棍棒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 棍棒の意味・解説 

こん‐ぼう【×棍棒】

読み方:こんぼう

相当な長さのある木の棒切れ。ぼう。てこ。「―でなぐる」

新体操用い手具の一。木製で、手元細く次第太くなっている徳利(とくり)状のもの。インディアンクラブ。→新体操

「棍棒」に似た言葉

棍棒

作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集29小説拾遺2
出版社八木書店
刊行年月2002.7


棍棒

読み方:こんぼう

  1. 制服警察官清水 闇屋仲間
  2. 〔犯〕製服警官のこと、棍棒をぶら下げている意。
  3. 巡査。〔一般犯罪
  4. 制服警官。〔闇屋
  5. 制服巡査警棒を持つところから。〔闇〕
  6. 巡査

分類 犯罪犯罪者闇屋仲間、闇/商人香具師

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

棍棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 02:00 UTC 版)

棍棒(こんぼう、: club)とは、人が握り振り動かすのに適度な太さと長さを備えた丸い棒のこと。殴打用の武器として扱われることが多く、武器としては最も基本的な物の一つである。原始時代から現代に至るまで使用されている。新体操•男子新体操で使われる手具。




「棍棒」の続きの解説一覧

棍棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 02:25 UTC 版)

ワイルドカード (ゲーム)」の記事における「棍棒」の解説

「骨」「かたい」特性を持つモンスター防御力低く計算してダメージ与えられる

※この「棍棒」の解説は、「ワイルドカード (ゲーム)」の解説の一部です。
「棍棒」を含む「ワイルドカード (ゲーム)」の記事については、「ワイルドカード (ゲーム)」の概要を参照ください。


棍棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 09:36 UTC 版)

デモーナ」の記事における「棍棒」の解説

デモーナ過去編野盗時代から親衛隊時代まで使用していた武器大型だがデモーナ軽々と使いこなしていた。後にザナトスらとの戦い際に使用

※この「棍棒」の解説は、「デモーナ」の解説の一部です。
「棍棒」を含む「デモーナ」の記事については、「デモーナ」の概要を参照ください。


棍棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:26 UTC 版)

砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎)」の記事における「棍棒」の解説

ダイダラボッチ前編)」で、アパート来たねずみ男警棒サイズの棒で殴った彼は2話前に死神鬼太郎暗殺計画加担した件で出入り禁止になっていた)。

※この「棍棒」の解説は、「砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎)」の解説の一部です。
「棍棒」を含む「砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎)」の記事については、「砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎)」の概要を参照ください。


棍棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 17:19 UTC 版)

ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)」の記事における「棍棒」の解説

異聞妖怪奇譚』で使用手に持った棍棒で相手頭部を殴る。

※この「棍棒」の解説は、「ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)」の解説の一部です。
「棍棒」を含む「ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)」の記事については、「ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)」の概要を参照ください。


棍棒(Blackjack)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 01:56 UTC 版)

Thief (ゲーム)」の記事における「棍棒(Blackjack)」の解説

金属製無造作に作られた棍棒。正面から殴りあうための物ではなく自分の姿を見つけられていない相手に対し使うのが一般的な使用方法自分の姿を見つけられていない相手当たった場合相手一撃気絶するまた、装備しても全く目立たない

※この「棍棒(Blackjack)」の解説は、「Thief (ゲーム)」の解説の一部です。
「棍棒(Blackjack)」を含む「Thief (ゲーム)」の記事については、「Thief (ゲーム)」の概要を参照ください。


棍棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 20:55 UTC 版)

THE 功夫」の記事における「棍棒」の解説

300点。

※この「棍棒」の解説は、「THE 功夫」の解説の一部です。
「棍棒」を含む「THE 功夫」の記事については、「THE 功夫」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「棍棒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

棍棒

出典:『Wiktionary』 (2021/10/09 12:24 UTC 版)

名詞

こんぼう

  1. 何かを打つのに丁度良い長さの棒。
  2. 徳利をした体操用具

発音(?)

こ↗んぼー

翻訳


「棍棒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



棍棒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「棍棒」の関連用語

棍棒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



棍棒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棍棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワイルドカード (ゲーム) (改訂履歴)、デモーナ (改訂履歴)、砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎) (改訂履歴)、ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎) (改訂履歴)、Thief (ゲーム) (改訂履歴)、THE 功夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの棍棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS