抄訳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 抄訳の意味・解説 

しょう‐やく〔セウ‐〕【抄訳】

読み方:しょうやく

[名](スル)原文ところどころ抜き出して翻訳すること。また、その訳文。「児童向けに—した世界文学全集」⇔全訳完訳


翻訳

(抄訳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/24 06:25 UTC 版)

翻訳ほんやく: translation)は、ある形で表現されている対象を、異なる形で改めて表現する行為である。


注釈

  1. ^ コンピュータプログラミング言語におけるコンパイルなど、形式言語における変換を指して(特に、以前は多かったカタカナ語の言い換え語として)「翻訳」という語を使うことも多いが、自然言語の翻訳と形式言語の変換は質的に全く異なるものであり、わかった気がする(実際には誤解しているだけの)言い換え語として以上の意味は無い。

出典

  1. ^ a b 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p2 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  2. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p110 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  3. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p158 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  4. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p175-177 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  5. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p182-184 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  6. ^ 「医学の歴史」pp150 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  7. ^ 「図説 本の歴史」p57 樺山紘一編 河出書房新社 2011年7月30日初版発行
  8. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p38 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  9. ^ a b 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p18-19 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  10. ^ 現代の事例では、サダム・フセインの小説を和訳する際に、戦争のため版権所有者と連絡がとれず、仏語版から仏文学者が翻訳したものがある。『王様と愛人』p4 ブックマン社 2004年8月5日初版第1刷発行
  11. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p69 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  12. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p8-9 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  13. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p74-78 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  14. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p74-75 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  15. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p76-77 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  16. ^ 登録ボランティア制度について名古屋国際センター、2012年9月11日閲覧)
  17. ^ Japan earthquake how to protect yourself (地震発生時緊急マニュアル)、日本語・英語・その他の言語、東京外国語大学の学生たち、2012.3.3開始、2012年9月11日閲覧



抄訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/19 06:35 UTC 版)

カウシータキ・ウパニシャッド」の記事における「抄訳」の解説

岩本裕原典訳 ウパニシャッド筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2013年ISBN 4-480-09519-5。岩本裕ウパニシャッド筑摩書房世界文学古典全集3〉、1967年佐保田鶴治ウパニシャッド平河出版社1979年ISBN 4892030260。

※この「抄訳」の解説は、「カウシータキ・ウパニシャッド」の解説の一部です。
「抄訳」を含む「カウシータキ・ウパニシャッド」の記事については、「カウシータキ・ウパニシャッド」の概要を参照ください。


抄訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:32 UTC 版)

ウパニシャッド」の記事における「抄訳」の解説

服部正明ウパニシャッド中央公論社世界の名著1, 中公バックス〉、1979年ISBN 412400611X。服部正明ウパニシャッド中央公論社世界の名著1〉、1969年。ブリハッド・アーラニヤカ、チャーンドーギヤ、カウシータキ、カタ全訳)の主要4ウパニシャッドの抄訳(一部全訳)。 岩本裕原典訳 ウパニシャッド筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2013年ISBN 4-480-09519-5。岩本裕ウパニシャッド筑摩書房世界古典文学全集3〉、1967年。ブリハッド・アーラニヤカ、チャーンドーギヤ(全訳)、カウシータキ、カタ全訳)、プラシュナ(全訳)の主要5ウパニシャッドの抄訳(一部全訳)。 佐保田鶴治ウパニシャッド平河出版社1979年ISBN 4892030260。上記一覧の13ウパニシャッドの内、ケーナだけを除いた主要12ウパニシャッドの抄訳。 日野紹運、奥村文子ウパニシャッド日本ヴェーダンタ協会2009年ISBN 4931148409。 上記一覧の13ウパニシャッドの内、カウシータキ、マイトリー除き、カイヴァルヤを追加した主要12ウパニシャッドの抄訳。 向井田みお『やさしく学ぶYOGA哲学 ウパニシャッド』アンダーザライト YOGA BOOKS2016年ISBN 9784904980170。 カタケーナ、カイヴァルヤに、全ウパニシャッド入門編となるタットヴァボーダを加えたサンスクリット原文対訳

※この「抄訳」の解説は、「ウパニシャッド」の解説の一部です。
「抄訳」を含む「ウパニシャッド」の記事については、「ウパニシャッド」の概要を参照ください。


抄訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 00:23 UTC 版)

チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」の記事における「抄訳」の解説

服部正明ウパニシャッド中央公論社世界の名著1, 中公バックス〉、1979年ISBN 412400611X。服部正明ウパニシャッド中央公論社世界の名著1〉、1969年佐保田鶴治ウパニシャッド平河出版社1979年ISBN 4892030260。 日野紹運、奥村文子ウパニシャッド日本ヴェーダンタ協会2009年ISBN 4931148409。

※この「抄訳」の解説は、「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」の解説の一部です。
「抄訳」を含む「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」の記事については、「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」の概要を参照ください。


抄訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 00:19 UTC 版)

ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド」の記事における「抄訳」の解説

服部正明ウパニシャッド中央公論社世界の名著1, 中公バックス〉、1979年ISBN 412400611X。服部正明ウパニシャッド中央公論社世界の名著1〉、1969年岩本裕原典訳 ウパニシャッド筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2013年ISBN 4-480-09519-5。岩本裕ウパニシャッド筑摩書房世界文学古典全集3〉、1967年佐保田鶴治ウパニシャッド平河出版社1979年ISBN 4892030260。 日野紹運、奥村文子ウパニシャッド日本ヴェーダンタ協会2009年ISBN 4931148409。

※この「抄訳」の解説は、「ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド」の解説の一部です。
「抄訳」を含む「ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド」の記事については、「ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「抄訳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

抄訳

出典:『Wiktionary』 (2021/10/11 12:44 UTC 版)

名詞

しょうやく

  1. 全文一部のみ翻訳すること。

参照

翻訳

動詞


「抄訳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



抄訳と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「抄訳」の関連用語

1
抄訳し 活用形辞書
100% |||||

2
抄訳しろ 活用形辞書
100% |||||

3
抄訳せよ 活用形辞書
100% |||||

4
抄訳できる 活用形辞書
100% |||||

5
抄訳さす 活用形辞書
100% |||||

6
抄訳させる 活用形辞書
100% |||||

7
抄訳され 活用形辞書
100% |||||

8
抄訳される 活用形辞書
100% |||||

9
抄訳しうる 活用形辞書
100% |||||

10
抄訳しそう 活用形辞書
100% |||||

抄訳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抄訳の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの翻訳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカウシータキ・ウパニシャッド (改訂履歴)、ウパニシャッド (改訂履歴)、チャーンドーギヤ・ウパニシャッド (改訂履歴)、ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抄訳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS