用途とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 用途 > 用途の意味・解説 

よう‐ど【用度/用途】

読み方:ようど

会社官庁などで、事務用品などの供給に関すること。「―品」

要する費用入費

大庄屋等その―として、金九五十両を村々百姓出させし事」〈折たく柴の記・中〉

《「ようと」とも》銭(ぜに)の異称

運び残したる―十貫をば」〈沙石集・六〉


よう‐と【用途】

読み方:ようと

や金銭などの使いみち。「―の広い製品


用途・車種

用途とは「自家用」か「営業用」の区別
車種は車の構造大きさの分類で、「普通乗用車」・「小型貨物車」などの区別

自動車保険では保険料算出するための区分となります
当社の自動車保険では、用途は「自家用」、車種は「普通乗用車」・「小型乗用車」・「軽四乗用車」・「小型貨物車」・「軽四貨物車」の5種類契約対象しています

※この「自動車保険用語集」の内容は、チューリッヒ保険会社が扱う保険の内容に即しております。

用途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/26 15:14 UTC 版)



用途(食品添加物の次亜塩素酸水)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 01:53 UTC 版)

次亜塩素酸水」の記事における「用途(食品添加物次亜塩素酸水)」の解説

第9食品添加物公定書解説書2019年廣川書店):「次亜塩素酸水」D-981頁 参照 食材機械器具等の洗浄消毒の他、手洗い用いられる使用前に必ず有効塩素濃度規定濃度範囲であることを確認する食材洗浄消毒使用する際は、あらかじめ汚れ十分に洗い落とした後、次亜塩素酸水流水下で行う。 浸漬使用する場合は、必ず次亜塩素酸水連続的に供給しオーバーフローで行う。 水道水洗った場合以上の塩素残留しないように、最後水洗行い最終食品完成前除去する機械器具容器等の洗浄消毒使用する際は付着している有機物タンパク質油脂など)を洗剤等で洗浄除去した後、次亜塩素酸水除菌する。もしくは強アルカリ性電解水(pH11〜11.5以下)で洗浄後、強酸性次亜塩素酸水消毒の後、軽くすすぎを行う。 手指洗浄消毒使用する際は石鹸等であらかじめ汚れをよく落とした後、次亜塩素酸水除菌する。もしくは強アルカリ性電解水(pH11〜11.5以下のもの)で洗浄後、強酸性次亜塩素酸水除菌を行う。

※この「用途(食品添加物の次亜塩素酸水)」の解説は、「次亜塩素酸水」の解説の一部です。
「用途(食品添加物の次亜塩素酸水)」を含む「次亜塩素酸水」の記事については、「次亜塩素酸水」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「用途」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

用途

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:16 UTC 版)

名詞

(ようと、ようど

  1. (ようと)物や金使い道
  2. (ようど)会社官庁などで物品供給すること。
  3. (ようど)必要費用

「用途」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



用途と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「用途」に関係したコラム

  • FXやCFDのシャンデクロールストップとは

    FXやCFDのシャンデクロールストップ(Chande Kroll Stop)とは、テクニカル指標のATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)を元にしたテクニカル指標のことです。シャンデクロールストップは、...

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「用途」の関連用語

用途のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



用途のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
チューリッヒ保険会社チューリッヒ保険会社
Copyright © 2022 Zurich
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの用途 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの次亜塩素酸水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの用途 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS