聞社). (2011年11月20日). http://globe.asahi.com/feature/111120/02_1.html 2015年5月12日閲覧。 
  10. ^ The first complete specifications appear to be UK 498997, June 1938 and UK 512218, December 1938; his rather basic Hungarian patent 120037 was dated April 1938. Collingridge, M. R. et al. (2007) "Ink Reservoir Writing Instruments 1905–20" Transactions of the Newcomen Society 77(1): pp. 69–100, page 80
  11. ^ a b c d Bellis, Mary. “About ballpoint pens”. About.com. 2014年2月閲覧。
  12. ^ Romanowski 1998.
  13. ^ ヒストリー”. BICジャパン. 2019年11月10日閲覧。
  14. ^ Bic Cristal Ballpoint pen”. The Museum of Modern Art. 2019年11月10日閲覧。
  15. ^ a b ボールペンの歴史はOHTOの歴史”. www.ohto.co.jp. OHTO. 2020年6月1日閲覧。
  16. ^ NASAがフィッシャーに開発を依頼したとか、NASAが開発に巨費を投じたとかといった言説が宣伝やジョークとして流布しているが、実際にはNASAはスペースペンの開発には関与していない。Steve Garber, "The Fisher Space Pen", NASA History Program Office
  17. ^ 日光ボールペンの広告『朝日新聞』昭和42年7月26日朝刊1面
  18. ^ a b 田幸和歌子 (2009年5月21日). “「水性ボールペン」はいま絶滅の危機にあるのか”. Excite Bit コネタ. エキサイト. 2016年12月4日閲覧。
  19. ^ オピ研: vol.02:パイロットのこだわり~おまけ~”. オピネット. マーケティング・コミュニケーションズ (2003年9月1日). 2016年12月4日閲覧。
  20. ^ 大河原克行 (2008年2月20日). ““油性ボールペン嫌い”が油性ボールペンをヒットさせた”. 日経BPネット. 日経BP社. 2020年1月6日閲覧。ウェイバックマシン
  21. ^ 【新製品】トリプラス ボール・油性ボールペン 新発売 ステッドラー(2018年12月1日)
  22. ^ 水性ボールペン W - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  23. ^ ボールぺんてる B50 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  24. ^ 杉本吏 (2008年8月25日). “キャップレスでもなめらかな書き味――パイロット、国内初のノック式水性ボールペン”. ITmediaエンタープライズ. アイティメディア. 2016年12月7日閲覧。
  25. ^ 水性ボールペン ユニボール UB-150 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  26. ^ 気圧や温度の急激な変化があった場合(直液式ボールペン)”. 三菱鉛筆. 2016年12月4日閲覧。
  27. ^ 水性ボールペン ユニボール UB-200 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  28. ^ ボールサイン(世界で初めての水性ゲルインキボールペン) GB280 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  29. ^ 井上繁康 (2002). “ゲルインキボールペンの開発”. 熱測定 (日本熱測定学会) 29 (5): 232-233. doi:10.11311/jscta1974.29.232. 
  30. ^ 油性・水性・ゲルインクの違いは何か|よくあるご質問|三菱鉛筆株式会社
  31. ^ ボールペンお役立ち情報: ボールペンのインキについて. 日本筆記具工業会(2002年)
  32. ^ ユニボールシグノノック式 500円タイプ”. 三菱鉛筆 (1998年10月). 1999年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  33. ^ ZEBRA 沿革
  34. ^ a b 滝田誠一郎消せるボールペンの系譜」(ウェイバックマシン
  35. ^ “公文書に消せるボールペン 京都・舞鶴市「認識甘かった」”. 京都新聞 (京都新聞社). (2015年4月7日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150407000019 2015年5月12日閲覧。 
  36. ^ フリクションボール(フリクションシリーズ各種)よくある質問 - パイロット社HP
  37. ^ 【ののちゃんのDo科学】ボールペンはなぜ書けなくなる? 空気や繊維でペン先が詰まるから『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2021年10月16日5面(2021年10月30日閲覧)
  38. ^ 欧州宇宙機関(ESA):"Pedro Duque's diary from space", ESA News, 2003年10月23日
  39. ^ a b Genocchio, Benjamin (2007年8月10日). “To See the World in Ballpoint Pen”. The New York Times (Manhattan, New York, USA: Arthur Ochs Sulzberger, Jr.). ISSN 0362-4331. OCLC 1645522. http://www.nytimes.com/2007/08/10/arts/design/10lee.html 2012年6月閲覧。 
  40. ^ Attewill, Fred (2011年9月29日). “Artist wins £6,000 art prize after using 3p ballpoint pens from Tesco”. Metro (Kensington, London, England: Associated Newspapers Ltd). ISSN 1469-6215. OCLC 225917520. http://www.metro.co.uk/news/877097-artist-wins-6-000-art-prize-after-using-3p-ballpoint-pens-from-tesco 2012年7月閲覧。 
  41. ^ a b Mylne, James (2010年). “About Ballpoints, & Using Them in Art”. Biro Drawing.co.uk. James R. Mylne. 2012年11月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月閲覧。
  42. ^ Tizon, Natalia (2007). Art of Sketching (illustrated ed.). New York City, New York, USA: Sterling Publishing. p. 84. ISBN 9781402744235. OCLC 76951111. https://books.google.co.jp/books?id=MeyF9BFQKZEC&pg=PA84&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  43. ^ Warhol, Andy; Slovak, Richard; Hunt, Timothy (2007). Warhol Polaroid Portraits. New York City, New York, USA: McCaffrey Fine Art. pp. intro. ISBN 9780979048418. OCLC 420821909. https://books.google.co.jp/books?id=MB1MGlION0MC&pg=PP8&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  44. ^ a b Liddell, C.B. (2002年4月3日). “The hair-raising art of Lennie Mace; Lennie Mace Museum”. The Japan Times (Tokyo, Japan: Toshiaki Ogasawara). ISSN 0447-5763. OCLC 21225620. http://www.japantimes.co.jp/text/fa20020403a1.html May, 2012閲覧。 
  45. ^ Lebron, Orlando (1998). “Media Graffiti”. Juxtapoz Art & Culture Magazine (San Francisco, California, USA: High Speed Productions) 17 (Winter, 1998). ISSN 1077-8411. OCLC 30889397. 
  46. ^ Liddell, C.B. (Jan 2002). “Getting the ball rolling in harajuku”. Tokyo Journal (Tokyo, Japan: Nexxus Communications K.K.) 21 (241): 36–37. ISSN 0289-811X. OCLC 13995159. 
  47. ^ Small, Suzy (August 19, 2005). “Ai Candy; exhibition preview”. Tokyo Weekender (Tokyo, Japan: BC Media Group) 2 (15): 16. http://www.tokyoweekender.com/archives/index.php?vol=2005&issue=15 May, 2012閲覧。. [リンク切れ]
  48. ^ Garnham, Emily (2010年4月16日). “Biro artist recreates Girl With A Pearl Earring masterpiece”. Daily Express (London, England: Northern and Shell Media). OCLC 173337077. http://www.express.co.uk/posts/view/169690/Biro-artist-recreates-Girl-With-A-Pearl-Earring-masterpiece 2012年6月閲覧。 
  49. ^ Battle, Bella (2011年1月12日). “Biro art is simply ink-redible”. The Sun (London, England: News International). ISSN 0307-2681. OCLC 723661694. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/features/2933676/Biro-art-is-simply-ink-redible.html 2012年6月閲覧。 
  50. ^ Holben Ellis, Margaret (1995). The care of prints and drawings (reprint, illustrated ed.). Lanham, Maryland, USA: Rowman Altamira. pp. 101–103. ISBN 9780761991366. OCLC 33404294. https://books.google.co.jp/books?id=RMevB4KjDRkC&pg=PA103&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  51. ^ Johnson, Cathy (2010). Watercolor tricks & techniques: 75 new and classic painting secrets (illustrated, revised ed.). Cincinnati, Ohio, USA: North Light Books. p. 123. ISBN 978-1-60061-308-1. OCLC 299713330. https://books.google.co.jp/books?id=M2Vik1EPOnAC&pg=PA123&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  52. ^ staff (2008年2月2日). “Simply birolliant - the incredible 10ft 'photographs' drawn with a ballpoint pen”. Daily Mail (England: Associated Newspapers Ltd). ISSN 0307-7578. OCLC 16310567. http://www.dailymail.co.uk/news/article-511688/Simply-birolliant--incredible-10ft-photographs-drawn-ballpoint-pen.html 2012年6月閲覧。 



ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:26 UTC 版)

ステッドラー」の記事における「ボールペン」の解説

アバンギャルド 振り子式多機能ペン機能油性ボールペンの黒・赤・青、シャープペンシル0.5 mm4つアバンギャルド ライト 振り子式多機能ペンで、アバンギャルド廉価版昨日油性ボールペンの黒・赤、シャープペンシル0.5 mm3つ437(トリプラス ボールボール径0.7 mm単色ボールペン。インク色はレッドブルーグリーンブラック4色425 25 2021年2月発売され油性ボールペンコンクリートボールペン 軸がコンクリートでできた油性ボールペン。軸は六角形TRX 三角軸のボールペン。表面には特殊なアルマイト加工されている。 その他、 消しゴム 製図コンパス 製図定規 オーブン粘土FIMO」 等がある。

※この「ボールペン」の解説は、「ステッドラー」の解説の一部です。
「ボールペン」を含む「ステッドラー」の記事については、「ステッドラー」の概要を参照ください。


ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 02:36 UTC 版)

松本亨の株式必勝学II」の記事における「ボールペン」の解説

証券会社キャンペーンもらえる。(効果不明

※この「ボールペン」の解説は、「松本亨の株式必勝学II」の解説の一部です。
「ボールペン」を含む「松本亨の株式必勝学II」の記事については、「松本亨の株式必勝学II」の概要を参照ください。


ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:22 UTC 版)

ケシカスくん」の記事における「ボールペン」の解説

大勢で悪の軍団結成したボールペン。おもちゃの兵隊のような服装で銃まで持っている。子供達の手シワをなぞりつくしたあと、世界中に爆弾を落とすという計画立てていた。ケシカスは彼らの書いたの上に砂を敷いて消しかかった

※この「ボールペン」の解説は、「ケシカスくん」の解説の一部です。
「ボールペン」を含む「ケシカスくん」の記事については、「ケシカスくん」の概要を参照ください。


ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:02 UTC 版)

ぺんてる」の記事における「ボールペン」の解説

油性ボールペン ビクーニャ/フィール 2000年代後半各社販売相次いだ、低粘度ボールペン。ぺんてるでは2010年に「ビクーニャ」を発売潤滑剤着色剤配合し滑らかで筆跡が濃い書き味実現2014年からはスプリングクリップ採用したフィール」も展開している。 ゲルインクボールペン スリッチ(生産終了極細ペン自分で好きなリフィルセット出来る「スリッチーズ」もあった。現在は、アイプラスリフィルとして残る。 エナージェル 独自の粘度インク採用し滑らかな書き味速乾性実現している。派生品に「フィログラフィ」や「ユーロ」、「エックス」、「インフリー」が存在する。「ユーロ」は一体成型使い切りタイプで、ペン先完全に固定されスリムボディという特徴を持つ。かつては、「トラディオプラマン」をベースにした「エナージェル トラディオ」も販売されていた。 ハイブリッド 中性ボールペンとして発売された、ぺんてる初のゲルインクボールペンキャップ含めてクリアでスリムな多角形ボディ特徴で、インク残量一目で分かるようになっている滑り過ぎない適度な抵抗感のある書き味人気となった初期グリップは細かい溝があり無色だったが、1990年代中ごろには黒色プリントになっている派生品除く)。同様にインクの色が濃くなり、ペン先の素材洋白からステンレス変わっているまた、派生品として絹物語というラメ入りボールペンや極細タイプニードルポイント特徴のハイブリッドテクニカなど多数発売されていたが、日本では次々と販売打ち切り2016年以降定期販売0.5mmの黒・赤・青色のみになった2017年からは「デュアルメタリック」が数量限定ながら毎年生産され2019年は「ミルキー」が復刻された(インクはより彩度明るいものに変更されている)。 水性ボールペン ボールPentel 1972年発売海外では1970年先行発売)。樹脂チップ採用しており独特の書き味特徴。現在日本ではB100(ボール径0.6mm)の黒・赤・青色のみ販売されているが、2017年には発売45周年としてフランスで製造されている0.8mm版が数量限定販売された。かつてはB50タイプ販売されていた。ボールぺんてる細字>のみ書かれた物も存在するマイクロボール(MR205) 金属チップ耐久顔料インキ採用ボール径は0.5mm。かつて赤インク存在最後黒インクのみ残ったが、2017年生産中止SUPERBALL(廉価型) かなり表記や型が変わった回数の多い水性ボールペン。BH16(0.6mmボール、軸は濃いメタリックブルー)とBH14(0.4mmボール、軸はメタリックライトブルー)の2つ存在する定価100円

※この「ボールペン」の解説は、「ぺんてる」の解説の一部です。
「ボールペン」を含む「ぺんてる」の記事については、「ぺんてる」の概要を参照ください。


ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 14:38 UTC 版)

シャーボX」の記事における「ボールペン」の解説

ボールペン替え芯油性インクエマルジョン、ジェルインクボールペンの3種類がある。金属レフィル使用しているため、やや高い価格になる。 油性ボールペン価格88円(0.4mmのみ110円)で、0.4mm/0.5mmは黒のみ、0.7 mm/1.0mmには黒、赤、青、緑がある。 エマルジョンボールペン価格176円で、0.5mmおよび0.7 mmの黒、赤、青、緑。 ジェルインクボールペンは全て176円、0.4mmおよび0.5 mmブラックカーマインレッドロイヤルブルーエメラルドグリーンブルーブラック発売当初エバーグリーンセピアボルドー、0.7 mm蛍光マゼンタ製造されていた。

※この「ボールペン」の解説は、「シャーボX」の解説の一部です。
「ボールペン」を含む「シャーボX」の記事については、「シャーボX」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボールペン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ボールペン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:25 UTC 版)

名詞

ボールペン

  1. 先端たま回転することによってインクにじみ出るペン

語源

翻訳

関連語

主な筆記用具

「ボールペン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ボールペンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボールペン」の関連用語

ボールペンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボールペンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボールペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのステッドラー (改訂履歴)、松本亨の株式必勝学II (改訂履歴)、ケシカスくん (改訂履歴)、ぺんてる (改訂履歴)、シャーボX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのボールペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS