ステンレス鋼とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ステンレス鋼の意味・解説 

ステンレス‐こう〔‐カウ〕【ステンレス鋼】


ステンレス鋼

英語 stainless steel

耐食性向上させる目的でクロムまたはクロムニッケル含有させた合金鋼で、一般にクロム含有量が約12以上の鋼をステンレス鋼という。クロム含有したステンレス鋼では、表面クロム酸化物皮膜形成され腐食反応抑制される効果がある。その組織によって、マルテンサイト系フェライト系オーステナイト系、オーステナイト・フェライト系および析出硬化系5つ分類される自動車へのおもな用途は、排気ガス系のモールマフラーなどに耐熱耐食ステンレス鋼が使用される

ステンレス鋼

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ステンレス鋼

stainless steels
耐食性向上させる目的でクロム又はクロムニッケル含有させた合金鋼一般にクロム含有量が10.5%以上の鋼をステンレス鋼といい、主としてその組織によって、マルテンサイト系フェライト系オーステナイト系、オーステナイト・フェライト系及び析出硬化系五つ分類される

ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 11:58 UTC 版)

ステンレス鋼(ステンレスこう、: stainless steel)とは、に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下のと定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された


  1. ^ a b c d 小林 裕、2013、「特集/エネルギー・インフラ技術を支えるステンレス鋼 II. ステンレス鋼の種類、性質と適用状況 ステンレス鋼とは何か」、『特殊鋼』62巻6号、特殊鋼倶楽部、2013年11月 pp. 6–7
  2. ^ a b 野原 2016, p. 25.
  3. ^ 遅沢 2009, p. 5; 平松(監修) 2005, p. 9.
  4. ^ 平松(監修) 2005, p. 9; 橋本 2007, p. 152.
  5. ^ Chapter 72 Iron and steel”. HS Nomenclature 2017 edition. World Customs Organization. 2020年9月28日閲覧。
  6. ^ ISO 15510: 2014, Stainless steels — Chemical composition
  7. ^ a b JIS G 0203:2009「鉄鋼用語(製品及び品質)」日本産業標準調査会経済産業省) pp. 19–20
  8. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 1-1; 野原 2016, p. 95; 平松(監修) 2005, p. 9.
  9. ^ a b c 平松(監修) 2005, p. 10.
  10. ^ ステンレスとは”. ステンレス協会. 2020年3月28日閲覧。
  11. ^ 野原 2016, p. 15; 遅沢 2009, p. 5.
  12. ^ a b ジョナサン・ウォルドマン、三木 直子(訳)、2016、『錆と人間 : ビール缶から戦艦まで』初版、築地書館 ISBN 978-4-8067-1521-4 p. 78
  13. ^ a b The Discovery of Stainless Steel”. British Stainless Steel Association. 2020年3月28日閲覧。
  14. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. Britannica Japan Co., Ltd.. 2019年11月11日閲覧。
  15. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 1–2.
  16. ^ 『ステンとサス』”. 夢通信平成16年1月号. 衣川製鎖工業. 2020年3月28日閲覧。
  17. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 3–6; Cobb 2010, pp. 7–8.
  18. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 6&dash, 8.
  19. ^ 野原 2016, p. 15; 大山・森田・吉武 1990, pp. 9–10; 田中(編) 2010, p. 17; 鈴木 2000, p. 55.
  20. ^ 田中(編) 2010, p. 18; 大山・森田・吉武 1990, p. 8; 野原 2016, p. 15; 鈴木 2000, p. 55.
  21. ^ a b 遅沢 浩一郎、2011、「講座:ステンレス鋼活用の基礎知識 ―歴史、特性、耐食性― 1.ステンレス鋼の歴史と製造」、『材料』60巻7号、日本材料学会、doi:10.2472/jsms.60.680 p. 681
  22. ^ 鈴木 2000, p. 98.
  23. ^ 大山・森田・吉武 1990; 野原 2016, p. 9; 田中(編) 2010, p. 15; Cobb 2010, p. 18.
  24. ^ Cobb 2010, p. 8.
  25. ^ 菊池 2015, p. 37.
  26. ^ a b 鈴木 2000, p. i.
  27. ^ 鈴木 2000, pp. 128–129, 139–140.
  28. ^ 田中(編) 2010, p. 20; ステンレス協会(編) 1995; Cobb 2010, p. 752; 大山・森田・吉武 1990, p. 309.
  29. ^ a b ISSF 2020, p. 3.
  30. ^ 菊池 2015, p. 43; 大山・森田・吉武 1990, p. 14.
  31. ^ 遅沢 2009, p. 6; 田中(編) 2010, p. 95.
  32. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 94; ステンレス協会(編) 1995, p. 770.
  33. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 94.
  34. ^ 佐藤 昌男、2015、「5.ステンレス鋼」、『特殊鋼』64巻3号、特殊鋼倶楽部、2015年5月 p. 22
  35. ^ a b Pierre-Jean Cunat (2004年). “Alloying Elements in Stainless Steel and Other Chromium-Containing Alloys”. Euro Inox (in cooperation with the International Chromium Development Association). p. 4. 2020年4月25日閲覧。
  36. ^ 谷野・鈴木 2013, p. 79.
  37. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 4.
  38. ^ 野原 2016, p. 46.
  39. ^ 野原 2016, p. 41.
  40. ^ 平松 博之(監修). “ものづくりの原点 科学の世界VOL.23 錆に負けない鋼 ステンレス鋼(下)”. Nippon Steel. Nippon Steel Monthly 2005年12月号 Vol.154. 新日本製鐵. p. 14. 2020年9月20日閲覧。
  41. ^ 遅沢 2009, p. 8.
  42. ^ 徳田・山田・片桐 2005, pp. 152–155.
  43. ^ 日本熱処理技術協会(編)、2013、『熱処理ガイドブック』4版、大河出版 ISBN 978-4-88661-811-5 p. 11
  44. ^ 大和久 重雄、2008、『熱処理技術マニュアル』増補改訂版、日本規格協会 ISBN 978-4-542-30391-1 p. 285
  45. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 1-2.
  46. ^ 金子・須藤・菅又 2004, pp. 108–111.
  47. ^ a b Lai et al.(ed) 2012, p. 10.
  48. ^ a b 野原 2016, p. 53; 谷野・鈴木 2013, p. 103; ステンレス協会(編) 1995, p. 100.
  49. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 102–103.
  50. ^ 野原 2016, p. 48.
  51. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 98.
  52. ^ a b 橋本 2007, p. 154.
  53. ^ a b c d 高橋 茉莉、2013、「特集/エネルギー・インフラ技術を支えるステンレス鋼 II. ステンレス鋼の種類、性質と適用状況 4. 高強度ステンレス鋼」、『特殊鋼』62巻6号、特殊鋼倶楽部、2013年11月 p. 15
  54. ^ a b 谷野・鈴木 2013, p. 103.
  55. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 110.
  56. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 9.
  57. ^ 野原 2016, p. 49; 田中(編) 2010, p. 99.
  58. ^ 大和久 重雄、2003、『鋼のおはなし』訂正版、日本規格協会〈おはなし科学・技術シリーズ〉 ISBN 978-4-542-90117-9 pp. 185–186
  59. ^ a b c d e ステンレス協会(編) 1995, p. 38.
  60. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 557; 野原 2016, pp. 53–54.
  61. ^ 正橋 直哉 (2012年). “ものづくり基礎講座 金属の魅力をみなおそう 第五回 ステンレス”. http://polar.imr.tohoku.ac.jp/archives.html. p. 8. 2020年4月30日閲覧。
  62. ^ 田中(編) 2010, pp. 106–107; Lai et al.(ed) 2012, p. 55.
  63. ^ 田中(編) 2010, p. 95.
  64. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 485.
  65. ^ 橋本 2007, p. 152.
  66. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1515.
  67. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 25; 田中(編) 2010, pp. 24, 26.
  68. ^ a b c 野原 2016, p. 17.
  69. ^ a b 鈴木 2011, p. 957.
  70. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 485; 野原 2016, p. 16.
  71. ^ How many types of stainless steel are there?”. British Stainless Steel Association. 2020年4月19日閲覧。
  72. ^ 遅沢 2009, p. 6.
  73. ^ 田中(編) 2010, p. 24; 野原 2016, p. 51.
  74. ^ 田中(編) 2010, p. 154.
  75. ^ 谷野・鈴木 2013, p. 241.
  76. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 145–146.
  77. ^ 田中(編) 2010, p. 153.
  78. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 5-2.
  79. ^ 遅沢 2009; 田中(編) 2010.
  80. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 5-1.
  81. ^ 田中(編) 2010, pp. 24–25.
  82. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 32; ステンレス協会(編) 1995, p. 499.
  83. ^ LowC、Nフェライト系ステンレスの特長について”. ステンレス協会. 2020年5月4日閲覧。
  84. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 1-6.
  85. ^ 徳田・山田・片桐 2005, p. 160.
  86. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 33; 杉本 2009, p. 145; 野原 2016, p. 143.
  87. ^ 田中(編) 2010, p. 26; 大山・森田・吉武 1990, p. 25.
  88. ^ 世界大百科事典. “18-8ステンレス鋼”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2020年8月1日閲覧。
  89. ^ 種類”. ステンレス協会. 2020年5月3日閲覧。
  90. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 554; Lai et al.(ed) 2012, p. 23.
  91. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 113–114.
  92. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 27.
  93. ^ 田中(編) 2010, pp. 106–107.
  94. ^ 谷野・鈴木 2013, p. 243.
  95. ^ a b 田中(編) 2010, p. 28.
  96. ^ IMOA 2014, pp. 8, 10.
  97. ^ IMOA 2014, p. 10.
  98. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 64.
  99. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 640–641.
  100. ^ 横田 孝三・江波戸 和男、1971、「析出硬化型ステンレス鋼」、『日本金属学会会報』10巻4号、日本金属学会、doi:10.2320/materia1962.10.226 pp. 235–236
  101. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, pp. 7–5, 7–6.
  102. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 642.
  103. ^ 田中(編) 2010, p. 111.
  104. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1515; 橋本 2007, p. 44.
  105. ^ Stainless steel grades listed in the international standard ISO 15510:2010”. International Stainless Steel Forum (2019年11月15日). 2020年9月6日閲覧。
  106. ^ Cobb 2010, p. 244.
  107. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, pp. 1–6, 1–7.
  108. ^ Cobb 2010, p. 30.
  109. ^ Cobb 2010, p. 246.
  110. ^ Cobb 2010, p. 250.
  111. ^ Cobb 2010, pp. 245–246.
  112. ^ a b Chemical compositions of AISI (ASTM/ASME) and UNS austenitic stainless steel grades”. British Stainless Steel Association. 2020年5月6日閲覧。
  113. ^ Cobb 2010, pp. 238–239.
  114. ^ a b 吉田 裕志、2013、「特集/グローバルに考える特殊鋼の規格 II.特殊鋼の海外規格 2. ステンレス鋼」、『特殊鋼』62巻3号、特殊鋼倶楽部、2013年5月 pp. 17–18
  115. ^ 金属材料記号対照表”. 三菱マテリアル. 2020年5月6日閲覧。
  116. ^ 外国規格との比較”. ステンレス協会. 2020年5月6日閲覧。
  117. ^ Equivalent Materials to AISI 304”. Equivalent Materials. 2020年5月6日閲覧。
  118. ^ Cobb 2010, p. 245.
  119. ^ 田中(編) 2010, p. 36.
  120. ^ 野原 2016, p. 24.
  121. ^ a b JIS G 5121:2003「ステンレス鋼鋳鋼品」日本産業標準調査会経済産業省) p. 2
  122. ^ JIS G 4316:1991「溶接用ステンレス鋼線材」日本産業標準調査会経済産業省) p. 2
  123. ^ a b c d 田中(編) 2010, pp. 38–39.
  124. ^ 田中(編) 2010, pp. 44–67.
  125. ^ JIS G 4303:2012「ステンレス鋼棒」日本産業標準調査会経済産業省) p. 2
  126. ^ JIS G 4304:2012「熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」日本産業標準調査会経済産業省) p. 2
  127. ^ a b c Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 15-2.
  128. ^ a b c 橋本 2007, p. 284.
  129. ^ a b 梶村 2011, p. 862.
  130. ^ International Stainless Steel Forum、ステンレス協会(訳)、2007、『フェライト系ソリューション』  ISBN 2-930069-51-1 p. 21
  131. ^ 梶村 2011, pp. 863–864.
  132. ^ a b c 大山・森田・吉武 1990, p. 28.
  133. ^ a b c 杉本 2009, p. 7; 野原 2016, p. 91.
  134. ^ a b c 松島 2007, p. 10.
  135. ^ 杉本 2009, p. 7.
  136. ^ a b 杉本 2009, p. 5.
  137. ^ 松島 2007, pp. 10–11.
  138. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 48.
  139. ^ 杉本 2009, pp. 80, 107.
  140. ^ a b 杉本 2009, p. 80.
  141. ^ a b 橋本 2007, pp. 184–185.
  142. ^ a b c 梶村 2011, p. 863.
  143. ^ 佐藤 教男、1986、「不働態の歴史」、『金属表面技術』37巻8号、表面技術協会、doi:10.4139/sfj1950.37.388 pp. 390–391
  144. ^ 杉本 2009, p. 107.
  145. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 252.
  146. ^ 田中(編) 2010, p. 116.
  147. ^ 杉本 2009, pp. 107–108.
  148. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 16-2.
  149. ^ a b 杉本 2009, p. 81.
  150. ^ 杉本 2009, pp. 81–82.
  151. ^ a b 野原 2016, pp. 94–95; 田中(編) 2010, p. 117.
  152. ^ a b c d 大山・森田・吉武 1990, p. 49.
  153. ^ 平松(監修) 2005, p. 9.
  154. ^ Wang, R., Li, Y., Xiao, T. et al. Using Atomic Force Microscopy to Measure Thickness of Passive Film on Stainless Steel Immersed in Aqueous Solution. Sci Rep 9, 13094 (2019). https://doi.org/10.1038/s41598-019-49747-0
  155. ^ a b 野原 2016, p. 96.
  156. ^ a b c d e f 佐藤 眞直・藤本 慎司「放射光を用いたステンレス鋼不動態皮膜の構造解析」『材料と環境』第57巻第6号、腐食防食学会、2008年、 250頁、 doi:10.3323/jcorr.57.250
  157. ^ 原 2016, p. 207.
  158. ^ 遅沢 2009, p. 12.
  159. ^ 原 2016, p. 207; 田中(編) 2010, p. 117.
  160. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 262.
  161. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 48; 橋本 2007, p. 187.
  162. ^ 杉本 2009, p. 117.
  163. ^ a b 松島 2007, pp. 17–18.
  164. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 16-6.
  165. ^ 野原 2016, p. 91.
  166. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 16-7.
  167. ^ a b 橋本 2007, p. 197.
  168. ^ 遅沢 2009, p. 12; 梶村 2011, p. 865.
  169. ^ 杉本 2009, p. 123.
  170. ^ a b c 田中(編) 2010, p. 120.
  171. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 52.
  172. ^ a b c 大山・森田・吉武 1990, p. 51.
  173. ^ a b c 橋本 2007, p. 198.
  174. ^ 橋本 2007, p. 198; ステンレス協会(編) 1995, p. 1188.
  175. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 51–52.
  176. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1181.
  177. ^ 田中(編) 2010, p. 252.
  178. ^ 田中(編) 2010, p. 253.
  179. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 489.
  180. ^ 橋本 2007, p. 199.
  181. ^ 田中(編) 2010, p. 254.
  182. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 54.
  183. ^ Yongqiang Wanga, Hao Suna, Junliang Lia, Dandan Lia & Na Lib (2019). “Pitting Corrosion of Thermally Aged Duplex Stainless Steels at Different Temperature for Long Time”. Materials Research (São Carlos) 22 (6). doi:10.1590/1980-5373-mr-2018-0663. ISSN 1980-5373. 
  184. ^ 松島 2007, p. 21.
  185. ^ 原 2016, p. 209; 杉本 2009, p. 183.
  186. ^ 杉本 2009, p. 173; 橋本 2007, p. 190.
  187. ^ a b c d e 田中(編) 2010, p. 122.
  188. ^ 杉本 2009, p. 177.
  189. ^ a b 梶村 2011, p. 866.
  190. ^ 梶村 2011, p. 866; Lai et al.(ed) 2012, p. 116.
  191. ^ a b 遅沢 2009, p. 13; Lai et al.(ed) 2012, p. 116.
  192. ^ a b 遅沢 2009, p. 13.
  193. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 328.
  194. ^ Shi, W., Yang, S. & Li, J. Correlation between evolution of inclusions and pitting corrosion in 304 stainless steel with yttrium addition. Sci Rep 8, 4830 (2018). https://doi.org/10.1038/s41598-018-23273-x
  195. ^ 杉本 2009, p. 178.
  196. ^ 原 2016, p. 209.
  197. ^ 原 2016, pp. 212–213.
  198. ^ 田中(編) 2010, p. 123.
  199. ^ 松島 2007, p. 15.
  200. ^ 橋本 2007, p. 190; 田中(編) 2010, p. 122.
  201. ^ 梶村 2011, p. 865; 野原 2016, p. 100.
  202. ^ 野原 2016, p. 100.
  203. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 62.
  204. ^ a b 杉本 2009, p. 189.
  205. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 276.
  206. ^ a b c 橋本 2007, p. 192.
  207. ^ 杉本 2009, p. 189; 田中(編) 2010, p. 121.
  208. ^ 向井 1999, p. 70.
  209. ^ a b c 杉本 2009, p. 190.
  210. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 281.
  211. ^ 野原 2016, p. 98.
  212. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 55, 57; 田中(編) 2010, pp. 104–105, 122.
  213. ^ 梶村 2011, pp. 864, 866.
  214. ^ 向井 1999, p. 42.
  215. ^ a b 松島 2007, pp. 89–90; 梶村 2011, p. 866.
  216. ^ a b 向井 1999, p. 74.
  217. ^ Henrique Boschetti Pereiraa, Zehbour Panossiana, Ilson Palmieri Baptistab, & Cesar Roberto de Farias Azevedoc (January 2019). “Investigation of Stress Corrosion Cracking of Austenitic, Duplex and Super Duplex Stainless Steels under Drop Evaporation Test using Synthetic Seawater”. Materials Research 22 (2). doi:10.1590/1980-5373-mr-2018-0211. ISSN 1980-5373. 
  218. ^ 橋本 2007, p. 194.
  219. ^ 松島 2007, p. 47.
  220. ^ 杉本 2009, p. 198.
  221. ^ 金子・須藤・菅又 2004, p. 79; 松島 2007, p. 49.
  222. ^ 大路 清嗣・中井 善一 『材料強度』(第1版)コロナ社、2010年、151頁。ISBN 978-4-339-04039-5 
  223. ^ 徳田・山田・片桐 2005, p. 118.
  224. ^ 橋本 2007, p. 195.
  225. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 16-84.
  226. ^ 田中(編) 2010, p. 124.
  227. ^ 梶村 2011, p. 867.
  228. ^ 野原 2016, pp. 102–103.
  229. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 269; Outokumpu 2013, p. 39.
  230. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 65.
  231. ^ 野原 2016, p. 103; IMOA 2014, p. 17.
  232. ^ 野原 2016, p. 103.
  233. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 64.
  234. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 64; Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 16-84.
  235. ^ 杉本 2009, p. 198; 金子・須藤・菅又 2004, p. 80.
  236. ^ a b c 大村 朋彦・中村 潤、2011、「ステンレス鋼の水素脆性」、『Zairyo-to-Kankyo』60巻5号、腐食防食学会、doi:10.3323/jcorr.60.241 pp. 241, 246
  237. ^ a b 南雲 道彦、2010、「オーステナイト系ステンレス鋼の水素脆性」、『圧力技術』48巻3号、日本高圧力技術協会、doi:10.11181/hpi.48.154 pp. 154, 163
  238. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 296; 松島 2007, pp. 28–29.
  239. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 297; 松島 2007, pp. 28–29.
  240. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 297.
  241. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 16-87.
  242. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 487.
  243. ^ 田中(編) 2010, pp. 127–128; 菊池 2014, p. 11.
  244. ^ a b Dong, N., Zhang, C., Li, H. et al. A combined experimental and first-principle study on the oxidation mechanism of super austenitic stainless steel S32654 at 900 °C. Sci Rep 7, 871 (2017). https://doi.org/10.1038/s41598-017-00903-4
  245. ^ a b c 大山・森田・吉武 1990, p. 66.
  246. ^ 菊池 2014, p. 11; 松島 2007, p. 159.
  247. ^ 菊池 2014, p. 11; 大山・森田・吉武 1990, p. 66.
  248. ^ 橋本 2007, p. 200; 菊池 2014, p. 14.
  249. ^ a b 藤井 哲雄(監修)、2017、『錆・腐食・防食のすべてがわかる事典』初版、ナツメ社 ISBN 978-4-8163-6243-9 pp. 122–126
  250. ^ 菊池 2014, p. 11.
  251. ^ a b c 菊池 2014, p. 12.
  252. ^ 田中(編) 2010, p. 128; 橋本 2007, p. 201.
  253. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 375.
  254. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 379.
  255. ^ 菊池 2014, pp. 13–14.
  256. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 376.
  257. ^ 菊池 2014, p. 14; ステンレス協会(編) 1995, pp. 376–377.
  258. ^ a b c d ステンレス協会(編) 1995, p. 375; 菊池 2014, p. 14.
  259. ^ 谷野・鈴木 2013, p. 222; ステンレス協会(編) 1995, p. 375; 菊池 2014, p. 14.
  260. ^ 野原 2016, p. 107.
  261. ^ 田中(編) 2010, p. 130.
  262. ^ 田中(編) 2010, p. 132; 野原 2016, p. 107.
  263. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 387; 田中(編) 2010, pp. 132–133.
  264. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 389; 菊池 2014, p. 15.
  265. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 67.
  266. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 390.
  267. ^ 橋本 2007, p. 202; 菊池 2014, p. 16.
  268. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 67–68.
  269. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 223–224.
  270. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 487; 田中(編) 2010, p. 133; 菊池 2014, p. 16.
  271. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 406.
  272. ^ 田中(編) 2010, p. 137; 橋本 2007, p. 202; ステンレス協会(編) 1995, pp. 407–408.
  273. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 68; 菊池 2014, p. 17.
  274. ^ 田中(編) 2010, pp. 135–136.
  275. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 69; 菊池 2014, p. 17.
  276. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 69.
  277. ^ 田中(編) 2010, p. 138.
  278. ^ 菊池 2014, p. 18.
  279. ^ 田中(編) 2010, p. 147.
  280. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-15.
  281. ^ 谷野・鈴木 2013, p. 117; 牧 2015, pp. 109–116, 120–122; ステンレス協会(編) 1995, pp. 165–167.
  282. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 118–119.
  283. ^ 牧 2015, pp. 111–112; ステンレス協会(編) 1995, pp. 166–167.
  284. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 165.
  285. ^ 牧 2015, pp. 112–114.
  286. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 135–136.
  287. ^ a b c 牧 2015, p. 120.
  288. ^ 牧 2015, p. 123.
  289. ^ 徳田・山田・片桐 2005, p. 102.
  290. ^ 金子・須藤・菅又 2004, p. 65.
  291. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 74–75.
  292. ^ 金子・須藤・菅又 2004, pp. 44, 86–87.
  293. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-26.
  294. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-28.
  295. ^ a b c d Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-18.
  296. ^ IMOA 2014, p. 26.
  297. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 7-14.
  298. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 493–494; 鈴木 2011, pp. 958–959.
  299. ^ 橋本 2007, p. 165.
  300. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 170.
  301. ^ 田中(編) 2010, p. 150.
  302. ^ 田中(編) 2010, p. 150; Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-25.
  303. ^ 遅沢 2009, p. 11.
  304. ^ 橋本 2007, pp. 165–166; 遅沢 2009, p. 11.
  305. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-22.
  306. ^ 田中(編) 2010, p. 148.
  307. ^ 田中(編) 2010, p. 156.
  308. ^ Iris Alvarez-Armas (2008). “Duplex Stainless Steels: Brief History and Some Recent Alloys”. Recent Patents on Mechanical Engineering (Bentham Science Publishers) 1 (1): 54. doi:10.2174/2212797610801010051. 
    阿部 雅之・日裏 昭・石田 清仁・西沢 泰二、1984、「二相ステンレス鋼の結晶粒成長」、『鉄と鋼』70巻15号、日本鉄鋼協会、1984年3月、doi:10.2355/tetsutohagane1955.70.15_2025 pp. 2025–2032
    溝口 太一朗、2018、「特集/特殊鋼のミクロ組織のやさしい解説 7.ステンレス」、『特殊鋼』67巻2号、特殊鋼倶楽部、2018年3月 p. 41
  309. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 175.
  310. ^ 野原 2016, p. 34.
  311. ^ 橋本 2007, pp. 166, 167, 169.
  312. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-31.
  313. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 204.
  314. ^ 田中(編) 2010, p. 161; 菊池 2014, p. 11.
  315. ^ 門間 改三 『機械材料』(SI単位版)実教出版〈大学基礎〉、1993年、123頁。ISBN 978-4-407-02328-2 
  316. ^ ステンレスと耐熱鋼の違いについて”. ステンレス協会. 2020年9月29日閲覧。
  317. ^ a b c 西山 佳孝、2013、「特集/エネルギー・インフラ技術を支えるステンレス鋼 II. ステンレス鋼の種類、性質と適用状況 3. 耐熱ステンレス鋼」、『特殊鋼』62巻6号、特殊鋼倶楽部、2013年11月 p. 12
  318. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 207.
  319. ^ 鈴木 2011, p. 958.
  320. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 86.
  321. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 494; 橋本 2007, p. 177.
  322. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-2.
  323. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 20-3.
  324. ^ 谷野・鈴木 2013, p. 212.
  325. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 494; IMOA 2014, p. 27.
  326. ^ 遅沢 2009, p. 8; 田中(編) 2010, p. 167.
  327. ^ a b c d e f 田中(編) 2010, p. 167.
  328. ^ IMOA 2014, p. 29; ステンレス協会(編) 1995, p. 634.
  329. ^ a b c d 田中(編) 2010, p. 168.
  330. ^ IMOA 2014, pp. 29–30.
  331. ^ 野原 2016, pp. 87, 89; 田中(編) 2010, p. 167.
  332. ^ a b Outokumpu 2013, p. 54.
  333. ^ 野原 2016, p. 89.
  334. ^ a b 田中(編) 2010, p. 169.
  335. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 71.
  336. ^ Outokumpu 2013, p. 55.
  337. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 147.
  338. ^ a b 田中(編) 2010, pp. 169–170.
  339. ^ 橋本 2007, pp. 159–160.
  340. ^ a b 田中(編) 2010, p. 170.
  341. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 72.
  342. ^ 橋本 2007, p. 161; 野原 2016, p. 89.
  343. ^ Outokumpu 2013, p. 54; 野原 2016, pp. 89–90.
  344. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 247–248, 254.
  345. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 254–255.
  346. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 150.
  347. ^ 田中(編) 2010, p. 171.
  348. ^ 橋本 2007, p. 178.
  349. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1429–1430.
  350. ^ 田中(編) 2010, p. 70.
  351. ^ 橋本 2007, pp. 212, 214.
  352. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 754.
  353. ^ a b c 製造工程の流れ”. ステンレス協会. 2017年10月22日閲覧。
  354. ^ a b c d e 野原 2016, p. 26.
  355. ^ a b c d リサイクルが容易なステンレス鋼”. ステンレス協会. pp. 1–4. 2020年8月13日閲覧。
  356. ^ a b c 橋本 2007, p. 310.
  357. ^ a b c 池田 聡、2009、「ステンレス鋼の製造技術進歩と今後の展望」、『新日鉄技報』(389号)、新日鉄住金 p. 3
  358. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 767.
  359. ^ Outokumpu 2013, p. 24.
  360. ^ a b 野原 2016, p. 26; 田中(編) 2010, p. 72.
  361. ^ a b 橋本 2007, p. 220.
  362. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 92.
  363. ^ Outokumpu 2013, p. 25; 佐藤 2015, p. 22.
  364. ^ Outokumpu 2013, p. 25.
  365. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 94; Outokumpu 2013, p. 25.
  366. ^ 橋本 2007, p. 219; 大山・森田・吉武 1990, p. 116.
  367. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 760.
  368. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 93.
  369. ^ a b c d e 佐藤 2015, p. 22.
  370. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 94; ステンレス協会(編) 1995, p. 752.
  371. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 752.
  372. ^ a b 野原 2016, p. 27.
  373. ^ 野原 2016, p. 27; 田中(編) 2010, p. 72.
  374. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 753; 佐藤 2015, p. 22.
  375. ^ 佐藤 2015, pp. 22–23.
  376. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 798–815; 佐藤 2015, p. 23.
  377. ^ a b 金子 智・田中 博孝、1995、「ステンレス鋼の脱炭法と材質改善」、『Zairyo-to-Kankyo』44巻1号、社団法人腐食防食協会、doi:10.3323/jcorr1991.44.49 p. 50
  378. ^ 橋本 2007, p. 219; 田中(編) 2010, p. 71.
  379. ^ 野原 2016, p. 26; 大山・森田・吉武 1990, p. 94.
  380. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 775.
  381. ^ 田中(編) 2010, pp. 72–73.
  382. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, pp. 97–98.
  383. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 96.
  384. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 96; 橋本 2007, pp. 221–223.
  385. ^ 野原 2016, pp. 27–28.
  386. ^ 橋本 2007, pp. 221–222.
  387. ^ 野原 2016, p. 28; ステンレス協会(編) 1995, p. 816.
  388. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 816, 827.
  389. ^ 橋本 2007, p. 221; ステンレス協会(編) 1995, p. 816.
  390. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 822.
  391. ^ 橋本 2007, p. 221.
  392. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 816.
  393. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 745.
  394. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 91.
  395. ^ 徳田・山田・片桐 2005, p. 124.
  396. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 99.
  397. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 833.
  398. ^ a b c d 佐藤 2015, p. 23.
  399. ^ a b Outokumpu 2013, p. 28.
  400. ^ a b 田中(編) 2010, p. 76.
  401. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 103.
  402. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 840.
  403. ^ 佐藤 2015, p. 23; 田中(編) 2010, p. 74.
  404. ^ 橋本 2007, p. 232.
  405. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 843.
  406. ^ a b c 佐藤 2015, p. 24.
  407. ^ 田中(編) 2010, p. 80.
  408. ^ 橋本 2007, p. 238.
  409. ^ 橋本 2007, p. 237; 田中(編) 2010, p. 83.
  410. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, pp. 111–112.
  411. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 904, 907.
  412. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 889.
  413. ^ 谷野・鈴木 2013, pp. 260–261.
  414. ^ 田中 和明、2008、『よくわかる最新金属加工の基本と仕組み』第1版、秀和システム〈図解入門〉 ISBN 978-4-7980-2086-0 p. 180
  415. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1093.
  416. ^ 橋本 2007, pp. 245–246.
  417. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1094.
  418. ^ a b 日本機械学会(編)、2007、『機械工学辞典』第2版、丸善 ISBN 978-4-88898-083-8 p. 1025
    田川 一郎・岩佐 実、1956、「非鉄金属のパウダーカッティング」、『溶接学会誌』25巻4号、溶接学会、doi:10.2207/qjjws1943.25.217 p. 217
  419. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1095–1096.
  420. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1093, 1096.
  421. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1096; 向井 1999, pp. 191–192.
  422. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1096; 向井 1999, p. 191.
  423. ^ 濱田 智・茂木 正裕・神田 晋、2010、「プラズマ切断の最新技術」、『溶接学会誌』79巻2号、日本材料学会、doi:10.2207/jjws.79.123 p. 132
  424. ^ 向井 1999, p. 193.
  425. ^ 沼田 慎治 (2012年). “Q-07-12-02 レーザ切断の特徴とレーザ切断するときに使用するアシストガスについて教えて下さい。 ”. 接合・溶接技術Q&A1000. 日本溶接協会. 2020年8月8日閲覧。
  426. ^ 長堀 正幸・沼田 慎治・佐野 義美、2010、「中・厚板レーザ切断の最新技術」、『溶接学会誌』79巻2号、日本材料学会、doi:10.2207/jjws.79.136 p. 140
  427. ^ a b 朝倉 健二・橋本 文雄、2002、『機械工作法Ⅰ』改訂版、共立出版 ISBN 4-320-08105-6 pp. 105–108
  428. ^ 野原 2016, p. 131; 橋本 2007, pp. 244–245.
  429. ^ 田中(編) 2010, p. 200; 野原 2016, p. 134.
  430. ^ 田中(編) 2010, pp. 200–201.
  431. ^ 向井 1999, p. 191.
  432. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1104–1105.
  433. ^ 成形加工での注意事項について”. ステンレス協会. 2020年7月15日閲覧。
  434. ^ 橋本 2007, p. 254.
  435. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 117–122.
  436. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 119, 121.
  437. ^ a b c 田中(編) 2010, p. 204.
  438. ^ 田中(編) 2010, p. 198.
  439. ^ 田中(編) 2010, p. 198; IMOA 2014, p. 35.
  440. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 927, 933, 936.
  441. ^ a b 田中(編) 2010, pp. 194–196.
  442. ^ 古君 修・江藤 敏泰・伊藤 雅俊、2011、「講座:ステンレス鋼活用の基礎知識 ―歴史、特性、耐食性― 2.ステンレス鋼の加工と溶接」、『材料』60巻8号、日本材料学会、doi:10.2472/jsms.60.771 p. 773
  443. ^ 田中(編) 2010, p. 204; 橋本 2007, pp. 257–258.
  444. ^ 橋本 2007, pp. 257–258.
  445. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 896.
  446. ^ a b c d e 日本塑性加工学会鍛造分科会(編)、2005、『わかりやすい鍛造加工』初版、日刊工業社 ISBN 978-4-526-05457-0 pp. 23–24
  447. ^ 田中(編) 2010, p. 215.
  448. ^ 田中(編) 2010, p. 217.
  449. ^ 日本機械学会(編)、2007、『機械工学辞典』第2版、丸善 ISBN 978-4-88898-083-8 p. 716
  450. ^ 野原 2016, p. 155.
  451. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1107; 大山・森田・吉武 1990, p. 122.
  452. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1108.
  453. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1110.
  454. ^ a b 田中(編) 2010, pp. 223–224.
  455. ^ 野原 2016, p. 154.
  456. ^ 向井 1999, p. 61.
  457. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 125.
  458. ^ a b 溶接学会(編)、2010、『新版 溶接・接合技術入門』3版、産報出版 ISBN 978-4-88318-151-3 p. 122
  459. ^ 向井 1999, p. 103.
  460. ^ 向井 1999, p. 104.
  461. ^ 大山・森田・吉武 1990, pp. 125–126, 131.
  462. ^ 野田 卓継、1993、「ステンレス鋼うす板溶接の実際(1) ステンレス鋼うす板のアーク溶接と抵抗溶接」、『溶接学会誌』62巻4号、溶接学会、doi:10.2207/qjjws1943.62.232 p. 51
  463. ^ 向井 1999, p. 82.
  464. ^ 向井 1999, pp. 114–115, 127.
  465. ^ 向井 1999, pp. 62–69, 126–127; 野原 2016, p. 154.
  466. ^ a b 向井 1999, pp. 119–120, 126–127.
  467. ^ 向井 1999, p. 123; ステンレス協会(編) 1995, p. 1037.
  468. ^ 向井 1999, pp. 126–127; ステンレス協会(編) 1995, pp. 1035–1036.
  469. ^ a b 向井 1999, p. 163.
  470. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1063; 向井 1999, pp. 165–166.
  471. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1064–1065; Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 26-10.
  472. ^ 丸山 敏治 (2012年). “Q-05-02-53 種類の異なるステンレス鋼の異材溶接についての注意点を教えて下さい。”. 接合・溶接技術Q&A1000. 日本溶接協会. 2020年7月8日閲覧。
  473. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 88; 野原 2016, p. 140.
  474. ^ 野原 2016, p. 140.
  475. ^ a b 田中(編) 2010, pp. 26, 28.
  476. ^ 田中(編) 2010, pp. 26, 28; 大山・森田・吉武 1990, p. 82; IMOA 2014, p. 33.
  477. ^ a b 山方 三郎 『図解入門 よくわかる最新熱処理技術の基本と仕組み』(第2版)秀和システム、2010年、162頁。ISBN 978-4-7980-2573-5 
  478. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 640.
  479. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 88.
  480. ^ 野原 2016, p. 141.
  481. ^ a b c 大山・森田・吉武 1990, p. 76.
  482. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 519.
  483. ^ a b c 田中(編) 2010, p. 25.
  484. ^ 野原 2016, p. 143.
  485. ^ 田中(編) 2010, pp. 111–112.
  486. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 7-2.
  487. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 82.
  488. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 88–89.
  489. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 89.
  490. ^ a b 橋本 2007, p. 263.
  491. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 141.
  492. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 133.
  493. ^ a b c d 2B, 2D and BA Cold Rolled Finishes”. Australian Stainless Steel Development Association. 2020年7月26日閲覧。
  494. ^ Heinz Koch, Alfred Otto, Wolfgang Schlump (2004年). “Stainless Steel and the Challenge of Time”. Euro Inox. pp. 3–5. 2020年9月19日閲覧。
  495. ^ Built to Last - Stainless Steel as an Architectural Material”. International Stainless Steel Forum. p. 8. 2020年9月19日閲覧。
  496. ^ a b David Cochrane (2005). Euro Inox. ed. Guide to Stainless Steel Finishes. Building Series, Vol. 1 (3rd ed.). Euro Inox. pp. 3, 11. ISBN 2-87997-173-X. https://www.imoa.info/download_files/stainless-steel/euroinox/Finishes.pdf?m=1454491282& 
  497. ^ a b c d e f 三井 攻・池澤 守、2000、「ステンレス鋼と意匠性」、『表面技術』51巻8号、表面技術協会、doi:10.4139/sfj.51.798 pp. 799, 801
  498. ^ a b c d e f g h i j k 田中(編) 2010, p. 218; 橋本 2007, p. 264.
  499. ^ a b c d e f g h i Surface treatment”. ISSF. 2020年7月25日閲覧。
  500. ^ a b c d e f 橋本 2007, p. 264.
  501. ^ a b c d e f g h i j k l m ステンレスの主な表面仕上げ”. ステンレス協会. 2020年7月25日閲覧。
  502. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1130–1131.
  503. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1130.
  504. ^ ISSF 2016, p. 16.
  505. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 135.
  506. ^ ステンレスについて解説(入門篇) 2.表面仕上・研磨仕上”. 林ステンレス工業株式会社. 2020年8月1日閲覧。
  507. ^ 橋本 2007, p. 266.
  508. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1124.
  509. ^ 田中(編) 2010, pp. 218–219.
  510. ^ 橋本 2007, pp. 263–264.
  511. ^ 田中(編) 2010, p. 218.
  512. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 136.
  513. ^ 田中(編) 2010, p. 221.
  514. ^ 田中(編) 2010, p. 222.
  515. ^ 日本産業規格(JIS)を制定・改正しました(2020年2月分)-ステンレス鋼の化学発色皮膜、多様化する太陽電池モジュールの評価、テレビジョン受信用同軸ケーブルなどのJISを制定・改正-”. 経済産業省 (2020年2月20日). 2020年8月8日閲覧。
  516. ^ a b c d Polychrome: the many colours of stainless steel”. www.stainless-steel-world. Stainless Steel World. pp. 2–3 (2014年3月). 2020年8月2日閲覧。
  517. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 137; 野原 2016, p. 149.
  518. ^ 竹内 武、1986、「ステンレス鋼の着色処理」、『実務表面技術』33巻11号、表面技術協会、doi:10.4139/sfj1970.33.440 pp. 440–441
  519. ^ a b c d ステンレス協会(編) 1995, p. 1149.
  520. ^ JIS G 4331:2020「ステンレス鋼の化学発色皮膜-品質及び試験方法」日本産業標準調査会経済産業省) p. 1
  521. ^ a b Alenka Kosmac (2011). Coouring Stainless Steel. Materials and Applications Series, Volume 16 (1st ed.). Euro Inox. pp. 3, 8. ISBN 978-2-87997-359-3 
  522. ^ 野原 2016, p. 151; ステンレス協会(編) 1995, p. 1149.
  523. ^ ステンレス鋼の化学発色皮膜-品質及び試験方法に関するJIS制定 -色調装飾性等が向上したステンレス鋼製品の普及を目指して-”. 経済産業省 (2020年2月20日). 2020年8月8日閲覧。
  524. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1164; 大山・森田・吉武 1990, p. 137.
  525. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1164.
  526. ^ 橋本 2007, p. 273; 大山・森田・吉武 1990, p. 137.
  527. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 137.
  528. ^ 橋本 2007, p. 274.
  529. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1165.
  530. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1164–1165.
  531. ^ ステンレス協会. “第17回ステンレス協会賞 受賞作品 優秀賞”. 2020年8月9日閲覧。
  532. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1150.
  533. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1150, 1157.
  534. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1150–1151.
  535. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1157.
  536. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1155; 橋本 2007, p. 271; 野原 2016, p. 148.
  537. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1155; 野原 2016, p. 148.
  538. ^ 橋本 2007, p. 271.
  539. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1153.
  540. ^ a b 橋本 2007, p. 272.
  541. ^ 橋本 2007, p. 272; ステンレス協会(編) 1995, p. 1153.
  542. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1127.
  543. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 139.
  544. ^ 野原 2016, p. 151; Outokumpu 2013, p. 74.
  545. ^ 田中(編) 2010, p. 239.
  546. ^ 菊池 2015, p. 40.
  547. ^ ISSF 2020, p. 20.
  548. ^ 野原 2016, p. 31.
  549. ^ 橋本 2007, pp. 14–23.
  550. ^ a b c d e 大山・森田・吉武 1990, p. 168.
  551. ^ Cobb 2010, pp. 193–194.
  552. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1386; 橋本 2007, p. 121.
  553. ^ 橋本 2007, p. 121.
  554. ^ Tomé Morrissy-Swan (2020年1月8日). “The best chef's knives”. 2020年8月22日閲覧。
    包丁の種類”. 京浜刃物専門店会. 2020年8月22日閲覧。
  555. ^ ステンレス協会(編) 1995, pp. 1386–387.
  556. ^ 徳田・山田・片桐 2005, pp. 176–177.
  557. ^ a b Andréana Lefton and Bob Vila. “Stylish, Stain-Resistant, or Both: Which Type of Kitchen Sink Is Right for You?”. 2020年8月22日閲覧。
    岩間 光佐子. “キッチンシンクの種類と特徴&選び方のポイント”. 2020年8月22日閲覧。
  558. ^ a b 橋本 2007, pp. 114–115.
  559. ^ 田中(編) 2010, p. 318.
  560. ^ 橋本 2007, p. 117.
  561. ^ a b 橋本 2007, p. 123.
  562. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 40-5.
  563. ^ 橋本 2007, p. 134.
  564. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 161.
  565. ^ 田中(編) 2010, p. 255; Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 40-5.
  566. ^ a b 田中(編) 2010, p. 309.
  567. ^ a b 菊池 2015, p. 42.
  568. ^ 橋本 2007, pp. 68–70; 菊池 2015, p. 42.
  569. ^ 田中(編) 2010, p. 314; ステンレス協会(編) 1995, pp. 1339, 1388.
  570. ^ 444 Stainless Steel”. AKSteel. 2020年9月1日閲覧。
  571. ^ a b 田中(編) 2010, p. 315.
  572. ^ Railcars in Stainless Steel”. ISSF. p. 5. 2017年11月5日閲覧。
  573. ^ a b c 近藤 圭一郎 編 『鉄道車両技術入門』(初版)オーム社、2013年7月20日、28-33頁。ISBN 978-4-274-21383-0 
  574. ^ 橋本 2007, p. 138.
  575. ^ 宮本 昌幸 『図解・鉄道の科学』(初版)講談社〈ブルーバックス〉、2006年、191頁。ISBN 4-06-257520-5 
  576. ^ 佐藤 裕之、2016、「鉄道技術 来し方行く末 鉄道車両用構体の材料と構造」、『RRR』73巻10号、鉄道総合技術研究所、2016年10月 p. 30
  577. ^ マリアナ・フォレスト、ホルガー・アルダー (2016年5月). “application report 鉄道車両製造におけるレーザビーム溶接”. http://ex-press.jp/ilsj/. Industrial Laser Solutions Japan. イーエクスプレス. p. 20. 2020年7月11日閲覧。
  578. ^ 田中(編) 2010, p. 258.
  579. ^ 菊池 2015, p. 41; 田中(編) 2010, p. 259.
  580. ^ a b 橋本 2007, p. 90; 菊池 2015, p. 41.
  581. ^ 菊池 2015, p. 41.
  582. ^ 橋本 2007, pp. 91–93; 田中(編) 2010, p. 262.
  583. ^ サイバートラックとDMCデロリアン、車とその製作者を写真で比較 - Business Insider、2019年12月12日
  584. ^ 橋本 2007, p. 94; 田中(編) 2010, p. 261.
  585. ^ 雑学講座33: バイクのブレーキ その1”. ブレーキ雑学講座. S&Eブレーキ株式会社. 2017年11月18日閲覧。
  586. ^ a b 橋本 2007, p. 94.
  587. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1273.
  588. ^ 野原 2016, p. 221.
  589. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 175.
  590. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1278.
  591. ^ 田中(編) 2010, p. 265.
  592. ^ 橋本 2007, pp. 144–145.
  593. ^ James Chater. “Picking up steam: LNG continues to expand”. Stainless Steel World. KCI Media Group B.V.. 2020年9月18日閲覧。
  594. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 37-6; ステンレス協会(編) 1995, p. 1280.
  595. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1281.
  596. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 47-10.
  597. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1281; Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 47-10.
  598. ^ a b 田中(編) 2010, p. 321.
  599. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 134.
  600. ^ 橋本 2007, p. 96.
  601. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 3.
  602. ^ 橋本 2007, p. 98.
  603. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 134; 田中(編) 2010, p. 325.
  604. ^ 田中(編) 2010, pp. 320–321.
  605. ^ 橋本 2007, p. 99.
  606. ^ 菊池 2015, p. 42; 大山・森田・吉武 1990, p. 155; 田中(編) 2010, p. 325.
  607. ^ 橋本 2007, p. 97.
  608. ^ 橋本 2007, pp. 100–102.
  609. ^ 諸石 大司、1995、「最近のステンレス鋼の動向」、『まてりあ』34巻12号、日本金属学会、doi:10.2320/materia.34.1401 p. 1405
  610. ^ 田中(編) 2010, p. 323.
  611. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1181; Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 38-5.
  612. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 38-5.
  613. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1179; Peckner & Bernstein (ed) 1977, pp. 38–8, 38–9.
  614. ^ 田中(編) 2010, p. 247.
  615. ^ a b c ステンレス協会(編) 1995, p. 1195.
  616. ^ The Role of Stainless Steels in Petroleum Refining”. Nickel Institute. p. 17 (2020年). 2020年9月5日閲覧。
  617. ^ 川野 浩二、2016、「石油精製プラントにおける材料経年劣化」、『圧力技術』54巻3号、日本高圧力技術協会、doi:10.11181/hpi.54.133 pp. 132–137
  618. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, p. 43-1.
  619. ^ a b Stainless steelsand specialty alloysfor pulp, paper and biomass conversion”. Nickel Institute. pp. 7, 19, 74, 87–88 (2017年). 2020年9月5日閲覧。
  620. ^ a b 田中(編) 2010, p. 293.
  621. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, pp. 37–2, 37–3.
  622. ^ Peckner & Bernstein (ed) 1977, pp. 37–2.
  623. ^ Selection of 316, 304 and 303 types of stainless steels for seawater applications”. British Stainless Steel Association. 2020年8月26日閲覧。
  624. ^ a b c 小林 裕、2013、「特集/エネルギー・インフラ技術を支えるステンレス鋼 IV. インフラ関係で使用されるステンレス鋼 1. ジャケット式防波堤向けスーパーステンレス鋼」、『特殊鋼』62巻6号、特殊鋼倶楽部、2013年11月 pp. 36–37
  625. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1357; 松島 2007, pp. 113–116.
  626. ^ a b International Stainless Steel Forum, ed (2010). Desalination in Stainless Steel. International Stainless Steel Forum. p. 3, 5. ISBN 978-2-930069-63-0 
  627. ^ IMOA 2014, p. 55.
  628. ^ 田中(編) 2010, p. 267; ステンレス協会(編) 1995, p. 1286.
  629. ^ 田中(編) 2010, pp. 267–268; ステンレス協会(編) 1995, p. 1287.
  630. ^ 田中(編) 2010, pp. 271–273; ステンレス協会(編) 1995, p. 1293.
  631. ^ 田中(編) 2010, p. 273; ステンレス協会(編) 1995, pp. 1293–1294.
  632. ^ 田中(編) 2010, pp. 274–277; ステンレス協会(編) 1995, p. 1294.
  633. ^ 橋本 2007, p. 129.
  634. ^ International Atomic Energy Agency (2011). Stress Corrosion Cracking in Light Water Reactors: Good Practices and Lessons Learned. IAEA Nuclear Energy Series. International Atomic Energy Agency. pp. 18–23. ISBN 978-92-0-117210-5. ISSN 1995-7807. https://www.iaea.org/publications/8671/stress-corrosion-cracking-in-light-water-reactors-good-practices-and-lessons-learned 
  635. ^ 田中(編) 2010, p. 284.
  636. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 162.
  637. ^ a b 野原 2016, p. 39.
  638. ^ 大山・森田・吉武 1990, p. 168; ステンレス協会(編) 1995, p. 1392.
  639. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1392.
  640. ^ a b 大山・森田・吉武 1990, p. 169.
  641. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 135.
  642. ^ 塙 隆夫、2006、「ステント用金属材料」、『人工臓器』35巻1号、日本人工臓器学会、doi:10.11392/jsao1972.35.193 pp. 193–196
  643. ^ 塙 隆夫「医療分野におけるチタンの表面処理」『軽金属』第55巻第11号、軽金属学会、2005年、 553頁、 doi:10.2464/jilm.55.553
  644. ^ Lai et al.(ed) 2012, p. 73.
  645. ^ 塙 隆夫、2007、「人体中での金属の信頼性を向上させる技術」、『表面技術』58巻9号、表面技術協会、doi:10.4139/sfj.58.495 p. 498
    Daisuke Kuroda, Sachiko Hiromoto, Takao Hanawa, Yasuyuki Katada (2002). “Corrosion Behavior of Nickel-Free High Nitrogen Austenitic Stainless Steel in Simulated Biological Environments”. MATERIALS TRANSACTIONS (The Japan Institute of Metals and Materials) 43 (12): 3100. doi:10.2320/matertrans.43.3100. 
  646. ^ ISSF 2016, p. 6.
  647. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1412.
  648. ^ Art”. ISSF. 2020年9月16日閲覧。
  649. ^ ステンレス協会(編) 1995, p. 1412; 大山・森田・吉武 1990, p. 155.
  650. ^ 佐藤 義夫 『野外彫刻マニュアル :まちにアートを』ぎょうせい、1993年、106-122頁。ISBN 4-324-03957-7 
  651. ^ a b ステンレス協会(編) 1995, p. 1413.
  652. ^ 坂上 直哉、2017、『翼竜のたまご:ステンレスは建築の絵の具だ』第1版、日経BP ISBN 978-4-8222-5068-3 pp. 56‐58, 64
  653. ^ Ian Desmond (2014年5月8日). “Stainless steel and art”. John Desmond Limited. 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。
  654. ^ Team Stainless 2013, p. 2.
  655. ^ Team Stainless 2013, p. 5.
  656. ^ a b Environmental sustainability”. ISSF. 2020年9月13日閲覧。
  657. ^ a b 五十嵐 佑馬・醍醐 市朗・松野 泰也・足立 芳寛、2005、「日本国内におけるステンレス鋼のマテリアルフロー解析および循環利用促進によるCO2削減効果の評価」、『鉄と鋼』91巻12号、日本鉄鋼協会、doi:10.2355/tetsutohagane1955.91.12_903 p. 906
  658. ^ Team Stainless 2013, pp. 6–8.
  659. ^ 醍醐 市朗・松本 祐一・松野 泰也・足立 芳寛、2009、「CrとNiの物質収支を考慮したステンレス鋼のマテリアルフロー分析」、『鉄と鋼』95巻6号、日本鉄鋼協会、doi:10.2355/tetsutohagane.95.506 pp. 512–513
  660. ^ Team Stainless 2013, pp. 2, 8.
  661. ^ Team Stainless 2013, p. 8.
  662. ^ 菊池 2015, p. 44.
  663. ^ ISSF 2020, pp. 3, 7.
  664. ^ 2020 World Steel in Figures”. World Steel Association. p. 7. 2020年9月16日閲覧。
  665. ^ ISSF 2020, p. 4.
  666. ^ a b c ISSF 2020, p. 7.
  667. ^ Meltshop production”. ISSF. 2019年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。



ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 12:15 UTC 版)

粒界腐食」の記事における「ステンレス鋼」の解説

粒界腐食問題となる代表的な材料がステンレス鋼である。ステンレス鋼の粒界腐食は、ステンレス鋼開発当時から既に問題として知られていた。ステンレス鋼の粒界腐食多くは、次のような材料鋭敏化によって引き起こされる。ステンレス鋼はクロムを含むことで耐食性を向上させた材料である。しかし、炭素クロム互いに結合しやすいため、高温になる組織中の炭素クロム化合し、Cr23C6 のようなクロム炭化物粒界析出するクロム欠乏域の耐食性は低いので腐食環境では選択的に腐食進み、ステンレス鋼の粒界腐食起きるようになる。 ある高温ある時保持したときに鋭敏化するかどうかプロットして、縦軸温度横軸をその温度保持時間に取って図中にその温度保持時間鋭敏化起こすかどうか示した図を、TTS曲線鋭敏化曲線などという。ここで、TTSTime時間)、Temperature温度)、Sensitization鋭敏化)の略である。オーステナイト系ステンレス鋼SUS 304 の例では、550 °C から 800 °C の温度域で保持すると、または高温からこの温度域を徐冷して通過すると、組織鋭敏化される。利用においては試験評価方法試料履歴注意が必要だが、ステンレス鋼の各鋼種ごとにTTS曲線これまでに数多く公表されている。 ステンレス鋼の鋭敏化対策としては、次の3つ挙げられる炭素含有量を 0.02 % 以下や 0.001 % 以下の水準まで少なくし、クロム炭化物の生成抑制するニオブチタンなどを添加し、これら元素含有炭素化合させて、クロム炭化物生成させないように炭素固定する材料組織鋭敏化してしまった場合は、溶体化処理施して鋭敏化組織解消する

※この「ステンレス鋼」の解説は、「粒界腐食」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「粒界腐食」の記事については、「粒界腐食」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/05 08:40 UTC 版)

真空用材料」の記事における「ステンレス鋼」の解説

ステンレス鋼高真空用材料として広く使用されており、一般的な真空用材料である。そのなかでオーステナイト系SUS304放出ガス少なく加工性が高い。また、薬品強く耐食性が高い(放置加熱よる酸化少ない)ため最も多く使用されている他にもSUS304L、SUS316SUS316Lなどが多く使用されるまた、真空プロセス高温になることも多いため、高温における強度向上を目的とした窒素添加したSUS304N1、SUS316Nなどの材料使用される

※この「ステンレス鋼」の解説は、「真空用材料」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「真空用材料」の記事については、「真空用材料」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 07:13 UTC 版)

包丁」の記事における「ステンレス鋼」の解説

武生特殊鋼材のVG10鋼、日立金属銀紙鋼など。ステンレス錆びにくく手入れ簡単なため家庭用普及した反面、鋼より切れ味が劣るため、業務用には敬遠されてきたが、近年[いつ?]は高性能ステンレス包丁も多い。

※この「ステンレス鋼」の解説は、「包丁」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「包丁」の記事については、「包丁」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 21:49 UTC 版)

燃料被覆管」の記事における「ステンレス鋼」の解説

ステンレス鋼は、高温高圧耐え化学的に安定しており、主に改良型ガス冷却炉高速増殖炉用いられている。中性子吸収効果大きいため、軽水炉では使用されていない。 なお、原子炉制御する為の制御棒被覆にもステンレス鋼が使用されている

※この「ステンレス鋼」の解説は、「燃料被覆管」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「燃料被覆管」の記事については、「燃料被覆管」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:58 UTC 版)

ナイフ」の記事における「ステンレス鋼」の解説

ステンレス鋼は鋼の一種であり、それを構成する金属元素組成によって様々な特性持ち大量生産多く用いられている。現代主要なナイフメーカーから個人カスタムナイフ製作者まで幅広い層に受け入れられている。

※この「ステンレス鋼」の解説は、「ナイフ」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「ナイフ」の記事については、「ナイフ」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:58 UTC 版)

ナイフ」の記事における「ステンレス鋼」の解説

銀紙鋼(1.3.5) 日立金属開発した材料で、カミソリメーカーではGIN呼ばれ世界シェア50%以上を占める。ナイフメーカー表示では銀紙X号表示されることが多い。生産量多く安価であるため、家庭用刃物一般いわゆるマスプロナイフ(大量生産ナイフ)でも良く使われているが、加工性良いためナイフビルダーの中にもこれを使う者もいる。 SUS420-J2 炭素が約0.33%と少ないため硬度低く焼き入れをしナイフ刃とするには最低基準廉価品包丁等に見られる材料としては安価でナイフ全部分に使用しブレード焼き入れスプリング部にも使えるハンドル部には生で用いる(およそナイフ部品であればどこにでも活用出来るので「ばかSUSサス)」と呼ばれる事もある)。 HRC52~55程度使用例オルファ社クラフトナイフL型替刃440A鋼 アメリカ合衆国成分規格炭素が約0.6%と少ないため硬度はやや低くナイフ鋼材としては低限の質。錆に強いため、包丁安価な大量生産ナイフ多く用いられる440B鋼 JIS名も同じ。炭素が約0.8% 440C鋼 JIS名も同じ。炭素が約1.0%、シリコンマンガン1%含むほか、リン0.4%、クロム1718%、モリブデン0.45%を含む。腐食強くほとんど錆が出ないが、やや硬度耐磨耗性耐熱性難がある。ただし日常的に使うナイフでは価格安く研ぎやすいため扱い易い素材と言える一般刃物専門店販売されている若干値の張る大量生産ナイフでは、この素材のものも多い。HRC58~60程度154CM鋼 JIS名は無い。炭素が約1.05%、シリコン0.3%、マンガン0.5%、クロム14~14.5%、モリブデン4%を含む。米クルーシブル社の商品名で、耐熱性耐磨耗性高く腐食耐性440Cに次ぐ。しかし腐食しないではなく表面では小さな点のような腐食でも比較的に根深く入り込む過去に高価なカスタムナイフだけに使われていた。現在では加工技術の向上で割りと安価なナイフにも使われている。ジェットエンジン軸受け使われたこともあるなど高信頼性知られている。ただし加工性低く一般砥石では砥ぎ難い点は、ナイフ素材としてはやや難があるかもしれないラブレスがATS-34の前に使用していた鋼材であった。ATS-34の普及により長く使用されなくなっていたが、アメリカでは一時期同国鉄鋼輸入規制により日本製であるATS-34の輸入困難になったことから再び使用するメーカー増え規制解除されてからも使用され続け近年では粉末冶金化したものも存在する。 V金10号(VG-10)鋼 炭素1%コバルト1.5%、クロム15%、モリブデン1%バナジウム0.2%を含む。武生特殊鋼株式会社商品名YSS ATS-34鋼 炭素が約0.95%、クロム14%、モリブデン4%。 日立金属開発した鋼材。154CMになどを添加したことにより154CMよりも耐熱性耐腐食性向上しており、更に刃欠けし難い強固なナイフ作れるとしてナイフメーカーやカスタムナイフ製作者注目されている。ただしナイフ製作に際して機械加工しにくい面もある。また全く腐食しないわけでもなく、154CM鋼同様腐食には注意を要する材質として耐摩耗性優れ440C1.5倍の強度を誇るが、一般砥石ではやや砥ぎ難い。D2鋼よりは金属組織細かいことから、高い意匠性と耐久性両立できるため高級ナイフ素材代名詞ともなっている。なお「ナイフ実用品」と考えラブレスは、1981年よりATS-34のフィールドテスト繰り返し1983年実用硬度耐腐食性・刃の耐久性バランス取れていることを認め従来154CM鋼から切り替えた逸話伝わっている。 YSS ZDP189鋼 日立金属開発した材料粉末冶金法によって製造した3C-20Crを基本とする成分で、67HRC以上の硬さ得られるため近年注目集めている鋼種

※この「ステンレス鋼」の解説は、「ナイフ」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「ナイフ」の記事については、「ナイフ」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 09:49 UTC 版)

S&W M36」の記事における「ステンレス鋼」の解説

1965年より、まずM36をもとにフレームをステンレス鋼としたM60生産された。M36歩調揃えてバージョンアップしてきており、1996年より生産開始したM60-9では、Jマグナム・フレームを採用することで、.357マグナム弾使用にも対応した

※この「ステンレス鋼」の解説は、「S&W M36」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「S&W M36」の記事については、「S&W M36」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 17:57 UTC 版)

コッヘル」の記事における「ステンレス鋼」の解説

硬くて耐久性がある一方熱伝導率アルミに比べて低いため焦げ付きすいとい欠点がある。また重量あるため軽量化追求する場では敬遠される。耐久性高く焦げ付いても金たわしやクレンザー気軽に磨くことができ、家庭用品と殆ど変わらぬ感覚使用できる。酸に弱いため、酸性液体入れっぱなしにするのは禁物である。

※この「ステンレス鋼」の解説は、「コッヘル」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「コッヘル」の記事については、「コッヘル」の概要を参照ください。


ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 03:05 UTC 版)

ボールペン」の記事における「ステンレス鋼」の解説

安価に製造できるが、耐磨耗性若干劣る。

※この「ステンレス鋼」の解説は、「ボールペン」の解説の一部です。
「ステンレス鋼」を含む「ボールペン」の記事については、「ボールペン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ステンレス鋼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ステンレス鋼

出典:『Wiktionary』 (2020/09/18 12:12 UTC 版)

名詞

ステンレス すてんれすこう

  1. (合金) クロム含ませた、耐食性の高い合金鋼不銹鋼ステンレス

発音(?)

す↗てんれす↘こう、す↗てんれすこう

語源

翻訳


「ステンレス鋼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ステンレス鋼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ステンレス鋼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2022 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステンレス鋼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの粒界腐食 (改訂履歴)、真空用材料 (改訂履歴)、包丁 (改訂履歴)、燃料被覆管 (改訂履歴)、ナイフ (改訂履歴)、S&W M36 (改訂履歴)、コッヘル (改訂履歴)、ボールペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのステンレス鋼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS