芥川龍之介とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 芥川龍之介の意味・解説 

あくたがわ‐りゅうのすけ〔あくたがは‐〕【芥川竜之介】

読み方:あくたがわりゅうのすけ

[1892~1927]小説家東京生まれ第三次第四次新思潮同人大正5年1916)「鼻」で夏目漱石認められ作家として登場新技巧派代表作家とされる昭和2年(1927)自殺命日河童忌または我鬼忌という。作「羅生門」「地獄変」「河童」「侏儒(しゅじゅ)の言葉」「歯車」「或阿呆の一生」など。


あくたがわりゅうのすけ 【芥川竜之介】


芥川竜之介

作者小島政二郎

収載図書小島政二郎全集 第3巻
出版社日本図書センター
刊行年月2002.2


芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 22:07 UTC 版)

芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ1892年明治25年〉3月1日 - 1927年昭和2年〉7月24日)は、日本小説家。号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼(がき)。東京出身。『』、『羅生門』、『地獄変』、『歯車』などで知られる。


注釈

  1. ^ 長女の急死が原因であったと推測されることがある。
  2. ^ a b c d e f g クラスは一年三之組。第一部乙類(英文科)は3年間この1クラスのみ。
  3. ^ 名簿は前年の成績順。
  4. ^ 1892年生まれ。1915年に陸軍軍人と結婚。1973年死去。
  5. ^ 芥川は大学院の退学届けの提出が期限切れだったため30円を請求され、このような大金の持ち合わせがない芥川は自ら除名処分を志願した(芥川龍之介『その頃の赤門生活』より)。
  6. ^ 防衛省防衛研究所図書館史料閲覧室が所蔵する海軍記録『職員進退録』に、芥川の自筆履歴書が残る。2010年現在、複写した履歴書の写真が同室に展示されている。個人情報なので、アジア歴史資料センターでのネット公開の対象外である。
  7. ^ 西川は弁護士であったが偽証教唆の罪で失権し、刑務所に収監され、出所後に自宅が半焼した際に直前に多額の保険金をかけていたことや家屋の2階押入の二箇所からアルコール瓶が発見されたことから保険金詐欺目的の放火が疑われていた。

出典

  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 19頁。
  2. ^ 『第一高等学校一覧 明治43-44年』(入学時)、132頁
    ^ 『第一高等学校一覧 明治44-45年』(2年進学時)、126頁
    ^ 『第一高等学校一覧 大正元年-2年』(3年進学時)、118頁
    ^ 『第一高等学校一覧 大正2年-3年』(卒業時)、310頁
  3. ^ 神の罠, 36頁
  4. ^ 神の罠, 38.178頁
  5. ^ 関口 1992, p. 213
  6. ^ 芥川龍之介 「入社の辞」、1919年3月。
  7. ^ 海軍兵学校物語, p. 73
  8. ^ 関口 2010, p. 52
  9. ^ 川端康成 「芥川龍之介氏と吉原」
  10. ^ 川端 2015, p. 58
  11. ^ 渡部 2017, p. 46
  12. ^ 関口 2010, p. 54
  13. ^ a b 関口 2010, pp. 44–47
  14. ^ 神の罠, 39頁
  15. ^ 山崎光夫 『藪の中の家』 中公文庫、2008年。(第四章六 - より)
  16. ^ 芥川文、中野妙子記 『追想芥川龍之介』 中公文庫、1981年、p.170
  17. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172662/15 『侏儒の言葉』芥川龍之介「小兒」「武器」1939年版(検閲による削除あり)国立国会図書館所蔵}
  18. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1180947/16 『侏儒の言葉』芥川龍之介「小兒」「武器」1927年版(検閲による削除なし)国立国会図書館所蔵}
  19. ^ 神の罠, 40.177頁
  20. ^ 神の罠, 178-179頁
  21. ^ 芥川龍之介 「或旧友へ送る手記」、1927年7月。
  22. ^ 久世番子『よちよち文藝部』文藝春秋、2012年10月、152-153頁
  23. ^ 『芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ』川口則弘、ベストセラーズ, 2017、「芥川のブロマイドが芥川賞の根源にあった--「作家」というアイドルの誕生」の章
  24. ^ 十重田 2013, p. 172
  25. ^ 菊池寛 「芥川の事ども」、『文藝春秋』1927年9月号。
  26. ^ a b 木口直子(田端文士村記念館学芸員)「芥川龍之介没後九十年”河童忌”の新たな幕開けに添えて」 『文藝別冊 芥川龍之介』河出書房新社、2017年、201-208頁。 
  27. ^ イベント一覧”. 田端文士村記念館 北区文化振興財団. 2019年2月4日閲覧。
  28. ^ 「芥川龍之介記念館」整備/北区が旧居跡地購入へ 書斎再現や資料展示『毎日新聞』朝刊2018年6月7日(東京面)2018年6月7日閲覧。
  29. ^ a b 片野 2006, p. 15-16
  30. ^ 芥川龍之介 「わが俳諧修業
  31. ^ 吉野裕之緑いろの何か-あるいは、芥川を撃った赤い光」、『歌壇』1996年6月号。
  32. ^ a b c d 『芥川追想』岩波書店、379-381頁。 
  33. ^ a b 芥川の内面伝える手紙発見 佐藤春夫宛て、深い交友”. 共同通信. 2022年8月12日閲覧。
  34. ^ a b [ https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137500 奇兵隊に新原敏三という人がいて、その人は芥川龍之介の父親だと講演で聞いたのだが、本当か]レファレンス協同データベース、2020年08月04日
  35. ^ 芥川龍之介の文学碑田村悌夫、山口県立大学 郷土文学資料センターだより28号、2017年3月31日
  36. ^ a b c 芥川龍之介人物録
  37. ^ a b 芥川龍之介人物録
  38. ^ 天満ふさこ 『「星座」になった人―芥川龍之介次男・多加志の青春』新潮社、2007年6月。ISBN 978-4103049715 
  39. ^ 2007年8月15日放送「世界バリバリ★バリュー」、2008年4月20日放送「大胆MAP」より



芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/20 15:18 UTC 版)

澄江堂主人」の記事における「芥川龍之介」の解説

人気漫画家東京帝国大学漫画出身連載雑誌取材来客応対などに忙殺日々を送る35歳

※この「芥川龍之介」の解説は、「澄江堂主人」の解説の一部です。
「芥川龍之介」を含む「澄江堂主人」の記事については、「澄江堂主人」の概要を参照ください。


芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ,1892-1927)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 06:49 UTC 版)

「うま味」を発見した男」の記事における「芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ,1892-1927)」の解説

明治25年東京市京橋区入船町牛乳製造販売業を営む新原敏三の長男として生まれる。大正2年東京帝国大学文科大学英文学科入学在学中菊池寛とともに同人誌新思潮』を刊行大正4年夏目漱石門下に入る。翌5年新思潮』に掲載した「鼻」が夏目漱石絶賛される。

※この「芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ,1892-1927)」の解説は、「「うま味」を発見した男」の解説の一部です。
「芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ,1892-1927)」を含む「「うま味」を発見した男」の記事については、「「うま味」を発見した男」の概要を参照ください。


芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 07:52 UTC 版)

佐多稲子」の記事における「芥川龍之介」の解説

上野「清凌亭」に勤めていた十代のころ、客として現れた芥川見て女中仲間に「芥川龍之介だ」と言ったところ、その女中が芥川に「お客さん知っている者がいる」と話し個人的な知り合いかと勘違いした芥川が席に呼んだのがきっかけで、顔見知りとなった芥川佐多を「お稲さん」と呼んで贔屓にしていた。佐多粋な銘仙に黒襟姿で立ち働くきゃしゃな娘で、仲間うちからは、芥川佐多好意を持っているようだ見られていた、芥川亡くな4日前に芥川から連絡があって自殺者心理聞かれたという。

※この「芥川龍之介」の解説は、「佐多稲子」の解説の一部です。
「芥川龍之介」を含む「佐多稲子」の記事については、「佐多稲子」の概要を参照ください。


芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:19 UTC 版)

伊豆箱根鉄道駿豆線」の記事における「芥川龍之介」の解説

1925年大正14年4月21日に、芥川龍之介が修善寺温泉新井旅館に行くために、東海道線三島駅から駿豆線三島駅乗り換え様子伝え手紙があり、「…(東京から汽車で、午後4時39分に)三島についたらプラットホーム向う側修善寺行き軽便(豆相鉄道)がついているゆえ、それへ乗れば六時には修善寺につく。修善寺駅から新井までは乗合自動車人力車でもある時間わかれば僕が迎えに出る。切符東京駅より修善寺駅まで買ったほうがよし。(三島まで買うと又買わねばならないから面倒くさい東京駅修善寺駅まで売っている)」との記述がある。なお芥川丹那トンネル開業する前に他界しているので、ここで出てくる三島駅とは御殿場線にある下土狩駅指している。

※この「芥川龍之介」の解説は、「伊豆箱根鉄道駿豆線」の解説の一部です。
「芥川龍之介」を含む「伊豆箱根鉄道駿豆線」の記事については、「伊豆箱根鉄道駿豆線」の概要を参照ください。


芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:54 UTC 版)

鎌倉市」の記事における「芥川龍之介」の解説

芥川龍之介は、1916年大正5年7月東京帝国大学(現・東京大学英吉利文学科を卒業した後、恩師紹介横須賀にある海軍機関学校英語教授嘱託として12月付け赴任することになり、東京から鎌倉町和田塚(現・由比ガ浜4-8付近)へ転居して江之島電気鉄道(現・江ノ島電鉄沿線下宿生活を始める。芥川は、この後1917年大正8年9月にいったん横須賀市汐入町転居したが、1918年大正7年3月になって大町字辻の小山別邸内に借家として新居構え1919年大正8年3月末海軍機関学校退職して田端自宅東京府北豊島郡滝野川町田端現在の東京都北区田端1-19-18〉。cf. 田端文士村)に戻るまで暮らしたおおよそ1917年から1919年までの間、芥川が生活と文筆活動本拠鎌倉置いたことは、1923年大正12年)の関東大震災発生以降に本格化する文化人鎌倉暮らしいわゆる鎌倉文士時代先駆けとも見なされている。

※この「芥川龍之介」の解説は、「鎌倉市」の解説の一部です。
「芥川龍之介」を含む「鎌倉市」の記事については、「鎌倉市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「芥川龍之介」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

芥川龍之介

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 09:01 UTC 版)

人名

    芥川龍之介 あくたがわ りゅうのすけ

  1. 明治大正時代日本小説家1892年明治25年) - 1927年昭和2年)。代表作に『羅生門』『鼻』『地獄変』『河童』などがある。

呼称一覧


「芥川 龍之介」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



芥川龍之介と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芥川龍之介」の関連用語

芥川龍之介のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芥川龍之介のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芥川龍之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの澄江堂主人 (改訂履歴)、「うま味」を発見した男 (改訂履歴)、佐多稲子 (改訂履歴)、伊豆箱根鉄道駿豆線 (改訂履歴)、鎌倉市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの芥川龍之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS