業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

ぎょう【業】

[音]ギョウゲフ)(漢) ゴウゴフ)(呉) [訓]わざ

学習漢字3年

[一]ギョウ

苦労してなしとげる事柄。「業績偉業学業功業事業実業授業修業所業卒業大業覇業

生活のために行う仕事。「業界業者業務営業家業稼業休業兼業作業産業残業失業就業商業職業生業操業農業廃業副業分業夜業

やしき。「別業

[二]ゴウ

報いを招く前世行い。「業苦業報悪業因業罪業宿業善業非業自業自得

怒りの心。「業腹(ごうはら)」

[三]〈わざ〉「業師業物神業軽業仕業力業手業寝業早業

名のり]おき・かず・くに・なり・のぶ・のり・はじめ・ふさ

難読業平(なりひら)・生業(なりわい)


ぎょう〔ゲフ〕【業】

なすべきこと。仕事。わざ。「畢生(ひっせい)の業」

暮らしの手だて。生業職業。「家の業を継ぐ」「菓子販売を業とする」

学問技芸。「業を修める

実業界」「業界人」の略。「政官業


ごう〔ゴフ〕【業】

《(梵)karmanの訳》

仏語人間身・口・意によって行われる善悪行為

前世善悪行為によって現世で受ける報い。「業が深い」「業をさらす」「業を滅する

理性によって制御できない心の働き


なり【業】

生活のための仕事生業なりわい

ひさかたの天路(あまぢ)は遠しなほなほに家に帰りて—をしまさに」〈万・八〇一〉


わざ【業】

おこない行為所業。しわざ。「神のみ業」「人間業

職業仕事。「物書きを業とする」

こと。ありさまおもむき。「容易な業ではない」「腹ふくるる業」

仏事法要

安祥寺にてみ—しけり」〈伊勢七七

たたり。害。

「—をするものはだますといふほどに」〈虎明狂・附子


ごう【仰/業】

〈仰〉⇒ぎょう

〈業〉⇒ぎょう


ぎょう ゲフ 【業】

〔名〕

① やるべきこと。しごと。事業

今昔1120頃か)一〇「三日を不過ず、常に相互に行き会て、酒を呑むを以て業とす」

正法眼蔵随聞記123538)二「且(しばら)く存命(ぞんみゃう)の間、業を修し学を好まんには」〔書経周官

暮らして行くための仕事なりわい職業

今昔1120頃か)二〇「釣を業とする者在り」〔春秋左伝昭公元年

学問学業技芸

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「既にして医科の業を卒(お)へければ」〔易経‐乾卦〕


ごう ゴフ 【業】

〔名〕 (梵 karman訳語

仏語意志による身心活動行為一般身・口・意三業分ける。また、身・口二業に、他に示すことのできる表業と他に示すことのできない無表業二つ分ける。善心による善業悪心による悪業善悪いずれでもない無記業の三業分けることもある。カルマ

百座法談(1110)閏七月一一日「百年の間(あひだ)なせるところの三途の業いくそばくぞ」

不動智神妙録(1638頃)石火之機「善し悪しともに、心の業にて候へども」〔勝鬘経摂受章〕

前世善悪行為によって、現世においてうける応報

宇津保(970‐999頃)藤原の君「ごうにやあらざりけむ。御病おこたりぬ」

③ 特に悪業罪業をいう。

霊異記810‐824)中「我が重き病を得しは、殺生の業に由る故に

④ 「ごうはら業腹)」の略。


なり【業】

〔名〕 (動詞「なる(業)」の連用形名詞化暮らしのための仕事生業なりわい

万葉(8C後)五・八〇一「ひさかたの天路遠しなほなほに家に帰り奈利(ナリ)を為まさに」


な・る【業】

〔自ラ四〕 (「なる(成)」と同語源か) 生活のために働く生計をたてる。

万葉(8C後)二〇・四三六四防人(さきむり)に発たむ騒き家の妹(いむ)が奈流(ナル)べき事を言はず来ぬかも」


わざ【業・技】

〔名〕

① 深い意味や、重大な意図をもつ行為や行事。

万葉(8C後)九・一七五九「吾妻に 他(ひと)も言問此の山を うしはく神の 昔より いさめぬ行事(わざ)ぞ」

意識的何事かをすること。また、その行為。しわざ。おこない

書紀720皇極元年二月岩崎本訓)「塞上、恒に作悪(あしきワサ)す」

伊勢物語(10C前)六四「昔をとこ、みそかに語らふわざもせざりければ」

仏事法要

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「我れ三宝供養する事(ワザ)に財物を須ゐむとす」

習慣化した行為で、目的をもつもの。仕事。つとめ。職業

書紀720敏達元年五月前田本訓)「汝等の習(なら)ふ業(ワサ)、何の故か、就(な)らざる」

古本説話集(1130頃か)五〇「くれ、えもいはぬ大木ども、ただこの牛一つして、運ぶわざをなんしける」

(5) できごと事柄物事のもつ深い事情や状態、次第などを問題にしていう。

万葉(8C後)一九・四二一一「いにしへ有りける和射(ワザ)の 奇(くす)ばしき 事と言ひつぐ」

(6) 技芸技術手段腕前

古事記(712)中(古事記伝訓)「口鼓(くちつづみ)を撃(う)ち、伎(わざ)を為(な)して」

高野平家13C前)九「風をふせぐたよりもなく、をもらさぬわさもなし

(7) 特に、相撲柔道剣道などで、勝敗決め一定の型をもった技術技法

姿三四郎194244)〈富田常雄巻雲の章「三四郎にはこの見事な業の判断もつかなかった」

(8) わざわい。たたり。害。

土井周易抄(1477)二「いづれに天下にわざある程事とよませたぞ」


作者網野菊

収載図書昭和文学全集 7
出版社小学館
刊行年月1989.5


作者綱淵謙錠

収載図書代表作時代小説 35(平成元年度)
出版社東京文芸社
刊行年月1989.5

収載図書
出版社悠思社
刊行年月1991.10

収載図書代表作時代小説 35(平成元年度) 〔普及版
出版社光風出版
刊行年月1992.5

収載図書闇に立つ剣鬼時代小説傑作
出版社講談社
刊行年月1995.9
シリーズ名講談社文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 07:55 UTC 版)

(ごう)とは、カルマ: कर्मन् karman[注釈 1])に由来し、行為、所作、意志によるの活動、意志による身心の生活を意味する語[2]。原義においては単なる行為(action)という意味であり、「良い」「悪い」といった色はなく、暗いニュアンスもない[3]


注釈

  1. ^ 原語の karman は、サンスクリットの動詞語根「クリ」(√kṛ)、為す) より派生した[1]羯磨(かつま)と音写する[2]
  2. ^ 原始仏典である阿含経典(二カーヤ)において、ウパニシャッドは言及すらされておらず、まったく存在していなかったと考えるからである[要出典]。登場するヴェーダも三つまでである[要出典]
  3. ^ ただし、業因には、煩悩などの「業を起こさせる原因」という意味もあり、因業には「因と業」すなわち「主と助」という意味もある[2]
  4. ^ 業とその苦である報いのことを業苦という場合もある[2]
  5. ^ 非善非悪の無記業は業果を引く力がない[2]
  6. ^ 経量部大乗仏教では、身・語を動初(どうほつ)する(意志)の種子(しゅうじ)のことを指して業道という場合もある[2]

出典

  1. ^ 宮元啓一インドにおける唯名論の基本構造』、RINDAS ワーキングペーパー伝統思想シリーズ19、龍谷大学現代インド研究センター、2014年、pp.6-8。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar 総合仏教大辞典 1988, p. 363-365.
  3. ^ スマナサーラ 2014, 11%.
  4. ^ a b 広辞苑 1986, p. 789.
  5. ^ スマナサーラ 2014, 16%.
  6. ^ スマナサーラ 2012, No.893/1930.
  7. ^ Parvesh Singla. The Manual of Life – Karma. Parvesh singla. pp. 5–7. GGKEY:0XFSARN29ZZ. https://books.google.com/books?id=1mXR35jX-TsC&pg=PP5 2011年6月4日閲覧。 
  8. ^ Halbfass, Wilhelm (2000), Karma und Wiedergeburt im indischen Denken, Diederichs, München, Germany
  9. ^ スマナサーラ 2014, No.91/359.
  10. ^ a b c d e f g チャンディマ・ガンゴダウィラ 『新しい生き方を切り拓く7つの実践 『小業分別経』』 Sukhi Hotu、2020年、22%。ASIN B0852RN3Q3 
  11. ^ a b c d e f 岩波仏教辞典 1989, p. 314.
  12. ^ a b c 岩波仏教辞典 1989, p. 246.
  13. ^ a b c d e f g 櫻部・上山 2006, p. 117~118.
  14. ^ 「邪淫・邪婬」 - 精選版 日本国語大辞典、小学館。
  15. ^ a b c 松久保 2001, p. 77.
  16. ^ 櫻部・上山 2006, p. 索引頁「仏教基本語彙(3)」.
  17. ^ 櫻部・上山 2006, p. 117.
  18. ^ 櫻部・上山 2006, p. 120.
  19. ^ 馬場 2018, pp. 121-122.
  20. ^ a b 岩波仏教辞典 1989, p. 788.
  21. ^ 櫻部・上山 2006, p. 索引頁「仏教基本語彙(7)」.
  22. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 121.
  23. ^ a b c d 青原 2017, p. 847.
  24. ^ 櫻部・上山 2006, p. 索引頁「仏教基本語彙(9)」.
  25. ^ a b c 櫻部 1989, p. 63.
  26. ^ a b 青原 2017, p. 846.
  27. ^ 加藤 1967, p. 120.
  28. ^ 工藤 1981, p. 130.
  29. ^ 阿部 1995, p. 35.
  30. ^ a b c 櫻部 1989, p. 66.
  31. ^ 青原 2017, p. 844-846.
  32. ^ a b 青原 2017, p. 844-843.
  33. ^ 干潟龍祥、「業(ごう)の社会性-共業(ぐうごう)-について (昭和五十年二月十二日提出)」 日本學士院紀要 1975年 33巻 1号 p.1-7, doi:10.2183/tja1948.33.1
  34. ^ 「順現法受業」 - 佛光大辭典 (慈怡法師主編)
  35. ^ 「順次生受業」 - 佛光大辭典 (慈怡法師主編)
  36. ^ 「順後次受業」 - 佛光大辭典 (慈怡法師主編)
  37. ^ 清水 2011, p. 17.
  38. ^ スマナサーラ 2014, 7%.
  39. ^ 精選版 日本国語大辞典『業識』 - コトバンク
  40. ^ 山本 1960, p. 16.
  41. ^ 秋月 2002, p. 33.
  42. ^ 教皇庁 2007, pp. 36-37.
  43. ^ a b c d 山田政信 「新宗教のブラジル伝道(14)キリスト教の変容 ⑪」天理大学
  44. ^ 山田政信 「改宗を正当化する語りの論理」 ラテンアメリカ研究年報No.19(1999年)
  45. ^ 津城 2005, p. 76.
  46. ^ Tingay, 宮坂清訳 2009, pp. 428-434.
  47. ^ a b c 教皇庁 2007, p. 119.
  48. ^ a b York, 井上監訳 2009, pp. 428-434.
  49. ^ a b c d e f 津城 2005, pp. 71-73.
  50. ^ 大田 2013. 位置No.1173/2698
  51. ^ 大田 2013. 位置No.1165/2698


「業」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/03/30 08:24 UTC 版)

発音

名詞

  1. ギョウ 法律 「業として」の形で)対価を得る目的で、反復的・継続的に行う行為
  2. ゴウ 仏教仏語人間身・口・意によって行われる善悪行為行為所作カルマの訳。業から逃れることを解脱という。
  3. ゴウ前世行為によって受ける報い
  4. ゴウ不合理であることはわかりつつも、行ってしまうふるまい

連語

接尾辞

  1. 産業分類する際に用い接尾語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「業」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、種分類は「種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD者によりさまざまで、...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX者のレバレッジを規制することです。金融商品取引等に関す...

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「業」の関連用語

業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS