五十とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > > 五十の意味・解説 

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて、複合語として用いられる。「五十日(いか)」「五十鈴(いすず)」


い‐そ【十】

ごじゅうまた、数の多いこと。

岩の上に降るは—かへり降れ後までも見む」〈古今六帖・一〉


ご‐じゅう〔‐ジフ〕【五十】

10の5倍の数。

50歳。いそじ。「五十の坂を越える」


いそ‐じ〔‐ぢ〕【十/十路】

50歳。50年。「—の坂にさしかかる」→十路

ごじゅう。いそ。

妙なる歌、百(ももち)余り—を書き出だし」〈後拾遺・序〉


い【五十】

〔名〕 (名詞接頭語的に付く) 五十。いそ。必ずしも数の五十を表わさず、多数を意味するのにも用いられる。

後撰(951‐953頃)雑四・一二五六「いせ渡る河は袖より流るれどとふにとはれぬ身はうきぬめり〈伊勢〉」

[語誌](1)「い」を「いそ」の転とするのは、用例年代から見て誤り。五十を意味する最も古い言い方は「い」だが、平安鎌倉時代例の多い「いか(五十日)」のほかは挙例の「いせ(五十瀬)」が平安和歌見えるのみである(「源氏賢木」の「すずか河八十瀬(やそせ)の波に濡れ濡れずいせまで誰か思ひおこせむ」は地名伊勢と「五十瀬」を掛けたものか)。
(2)奈良時代には数詞としての用例はないが、「万葉集」には「五十日太(いかだ)」(五〇)「五十母不宿二(いも寝ずに)」(一七八七)「五十寸手(生きて)」(二九〇四)「五十戸常(言へど)」(六七四)のように「五十」を借訓仮名のイとして用いた例が多数あり、この時代にも「い‐」と言った思われる
(3)「いそ(ぢ)」は、「みそ(ぢ)」「よそ(ぢ)」などからの類推新たに作られた形。なお、五の意の「いつ‐つ」や五百の意の「いほ‐」との関係は未詳


い‐そ【五十】

〔名〕 (「い」は五、「そ」は十の古語) 数のごじゅうまた、数の多いこと。いそじ。

古今六帖(976‐987頃)一「いはのうへののこずゑにふるはいそかへりふれのちまでも見ん」

[補注]この語にあたる上代の形は「い」。→「い(五十)」の語誌


いそ‐じ ‥ぢ 【五十・五十路】

〔名〕 (「じ」は接尾語

① 数の五〇。いそ。

*後拾遺(1086)序「これかれ妙(たへ)なる歌、ももち余りいそちをかきいだし」

② 五〇歳。五〇年。

書紀720継体即位前(北野本訓)「天皇、年五十七歳(イソチあまりななつ)」


ご‐じゅう ‥ジフ 【五十】

〔名〕

① 一〇の五倍。〔日葡辞書(1603‐04)〕

人の年齢で五〇歳。〔文明本節用集室町中)〕

③ 「ごじゅうぞう五十蔵)」の略。

雑俳柳多留‐二(1767)「大こくは五十にたらぬ餠を喰ひ」


五十

読み方:イソiso

ごじゅう


50

(五十 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/04 00:26 UTC 版)

50五十、ごじゅう、いそ、い、fifty)は自然数、また整数において、49の次で51の前の数である。


  1. ^ 伊太祁曽神社の御由緒について”. 伊太祁曽神社. 2021年1月4日閲覧。
  2. ^ 「五十嵐」姓発祥の地 五十嵐神社”. 新潟県小学校長会. 2021年1月4日閲覧。
  3. ^ 五十とは”. コトバンク. 2021年1月4日閲覧。


「50」の続きの解説一覧

五十

出典:『Wiktionary』 (2019/11/01 13:17 UTC 版)

数詞

ごじゅう

  1. 50、いそ。

訳語




五十と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「五十」に関係したコラム

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

  • FXの仲値とは

    FX(外国為替証拠金取引)の仲値とは、銀行などの金融機関が、顧客との取引の際に用いる為替レートのことです。仲値は、TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)とも呼ばれま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「五十」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

五十のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



五十のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの50 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの五十 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS