異称とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > > 異称の意味・解説 

い‐しょう【異称】


通称

(異称 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:58 UTC 版)

通称(つうしょう)は、正式な名称ではないが、特定の人や物、事象に対する呼び名として世間一般において通用しているのことである。別名(べつめい)とも、俗称(ぞくしょう)ともいう。


注釈

  1. ^ たとえば、蓮舫の本名は「村田蓮舫」→「齊藤蓮舫」、扇千景の本名は「林寛子」、不破哲三の本名は「上田建二郎」、丸川珠代の本名は「大塚珠代」といった事例が挙げられる
  2. ^ 例えば、森田健作千葉県知事)の本名は「鈴木栄治」であるが、立候補時には通常通用している「森田健作」で、選挙長の認定を受けた上で立候補した。しかしながら、千葉県条例など法令の署名などは本名である「鈴木栄治」を使用している
  3. ^ 山手貨物線赤羽線東北本線(支線)を走る埼京線や、鹿児島本線筑豊本線篠栗線をまたいで走る福北ゆたか線など。

出典

  1. ^ 『ヤクザ大全』著・山平重樹幻冬舎アウトロー文庫)より。ISBN 4-87728-826-0
  2. ^ 二宮周平「氏名の自己決定権としての通称使用の権利」立命館法学 一九九五年三号(二四一号)
  3. ^ ○被保険者証の氏名表記について〔健康保険法〕”. 厚生労働省. 2019年3月12日閲覧。


「通称」の続きの解説一覧

異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 08:50 UTC 版)

ツゲ」の記事における「異称」の解説

ツゲ関東以西広く分布しいろいろな異称(方言を持っている。イヌツゲ区別するために「ホンツゲ」、伊勢地方で朝熊山分布するので「アサマツゲ」、伊豆諸島では「ベンテンツゲ」、「ハチジョウツゲ」(八丈島)、「ミクラジマツゲ」(御蔵島)など。 ほかにも、「サワフタギ」(兵庫県)、「ウツギ」(徳島県)、ハマクサギ高知県)、コアカソイボタなどの異名がある。

※この「異称」の解説は、「ツゲ」の解説の一部です。
「異称」を含む「ツゲ」の記事については、「ツゲ」の概要を参照ください。


異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/24 22:14 UTC 版)

岡太神社 (西宮市)」の記事における「異称」の解説

「おかしの宮」という異称があるが、この由来としてはいくつかの説がある。 上述のように、「岡司」氏が開いたことによる武庫行宮にあたる「押照宮」から転じた(ただし、武庫行宮比定地は別地点有力である)。 後述するように、女装して供物奉納する祭りが行われており、それが「おかし」と評されことによる

※この「異称」の解説は、「岡太神社 (西宮市)」の解説の一部です。
「異称」を含む「岡太神社 (西宮市)」の記事については、「岡太神社 (西宮市)」の概要を参照ください。


異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 07:10 UTC 版)

務安国際空港」の記事における「異称」の解説

逆に務安国際空港過剰投資であると考え、この責任金大中政権政策運営にあるとして、非難意図込めて金大中空港と呼ぶ例もある。同様の意図で、初期に務安国際空港建設推進した韓和甲 の名を冠して「韓和甲空港と呼ぶ例がある。 また空港名の務安」(무안)がさまざまな漢語に通じることから空港開発に対し推進批判双方立場において語呂合わせ用いられている。開港までの間は、「務安」が「無限」(무한 mu-han)に繋がるとして、空港開発効果強調されていた。一方、「務安」は韓国語で「(恥ずかしくて会わす顔がないこと」 を意味する無顔」(무안 mu-an)と同じ綴りであることから、開港後の状況に対して批判的な文脈で、「무안한 무안공항」(恥ずかし務安空港)、「국제공항이란 간판이 ‘무안’ 할 정도다」(国際空港という看板恥ずかしいほどだ) のように、「務安」と「無顔」とをかけた皮肉が書かれることも多い。さらに「務安」は「無人」(무인 mu-in)に発音が似ていることから利用客少な状況を「무안공항은 ‘무인공항’」(務安空港は「無人空港」) と揶揄されている

※この「異称」の解説は、「務安国際空港」の解説の一部です。
「異称」を含む「務安国際空港」の記事については、「務安国際空港」の概要を参照ください。


異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 02:28 UTC 版)

インドハッカ」の記事における「異称」の解説

英名は Common Myna (Mynah)、Indian Myna などである。 ハワイにも移入されており、英語で"myna bird"として知られることからハワイ日本語マイナ称される。ただしハワイ以外英語圏言えばマイナ」は総称で、話す鳥として飼育されるキュウカンチョウ等も含まれるが、これはよく似ている別種である。 Myna は、ヒンディー語mainā に由来し、それは、サンスクリット語madanā から生じている。

※この「異称」の解説は、「インドハッカ」の解説の一部です。
「異称」を含む「インドハッカ」の記事については、「インドハッカ」の概要を参照ください。


異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 04:56 UTC 版)

ヒメタタライスズヒメ」の記事における「異称」の解説

『古事記』では、はじめ「富登多多良伊須須岐比売」(ホトタタライススキヒメ、ホトタタライススギヒメ)という名であったが、のちに「比売多多良伊須気余理比売」(ヒメタタライスケヨリヒメ)に改められたことが示されている。詳細は#古事記にみる誕生時の逸話参照。単に「伊須気余理比売と書くこともある。 また、単に「五十鈴媛命」ということもある。(ただし、妹の五十鈴依媛命との混同注意。)

※この「異称」の解説は、「ヒメタタライスズヒメ」の解説の一部です。
「異称」を含む「ヒメタタライスズヒメ」の記事については、「ヒメタタライスズヒメ」の概要を参照ください。


異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 01:46 UTC 版)

キク」の記事における「異称」の解説

隠逸花いんいつか)‐ の異称。周敦頤『愛説』の一文、花之隠逸者也」から。 陰君子いんくんし)‐ 隠遁する有徳の人の意。の異称でもある星見草ほしみぐさ)‐ の異称。 霜見草しもみぐさ)‐ (特に寒菊)の異称。 千代見草ちよみぐさ)‐ の異称。

※この「異称」の解説は、「キク」の解説の一部です。
「異称」を含む「キク」の記事については、「キク」の概要を参照ください。


異称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 23:23 UTC 版)

馬鹿洞人」の記事における「異称」の解説

中国語の「马鹿(馬鹿)」は「アカシカ」を意味し日本語における「馬鹿」のような侮蔑含意はない。日本語では、「馬鹿」の表記避けて、「アカシカ人」、「赤鹿人」、あるいは「紅鹿人」とする例がある。 また、中国語おいても、「赤鹿人」、「赤鹿洞人」、「紅鹿洞人」などとする例がある。

※この「異称」の解説は、「馬鹿洞人」の解説の一部です。
「異称」を含む「馬鹿洞人」の記事については、「馬鹿洞人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「異称」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

異称

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 13:23 UTC 版)

この単語漢字

第六学年
しょう
常用漢字
音読み 音読み

発音

名詞

(いしょう)

  1. 本名正式名称とは異なる呼び名

類義語

異名別称別名

翻訳


「異称」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



異称と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異称」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
100% |||||

6
100% |||||


8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

異称のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異称の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツゲ (改訂履歴)、岡太神社 (西宮市) (改訂履歴)、務安国際空港 (改訂履歴)、インドハッカ (改訂履歴)、ヒメタタライスズヒメ (改訂履歴)、キク (改訂履歴)、馬鹿洞人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの異称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS