拷問とは? わかりやすく解説

ごう‐もん〔ガウ‐〕【拷問】

読み方:ごうもん

[名](スル)さまざまな肉体的苦痛与え自白強制すること。現行憲法では禁止されている。「―にかける」「―して白状させる


拷問

読み方:ゴウモン(goumon)

肉体拘束もしくは苦痛加えることによって犯罪行為自白させる手段


拷問

作者大藪春彦

収載図書ザ・殺戮者(ターミネーター)
出版社徳間書店
刊行年月1986.10
シリーズ名徳間文庫

収載図書自滅
出版社広済堂出版
刊行年月1991.12
シリーズ名広済堂文庫

収載図書熱き逃亡者
出版社角川書店
刊行年月1993.6

収載図書汚れた野望
出版社双葉社
刊行年月1996.11

収載図書ザ・殺戮
出版社徳間書店
刊行年月2000.2
シリーズ名トクマ・ノベルズ


拷問

作者大貫和夫

収載図書拷問 他五篇
出版社近代文芸社
刊行年月1991.3


拷問

作者渋谷良一

収載図書ショートショートの広場 7
出版社講談社
刊行年月1996.3
シリーズ名講談社文庫


拷問

作者楠木誠一郎

収載図書逃がし屋―もぐら弦斎手控
出版社二見書房
刊行年月2008.1
シリーズ名二見時代小説文庫


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 06:07 UTC 版)

拷問ごうもん: torture[1])とは、被害者の自由を奪った上で、肉体的・精神的に痛めつけることにより、相手の意思や尊厳を破壊し、加害者の要求に従うように強要する事。特に被害者の持つ情報を自白させる目的で行われる。


  1. ^ この英語には「苦痛を与えること」という意味もあり、苦痛を与えることによる処罰・復讐・政治再教育・矯正行為も含まれる。
  2. ^ 人権外交:拷問等禁止条約”. 外交政策. 外務省 (2015年7月1日). 2017年4月15日閲覧。
  3. ^ a b c INC, SANKEI DIGITAL (2017年2月1日). “【トランプ大統領始動】“戦う修道士”マティス米国防長官 「礼儀正しく、プロであれ。だが、会う人は誰でも殺す計画を立てておけ」” (日本語). 産経ニュース. 2021年5月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 日本大百科全書』(小学館)「拷問」の項目
  5. ^ a b c d e f g h 世界大百科事典』(平凡社)「拷問」の項目
  6. ^ 名和弓雄 『拷問刑罰史』 雄山閣、1987年
  7. ^ 徳川幕府刑事図譜・序
  8. ^ なお横浜事件については被告が全員死亡した2005年に、横浜事件に対する雑誌編集者らについての再審裁判が行われた。しかし2008年3月、最高裁判所免訴が確定し、元被告の遺族らが望んだ無罪判決は下されなかった



拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:51 UTC 版)

コロニア・ディグニダ」の記事における「拷問」の解説

1973年9月11日チリクーデター見舞われた。アウグスト・ピノチェト軍事政権英語版)下、秘密警察である国家情報局スペイン語版)(DINA)に捕まった者およそ300人コロニア・ディグニダ連行された。軍事政権にとってコロニア好都合であった。なぜならコロニア広大な閉鎖された土地持ちチリ国軍との関係も強固であったからである。またコロニア住人への拷問は設立当初からであり、その他暴力にも強い親和性があった。 チリ政治犯たちはパラル市内警察署刑務所、さらに首都サンティアゴからコロニアに連行され、そこで更に重いドイツ式取り調べや拷問を受け、場合によっては行方不明にされた。パラル市内刑務所警察署などと比べコロニア・ディグニダの方が、より洗練されたドイツナチ)式拷問法」、つまり重い拷問法を持っていた。 またコロニア・ディグニダ自身は秘密主義だが、関係する者たち全ての情報集めた。たとえば住民、敵、タクシー運転手ジャーナリスト弁護士友人である軍事政権側の関係者や彼らの敵、味方など、一人一人についても諜報活動行いファイル化していた。 免責によって守られ秘密警察及びコロニア側の協力者双方によって取り調べ及び拷問を受け、少なくとも100人殺された考えられている。その中にはアメリカペンシルバニア州立大学の、ドイツ人ユダヤ系数学者ボリス・ウェイスフェイラー(英語版)も含まれる

※この「拷問」の解説は、「コロニア・ディグニダ」の解説の一部です。
「拷問」を含む「コロニア・ディグニダ」の記事については、「コロニア・ディグニダ」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 22:54 UTC 版)

ガイ・フォークス」の記事における「拷問」の解説

フォークス最初の取調べではジョン・ジョンソン名乗り強気に振舞った多量の火薬と共にいたことについて聞かれると、「スコットランド乞食どもを祖国の山に送り返してやるためだ」と返したフォークス議事堂吹き飛ばす予定であったことを認め失敗残念に思う述べたフォークス堂々とした態度ジェームズ1世歓心を買い、まるでローマ人のようだ賞賛した。 王の賞賛得たが、「ジョン・ジョンソン」は仲間の名前を白状させるため11月6日に拷問にかけられることになった。王は手枷を使うような緩い拷問から始めることを指示し、もし必要なら拷問台のようなもっときついものを使うことも認めたフォークスロンドン塔移送された。「君は何者か?まだ君を知る者はいない」「どこでいつフランス語習ったのか?」「カトリック教徒だとすると誰が教えたのか?」などの質問下されたフォークス尋問され部屋はガイ・フォークス・ルームとして知られるようになるロンドン塔長官代理であるウィリアム・ワードが拷問を監督することになったワードフォークスポケットからガイ・フォークス宛ての手紙を見つけたが、「ジョンソン」は黙ったままで計画に関することや差出人については何一つ明かそうとしなかった。11月6日の夜、ワードソールズベリー伯宛て報告書送り「彼(ジョンソン)はこの行動起こしてから毎日神に祈り捧げ計画の成功カトリック信仰勝利を得、彼の魂を救うこと願っている」と記しているワードによればフォークス休みたがっていたが、ワードフォークス秘密にしている計画共犯者について明かすまで尋問続けつもりだった。翌日ある時点かフォークス余裕失っていった。 立会人のエドワード・ホビーは「ジョンソンロンドン塔来てから英語を話すようになっている」ことに気づいたフォークス11月7日本名明かし、王暗殺計画加担したのは5名であると告げた11月8日には共犯者の名前やエリザベス王女玉座に就ける計画だったことを明かしたフォークス拷問台かけられたかは定かでないが、拷問の激しさは文字体をなしていない彼の署名見て取れる

※この「拷問」の解説は、「ガイ・フォークス」の解説の一部です。
「拷問」を含む「ガイ・フォークス」の記事については、「ガイ・フォークス」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 16:19 UTC 版)

侍道4」の記事における「拷問」の解説

キャッチコピーは「地獄の沙汰も次第」。

※この「拷問」の解説は、「侍道4」の解説の一部です。
「拷問」を含む「侍道4」の記事については、「侍道4」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 14:26 UTC 版)

タリベ」の記事における「拷問」の解説

拷問等禁止条約は、当該行為が国公式に実行される場合にのみ適用される。しかし、同条約を監視する委員会は、以下のような意見述べた国家当局が(…)拷問や虐待行為が(…)民間主体によって犯されていると信じ合理的根拠を知っているか、または合理的根拠がある場合には、条約一貫してそのような(…)民間主体阻止捜査訴追処罰する相当な配慮行わない[場合には]、国が責任を負い、その当局者は、当事者共謀者、またはさもなくば条約の下で、このような容認されい行為を承認し、またはこれに同意した責任者見なされるべきである。 ストレスポジション(英語版)や拘束など、タリベに対して行使されるを踏まえてHRWはこの条約タリベに対して拷問の類が起こっていると解釈できる主張するセネガル国内タリベ問題に対応する主導的な機関である、同国NGO・XALAATによる報告では、この主題極めて物議をかもしている一方でコミュニティによってはダーラのほとんどで虐待が非常にありふれた慣習であることの決定的証拠がある。加えてこのNGOは、この問題に今まで見て見ぬふりをしてきた様々な集団結びつけるよう、この分野専門家たちを効率的に仕向けてきたと主張している。

※この「拷問」の解説は、「タリベ」の解説の一部です。
「拷問」を含む「タリベ」の記事については、「タリベ」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 03:17 UTC 版)

吟味方」の記事における「拷問」の解説

証拠明白でありながら自白をしない容疑者に対しては、拷問がなされる。 拷問を行なって自白をさせるべきとされた罪は、享保7年1722年)に町奉行大岡忠相により「殺人放火盗賊」の3種が、元文5年1740年)に水野勝彦により「関所破り謀書謀判文書偽造)」を加えた5種とされた。これは『公事方御定書下巻83条に記載されており、上記以外の場合に拷問を適用する場合評定所一座評議を必要とした。なお、審理中に死罪該当するような犯罪犯していたことが発覚した場合も、拷問が行なわれた。 笞打石抱海老責・「釣責つるしぜめ)」の4種類があり、このうち拷問にあたるのは釣責のみで、残る3つは「牢問ろうどい)」「責問(せめどい)」と呼ばれ拷問とは区別されていた。 笞打と石抱は穿鑿所で海老責釣責拷問蔵行われた穿鑿所は牢屋敷内にあり、8畳敷2間と、8畳間の吟味席・6畳間の同心物書所があった。拷問蔵牢内にあり、2坪が畳敷き座敷で、残り3坪は白洲だった。牢問町奉行権限実施できたが、拷問を行うには老中許可必要だった海老責は、笞打石抱が行われた後、数日あけて、身体快復し後に行なわれねばならなかった。なお、拷問はあくまで証拠明白であるのに自白が無いために行われるもので、最初からもし誤って死んでも覚悟してとりかかるため、拷問中に死んでも過失故意でない限り責任問われなかった。また、拷問にかけられても自白およばない場合は、老中上申し許可を得た上で処刑をした。この処置察斗詰といった。 拷問には、吟味方与力と書物役(かきものやく、記録係)を務め配下2、3人の同心他にも複数役人立ち会った徒目付小人目付 - 監察役として拷問に立ち会う。拷問を受ける囚人の名前書罪状聞き合わせ疑わしい点があれば、上司目付報告する鎰役かぎやく鍵役) - 石出帯刀配下の組同心牢内の鍵を預り囚人出入担当する役人打役(うちやく) - 石出帯刀配下の組同心笞打打ち担当。 獄医(牢屋医者) - 牢屋敷抱え医者囚人異変があったときに手当をするため、拷問中は常に囚人注目している。拷問が終われば囚人気付与え、脈を診て手当をする。 牢屋下男 - 牢屋敷抱え下男石出帯刀印付法被着て囚人拷問を担当する非人 - 江戸市中の非人のうち、賦役として牢屋詰めた者。 他に奉行出席することもあるが、臨場はせず、陰で拷問の様子を聞いた徒目付小人目付立ち会うようになったのは、大岡が町奉行であった享保3年1718年)と島祥正の在任中延享2年1745年)に老中より沙汰があったため、以後吟味方与力1人での取り調べはせず、必ず目付方を臨席させるようにと決められからである吟味方与力徒目付は、継裃と脇差帯びて背後に刀を置き、御小人目付羽織袴背後に刀を置く。 囚人白衣手鎖手錠)をかけられ引き出され旗本格の士・格式ある神官僧侶であれば吟味与力と同間にその他の士分・平神官僧侶縁側に、足軽平民は「囚人台」と呼ばれる敷き敲き間に座らせられる。警固のため打役囚人左右に付き添うが、囚人敲き間にいる場合打役縁側控えた吟味方与力が、どうしても自白しない場合拷問する旨を初めは丁寧に告げ白状しなければ語気荒らげて叱責する。それでも自白しない場合に、立会役人たちにも拷問すべきかと聞いてから、異存無ければ、縁下へ下ろして拷問にかけることになる。 吟味方与力尋問事項事前に書類にして用意し、それに基づいて尋問し時間制限をせず、白状するまで続けられた。

※この「拷問」の解説は、「吟味方」の解説の一部です。
「拷問」を含む「吟味方」の記事については、「吟味方」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 02:03 UTC 版)

マウトハウゼン強制収容所」の記事における「拷問」の解説

他のナチ強制収容所と同様親衛隊員による囚人への拷問が日常的かつ頻繁に起こっていた。収容所内部規則正式に懲罰」として定められていたのは「棒打ち」と呼ばれるであった親衛隊員たちは処罰度合いに応じて25回、50回、75回ほど棒で囚人殴りつけ50回の棒打ち処された者は致死率高くなり、75になるとほぼ確実絶命した。 ザクセンハウゼンにはサディスト看守複数名おり、こうした者たちは規則定められている「棒打ち以外の残虐手段による暴行殺人日常的に行っていた。たとえばミシェル・ド・プアールの証言によるとリーゲラー(riegeler)という親衛隊員脱走失敗したソ連人を殴りつけ起き上がれ無くなったところをステッキ目をつぶし、かかとで踏みつけ肋骨へし折り、ステッキ喉からうなじまでを付き通したという。 また、この収容所採石場での花崗岩採掘は非常に過酷な労働現場であった。囚人たちは重い石材担ぎ死の階段」と呼ばれる186段の石段登って花崗岩石材丘の上まで運ばされた。途中看守暴行石段から突き落とされ死んだり、巨大な石材押しつぶされて死ぬことがあり、ここの採石場送られることは囚人たちにとって事実上死刑宣告同然であった

※この「拷問」の解説は、「マウトハウゼン強制収容所」の解説の一部です。
「拷問」を含む「マウトハウゼン強制収容所」の記事については、「マウトハウゼン強制収容所」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 03:51 UTC 版)

死のう団事件」の記事における「拷問」の解説

だが、取調べは彼らが考えるほど甘くはなかった。折しも血盟団事件五・一五事件世間賑わせていた。葉山署から報告受けた神奈川県警は、特別高等警察課の全課員に非常呼集をかけ、県内各署警官動員して大々的な捜査非常警戒行った7月3日には、日蓮会を始めとする20箇所家宅捜索し、書類メモ押収した7月4日江川蒲田署に出頭取り調べを行う警官に対して江川日蓮主義について諄々と説き、彼らの活動について理解させよう試みた。それは取り調べ答えるというより、不信心者説法を行うという風情であった。 いくら取り調べ行っても、党員らは「知らぬ」と繰り返すばかりで、犯罪繋が証拠挙がらなかったため、苛烈な拷問が始まった殴る蹴るの暴行や、火の点いた煙草全身押し当て、あるいは力任せに髪を引っ張って振り回す、といった激しい拷問が行われた。 この拷問に耐えかねた3人党員が、転向誓約し釈放された。

※この「拷問」の解説は、「死のう団事件」の解説の一部です。
「拷問」を含む「死のう団事件」の記事については、「死のう団事件」の概要を参照ください。


拷問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 05:12 UTC 版)

チェーカー」の記事における「拷問」の解説

チェーカーは、様々な種類の拷問を行なった生きたまま皮膚頭皮剥がされ、「戴冠」と称して有刺鉄線頭部巻きつけたり、突き刺されたり、十字架に磔にされ(共産党無神論でありキリスト教などの宗教否定された)、絞首刑にされ、石で殴り殺され、板に縛られ沸騰したお湯ゆっくりとかけられたり、内側に釘が打ち付けられ入れられ転がされた。冬に裸にさせた囚人をかけて氷像にして凍死させたり頭部ちぎれるまで首をひねって殺されたケースもあった。女性は、処刑される前に拷問されレイプされた。 8歳から13歳までの子供も投獄され時折処刑された。 キーウ駐屯している中国人チェーカー分遣隊は、縛られた犠牲者胴体鉄管取り付け、そのなかにネズミ放したうえで火をつけて、逃げようとしたネズミ囚人の体を齧させるような虐待行なったロシア革命と内戦には多くの中国人共産主義者参加しており、ボルシェビキ護衛担っただけでなく、チェーカーメンバーとして任務果たしたり、赤軍一個連隊としても編成され赤軍には数万人規中国軍あったとされる。また、赤軍には極東ロシア朝鮮族チェコスロバキア人クン・ベーラハンガリー共産党, ラトビア・ライフル兵なども編成された。 1919年夏までに、赤軍100万人以上で構成され1920年11月まで180万人規模となった赤軍主力ロシア人であったが、1919年時点でチェーカー中核構成員ラトビア人であり、 ロシア兵処刑いやがった場合にはラトビア人中国人兵士処刑担当したこうした拷問や虐待については、何度も共産党機関紙プラウダイズベスチヤ報じたまた、チェーカー公然と誘拐拉致行なったアントーノフらによるタンボフ反乱でも誘拐の手法が用いられた。

※この「拷問」の解説は、「チェーカー」の解説の一部です。
「拷問」を含む「チェーカー」の記事については、「チェーカー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「拷問」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

拷問

出典:『Wiktionary』 (2018/03/09 08:18 UTC 版)

名詞

ごうもん

  1. 肉体苦痛加え自白強要すること。

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
拷問-する

翻訳


「拷問」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「拷問」の関連用語

拷問のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



拷問のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの拷問 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコロニア・ディグニダ (改訂履歴)、ガイ・フォークス (改訂履歴)、侍道4 (改訂履歴)、タリベ (改訂履歴)、吟味方 (改訂履歴)、マウトハウゼン強制収容所 (改訂履歴)、死のう団事件 (改訂履歴)、チェーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの拷問 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS