俳諧とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 俳諧 > 俳諧の意味・解説 

はい‐かい【俳諧/×誹諧】

こっけい。おかしみ。たわむれ

俳句発句(ほっく))連句および俳文などの総称

俳諧の連歌」の略。

俳諧歌(はいかいか)」の略。


はい‐かい【俳諧・誹諧】

〔名〕

たわむれ。おどけ。滑稽諧謔(かいぎゃく)。

奥義抄(1135‐44頃)下「もろこしによしのの山をおけるに、誹諧の心はある歌とぞ見えたまふる」〔新唐書‐鄭綮伝〕

② 「はいかいか俳諧歌)①」の略。

奥義抄(1135‐44頃)下「誹諧は非王道して、しかも述妙義たる歌也」

③ (「はいかいれんが俳諧連歌)」の略) 室町末期山崎宗鑑荒木田守武などのころから行なわれた卑俗滑稽中心とする連歌をいったが、近世至って松永貞徳連歌階梯とされていた俳諧を独自なものとして独立させ、そのジャンル確立した。以後貞徳に率いられた貞門西山宗因中心とする談林俳風変遷し、元祿松尾芭蕉至って幽玄閑寂旨とするすぐれた詩として完成された。以後享保期・与謝蕪村らの中興期・小林一茶らの文化文政期・天保期など特色ある時代経て明治に至る。広義には俳文俳論などをも含めた俳文学全般のことをもいう。

実隆公記文明一八年(1486)五月一七日「及誹諧二十和歌愚点之由、自室町殿之」

*俳諧・三冊子(1702)白双紙亡師芭蕉翁〈略〉師の俳諧は名はむかしの名にして、昔の俳諧にあらず、誠の俳諧也」

④ =はいごん俳言

*俳諧・談林十百韻(1675)下「一句に俳諧一つ二つ有事をして、惣体皆連哥なり」


俳諧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 15:30 UTC 版)

俳諧(はいかい)とは、主に江戸時代に栄えた日本文学の形式、また、その作品のこと。誹諧とも表記する。正しくは俳諧の連歌あるいは俳諧連歌と呼び、正統の連歌から分岐して、遊戯性を高めた集団文芸であり、発句連句といった形式の総称である。




  1. ^ a b c d 佐藤勝明編 『21世紀日本文学ガイドブック5 松尾芭蕉』 ひつじ書房、2011年10月、2-28頁。 
  2. ^ a b c d 日本古典文学大辞典編集員会 『日本古典文学大辞典 第5巻』 岩波書店、1984年10月、4-7頁。 


「俳諧」の続きの解説一覧

俳諧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 05:18 UTC 版)

名詞

 はいかい 表記誹諧

  1. 日本短詩文芸形式一つ。「俳諧の連歌」「俳諧連歌」の連歌から分岐して遊戯高め集団文芸であり、発句連句といった形式総称

関連語

類義語
他の関連語



俳諧と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「俳諧」の関連用語

俳諧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



俳諧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの俳諧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの俳諧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS