文章とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文章 > 文章の意味・解説 

ぶん‐しょう〔‐シヤウ〕【文章】

読み方:ぶんしょう

文を連ねてまとまった思想感情表現したもの。主に詩に対して散文をいう。

文法で、文よりも大きな単位一文だけのこともあるが、通常はいくつかの文が集まってまとまった思想話題表現するもの。

威儀容儀文辞などとして、内にある徳の外面現れたもの。

「およそはこの大臣(おとど)―うるはしうして」〈平家・三〉


もん‐じょう〔‐ジヤウ〕【文章】

読み方:もんじょう

ぶんしょう(文章)」に同じ。

文章道(もんじょうどう)」の略。


もん‐ぞう〔‐ザウ〕【文章】

読み方:もんぞう

ぶんしょう(文章)」に同じ。〈和英語林集成


文章

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1987.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書大導寺信輔の半生手巾湖南の扇十二
出版社岩波書店
刊行年月1990.10
シリーズ名岩波文庫

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書大活字版 ザ・龍之介全小全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介短篇集
出版社新潮社
刊行年月2007.6

収載図書芥川龍之介全集 第11巻 芭蕉雑記長江游記
出版社岩波書店
刊行年月2007.11


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 07:23 UTC 版)

ウィキペディアには「文章」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「文章」を含むページの一覧/「文章」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「文章」が役に立つかもしれません。

関連項目



文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 23:40 UTC 版)

panpanya」の記事における「文章」の解説

panpanya架空の通学路について」『現代思想2019年7月号、青土社2019年6月28日ISBN 978-4791713837。[要ページ番号]

※この「文章」の解説は、「panpanya」の解説の一部です。
「文章」を含む「panpanya」の記事については、「panpanya」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 05:01 UTC 版)

学問のすゝめ」の記事における「文章」の解説

人には生まれながら上下秩序があるとする儒教思想由来するそれまで日本人常識完全に否定し人間の平等を宣言した天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといへり」という冒頭一節著名だが、この「云(い)ヘリ」は現代における「云われている」という意味で、この一文のみで完結しているわけではない。しかも、この言葉福澤諭吉言葉ではなく、アメリカ合衆国の独立宣言からの翻案であるとするのが最も有力な説である。 この引用対応する下の句とも言える一文は、 「されども廣く此人世界見渡すにかしこき人ありおろかなる人あり貧しきもあり冨めるもあり貴人もあり下人もありて其有様と坭との相違あるに似たるは何ぞや」 である。つまり、 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている。人は生まれながら貴賎上下差別ない。けれども今広くこの人世界見渡すと、賢い人愚かな貧乏な金持ち人身分の高い人低い人とある。その違い何だろう? それは甚だ明らかだ賢人愚人の別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり無学なる者は貧人となり下人となるのだ」 ということである。 以上の言葉初編からの引用であるが、虚実渦巻く理想と現実の境を学問によって黎明するといった、全体として学問有無人生与え影響説いている。彼は攘夷気分蔓延していた当時攘夷否定しまた、政治国民の上成り立っており、愚かな人の上には厳し政府ができ、優れた人の上には良い政府ができる。法律国民行いによって変わるもので、単に学ぶ事を知らず無知であるのに強訴や一揆などを行ったり自分に都合の良い事ばかりを言う事は恥知らずではないか法律守られた生活を送っていながら、それに感謝をせず自分の欲望を満たすために法律を破る事は辻褄の合わない事だ。」(意訳)等と、大政奉還から約4年後の世相を考えればかなり先進的な内容だったと言える。 更に古文漢文については「よきものではあるそこまでして勉強するものではない」(意訳)と、意義否定はしないが、世間扱われている程の価値があるものではない、と言って儒学者朱子学者が使うような難し字句のある漢文古文を学ぶより、まず日常的に利用価値のある、読み書き計算基本的な道徳などの「実学」を身につけるべきだと書いている。 本書は数章を除いて小学校教科書とするため、もしくは高等教育を受けていない当時一般国民読者想定して書かれている(5編)。そのため当時基準では平易な文章だといえ、難解な政治思想説明するため比喩多く使われている。

※この「文章」の解説は、「学問のすゝめ」の解説の一部です。
「文章」を含む「学問のすゝめ」の記事については、「学問のすゝめ」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 19:28 UTC 版)

六つの保証」の記事における「文章」の解説

米国下院2016年5月16日、以下の両院一致決議可決しジョン・H・ホルドリッジ前国次官補(東アジア太平洋担当)が1982年表現したもの(当時ジェームズ・R・リリー米国在台湾協会会長蔣経国総統届けたもの)を多かれ少なかれそのまま採用することで、「六つの保証」を最初の正式な文言とした。 台湾へ武器販売終了日を設定することに合意しない。 台湾中国の間で、米国仲介する役割はないとの認識がある。 また、台湾圧力をかけて中国との交渉させようともしない台湾主権問題に関する我々の長年立場変化はない。 台湾関係法改正を「求め予定はない」。 8・17コミュニケは、「我々が台湾へ武器販売について北京事前協議を行うことに合意したと意味するように読まれるべきではない決議案米国上院受理され外交関係委員会に付託された。 2015年10月28日にスティーブ・チャボット(英語版議員議会提出した最初の版では、「六つの保証」は以下のように提案されていた。 米国台湾へ武器販売終了日を設定しない米国台湾関係法条件変更しない米国台湾へ米国武器販売について決定を下す前に事前に中国協議することはない米国台湾中国仲介をしない。 米国は、台湾主権について立場を変えることはなく、問題は中国人自身によって平和的に決定されるものであり、台湾中国との交渉開始するよう圧力をかけることはない米国台湾に対する中国主権正式に認めない機密解除された1982年国務省から送られ電報には、六つの保証詳細記載されている米国台湾へ武器販売終了日の設定で合していない米国台湾へ武器販売について中国協議することに合していない米国台北北京間の仲介役務めない。 米国台湾関係法改正に合していない米国台湾主権に関する立場変えていない。 米国台湾に対し中国との交渉開始するよう圧力かけない

※この「文章」の解説は、「六つの保証」の解説の一部です。
「文章」を含む「六つの保証」の記事については、「六つの保証」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 14:05 UTC 版)

アメリカ合衆国憲法修正第1条」の記事における「文章」の解説

1791年採択され修正案次のようになっている。 議会は、国教樹立支援する法律立てることも、宗教の自由行使禁じることもできない表現の自由、あるいは報道の自由制限することや、人々平和的集会の権利政府苦情救済のために請願する権利制限することもできない

※この「文章」の解説は、「アメリカ合衆国憲法修正第1条」の解説の一部です。
「文章」を含む「アメリカ合衆国憲法修正第1条」の記事については、「アメリカ合衆国憲法修正第1条」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 20:48 UTC 版)

導入部」の記事における「文章」の解説

文章において、冒頭内容の概略背景について述べ読者内容になじみやすくするために書かれ部分本記事でいえば、本節前に置かれた部分である。導入部は「紹介文」「序文」「序説」「プロローグ(英: prologue)」などとして記載されることもある。

※この「文章」の解説は、「導入部」の解説の一部です。
「文章」を含む「導入部」の記事については、「導入部」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 09:07 UTC 版)

ロジバン」の記事における「文章」の解説

te gerna la lojbanロジバン使った作品日本語からの翻訳もある。

※この「文章」の解説は、「ロジバン」の解説の一部です。
「文章」を含む「ロジバン」の記事については、「ロジバン」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 08:51 UTC 版)

日本語のキリル文字表記」の記事における「文章」の解説

例として君が代ロシア語アルファベット表記する。 Кими га ё ватиё ни ятиё нисадзарэ иси ноивао то нари тэкокэ но мусу мадэ.

※この「文章」の解説は、「日本語のキリル文字表記」の解説の一部です。
「文章」を含む「日本語のキリル文字表記」の記事については、「日本語のキリル文字表記」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 09:50 UTC 版)

スラッシュ (記号)」の記事における「文章」の解説

詩行歌詞の行を区切るのに、改行かわりに用いる。チェスFEN記法でも使われている。

※この「文章」の解説は、「スラッシュ (記号)」の解説の一部です。
「文章」を含む「スラッシュ (記号)」の記事については、「スラッシュ (記号)」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 05:55 UTC 版)

川島甚兵衛 (2代目)」の記事における「文章」の解説

織物誌』(明治41年1908年2月稿)「織物誌」『開国五十年史下巻開国五十年史発行所1908年2月29日、545-568頁。 「織物誌」『恩輝軒主人小伝秀英舎1913年9月20日、327-347頁。

※この「文章」の解説は、「川島甚兵衛 (2代目)」の解説の一部です。
「文章」を含む「川島甚兵衛 (2代目)」の記事については、「川島甚兵衛 (2代目)」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 03:25 UTC 版)

可読性」の記事における「文章」の解説

文章の可読性とは読みやすさ他ならない読みやすい文章は、理解記憶容易で読む速度速く、しかも連続して長く読み続けられることが、研究示されている。 読みやすさとは、文章と読者相互作用結果である。読者において読みやすさ影響することとし(1)事前知識(2)読むスキル(3)興味(4)動機、が挙げられる。文章においては (1)内容(2)文体(3)デザイン(4)構造、が影響するデザインには、媒体レイアウトイラスト書体色などが含まれる言語専門家によれば可読性は式によって生成される得点表される。その式は、文章を読者読解レベルに合わせるためによく使われる可読性の式は一般に100%正確さ持たないが、ある文章を読むのに必要とされる読解スキルそれなりに推定するのに役立つ。可読性の式は世界中の様々な言語数百万読者役に立っている。その数式問題があるとすれば、それが十分に活用されていない点である。 出版では、可読性の式以外にも文章のレベル判定する方法使っている。例え単語頻度リストがある。単語出現頻度読みやすさ密接に関連している。また、経験基づいた主観的評価重要な手段である 1930年代以降アメリカ合衆国でのリテラシー調査によると、アメリカ平均的な成人中学2年レベル読解力である。教育レベル読解力レベルは必ずしも一致しない高校卒業したでも、中学2年レベル読解力であることが多く大学卒業者でも高校1年レベルが多いとされる実際読者わずかな形式的教育を施すだけで、読解力大幅に改善できることが示されている。 今日アメリカでベストセラー作家のほとんどが、中学1年レベルに合わせて文章を書いている。例えば、ジョン・グリシャムダン・ブラウンなどである。専門家は、法律医療に関する情報中学1年レベルに合わせて書くこと推奨している。医療安全に関す情報小学5年レベル書くこと求めている法律も多い。あるレベル読者想定して書く場合自身もそのレベルでないと非常に困難を伴う方法知り訓練し経験を積む必要があるジャック・バーザンは「簡単な英語は誰の母国語でもないと書いている。 可読性評価は、可読性調査行ったりその結果分析基づいた可読性判定利用なされる作家編集者出版者は、経験想定される読者に基づいて可読性判定直観的に行うことが多い。例えば、アメリカでの英語の教科書は、ページ20%空白であるとき最も可読性が高いとされている。 再可読性とは、既に読んだことのある文章を後で読み返す傾向度合である。これは読者大きく依存している判定基準と考えられる例えば、ロバート・A・ハインライン作品は再可読性が高いとする読者多くそのため再版重ねている。

※この「文章」の解説は、「可読性」の解説の一部です。
「文章」を含む「可読性」の記事については、「可読性」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 01:18 UTC 版)

ヒルデブラントの歌」の記事における「文章」の解説

68行で構成されるが、結末記した部分残っていない。以下は冒頭である。 Ik gihorta ðat seggenðat sih urhettun ænon muotinHiltibrant enti Haðubrant untar heriun tuemsunufatarungo iro saro rihtungarutun se iro guðhamun gurtun sih iro suert anahelidos ubar hringa do sie to dero hiltiu ritun 我か言える聞けり。武者単騎もて見会えりと。ヒルデブラントとハドゥブラントとぞ 二軍をへだてる。父と子の 相鎧えり。鎧ぞ着、 剣ぞ佩ける。そは武者の 戦う時なり。

※この「文章」の解説は、「ヒルデブラントの歌」の解説の一部です。
「文章」を含む「ヒルデブラントの歌」の記事については、「ヒルデブラントの歌」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 14:42 UTC 版)

高橋貞樹」の記事における「文章」の解説

沖浦和光によると、高橋の文章はダイナミックで本音でずばずば書いている。 人間奪還 原始の昔、荒涼たる原野のなかの洞穴後にして、暗夜物凄く映える火山の焔を望みながら、人々鹿の肉を火にあぶって喰っていた。(中略)そこには鹿のに対する争いはなかった。(中略)この生活の糧を奪う事は死を意味していた。しかし【神】が襲い来たり、【仏】が運び込まれてからは、世の中そう行かなかった。【神】は白刃をもって脅迫しつつ、肉を奪い去った。【仏】は肉の穢れたものであることを告げ、肉を捨てさせた。多くの人は肉をささげ、肉を捨てた。しかし肉は人々必要だった人々は【中略遂にこの牛を飼い、馬をほうる【殺す意味】ことを強いられたこの時以来社会どん底に、畜生四つ足よと罵られながらをほうり、その皮を剥ぎその肉を喰う一群人々が呻いていた。悲しくその人々には人間の権利はなかった。【中略】これがエタであった。我々の祖先運命であった。【中略時は過ぎゆくエタ人間だと叫ぶ時が来た悠久なる人間前史終わりに近く今一千年来の屈辱血涙もて染め上げられたエタ旗を掲げる時が来た奪われ人間の権利奪い返すべく、吾ら進みゆく。エタ人間だ。三百兄弟団結せよ

※この「文章」の解説は、「高橋貞樹」の解説の一部です。
「文章」を含む「高橋貞樹」の記事については、「高橋貞樹」の概要を参照ください。


文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 09:12 UTC 版)

冥加訓」の記事における「文章」の解説

人は万物の霊長であるから牛馬苦しめ、その背中乗るような可哀想なことをしてはならないましてや駕籠のような人間人間苦しめるようなものに乗ってならない。 「朝は日の出とともに小鳥囀り聞いて起床し手水で顔を洗い、髪を結い身嗜み整えてそれぞれの家業とする天職励みなさい。王と身分の高い人から庶民に至るまで分相応の役目があり、上に立つ人ほど役目重くなります」 「とかく体を動かし手足惜しまず使い与えられた職を全うすることです。働くために天から手足与えられているのであり、自身は楽をして人を使って働かせ、人を苦しめていけません

※この「文章」の解説は、「冥加訓」の解説の一部です。
「文章」を含む「冥加訓」の記事については、「冥加訓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「文章」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

文章

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:25 UTC 版)

名詞

ぶんしょう

  1. 内容まとまっていて完結している言語表現
  2. いくつかの文を用いて思想感情表現したもの。
  3. 散文

発音(?)

ぶ↘んしょー

「文章」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



文章と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文章」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文章のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのpanpanya (改訂履歴)、学問のすゝめ (改訂履歴)、六つの保証 (改訂履歴)、アメリカ合衆国憲法修正第1条 (改訂履歴)、導入部 (改訂履歴)、ロジバン (改訂履歴)、日本語のキリル文字表記 (改訂履歴)、スラッシュ (記号) (改訂履歴)、川島甚兵衛 (2代目) (改訂履歴)、可読性 (改訂履歴)、ヒルデブラントの歌 (改訂履歴)、高橋貞樹 (改訂履歴)、冥加訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの文章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS