方言とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 方言の意味・解説 

ほう‐げん〔ハウ‐〕【方言】

一定の地域社会行われる言語一つ国語地域によって別々な発達をなし、音韻文法語彙(ごい)などの上相違のあるいくつかの言語圏分かれたとき、それぞれの地域言語体系をいう。九州方言琉球方言など。

共通語標準語に対して、ある地方用いられる特有の言葉俚言(りげん)。

特定の階層用いられる独自の言葉隠語俗語の類。


ほう‐げん ハウ‥ 【方言】

1⃣ 〔名〕

共通語標準語とは異なった形で地方的に用いられることば。また、中央の標準的なことばに対して地方用いるその地特有のことば。俚言土語。なまり。片言

古活字本毛詩抄(17C前)八「方言に注する時には其方々々の言を注するぞ」〔王維‐早入滎陽界詩〕

特定の階級仲間などの用いることば。隠語俗語の類。

随筆秉燭譚1729)四「嗄は俗の方言に、やあと云がごとし」

地域的言語体系。ある地帯通用する言語全体として一つ言語体系属すると認められながら、音韻語法語彙などに地域的な変異があるときにいう。

東大寺諷誦文(796‐830頃)「此の当国の方言、毛人の方言、飛弾の方言、東国の方言」

一般に、言語、特に、その国やその地域のことばをいう。

*遁花秘訣(1820)序「松前に到り、彼地に在留する魯西亜人に就て彼方言を学ぶ」

2⃣ 中国小学書。一三巻。前漢揚雄撰。一名、「輶(ゆう)軒使者絶代語釈別国方言」。「揚子方言」とも。方言や地方残存する古語語彙集録した書。同義語毎に一括し、適用することばでその意味を説明使用地域古語残存か否かを示す。


方言

人口は、日常話されている言語 1または方言 2によって分類できる。個人幼年時代その家庭で話されていた言葉母国語 3と、その個人日常的用い言語である慣用語 4とは区別される。二言語併用の 5または多言語併用の 5国の人々の間では、この区別はつけがたい。これらの問題についての情報提供する統計を、言語統計 6という。


方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 07:53 UTC 版)

方言(ほうげん、: accent, dialect[3])は、ある言語が地域によって別々な発達をし、音韻文法語彙などの上で相違のあるいくつかの言語圏に分かれた、と見なされたときの、それぞれの地域の言語体系のこと[4]。ある地域での(他の地域とは異なった面をもつ)言語体系のこと。地域方言とも言い、普通、「方言」は地域方言を指す。一方、同一地域内にあっても、社会階層や民族の違いなどによって言語体系が異なる場合は社会方言と言う[5]


  1. ^ Thomas Moore devin (2018年7月25日). “What’s The Difference Between A Language, A Dialect And An Accent?” (英語). babbel.com. 2021年1月15日閲覧。
  2. ^ スッキリ解決!「方言」と「訛り」の違い - gimon-sukkiri.jp 2021年1月15日閲覧。
  3. ^ "accent"は「訛り・方言」についての一般的な単語で、"dialect"はやや学術的な感じを持つ。社会言語学において主流な解釈は、"accent"は日本語の「訛り」に対比される。訛りとは、方言の一要素であり「ある言語内における発音の個人や社会集団差」である。それに対して"dialect"は日本語の「方言」に対比される。方言とは、言語体系の多様性を表し「ある言語内における発音や文法、語彙といった言語体系全体の個人や社会集団差」とされる。[1][2]
  4. ^ 大辞泉 【方言】
  5. ^ 英語圏の言語学者が「dialect」と言う場合、一般的に認識されている「方言」だけでなく、職業・趣味などが一致する者同士の間でのみ通じる表現方法(専門用語業界用語ジャーゴン)を含むことがある。
  6. ^ 三井, はるみ. “問1 「方言」というのはどのようなことばのことですか。” (日本語). 国立国語研究所. 新「ことば」シリーズ16「ことばの地域差―方言は今―」. 2020年7月23日閲覧。
  7. ^ 「方言」(出典:三省堂 大辞林 第三版)”. weblio辞書. 2020年7月23日閲覧。の意味(2)
  8. ^ Mair, Victor H (1991). What is a Chinese ‘Dialect/Topolect’? Reflection on Some Key Sino-English Linguistic Terms (pdf). Sino-Platonic Papers 29: 1-31. http://sino-platonic.org/complete/spp029_chinese_dialect.pdf. 
  9. ^ 江仁傑 「日本の言語政策と言語使用」 樋口謙一郎編著 『北東アジアのことばと人々』 (ASシリーズ 第 9巻) 大学教育出版 2013年(ISBN 978-4-86429-214-6 C3080)
  10. ^ 消滅の危機にある言語・方言”. 文化庁. 2021年4月3日閲覧。
  11. ^ フランス、なまりに基づく差別を禁止”. フランス通信社 (2020年11月27日). 2021年2月6日閲覧。



方言

出典:『Wiktionary』 (2019/03/06 14:14 UTC 版)

名詞

ほうげん

  1. ある言語体系における地域違いまたは、違った言語体系。方言か類縁別個の言語かを区別する基準曖昧である。

発音

ほ↗ーげん
ほ↗ーげ↘ん

対義語

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




方言と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「方言」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

方言のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



方言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS