日本語訳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 日本語訳の意味・解説 

日本語訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 20:08 UTC 版)

日本語訳(にほんごやく)は、日本語以外の言語による文書会話などを日本語に翻訳通訳)すること、また翻訳された文書や音声記録をいう。和訳(わやく)、邦訳(ほうやく)などとも言う。




「日本語訳」の続きの解説一覧

日本語訳(現行版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 09:36 UTC 版)

赤と黒」の記事における「日本語訳(現行版)」の解説

桑原武夫生島遼一訳 『赤と黒岩波文庫 上下初版1933年数度改版 小林正訳 『赤と黒新潮文庫 上下初版1957年数度改版 富永明夫訳『赤と黒中央公論社初版1993年野崎歓訳 『赤と黒光文社古典新訳文庫 上下初版2007年改訂

※この「日本語訳(現行版)」の解説は、「赤と黒」の解説の一部です。
「日本語訳(現行版)」を含む「赤と黒」の記事については、「赤と黒」の概要を参照ください。


日本語訳(作品集)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 00:52 UTC 版)

F・スコット・フィッツジェラルド」の記事における「日本語訳(作品集)」の解説

冬の夢・罪の許し西和世、森岡栄訳、英宝社1956年裕福な青年壊れる(宮本陽吉永川玲二訳、南雲堂1958年短編集 現代アメリカ文学選集 第7(佐藤亮一徳永暢三訳、荒地出版社1968年フィッツジェラルド作品集渥美昭夫井上謙治編、荒地出版社〈全3巻〉、1981年)『ジャズ・エイジ物語』『すべて悲しき若者たち』『崩壊バビロン再訪 フィッツジェラルド短篇集沼沢洽治編訳集英社文庫1990年)三篇 フィッツジェラルド短編集野崎孝編訳新潮文庫1990年改版2012年)六篇 フィッツジェラルド短篇集佐伯泰樹編訳岩波文庫1992年)六篇「バビロン再訪」を中心とした短編集スコット・フィッツジェラルド作品集 わが失われし街中田耕治編訳、響文社、2003年若者はみな悲しい(小川高義編訳光文社古典新訳文庫2008年ISBN 978-4334751722 ベンジャミン・バトン 数奇な人生都甲幸治イースト・プレス2009年 永山一編訳、角川文庫2009年

※この「日本語訳(作品集)」の解説は、「F・スコット・フィッツジェラルド」の解説の一部です。
「日本語訳(作品集)」を含む「F・スコット・フィッツジェラルド」の記事については、「F・スコット・フィッツジェラルド」の概要を参照ください。


日本語訳(フィンランド語版を参照)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 04:36 UTC 版)

我等の地」の記事における「日本語訳(フィンランド語を参照)」の解説

1.おお我らの国,フィンランドよ,故郷の地よ!響け黄金の言葉よ!谷も,丘も,湖,岸辺さえもこの北の祖国より愛されはしない高貴な父祖の地。11.君の繁栄がその殻を破り今一度咲き誇るのだ;我らの愛はさらに高まりあなたの希望喜び満ち溢れ今一度故国の歌がより高らかに響くのだ。

※この「日本語訳(フィンランド語版を参照)」の解説は、「我等の地」の解説の一部です。
「日本語訳(フィンランド語版を参照)」を含む「我等の地」の記事については、「我等の地」の概要を参照ください。


日本語訳(文庫)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 07:11 UTC 版)

ヴェニスに死す」の記事における「日本語訳(文庫)」の解説

ヴェニスに死す実吉捷郎訳(岩波文庫改版2000年)。ISBN 978-4003243411 『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す高橋義孝訳(新潮文庫、再改版2012年)。ISBN 410-2022015 『ヴェネツィアに死す』 岸美光訳(光文社古典新訳文庫2007年)。ISBN 433-4751245 『ベニスに死す圓子修平訳(集英社文庫2011年)。ISBN 408-7606287

※この「日本語訳(文庫)」の解説は、「ヴェニスに死す」の解説の一部です。
「日本語訳(文庫)」を含む「ヴェニスに死す」の記事については、「ヴェニスに死す」の概要を参照ください。


日本語訳(文庫版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 07:08 UTC 版)

トーニオ・クレーガー」の記事における「日本語訳(文庫版)」の解説

植田敏郎訳 『トーニオ・クレーガー (他)ヴェニスに死す旺文社文庫1970年表記トーマス・マン 実吉捷郎訳 『トニオ・クレエゲル岩波文庫改版2003年表記トオマス・マン 高橋義孝訳 『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す新潮文庫改版2012年 平野卿子訳 『トーニオ・クレーガー一篇河出文庫2011年。他は「マーリオ魔術師浅井晶子訳 『トニオ・クレーガー光文社古典新訳文庫2018年

※この「日本語訳(文庫版)」の解説は、「トーニオ・クレーガー」の解説の一部です。
「日本語訳(文庫版)」を含む「トーニオ・クレーガー」の記事については、「トーニオ・クレーガー」の概要を参照ください。


日本語訳(現行版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 08:18 UTC 版)

中世の秋」の記事における「日本語訳(現行版)」の解説

中世の秋兼岩正夫里見元一郎訳、創文社 名著翻訳叢書 1958。河出書房新社選集6」新版1989中世の秋堀越孝一訳、中央公論社 世界の名著 1967中公文庫 上下 新版2018

※この「日本語訳(現行版)」の解説は、「中世の秋」の解説の一部です。
「日本語訳(現行版)」を含む「中世の秋」の記事については、「中世の秋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本語訳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日本語訳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



日本語訳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本語訳」の関連用語

日本語訳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本語訳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本語訳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤と黒 (改訂履歴)、F・スコット・フィッツジェラルド (改訂履歴)、我等の地 (改訂履歴)、ヴェニスに死す (改訂履歴)、トーニオ・クレーガー (改訂履歴)、中世の秋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS