対句とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 和歌 > > 対句の意味・解説 

つい‐く【対句】

読み方:ついく

修辞法の一。語格表現形式同一または類似している二つの句を相対して並べ対照強調効果与え表現詩歌漢詩文などに用いられる。「月に叢雲(むらくも)、花に風」など。


対句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 13:41 UTC 版)

対句(ついく)とは、中国文学修辞的技巧のひとつで、2つの句の対応する文字どうしが同一の品詞に属するように文を作ることをいう。韻文散文の両方に用いられる。対句を主要部とした文章を駢文と呼ぶ[1]近体詩では特に対句を重んじ、律詩では原則として頷聯(3句めと4句め)・頸聯(5句めと6句め)が対句になっている必要がある。


  1. ^ 鈴木(2007) pp.9-10
  2. ^ a b 谷知子『和歌文学の基礎知識』角川選書、2006年、25頁
  3. ^ a b 金子兜太『子どもと楽しむ俳句教室』誠文堂新光社、2014年、119頁
  4. ^ 鈴木(2007) pp.11-12,75-76
  5. ^ 王(1979) p.8
  6. ^ 鈴木(2007) pp.121-123
  7. ^ 鈴木(2007) pp.123-127
  8. ^ 鈴木(2007) pp.77-81
  9. ^ 鈴木(2007) pp.81-83
  10. ^ 王(1979) pp.163-164,174-175
  11. ^ 鈴木(2007) pp.107-115
  12. ^ 王(1979) pp.153-167
  13. ^ 王(1979) p.180
  14. ^ 王(1979) pp.182-183
  15. ^ 王(1979) p.181
  16. ^ 王(1979) p.10,175
  17. ^ 王(1979) pp.469-470,472ff
  18. ^ 『幼学瓊林』巻1・歳時
  19. ^ a b 萬葉七曜会『論集上代文学 第16巻』笠間書院、71頁


「対句」の続きの解説一覧

対句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 14:00 UTC 版)

近体詩」の記事における「対句」の解説

律詩又は排律では最初最後の2聯(それぞれ首聯、尾聯という)を除き、対句を用いなければならない。 各聯においては、反法により、出句、落句の各字がほぼ平仄反転の対になっているが、加えて文法上も、意味上も、それぞれ対応する関係になっていることを対句という。 王之渙五言絶句登鸛鵲楼」を例に挙げる白日依山尽 白日は山に依って尽き 黄河入海黄河は海に入って流れる 欲窮千里千里の目を窮めんと欲し 更上一層楼 一層のを更に上る文法上の対応関係分りやすくするため、変則的な書き下し方にした。 この詩は、第1句(起句という)と第2句(承句という)、第3句(転句)と第4句(結句という)が、それぞれ対句になっている。 特に、起句承句において、「xxxxxxしてxxする」という全く同形文法構造容易に見て取れる。また白と黄、日と河、山と海という意味上の対応も対句の要件一つである。 なお、書き下し文においては、「窮めんと欲す」と「更に上る」が必ずしも文法対応してないようにも見えるが、「欲」、「更」の2字は、それぞれ「窮」、「上」という動詞を補う働き持つ助字であって中国語古典文法上、対句として認識される

※この「対句」の解説は、「近体詩」の解説の一部です。
「対句」を含む「近体詩」の記事については、「近体詩」の概要を参照ください。


対句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 14:23 UTC 版)

修辞技法」の記事における「対句」の解説

詳細は「対句」を参照 漢詩ことわざ使われる場合は「対句」という言葉あてられる2つ上の語呂の合う句を対照的に用いる。もともとは漢文駢儷文におけるテクニック一つで、日本語では漢字漢文伝来とともに使われるようになり、現在においても、日本語表現方法として無意識に使用されている。例として、 しかあれども、よにつたはることは、ひさかたのあめにしてはしたてるひめはじまり、あらがねのつちにしては、すさのをのみことよりぞおこりける。(古今和歌集) 「祇園精舎の鐘の声諸行無常響きあり。沙羅双樹花の色盛者必衰の理をあらはす。」(平家物語) などがある。 四字熟語での例は枚挙に暇がない二つ二字熟語を対にする例が多い。 温故知新 支離滅裂 南船北馬 千変万化 四分五裂弾雨 和魂洋才 扶清滅洋

※この「対句」の解説は、「修辞技法」の解説の一部です。
「対句」を含む「修辞技法」の記事については、「修辞技法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「対句」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「対句」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



対句と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「対句」の関連用語


2
対句法 デジタル大辞泉
94% |||||

3
対聯 デジタル大辞泉
94% |||||







10
デジタル大辞泉
70% |||||

対句のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対句のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対句 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの近体詩 (改訂履歴)、修辞技法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS