授業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 授業 > 授業の意味・解説 

じゅ‐ぎょう〔‐ゲフ〕【授業】

読み方:じゅぎょう

[名](スル)学校などで、学問技芸教え授けること。「国語の―を受ける」「教科書なしで―する」「―時間

[補説] 作品名別項。→授業


じゅぎょう〔ジユゲフ〕【授業】

読み方:じゅぎょう

原題、(フランス)La leçon》イヨネスコ戯曲1951年パリで初演カルチエラタン小劇場ユシェット座で1957年から半世紀以上にわたり「禿の女歌手とともにロングラン公演が行われていることでも有名。


授業


授業

作者ウージェーヌ・イヨネスコ

収載図書ことばの国
出版社筑摩書房
刊行年月1995.10
シリーズ名新・ちくま文学


授業

作者三田完

収載図書乾杯屋
出版社文藝春秋
刊行年月2008.4


授業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 22:20 UTC 版)

授業(じゅぎょう、: lesson, class)は、学校教育などにおいて教科科目などの教育として行われるもののことである。大学課程短期大学の課程、大学院の課程を含む)などにおける授業は、講義演習実験実習実技に区分される。




「授業」の続きの解説一覧

授業(全般)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 22:32 UTC 版)

学用品」の記事における「授業(全般)」の解説

常用する筆記用具鉛筆 - HB又はBを使用することが多い。削ってとがらせたものを5本程度用意する鉛筆削り - 鉛筆削ってとがらせるのに使う。家で使用するもの卓上鉛筆削り器を、学校持っていくものは携帯用鉛筆削り器用意することが多くかつてのように肥後守などのナイフ類を用意することは少ない(学校によっては持ち込み禁じられている)。学校卓上型のものが用意されていることもある。 シャープペンシル - 鉛筆代用文字書き方覚え段階あるため小学校では禁じられている場合もある。 赤鉛筆 - 答え合わせ○×付すのに用いる。採点用に作られた朱色の鉛筆朱色の片端に紺色繋げた青鉛筆用意する場合が多い。赤色ボールペンサインペン用い場合もある。 色ペン - ボールペンサインペン蛍光ペンなど。ノート教科書重要な部分に印を付すのに用いる。 消しゴム - 鉛筆(又はシャープペンシル)で書いたものを消すときに用いる。通常プラスチック消しゴム用意する匂い付きのものやキャラクター型に造形されたものなどを禁止している学校もある。 定規 - 15cm程度長さのものと30cm程度長さのものを用意する場合が多い。短いものは筆箱入れておく筆箱 - 常用する筆記用具類を収納して携帯する変形するなど玩具要素の強いものや落とすと大きな音のする金属製のものについては使用禁止している学校もある。 ノートノート - B5又はA4サイズのものが多く用いられる方眼ノート大学ノート、縦罫ノートなどの種類があり、教科毎に指定されたものを用いる。五線紙ノート、ペンマンシップノート、デザインノートなど、特定の教科専用つくられたものもある。休み時間落書きをして遊ぶためのノート(「じゆうがちょう(自由画帳)」などと呼ばれる白紙ノート)を用意することもある。特に小学生に向けて教科毎の専用ノートシリーズ作成したものが市販されており、学習帳呼ばれている。 ルーズリーフ - ノート代用散逸しやすいため使用禁止されている場合もある。 下敷き - ノート大きさに合わせたものを用意する五十音九九などが印刷されたものや赤いマーキングペンと合わせて暗記用い濃緑色透明のものなど、下敷き以外の学習用途を付加したものもある。 レポート用紙 - B5又はA4横罫線のものが多く用いられるその他のよく使用される文房具はさみ - 紙を切るためのもの。こうさくばさみなどと呼ばれる安全のため刃先丸くなっているものやキャップ付きものがあるカッターナイフ - 紙を直線的に切るために用いる。 のり - 口に入って害のないデンプンのり多く使われるこうさくのりなどと呼ばれるマジック - 壁新聞その他の掲示物を制作するのに数色用いることが多い。共同作業使用する場合多く学校で用意される色鉛筆 - 絵を描くほか、白地図などの教材塗り分けなどに用いられる12程度セットのものが多く用いられる通常の鉛筆型のもののほか、クーピーペンシル多く用いられるおどうぐばこ - 常用しない文房具類を収納してロッカーしまうために使う。さまざまな種類のものが市販されているが、大きさによってはロッカー入らない場合もあるので注意が必要である。 ファイル - 配付されプリント類を綴って保存するために用いる。フラットファイルZ式ファイル多く用いられるホッチキス - レポート用紙作文用紙などを綴じるために用いる。 模造紙 - 壁新聞作成したり、自由研究発表用にまとめるために用いる。 電子媒体 - コンピュータ使って作成したデータ記録課題提出用いる。フロッピーディスクCD-Rなどが用いられる

※この「授業(全般)」の解説は、「学用品」の解説の一部です。
「授業(全般)」を含む「学用品」の記事については、「学用品」の概要を参照ください。


授業(教科別)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 22:32 UTC 版)

学用品」の記事における「授業(教科別)」の解説

教科書副読本ドリル問題集辞書類他に教科学習のために特に必要となるもの以下に挙げる国語書写原稿用紙 - 作文を書くのに用いる。一般に400字詰め縦書きのものが多く用いられるかきかたえんぴつ - B又は2B鉛筆。特に小学校低学年において硬筆書写を行うために用いる。 かきかたペン - 細字黒色インクフェルトペン硬筆書写用いる。 習字セット - 毛筆書写を行うために用いる。大小の筆、文鎮毛筆下敷き、硯、墨汁などがセットになっている。 半紙 - 毛筆書写を書くのに用いる。 社会日本地図世界地図 - 地理の授業では各自が持つ地図帳の他、全員見られるよう大きなものを地図スタンドなどに掲げて用いる。家庭学習用に子供部屋の壁などに貼る場合もある。 年表 - 歴史を習う学年では各自がもつ年表の他、教室後ろの壁などに大きなものを貼ってある場合が多い。家庭学習用に子供部屋の壁などに貼る場合もある。 地球儀 - 世界地理学習する場合用いる。また、理科天文分野学習する場合地球模型代わりに用いられる場合もある。 算数数学さんすうセット - 小学1年生2年生まで用い場合もある)が数の概念などを学ぶために用い教材セットおはじき数え棒、おかね、数字カード時計九九カードなどがセットになっている。多くの場合児童混乱避けるため使用する教科書出てくるものと全く同じデザインのものが用意される分度器 - 角度を学ぶときに角度を測るために用いる。180度まで測れる半円型のものを用いる。 三角定規 - 垂線平行線などの作図用いる。プラスチック製小型のものを多く用いる。分度器コンパスセットで販売されている場合もある。 コンパス - 円を書くほか、幾何の証明などでの作図用いる。 そろばん - 珠算の授業で用いる。 学習用電卓 - 電卓での計算の授業で用いる。 グラフ用紙 - B5又はA4のものが多く使われる関数のグラフなどを書く。中学校で1mm間隔(5mm及び1cm毎に太線の方眼が印刷されグラフ用紙用いる。高等学校対数を習うときには片側又は両側対数目盛りになったグラフ用紙用い場合もある。 理科磁石 - 磁石性質を学ぶ実験用いる。一般にU磁石棒磁石多く用いられる虫眼鏡 - 観察用いるほか、太陽光集めて紙を燃や実験などに用いる。 理科教材セット - 水車風車電気電磁石等について学ぶ実験のための教材セット実験種類別セット市販されており、学校で一括購入し授業で配られることが多い。 音楽ハーモニカ - 小学校低学年ではハ長調演奏容易な15単音のものが用いられる鍵盤ハーモニカ - 鍵盤楽器演奏を学ぶために据え置き型リードオルガン代わりに用いられることが多い。 カスタネット - 通常赤と青の丸い木の板をゴムひもくくったタイプのものが用いられるリコーダー - 小学校ではソプラノリコーダーが、中学校ではアルトリコーダーが用いられることが多い。 図画工作美術クレヨン - 絵を描くのに用いる。クレパス用い場合もある。12程度のものが多く使用されるクレヨンのみで絵を描くほか、水彩絵の具組み合わせて用い場合もある。 水彩絵具セット - 水彩画を描くために用いる。12程度学童用不透明水彩絵具太さ異な絵筆2、3本、パレット筆洗バケツ、筆拭いなどがセットになっている。 絵画鉛筆 - 4B程度鉛筆鉛筆デッサン下書き用いる。 コンテ - 黒色のものをデッサン用いる。 練り消しゴム - デッサン修正用いる。 画用紙 - 絵を描くほか、工作材料用いる。白いものの他、色画用紙用いる。ラシャ紙のほか、中学校でケント紙用いる。 画板 - 写生用いる。 粘土 - 小学校低学年では油粘土小麦粉粘土用いられる紙粘土用いた作品づくりや陶芸粘土用いて焼き物づくりも行う。 粘土べら・粘土板 - 粘土での造形用いる。 粘土ケース - 油粘土小麦粉粘土保存用いる。 折り紙 - 10前後セットのものが多く用いられる折って作品作るほか、ちぎり絵工作材料としても用いる。 彫刻刀セット - 木版画彫刻用いる。通常数種類彫刻刀(5本程度)がセットになっているが、中には砥石やばれんが入ったセットもある。 ボール紙 - 工作材料として用いられる体育保健体育体操着 - 運動をするためのシャツ半袖長袖)、短パンハーフパンツクォーターパンツブルマー)及び長袖長ズボンジャージ上下用意することが多い。学校指定である場合多く体育の授業運動会球技大会マラソン大会などの運動をするときのみならず技術・家庭での技術分野実習掃除時間作業着代わりに着用したり、写生大会遠足などの屋外活動着用する場合もある。 運動靴 - 外履きと体育館用のものをそれぞれ用意する場合が多い。特に体育館用のものは学校指定である場合が多い。 紅白帽 - 紅白リバーシブル布製の鍔(つば)付きキャップゴム顎ひもついている場合が多い。 鉢巻 - 紅白リバーシブルのものの他、クラス対抗戦などで用いチームカラー別のものなどがある。 ゼッケン - クラス名字記入した布を体操着スクール水着縫いつけることが多いが、ビブスゼッケン用い学校もある。 スクール水着 - 水泳の授業で着用する学校指定であることが多い。 水泳帽 - 水泳の授業で着用するライン縫いつけるなど水泳能力段階を示す印が付けられる場合が多い。 バスタオル - 水泳後に濡れた体や髪を拭くのに用いる。 ラップタオル - 筒型縫い一方の口にゴムを通して縮めたもの。水泳着替え際にむやみに裸を見られないよう体巻き付けて用いる。かつては学校からの指示各家庭手作りした。現在は市販品もある。 ビーチサンダル - 水着着替えた後で移動時に履くよう用意する場合がある水着入れ - 水着水泳帽タオル類を入れて持ち歩くためのビニール防水機能のある布でできたバッグ学校で指定されている場合もある。 子供用目薬 - 水泳後に眼病予防のため使用する場合があるビート板 - に浮く素材でできた板で水泳バタ足練習などに補助道具として用いる。学校プール備え付けられている場合が多い。 跳び縄 - 縄跳び用いる。長縄跳び用のものは学校で用意されている場合が多いが、短縄跳び用のものは児童・生徒各自で用意する場合が多い。児童・生徒用跳び縄は、カラフルで適度な重さがあり回しやすいプラスチック製のものが多く用いられるが、跳び縄の中央部分地面に当たりすり切れ分断してしまうため、しばしば買い換えなければならない家庭技術・家庭エプロン三角巾 - 調理実習用いる。被服分野を学ぶときに作成する場合もある。 裁縫セット - 被服分野での実習用いる。針、針刺し、糸、ラシャばさみ糸切りばさみリッパーゴム通し指貫チャコルーラー、へら、メジャーなどがセットになっている。 ミシン - 被服の製作の実習用いる。学校家庭科室備え付けてあるもの使用するが、授業時間内に仕上げられない場合には宿題として持ち帰り家庭でミシン掛けをして仕上げ場合もある。 製図鉛筆 - 2H3Hのものが多く用いられる製図道具セット - 製図実習用いる。直線定規三角定規分度器コンパスディバイダテンプレート字消板三角スケールなどがセットになっている。 木工道具セット - 木工実習用いる。鋸、玄能釘抜、錐、指矩さしがね)、鑿(のみ)、鉋(かんな)などがセットになっている。 軍手 - 木工などの実習用いる。 外国語リスニングヒアリング教材 - 教科書例文音読し音声録音されたもの。現在はCDが多いがカセットテープのものもある。教師が授業に使用するほか、児童・生徒個人用意し家庭学習用い場合もある。

※この「授業(教科別)」の解説は、「学用品」の解説の一部です。
「授業(教科別)」を含む「学用品」の記事については、「学用品」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「授業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

授業

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 11:58 UTC 版)

名詞

 じゅぎょう

  1. 学校などで学問技術などを教えること。

発音(?)

じゅ↘ぎょー

派生語

動詞

活用


「授業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



授業と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「授業」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「授業」の関連用語

授業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



授業のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの授業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの学用品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの授業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS