草とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 下書き > の意味・解説 

読み方:くさ

草とは、草の意味

草とは、植物の形態のひとつのことで、正式名称は「草本」と呼ばれる。草は体が小さく生息していられる期間も長くはない。草は「草ぶき」「草屋のような使い方をして、草に「粗末」という意味を持たせることもある。英語では grass表現する。日本独自のネットスラングとして、文末に「草」を付す場面多く見られる

ネットスラングの草の意味

草は、ネットスラングで「笑い」、あるいは「嘲笑」を意味する。もともとは、「(笑)」を省略して「w」と書かれていたものが、「wが草に見える」との理由から「草」に変わっていった。ただし、「w」が語尾につける記号的な要素が強いのに対し、草は名詞として用いられる機会目立つ。

例文として「まったく勉強せずにテストを受けたら、案の定赤点取って草だった」といった使い方が挙げられる。また、ネット上で面白おかしい状況相手馬鹿にしたい場面などで「草が生える」と表現することもある。「冗談のつもりで言ったのに、本気にするのは草が生える」などと表現する。

なお、ネットスラングとしての草は敵対する相手への煽り文句として使用されることも少なくない。草は用いタイミング次第相手を不快にさせることもある。



読み方:くさ

インターネットスラングとしての「草」は、《「笑い」のリアクション》を意味する記号。「(笑)」と同義。「(笑)」が「w」と略記されるようになり、この「w」が可笑しさ面白さ度合いに応じてwww」「wwwww」と増量して用いられるようになり、これが草のように見える、といった経緯経て「草=笑い」という意味が成立した。

くさ【草】

【一】[名]

植物のうち、地上部が柔軟で、木質部分発達しないもの。草本(そうほん)。

役に立たない雑草。「草ぼうぼうの庭」

まぐさ。かいば。

屋根を葺(ふ)く、わら・かやなどの植物。「草葺き屋根

山野の草に伏して敵情をうかがう意から》忍びの者間者

【二】[接頭]名詞に付いて、本格的でないものの意を表す。「草野球」「草競馬

[補説] 書名別項。→草

[下接語] 青草秋草浮き草海草埋め草・唐(から)草・枯れ草・腐(くち)草・下草染め草民草摘み草(つる)草・夏草七草・新(にい)草・庭草春草冬草干し草水草道草焼き草若草(ぐさ)青人草一番草・小(お)草・思い草飼い草敷き草田草・千(ち)草・乳草名無し草二番草根無し草野草・葺(ふ)き草・ぺんぺん草・馬(ま)草・藻草藻塩草


くさ【草】


そう【草】

[音]ソウサウ)(呉)(漢) [訓]くさ

学習漢字1年

[一]ソウ

くさ。「草本草木海草香草雑草除草毒草牧草本草(ほんぞう)・薬草野草

まだ開けていないころ。物事始め。「草創草昧(そうまい)」

下書き。「草案草稿起草詩草

漢字書体の一。「草書真行草

ぞんざいな粗末な。「草庵(そうあん)・草屋

ぞんざいあわただしいさま。「草草

[二]〈くさ(ぐさ)〉「草木草花千草七草庭草水草若草

名のり]かや・しげ

難読通草(あけび)・車前草(おおばこ)・含羞草(おじぎそう)・酢漿草(かたばみ)・草臥(くたび)れる・草履(ぞうり)・煙草(タバコ)・草石蚕(ちょろぎ)・菠薐草(ほうれんそう)・海人草(まくり)・海仁草(まくり)・勿忘草(わすれなぐさ)・草鞋(わらじ)


そう〔サウ〕【草】

【一】[名]

下書き草稿。「草を起こす

草書」の略。「(かい)、行(ぎょう)、草」

草仮名(そうがな)」の略。「草の手

立花生花(せいか)の役枝(やくえだ)の一。構成上、全体支え。地にあたるもの。

【二】接尾⇒壮(そう)【二】


そう〔サウ〕【壮】

【一】[名・形動

意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志を壮とする」

30前後血気盛ん年ごろまた、その年ごろの男性。「壮にして大家の貌がある」

【二】接尾(「草」とも書く)助数詞灸をすえる回数数えるのに用いる。

此の日の灸、肩腎并せて曲池に百五十—」〈蔗軒日録


くさ【草・艸】

1 〔名〕

植物地上現われている部分柔軟で、木質ならないものの総称草本(そうほん)。

万葉(8C後)五・八八六「たまほこの 道の隈廻(くまみ)に 久佐(クサ)手(た)折り 取り敷きて 床じもの うち臥(こ)い伏して

② ①の中で特殊なもの。

(イ) 何の役にも立たない雑草。はぐさ。

蜻蛉(974頃)中「つれづれなるままに、くさどもつくろはせなどせしに」

謡曲隅田川(1432頃)「草茫々としてただ、しるしばかり浅茅が原と、なるこそあはれなりけれ」

(ロ) 屋根や壁の材料用い(かや)や(わら)など。「壁草」「草葺」などと熟し用いることが多い。また、草の庵(いおり)」と熟合して、粗末な家の意となることがある

(ハ) まぐさ。かいば。

万葉(8C後)七・一二九一此の岡に草(くさ)刈る童児(わらは)なしか苅りそね ありつつも君が来まさむ御馬草(みまくさ)にせむ」

(10C終)一七七「牛つなぎて、くさなど飼はするこそいとにくけれ」

(ニ) 堕胎(だたい)に使う植物

日葡辞書(1603‐04)「Cusauo(クサヲ) フルウ〈訳〉女性がある草を用いて堕胎する」

(ホ) 食用にする

御湯殿上日記文明一二年(1480)正月六日つうけん寺殿よりくさ、あをのりまいる」

③ (草に伏してひそみ敵をうかがうところから) 戦場で山野に忍んで敵情をさぐること。また、その者。忍物見(しのびものみ)。

結城氏新法度(1556)二七条「草夜わさ、かやう之義は、あくとう其外走たつもの一筋ある物にて候」〔北条五代記(1641)〕

④ 「くさいろ草色)」の略。

(5) 能楽小道具一つ。竹に挟んでかついで出る草。「蘆刈」「木賊」「敦盛」などには青いもの用い、「雲雀山」「項羽」などには花を用いる。

(6)しちぐさ質草)」の略。

雑俳柳多留‐九(1774)「能草を干したとしゃれる暑気見廻

(7) 陰毛

雑俳塵手水(1822)「草しげり・もふ母おやと入らぬ風呂

2 〔接頭〕 名詞について、本格的でないものの意を表わす。「草なすび」「草かげろう」「草競馬」「草野球」「草芝居」「草相撲」など。


そう サウ 【草】

〔名〕

植物のくさ。

したがき草案草稿

江談抄1111頃)四「六条宮草被白字肝要之由

徒然草1331頃)二三八「一 常在光院のつき鐘の銘は、在兼卿の草なり」〔漢書淮南王伝〕

③ 「そうしょ草書)」「そうがな草仮名)」の略。

宇津保(970‐999頃)蔵開下「『来つつ見し宿にぞ影も頼まれし我だに知らぬ方へ行くかな』とさうに書きたり」

源氏100114頃)「さうにもまなにもさまざま珍しきさまに書きまぜ給へり」〔魏志衛覬伝〕

④ 正式でないもの。略したもの。くずしたものまた、そのかたち。


そう‐・す サウ‥ 【草】

〔他サ変〕 ⇒そうする(草)


そう‐・する サウ‥ 【草】

〔他サ変〕 [文]さう・す 〔他サ変草稿をつくる。文案をつくる。

毎月抄(1219)「家風にそなへんために明月記を草しおきて侍る事」

読本椿説弓張月(1807‐11)残「僅に三巻を草(サウ)す」


読み方:カヤkaya

・薄・笠管・刈萱などの総称、または、薄の別称


読み方:くさ

  1. 煙草のこと。②浅草のこと。③衣類物品をいう。質種しちぐさ)の草より出たもの。

読み方:くさ

  1. ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・神奈川県
  2. 煙草ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・山梨県
  3. 煙草ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物部・長野県〕
  4. ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・福井県
  5. 煙草ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・佐賀県
  6. 同上(※「くも」参照)。〔第七類 雑纂
  7. 煙草を云ふ。

分類 佐賀県山梨県神奈川県福井県長野県


読み方:くさ

  1. 浅草略語である。〔刑事
  2. 浅草の略。
  3. 浅草を云ふ。浅草の略。
  4. 浅草
  5. 浅草。〔一般犯罪
  6. 浅草語頭省略。〔盗〕

分類 刑事犯罪犯罪語、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
くさ
くさざき
くさなぎ
くさやぎ
くさやなぎ
したがき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 09:43 UTC 版)

(くさ) 皮膚にできる湿疹・できものなどの総称。




「草」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/04/08 19:34 UTC 版)

発音

名詞

  1. くさ草本植物総称。特に、どこにでも容易に生え食用等にあまり役に立たないものをいう
  2. くさ)[中世末から近世] 忍者少人数敵地侵入偵察襲撃行なう部隊
  3. くさ略式形態本格的ではなく簡略化されていること。接頭辞的に用いられる。
  4. くさ)(インターネットスラング)「(笑)」の代用表記としての「w」の別称。また笑うこと。

動詞

  1. ソウする)下書き作る
  2. ソウする)原稿を書く。

活用

サ行変格活用
草-する

翻訳

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



草と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS