抒情詩とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 情詩 > 抒情詩の意味・解説 

じょじょう‐し〔ジヨジヤウ‐〕【叙情詩/×抒情詩】

読み方:じょじょうし

叙事詩劇詩とともに詩の三大部門の一。作者感情情緒表現した詩。リリック

[補説] 書名別項。→抒情詩


じょじょうし〔ジヨジヤウシ〕【抒情詩】

読み方:じょじょうし

国木田独歩田山花袋柳田国男宮崎湖処子(こしょし)、太田玉茗合同で出版した詩集明治30年1897)刊。


抒情詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 05:11 UTC 版)

抒情詩(じょじょうし, 英語: lyric, lyric poem, lyric poetry)は、詩歌分類の一種。詩人個人の主観的な感情思想を表現し、自らの内面的な世界を読者に伝える詩をいう。叙情詩とも言うが、「汲み出す」の意味から「表現する」を表すようになった漢字「抒」を使うのが本来的である。叙事詩劇詩とともに詩の三大区分の一つである。


  1. ^ Northrop Frye, The Eternal Act of Creation: Essays, 1979-90, Indiana University Press, 1993, p133. ISBN 0253325161
  2. ^ Cecil Maurice Bowra, Greek Lyric Poetry: From Alcman to Simonides, Oxford University Press, 1961, p3.
  3. ^ James W. Halporn, Thomas G. Rosenmeyer, Martin Ostwald, The Meters of Greek and Latin Poetry, Hackett Publishing, 1994, p16. ISBN 0872202437
  4. ^ 袁行霈、聶石樵、李炳海 (1992). 中国文学史(第1卷). 北京: 高等教育出版社. pp. 632. ISBN 9787040164794. オリジナルの2013年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004221340/http://courses.gxnu.edu.cn/chinese/gdwx/zgwxs.html 2013年7月14日閲覧. "《史記・屈原賈生列伝》……形成悲憤深沈之風格特徴。" 
  5. ^ Mary Lewis Shaw, The Cambridge Introduction to French Poetry, Cambridge University Press, 2003, pp39-40. ISBN 0521004853
  6. ^ Sarah Kay, Terence Cave, Malcolm Bowie, A Short History of French Literature, Oxford University Press, 2006, pp15-16. ISBN 0198159315
  7. ^ Sidney M. Johnson, Marion Elizabeth Gibbs, Medieval German Literature: A Companion, Routledge, 2000, p224. ISBN 0415928966
  8. ^ Sidney M. Johnson, Marion Elizabeth Gibbs, Medieval German Literature: A Companion, Routledge, 2000, p225. ISBN 0415928966
  9. ^ 袁行霈、聶石樵、李炳海 (1992). 中国文学史(第1卷). 北京: 高等教育出版社. pp. 632. ISBN 9787040164794. オリジナルの2013年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004221340/http://courses.gxnu.edu.cn/chinese/gdwx/zgwxs.html 2013年7月14日閲覧. "抒情性文学……的創作開創了元代理学家詩文創作的先河。" 
  10. ^ Thomas N. Corns, The Cambridge Companion to English Poetry, Donne to Marvell, Cambridge University Press, 1993, pxi. ISBN 0521423090
  11. ^ Sir Albert Wilson in J. O. Lindsay, The New Cambridge Modern History, Cambridge University Press, 1957, p73. ISBN 0521045452
  12. ^ a b Christopher John Murray, Encyclopedia of the Romantic Era, 1760-1850, Taylor & Francis, 2004, p700. ISBN 1579584225
  13. ^ Stephen Bygrave, Romantic Writings, Routledge, 1996, pix. ISBN 041513577X
  14. ^ E. Warwick Slinn in Joseph Bristow, The Cambridge Companion to Victorian Poetry, Cambridge University Press, p56. ISBN 0521646804
  15. ^ Eda Sagarra and Peter Skrine, A Companion to German Literature: From 1500 to the Present, Blackwell Publishing, 1997, p149. ISBN 0631215956
  16. ^ György Lukács, German Realists in the Nineteenth Century, MIT Press, 1993, p56. ISBN 0262621436
  17. ^ Christopher Prendergast, Nineteenth-Century French Poetry: Introductions to Close Reading, Cambridge University Press, 1990. p3. ISBN 0521347742
  18. ^ Christopher Prendergast, Nineteenth-Century French Poetry: Introductions to Close Reading, Cambridge University Press, 1990. p15. ISBN 0521347742
  19. ^ Quoted in Max Pensky, Melancholy Dialectics: Walter Benjamin and the Play of Mourning, University of Massachusetts Press, 1993, p155. ISBN 1558492968
  20. ^ Roman Jakobson, Selected Writings, Walter de Gruyter, 1981, p282 . ISBN 9027976864
  21. ^ phosphorist at Wiktionary
  22. ^ William L. Richardson and Jesse M. Owen, Literature of the World: An Introductory Study, Kessinger Publishing, 2005, p348. ISBN 1417994339
  23. ^ Christopher John MacGowan, Twentieth-Century American Poetry, Blackwell Publishing, 2004, p9.ISBN 0631220259
  24. ^ Robert Fitzroy Foster, W.B. Yeats: A Life, Oxford University Press, p496. ISBN 0192880853
  25. ^ Christopher Beach, The Cambridge Introduction to Twentieth-Century American Poetry, Cambridge University Press, 2003, p49. ISBN 0521891493
  26. ^ a b Carrie Noland, Poetry at Stake: Lyric Aesthetics and the Challenge of Technology, Princeton University Press, 1999, p4. ISBN 069100417X
  27. ^ Matthew Campbell in Neil Roberts, A Companion to Twentieth-Century Poetry, Blackwell Publishing, 2001, p72. ISBN 1405113618
  28. ^ Peter Childs, The Twentieth Century in Poetry: A Critical Survey, Routledge, 1999, p84. ISBN 0415171016
  29. ^ Stephen Fredman, A Concise Companion To Twentieth-century American Poetry, Blackwell Publishing, 2005, p63. ISBN 1405120029
  30. ^ Patricia Waugh, Literary Theory And Criticism: An Oxford Guide, Oxford University Press, 2006, p173. ISBN 0199291330
  31. ^ Christopher John MacGowan, Twentieth-Century American Poetry, Blackwell Publishing, 2004, p290. ISBN 0631220259
  32. ^ Christopher Beach, The Cambridge Introduction to Twentieth-Century American Poetry, Cambridge University Press, 2003, p155. ISBN 0521891493


「抒情詩」の続きの解説一覧

抒情詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:34 UTC 版)

「詩」の記事における「抒情詩」の解説

詳細は「抒情詩」を参照 抒情詩(叙情詩)は叙事詩劇詩のように物語語ろうとするのではない、より個人的な性質ジャンルである。人物とその行動描写するよりも、詩人自身の感情精神状態知覚表現する西洋の抒情詩(英: lyric poetry, 仏: poésie lyrique)はリラ (lyre) を語源とし、歌うものであるという含意があるが、実際の抒情詩には純粋に読まれることを前提したものも多い。日本の和歌は文字通り「歌」であり、その多くが抒情詩(もしくは風景のみを詠う叙景詩であった。 抒情詩は古くから愛を主題とするものとして知られてきたが、多くの宮廷風恋愛ミンネ詩人たちはまた戦争と平和自然と郷愁悲しみ喪失などを扱う抒情詩も書いた中でも15世紀フランス抒情詩人クリスティーヌ・ド・ピザンシャルル・ド・ヴァロワ高名である。霊性宗教的な主題十字架のヨハネアビラのテレサのような神秘主義抒情詩人によって歌われた。霊的な経験基づく抒情詩の伝統後のジョン・ダンジェラード・マンリ・ホプキンスアントニオ・マチャードT・S・エリオットといった詩人たちにも受け継がれている西洋の抒情詩で最も一般的な形式14行のソネットであり、ペトラルカシェイクスピアなども実践したが、その他にも抒情詩には途方に暮れるほどさまざまな形式が見られ押韻しないものも20世紀以降増加している。作者自身の感情考え入り組んだ形で取り扱う抒情詩は詩の中で最も一般的なジャンルとなっている。 明確な形を持たない、より自由なスタイルを取る者もいる。たとえばラップ歌詞は、ビートを伴う詩であると考えられることもある。

※この「抒情詩」の解説は、「詩」の解説の一部です。
「抒情詩」を含む「詩」の記事については、「詩」の概要を参照ください。


抒情詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 03:46 UTC 版)

カーリダーサ」の記事における「抒情詩」の解説

リトゥ・サンハーラ(英語版)(季節のめぐり) 2人恋人経験を通して6つ季節表現されるメーガ・ドゥータ使者使って恋人メッセージ送ろうとするヤクシャの話。甘美な調子知られるマンダークラーンタ韻律mandākrānta)で情景描き出される。この作品たくさんの模倣生んだ結果詩作のひとつジャンルとして確立したカーリダーサの最も有名な詩であり、いままで数多く評論寄せられている。

※この「抒情詩」の解説は、「カーリダーサ」の解説の一部です。
「抒情詩」を含む「カーリダーサ」の記事については、「カーリダーサ」の概要を参照ください。


抒情詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 02:10 UTC 版)

自作自演」の記事における「抒情詩」の解説

詩人自らの感情情緒表現した専ら主観による詩の総称。抒情詩はリリックもしくは叙情詩ともいい、近代詩主流をなす。

※この「抒情詩」の解説は、「自作自演」の解説の一部です。
「抒情詩」を含む「自作自演」の記事については、「自作自演」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「抒情詩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「抒情詩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



抒情詩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

抒情詩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抒情詩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抒情詩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの詩 (改訂履歴)、カーリダーサ (改訂履歴)、自作自演 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS