棒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

ぼう【棒】

読み方:ぼう

[音]ボウ(呉)

学習漢字6年

細長いや金属。「棒術相棒(あいぼう)・片棒金棒(かなぼう)・警棒棍棒(こんぼう)・心棒打棒痛棒鉄棒綿棒麺棒(めんぼう)・針小棒大用心棒

棒で打つ。「棒喝」

まっすぐに描いた線。「棒線

一本調子であるさま。「棒暗記

難読篦棒(べらぼう)・棒手振(ぼてふ)り


ぼう【棒】

読み方:ぼう

まっすぐで細長い木・竹や金製のものなど。「—でたたく」「天秤(てんびん)—」

棒術また、棒術に使う長さ6尺(約1.8メートル)ほどの丸いカシの木。「—の使い手

音楽指揮棒。「—を振る」

まっすぐ引いた太い線。「不要な字句を—で消す」

疲れなどで足の筋肉関節の自由がきかなくなること。「足が—になる」


棒(ぼう)


作者安部公房

収載図書日本掌編小説秀作下 花・暦篇
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書戦後短篇小説再発見 10 表現冒険
出版社講談社
刊行年月2002.3
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書読書の時間に読む本 中3年生
出版社ポプラ社
刊行年月2003.3
シリーズ名読書の時間に読む本 中学生版

収載図書黒いユーモア 新装版
出版社學藝書林
刊行年月2003.7
シリーズ名全集 現代文学発見


作者北方謙三

収載図書棒の哀しみ
出版社新潮社
刊行年月1990.10


作者山本幸生

収載図書山本幸生短編集―「紙」・「丸になる」等
出版社新風舎
刊行年月2002.9
シリーズ名新風舎文庫


読み方:ぼう

  1. 文人仲間使用される隠語であつて、一円のことをいふ。一の字横に棒を引くからいふ。
  2. 〔般〕金銭一円のこと、一本の意味文人仲間使用せらるるといふ。「一杯」「一枚」「円助」などと同じ。

分類 文人文人仲間


読み方:ぼう

  1. 制服巡査。〔第二類 人物風俗
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 18:59 UTC 版)

(ぼう)は、細長い円柱など柱形道具部品の総称。で持つなどして自由に動かせるものを呼ぶことが多い。棒と呼ばれるものには竿スティックバーワンドロッドポールなどが含まれる。地面に立てて固定された長大なものは棒ではなくと呼ばれる。


  1. ^ a b c 海野邦昭 『トコトンやさしい切削加工の本』日刊工業新聞社、2010年、10頁。 


「棒」の続きの解説一覧

棒(バン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:35 UTC 版)

鋼-HAGANE-」の記事における「棒(バン)」の解説

三男レンズ部分ボールギャグ似たゴーグル着けているスキンヘッド大男で、燕より一回り大きい。燕に本を読み聞かせてもらわない寝付けない。

※この「棒(バン)」の解説は、「鋼-HAGANE-」の解説の一部です。
「棒(バン)」を含む「鋼-HAGANE-」の記事については、「鋼-HAGANE-」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/19 07:17 UTC 版)

B砂漠の40日間」の記事における「棒」の解説

B砂漠何故か刺さっている棒。ツノ生えている。創造的なエネルギー象徴

※この「棒」の解説は、「B砂漠の40日間」の解説の一部です。
「棒」を含む「B砂漠の40日間」の記事については、「B砂漠の40日間」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 09:36 UTC 版)

暗号」の記事における「棒」の解説

紀元前5世紀古代ギリシアで、特にスパルタスキュタレー (σκυτάλη) と呼ばれる棒が暗号使用された。同じ太さの棒を2本用意し送信者受信者それぞれ所持する送信者右図のように棒にテープ巻きつけ平文横書きする。するとテープには平文の文字飛び飛びに記されることになる。棒からテープ外してテープだけを受信者に送る。転置式暗号一種である。暗号強度決し高くないが、転置の際の書き誤り読み誤り回避できる手段である。

※この「棒」の解説は、「暗号」の解説の一部です。
「棒」を含む「暗号」の記事については、「暗号」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 10:02 UTC 版)

スポーツチャンバラ」の記事における「棒」の解説

全長200cm以下。棒先や棒尻を交互に使う左右打ちや、一回転して反動利用して打つ回転横面打ち足打ちなど、相手意表をつく攻撃可能である

※この「棒」の解説は、「スポーツチャンバラ」の解説の一部です。
「棒」を含む「スポーツチャンバラ」の記事については、「スポーツチャンバラ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 20:24 UTC 版)

南国指令!!スパイvsスパイ」の記事における「棒」の解説

攻撃力が少しアップ射程距離大幅アップ手に入れるとSの表示

※この「棒」の解説は、「南国指令!!スパイvsスパイ」の解説の一部です。
「棒」を含む「南国指令!!スパイvsスパイ」の記事については、「南国指令!!スパイvsスパイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「棒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:02 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 細長い物体
  2. 引かれ

派生語

熟語

成句

翻訳

参照

語義1:


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「棒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



棒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2022
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2022 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鋼-HAGANE- (改訂履歴)、B砂漠の40日間 (改訂履歴)、暗号 (改訂履歴)、スポーツチャンバラ (改訂履歴)、南国指令!!スパイvsスパイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS