序詞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > > 序詞の意味・解説 

じょ‐ことば【序詞】

⇒じょし(序詞)2


じょ‐し【序詞】

序としての文章前書きはしがき序文

和歌擬古文などで、意味上または音声上の連想から、ある語句導き出すために前に置く言葉枕詞(まくらことば)は1句(5音)を基準とし、音数制約があるが、序詞は2句以上にわたり制限がない。例えば「あしひきの山鳥の尾のしだりをの長長し夜をひとりかもねむ」〈人麻呂集〉の歌で、はじめの3句の部分は「長長し」の序詞である。じょことば

演劇などで、開幕のときに述べたり歌ったりする前口上(まえこうじょう)。観客内容暗示したり、幕前の経過報告したりするのに用いる。プロローグ


序詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/03 23:11 UTC 版)

序詞(じょことば)とは、主として和歌に見られる修辞法で、特定の語の前に置いて、比喩掛詞、同音語などの関係に係る言葉のことである。




「序詞」の続きの解説一覧



序詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「序詞」の関連用語

序詞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



序詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの序詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS