構造とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 構造 > 構造の意味・解説 

こう‐ぞう〔‐ザウ〕【構造】

一つのものを作り上げている部分部分材料組み合わせ方。また、そのようにして組み合わせてできたもの。仕組み。「家の—」「体の—」「文章の—」「—上の欠陥

物事成り立たせている各要素機能的な関連また、そのようにして成り立っているものの全体。「汚職の—が明らかになる」「経済二重—」「社会—」「精神—」

ある集合で、演算または二点の遠近関係の規定などの数学的性質与えられるとき、この集合要素間の関係。数学的構造


構造

母集団成員特定の属性あるいは変数による種々のカテゴリーないし階級並べることによって度数分布 1生じるが、これは分布 1省略されることが多い。個別集団ないし各における数値、すなわち絶対度数 2ないし階級度数 2全集団における総数に対する比率は、その集団における相対度数 3呼ばれる人口学では構造 4構成 4という用語が年齢、性(男女)、配偶関係職業等の特性分布記述するために互換的に用いられることが多い。構造はより限定された意味で、年齢男女のみによる人口分布記述するために用いられることがある


構造

作者岡松和夫

収載図書無私の感触
出版社講談社
刊行年月2002.2


構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/27 17:47 UTC 版)

構造(こうぞう、英:structure)とは、ひとつのものを作りあげている部分部分の組み合わせかた[1]


  1. ^ デジタル大辞泉「構造」
  2. ^ 広辞苑「構造」
  3. ^ Oxford Dictionaries 「structure」
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典「構造」


「構造」の続きの解説一覧

構造(0番台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 10:02 UTC 版)

特に断りがない限り以下は登場当初仕様について記述する車体 車体ステンレス用いた軽量構体で、運転台を含む前頭部のみ普通鋼製である。客用扉は中間車では片側1箇所先頭車では片側2箇所設けられているが、中間車では客用扉を2箇所増設できるように準備工事なされているそのため、外板にはダルフィニッシュ加工施された2.0mm厚の平板用い従来ステンレス車体に見られビード加工はなされていない。@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}車体傾斜装置装備しないが、準備工事施工されており、[要出典]車体断面も同装置を持つキハ261系気動車と共通とされ、客室窓下から上方が台形状に窄まる形状となっている。前頭部形状キハ261系基本番台意匠基本とするが、中央下部キハ283系気動車類似する絞込み大きくすることで軽快でスマートな形状としている。増解結頻繁に行うことから前面貫通扉設け車両間の通り抜け容易に行える構造である。前照灯補助灯はキハ261系基本番台の横配列から縦配列変更された。標識灯運転室風防内に左右各1灯を設ける。正面愛称表示器は幕式、車体側面行先表示器は3色LED式である。 2両または3両単位編成複数組成して使用するため、中間車のうち編成の端になる車両には、構内運転のための簡易運転台設ける。先頭車となる車両には車掌スイッチ連絡ブザードア横設置する外部塗色前頭部客用扉を含む部分JR北海道コーポレートカラーである萌黄色ライトグリーン)、前頭部塗装境界部には青色の帯、客用扉の塗装境界部には津軽海峡地形図デザインした帯を配する前頭部側面には "HEAT789"のロゴマーク配されている。 常時高湿かつ騒音大き環境青函トンネル走行するため、車体板厚増して防音防湿図られているほか、客用扉などの気密性強化している。また、トンネル内は12 ‰の勾配が続くことから編成中の電動車比率高くして列車全体出力確保し上り勾配区間でも最高速度140 km/hでの連続走行を可能としているほか、電動車故障して1M4T(5両編成時)となった時には限流値増スイッチを扱うことで15勾配起動可能な構成としている。また、同区間の下り勾配走行備え抑速装置として回生ブレーキ装備する。 左:789系基本番台側面行先表示器日本語)(2018年10月28日 / 札幌駅) 右:789系基本番台側面行先表示器(英語)(2018年10月28日 / 札幌駅) 主要機器 主要機器の詳細車両形式主変圧器主変換装置モハ789形200番台- IPM素子による3レベルPWMコンバータ+2レベルPWMインバータ モハ788形100番台走行風自冷式 IPM素子による3レベルPWMコンバータ+2レベルPWMインバータ モハ788形200番台強制風冷式 IGBT素子による3レベルPWMコンバータ+2レベルPWMインバータ 制御機器731系電車システム用いている。 モハ788形100番台および200番台には主変圧器主変換装置モハ789形200番台には主変換装置のみを搭載するモハ788形搭載され主変圧器降圧され、モハ788形100番台は自車の主変換装置に、モハ788形200番台は自車および隣接するモハ789形200番台主変換装置電源供給するシステムとなっている。主変換装置台車制御であることを除いて各車両に搭載され機器仕様が異なっており、右表に詳細を示す。 N-PS789形シングルアーム型パンタグラフ搭載するかご形三相誘導電動機N-MT731形定格出力230 kW)を制御する床下防雪カバー覆われ車両端部連結直下に着雪防止カバー設ける。 台車731系電車のものを基本とした軸式ボルスタレス台車 N-DT789形・N-TR789形で車輪810 mm小型タイプ採用することで車体床高さを低減させている。曲線での乗り心地改善するために非線形ばね定数タイプ空気ばね採用し、高さ調整弁吸排気性能を向上させて曲線通過時定常加速度低減している。 車内設備 車内青色天井両側照明配置され、床の敷物グレー基調とした菱形模様となっている。窓は2席分の連続となっており、フリーストップタイプのカーテン装備する座席はフリーストップ式のリクライニングシートで、普通車座席モケットの色を赤色偶数号車緑色奇数号車)を主体とし、一部青色ランダムに配置する構成としている。グリーン室の座席は横 1+2 列の3列配置とされ、表地青色牛革張りで、大型の肘掛には難燃加工木材用いている。 トイレは、洋式共用トイレ男子小用トイレクハ789形クロハ789形・モハ789形設置しクロハ789形で車椅子対応の大型のものとしている。 なお、内外装デザインは、JR北海道提携関係にあるデンマーク国鉄 (DSB) との共同制作である。 モハ788形100番台車内2011年8月モハ789形200番台車内2011年8月クロハ789形100番台グリーン車内(2011年8月クハ789形200番台座席交換後の普通車内(2021年5月クロハ789形100番台座席交換後の指定席車内(2021年5月クロハ789形100番台座席交換後のグリーン車内(2021年5月

※この「構造(0番台)」の解説は、「JR北海道789系電車」の解説の一部です。» 「JR北海道789系電車」の概要を見る


構造(1000番台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 10:02 UTC 版)

常時5両の固定編成運用されることから貫通構造としたが、保線員添乗将来貫通化することの容易化睨み当初より通路と窓は設置したまた、中間車簡易運転台設置されていない一方で新たに乗務員用の側扉を設け灯火類意匠シャープな形状となった客用扉は当初より片側2箇所とされた。前面の愛称表示器フルカラー表示の、側面行先表示器は3色表示LED式で、号車表示設備表示は共通運用される785系電車と同様ピクトグラム表示ステッカー客用付近に貼付する外部塗色785系カラースキーム継承した客室直下に黒+ ■濃淡バイオレット■+ 萌黄色■の帯を配し前頭部付近下方に弧を描くデザインである。前頭部シルバーメタリック塗装で、正面中央に黒色帯を位置配する普通車のみの編成でありグリーン車連結されないが、4号車モハ789形グレードアップ指定席uシートとなっており、客室窓を座席と同間隔の小窓としている。化粧室オストメイト対応の多目的トイレ新たに設ける。車内販売準備室設けられず、自動販売機設置される。なお、自動販売機2017年平成29年3月4日ダイヤ改正使用停止となった電動車構成基本番台異なり785系西日本旅客鉄道JR西日本)の681系電車などと同様の「MTユニット構成採用しており、付随車であるサハ788形3号車)にシングルアーム型パンタグラフ主変圧器装備し両隣電動車モハ789形2・4号車)に電力供給する構成となっている。制御方式台車基本番台同一仕様であるが、歯車比主回路構成変更し走行性能維持しつつ編成中の電動車数およびパンタグラフ数を削減している。編成MT比は2M3Tの構成であるが、3M2T構成の785系同等の走行性能有する789系1000番台行先表示器日本語)(2018年10月28日 / 滝川駅789系1000番台行先表示器(英語)(2018年10月28日 / 滝川駅789系1000番台の「uシート車内モハ789形2000番台のN-DT789A形台車2007年10月17日 / 旭川駅

※この「構造(1000番台)」の解説は、「JR北海道789系電車」の解説の一部です。» 「JR北海道789系電車」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

構造

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 03:29 UTC 版)

発音

名詞

(こうぞう)

  1. 機械組織文章などの)全体成り立たせている内部仕組み組み立て

類義語

翻訳


「構造」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



構造と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

構造のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



構造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの構造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJR北海道789系電車 (改訂履歴)、JR北海道789系電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの構造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS