漢文とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 漢文 > 漢文の意味・解説 

かん‐ぶん【漢文】

読み方:かんぶん

中国古来文語体文章日本でいう称。

日本人1倣って書いた文章

中国の漢の時代文章


漢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 01:10 UTC 版)

漢文(かんぶん)とは、古代中国文語体文章のこと。または近代中国人朝鮮人日本人ベトナム人によって書かれる古典的な文章語のうち、漢字を用いて中国語の文法で書かれたものをいう[1]


注釈

  1. ^ 20世紀以降は文語としてのみ使われ、基本的に口語としては使われない。
  2. ^ 反例:[清]袁枚『祭妹文』に「可将身後托汝」。漢文に現代中国語の「把字句(把+目的語+述語)」と似た「将+目的語+述語」という表現がある。
  3. ^ 2022年度から実施の高等学校学習指導要領 (PDF) では「第1章 総則 第2款 教育課程の編成 3(1)各教科・科目及び単位数等」で、国語教科を、現代の国語、言語文化、論理国語、文学国語、国語表現、古典探究の6科目に分けている。
  4. ^ 主要な法律は現代語化される傾向にあり、民法は明治時代の制定以来多くの部分が漢文訓読文であったが、2005年の改正で全面的に現代語化された(民法現代語化:民法の他、他の法律の現代語化傾向についても記述)。刑法も明治時代の制定以来漢文訓読文であったが、1995年の改正で全面的に現代語化された。例示された商法も、その主要構成要素であった、会社法分離の際、分離された会社法は現代語で記述されたため、現在残る商法典で漢文訓読調のものは総則・海商など主要といいがたい部分である。

出典

  1. ^ 吉川幸次郎『漢文の話』(筑摩書房、新版1971年(初版1962年))p. 37
  2. ^ 吉川幸次郎『漢文の話』(筑摩書房、新版1971年(初版1962年))pp. 37, 217–226
  3. ^ 吉川幸次郎『漢文の話』(筑摩書房、新版1971年(初版1962年))pp. 32–74, 177
  4. ^ 峰岸明 『変体漢文』〈国語学叢書11〉東京堂出版、1986年。ISBN 9784490201048 
  5. ^ 彭富春代表建议强化古代汉语教学[リンク切れ] 新華網
  6. ^ 何孟奎 (2012年3月5日). “立院公文難懂 王金平:會改革” (繁體中文). 中央通訊社. http://tw.news.yahoo.com/%E7%AB%8B%E9%99%A2%E5%85%AC%E6%96%87%E9%9B%A3%E6%87%82-%E7%8E%8B%E9%87%91%E5%B9%B3-%E6%9C%83%E6%94%B9%E9%9D%A9-051319742.html 2012年3月6日閲覧。 
  7. ^ 黃揚明 (2012年3月5日). “立院公文好艱澀 前立委看嘸” (繁體中文). 蘋果日報. http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20120305/34068497 2012年3月6日閲覧。 
  8. ^ 金文京 『漢文と東アジア——訓読の文化圏』〈岩波新書岩波書店、2010年8月20日、192頁。ISBN 9784004312628 
  9. ^ 文部省「第七章 国語科における漢文の学習指導」 『中学校 高等学校 学習指導要領 国語科編(試案)』1951年http://www.nicer.go.jp/guideline/old/s27jhj2/ [リンク切れ]


「漢文」の続きの解説一覧

漢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/13 07:44 UTC 版)

ネットワーク対戦クイズ Answer×Answerのクイズ」の記事における「漢文」の解説

最初に問題の中の漢字の部分だけを表示時間が経つひらがな・カタカナ・アルファベット・数字など漢字以外の文字が表示され問題文の全貌明らかになってくる。

※この「漢文」の解説は、「ネットワーク対戦クイズ Answer×Answerのクイズ」の解説の一部です。
「漢文」を含む「ネットワーク対戦クイズ Answer×Answerのクイズ」の記事については、「ネットワーク対戦クイズ Answer×Answerのクイズ」の概要を参照ください。


漢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 14:10 UTC 版)

文語体」の記事における「漢文」の解説

本来は中国語表記したもの古来文字持たなかった日本最初に漢字導入した際においては日本語文章に書くという概念存在せず漢字とともに漢文がそのまま導入された。後に訓読よばれる方法によって日本語として読むようになった。また、日本語を漢文風に漢字だけで書いた変体漢文体」も使われた。

※この「漢文」の解説は、「文語体」の解説の一部です。
「漢文」を含む「文語体」の記事については、「文語体」の概要を参照ください。


漢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 06:44 UTC 版)

リングワ・フランカ」の記事における「漢文」の解説

中国をはじめ日本朝鮮ベトナム台湾といった東アジア漢字文化圏においては紀元前後から近世に至るまで古代中国の漢文(現代中国語では文言文という)が、リングワ・フランカおよび外交用語としての役割果してきた。漢字表意文字であることから、これらの国では互い言語理解できなかったとしても、漢文による意思疎通可能であった中国国内でも、中国語の方言の差異著しく発音のみならず文法まで異な場合もあり、実質上別言語であり相互理解不能なほどであるが、文語であれば相互理解可能であった(共通口語としては官話用いられている)。 第二次世界大戦終結後北朝鮮ベトナムでは漢字の使用廃止したり、近代までは共有されていた古典漢文の教養失われたりしたことによって、現在では通商語としての地位著しく低下した

※この「漢文」の解説は、「リングワ・フランカ」の解説の一部です。
「漢文」を含む「リングワ・フランカ」の記事については、「リングワ・フランカ」の概要を参照ください。


漢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 10:05 UTC 版)

開国五十年史」の記事における「漢文」の解説

開國五十年史伯爵大隈重信撰、開國五十年史發行所1909年9月全国書誌番号:40013695。NCID BN15297361。OCLC 672665287。

※この「漢文」の解説は、「開国五十年史」の解説の一部です。
「漢文」を含む「開国五十年史」の記事については、「開国五十年史」の概要を参照ください。


漢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 15:58 UTC 版)

分注」の記事における「漢文」の解説

漢文の章の中に本文の文字よりも小さな文字書かれ注釈である。分注は、本文記述に対して字義注釈字音を表すための反切などや異説述べたりする必要がある場合に、本文可読性損なわず注釈であることを明確にしながら注記を表すのに用いられるフォントサイズ本文半分で、本文1文字マスに、4文字入る。

※この「漢文」の解説は、「分注」の解説の一部です。
「漢文」を含む「分注」の記事については、「分注」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「漢文」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「漢文」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



漢文と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「漢文」の関連用語

漢文のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漢文のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの漢文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネットワーク対戦クイズ Answer×Answerのクイズ (改訂履歴)、文語体 (改訂履歴)、リングワ・フランカ (改訂履歴)、開国五十年史 (改訂履歴)、分注 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの漢文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS