著作とは? わかりやすく解説

ちょ‐さく【著作】

[名](スル)書物書きあらわすこと。また、その書物著述。「—に励む」「心血を注いで—する」


著作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/30 03:06 UTC 版)

著作(ちょさく)とは、




「著作」の続きの解説一覧

著作(邦訳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 07:48 UTC 版)

The Influence of Sea Power Upon History, 1660-1783 (1890)『海上権力史論上・下)』(水交社訳、東邦協会1896年)- 近代デジタルライブラリーにて閲覧可能(全国書誌番号:.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}40015155) 『海上権力史論』(北村謙一訳、原書房1982年新装版2008年6月ISBN 978-4562041640 - 原著5・6・911・1213章割愛し各章抜粋訳 The Influence of Sea Power upon the French Revolution and Empire, 1793-1812 (1892)『仏国革命時代海上権力史論上・下)』(水交社訳、東邦協会1900年)- 近代デジタルライブラリーにて閲覧可能(全国書誌番号:40015156) The Interest of America in Sea Power, Present and Future (1897)『太平洋海権論』(水上彦訳、小林又七、1899年)- 近代デジタルライブラリーにて閲覧可能(全国書誌番号:41019230) Naval Strategy Compared and Contrasted with the Principles and Practice of Military Operations on Land (1911)『海軍戦略』(尾崎主税訳、千倉書房1932年復刻海軍戦略――陸軍作戦原則との比較対照』(尾崎主税訳、原書房1978年) 『海軍戦略』(井伊順彦訳、戸高一成解説中央公論新社2005年2月ISBN 978-4120036118 The Life of Nelson: The Embodiment of the Sea Power of Great Britain (1899)『ネルソン伝――英国水師提督』(海軍教育本部編、大島貞益訳、博文館1906年) 『ホレーシオ・ネルソン』(平沼淑郎訳、実業之日本社1922年日本編まれアンソロジー編訳著) 『アメリカ古典文庫(8)アルフレッド・T・マハン』(麻田貞雄編、研究社1977年新版マハン海上権論集』(麻田貞雄編訳講談社学術文庫2010年12月)。ISBN 978-4062920278 『戦略論大系(5) マハン』(山内敏秀編、芙蓉書房2002年ISBN 978-4829503065 - Naval StrategyおよびThe Influence of Sea Power Upon History, 1660-1783の抄訳抜粋

※この「著作(邦訳)」の解説は、「アルフレッド・セイヤー・マハン」の解説の一部です。» 「アルフレッド・セイヤー・マハン」の概要を見る


著作(日本語訳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 22:40 UTC 版)

イスラム文明加賀谷寛訳、紀伊国屋書店1967年。 『イスラーム文明史―政治宗教・文学にわたる七章』加賀谷寛ほか訳、みすず書房1968年再版1975年。 『アラビア文学史』井筒豊子(井筒俊彦夫人)訳、人文書院1982年3月Arabic Literature – An Introduction, Oxford University Press, 1926. の翻訳アラビア人文学井筒豊子訳、講談社学術文庫1991年3月。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4061589629。 『イスラム 誕生から現代まで加賀谷寛訳、東京新聞出版局オリエント選書」、1981年。『イスラム入門加賀谷寛訳、講談社学術文庫2002年7月ISBN 978-4061595576。

※この「著作(日本語訳)」の解説は、「ハミルトン・ギブ」の解説の一部です。» 「ハミルトン・ギブ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

著作

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:31 UTC 版)

名詞

ちょさく

  1. 書物書き著すこと。また、その書物
  2. 語意1の書物より転じて書物以外の著作物を指す。著作物制作することを著作表記する場合もある。
  3. 著作郎」の略。 古代中国および、古代日本の、律令制官職内記とも書く。

発音(?)

ちょ↗さく

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
著作-する

典拠・注釈


「著作」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

著作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



著作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの著作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルフレッド・セイヤー・マハン (改訂履歴)、ハミルトン・ギブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの著作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS