重ねてとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(事柄) > 重ねての意味・解説 

かさね‐て【重ねて】

[副]

同じことを繰り返すさま。もう一度。再び。「重ねて注意する」

この次。今後

「右の御算用は—きっと致さるるでござらうず。只今の代はりは持って参った」〈虎明狂・千鳥


かさね‐て【重━】

〔副〕 (動詞「かさねる(重)」の連用形助詞「て」の付いてできたもの)

① 同じ行為事実二度繰り返されるさまを表わすもう一度。再び。さらに。

源氏100114頃)明石夢にさま異なるものの、告げ知らする事侍りしかば、信じがたきことと、おもふ給へしかど、〈略〉かさねてしめす事の侍りしかば」

現在の出来事が再び生じ得るとみなした限りでの未来を表わす。この次。将来今後そのうち

*虎明本狂言鱸庖丁室町末‐近世初)「かさねては、どぢゃうにてもあれ、はへにても候へかならずもって伺候いたさうずる」

咄本軽口露がはなし(1691)一「それほど思ひ侍らば、重而(カサネテ)折も有べし」


重ねて

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「重ねて」の関連用語

重ねてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



重ねてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS