詩経とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 詩集 > 詩経の意味・解説 

しきょう〔シキヤウ〕【詩経】

中国最古詩集五経の一。孔子といわれる未詳。周の初めから春秋時代までの詩305編を国風雅・頌(しょう)の3部門大別国風諸国民謡15の風、雅は朝廷音楽小雅大雅二つ、頌は宗廟(そうびょう)の祭祀(さいし)の音楽で周頌・頌・商頌の三つがある。漢の毛亨(もうこう)らが伝えたものだけが現存するので「毛詩」ともいう。


しきょう シキャウ 【詩経】

中国最古詩集で、五経一つ。三〇五編。撰者未詳孔子が約三〇〇〇の古詩から選んだものともいう。風・雅・頌の三部から成り、風は国風ともいい、黄河流域諸国民謡で一五に分かれ、雅は周王朝宮廷歌で大雅小雅二つ分かれ、頌は祖先神をまつる歌で周頌・頌・商頌の三つ分かれる。ほぼ紀元前一一〜六世紀間の歌と推定され、四言の詩型中心として、くりかえしが多い。漢の毛亨(もうこう)が伝えた書が唯一の完本であるため「毛詩」ともいう。毛亨の伝、鄭玄の注、唐の孔穎達(くえいだつ)の疏が古注標準で、宋の朱熹の「詩集伝」が新注呼ばれる。詩(し)。毛詩(もうし)。


しきょう 【詩経】

中国最古詩集。『易経』『書経』『礼記』『春秋と共に五経一つとされ儒教経典とする。孔子の編と伝えるが未詳三一一編だが題のみで詩句のないものがあるので、実際の詩数は三〇五。西周から春秋時代に及ぶ歌謡を、風(各国民謡)・雅(朝廷音楽)・頌(祖先讃歎の詩)の三部門に分けて収録現存のものは漢代人毛亨が伝えたとされ「毛詩」ともいう。

詩経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:35 UTC 版)

詩経』(しきょう、旧字体詩經拼音: Shījīng)は、全305篇からなる中国最古の詩篇。儒教の経典である経書の一つに数えられる。 先秦時代には単に「」と呼称されたが、後漢以降、毛氏の伝えた『詩経』のテキスト・解釈が盛行したため、「毛詩」という名で呼ばれるようになった[1]宋代以降に経典としての尊称から『詩経』の名前が生まれた[2]


注釈

  1. ^ 江戸時代の詩経名物学書は以下に網羅されている。: 陳捷 「経学註釈と博物学の間―江戸時代の『詩経』名物学について」、陳捷編 『医学・科学・博物 東アジア古典籍の世界』 勉誠出版、2020年。ISBN 978-4-585-20072-7 

出典

  1. ^ 亡びてしまった三家詩を、他書に残された引用から復元する試みも行われており、その成果に清の陳寿祺・陳喬樅の『三家詩遺説考』や王先謙の『詩三家義集疏』などがある。ただ、誤りが多い点には注意が必要である[13]
  1. ^ a b c d e 村山 1984, p. 164.
  2. ^ 村山 2005, p. 22.
  3. ^ a b 小南 2012, pp. 4-5.
  4. ^ a b c d 加納 2006, p. 16.
  5. ^ 村山 2005, p. 10.
  6. ^ 村山 2005, p. 14-16.
  7. ^ 小南 2012, pp. 31-32.
  8. ^ a b c 村山 2005, p. 12.
  9. ^ 小南 2012, pp. 24-26.
  10. ^ 野間 2014, pp. 117-118.
  11. ^ 村山 2005, p. 11-12.
  12. ^ 目加田 1991, p. 204.
  13. ^ a b c d e f g 洪 2002, p. 108.
  14. ^ a b c d e f g 野間 2014, pp. 118-119.
  15. ^ a b 目加田 1991, p. 205.
  16. ^ 宇佐美 1984, p. 154.
  17. ^ 野間 2014, pp. 119-120.
  18. ^ 村山 2005, pp. 18-19.
  19. ^ 目加田 1991, pp. 210.
  20. ^ 目加田 1991, pp. 206-7.
  21. ^ 村山 2005, pp. 20-21.
  22. ^ 村山 2005, p. 29.
  23. ^ 村山 2005, p. 14.
  24. ^ a b c 野間 2014, p. 121.
  25. ^ 目加田 1991, pp. 71-72.
  26. ^ 高田 1968, p. 12.
  27. ^ 小南 2012, p. 16.
  28. ^ a b c 村山 2005, pp. 13-14.
  29. ^ a b 小南 2012, pp. 11-13.
  30. ^ 高田 1968, p. 556.
  31. ^ a b 目加田 1991.
  32. ^ a b 小南 2012, pp. 7-10.
  33. ^ a b c d e 野間 2014, pp. 128-131.
  34. ^ a b 目加田 1991, p. 218.
  35. ^ 目加田 1991, p. 219.
  36. ^ a b c d e 藤堂 2011, pp. 44-45.
  37. ^ a b c d 目加田 1991, pp. 221-223.
  38. ^ 目加田 1991, pp. 220-221.
  39. ^ 目加田 1991, p. 229.
  40. ^ 目加田 1991, pp. 224-225.
  41. ^ 目加田 1991, p. 228.
  42. ^ a b 洪 2002, pp. 655-656.
  43. ^ 村山 2005, pp. 51-53.
  44. ^ a b 村山 2005, p. 53.
  45. ^ a b c 石川 1997, pp. 90-91.
  46. ^ a b c 目加田 1982, pp. 92-93.
  47. ^ 加納 1982, pp. 120-121.
  48. ^ a b 野間 2014, pp. 112-113.
  49. ^ 吉川 1978c, p. 29.
  50. ^ 吉川 1978a, pp. 265-266.
  51. ^ 高田 1966, p. 9.
  52. ^ 吉川 1978a, p. 49.
  53. ^ 野間 2014, pp. 113-116.
  54. ^ 白川 2002, pp. 290-291.
  55. ^ 白川 2002, pp. 294-295.
  56. ^ 白川 2002, p. 295.
  57. ^ 加賀 2016, pp. 312-324.
  58. ^ 村山 2005, p. 19.
  59. ^ a b 野間 2014, p. 124.
  60. ^ 目加田 1991, pp. 11-12.
  61. ^ 野間 2014, p. 152.
  62. ^ 野間 2014, p. 150.
  63. ^ a b 目加田 1991, p. 206-208.
  64. ^ 村山 2005, pp. 19-20.
  65. ^ 加納 2006, pp. 16-17.
  66. ^ a b 村山 2005, p. 20.
  67. ^ 目加田 1991, pp. 209-210.
  68. ^ 村山 2005, p. 21.
  69. ^ 目加田 1991, p. 209.
  70. ^ a b c d 目加田 1991, pp. 211-212.
  71. ^ a b 目加田 1991, pp. 212-213.
  72. ^ 野間 2014, pp. 153-155.
  73. ^ a b c d e 加納 2006, pp. 17-18.
  74. ^ 目加田 1991, p. 221.
  75. ^ 村山 2005, pp. 23-24.
  76. ^ 目加田 1991, p. 215.
  77. ^ a b 青木 1988, p. 29.
  78. ^ 吉川 1978c, pp. 50-54.
  79. ^ 矢島明希子「陸氏毛詩草木鳥獣虫魚疏の基礎的研究 : 篇目から見る各本の相違」『斯道文庫論集』第50巻、慶應義塾大学附属研究所斯道文庫、2015年、 415頁。
  80. ^ 青木 1988, p. 30.
  81. ^ 陳捷 「『毛詩品物図考』より見た18世紀における新しい「知」の形成」、川原秀城編 『西学東漸と東アジア』 岩波書店、2015年、291頁。ISBN 9784000610186 
  82. ^ 田中 1976, p. 38.
  83. ^ 小沢 1956, pp. 27-29.
  84. ^ a b 小沢 1956, pp. 60-63.
  85. ^ 木田 1996, p. 9-14.
  86. ^ 倉石 1940, p. 49-51.
  87. ^ 村山 2005, pp. 136-183.
  88. ^ a b 村山 2005, pp. 184-229.
  89. ^ 門田 1996, pp. 121-123.
  90. ^ 門田 1996, pp. 122-124.
  91. ^ 門田 1996, p. 124.
  92. ^ a b 白川 2002, pp. 307-8.
  93. ^ 洪 2002, p. 623.
  94. ^ 洪 2002, p. 641.
  95. ^ 白川 2002, pp. 308-9.
  96. ^ 白川 2002, pp. 309-310.
  97. ^ 目加田 1991, pp. 3-4.
  98. ^ 家井 2004, pp. 9-11.
  99. ^ 野間 2014, pp. 154-155.





詩経と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「詩経」の関連用語

詩経のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



詩経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの詩経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS