体罰とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > > 体罰の意味・解説 

体罰

読み方:たいばつ

反省改悛促す手段として、殴る蹴るなどして身体的苦痛加えること。身体的打撃による罰。

教育の場における体罰は、学校教育法において禁止されているが、しばしば過度の体罰が行われていることが発覚して問題視されている。

たい ばつ [0][1]体罰

こらしめのために、身体的苦痛与えること。日本学校教育では、法律によって禁止されている。 -を加え

体罰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 05:18 UTC 版)

体罰(たいばつ)とは、私的にを科す目的で行われる身体への暴力行為である。




  1. ^ たとえば第166回参議院文教科学委員会 公述人中島啓子
  2. ^ 少年保護施設における「虐待プログラム」については第166回参議院法務委員会・厚生労働委員会 下田敦子
  3. ^ 第166回参議院本会議 神本美恵子
  4. ^ 第147回参議院文教・科学委員会 林紀子
  5. ^ 「国際人権法の分野では、親が権利を持つ。したがって、国家が教育の中身を決めていくわけではないとする。体罰をするかしないかについても、親の考え次第で子供一人ずつについてやり方を変えなければいけないというヨーロッパ人権裁判所の判決がある」第165回参議院教育基本法に関する特別委員会 戸塚悦朗
  6. ^ “子どもの6割に日常的体罰 ユニセフの国際統計”. 河北新報. (2014年9月5日). http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201409/2014090401001451.html 2014年9月5日閲覧。 
  7. ^ 法務庁調査意見長官通達『児童懲戒権の限界について』
  8. ^ 法務省:主な人権課題
  9. ^ 2019年12月4日中日新聞朝刊2面
  10. ^ 虐待をする親たちは、これは必要な体罰だと大体言う。第154回衆議院青少年問題に関する特別委員会 水島広子
  11. ^ 体罰をしている親に聞くと、悪いとは思うけれども仕方がなくというふうに言ったり、しつけのためには必要なことだと言いわけしながらやっているわけである。子供のころ多少たたかれて育った親にとっては、たたく以外の危機管理方法をなかなか知らないということがある、とする意見がある。第154回衆議院青少年問題に関する特別委員会 水島広子
  12. ^ いわゆる家庭内暴力。親には民法の親権の身上監護権の中の懲戒権に関して、822条懲戒権があり、懲戒権の中には一定の合理的な範囲内で体罰も含まれるわけあるが、この懲戒権が児童虐待を助長するのではないか、廃止したらどうか、こういう御意見がある。しかしこの懲戒権は親が子のためにやるものであって、子供を死に至らしめたりあるいは傷害をさせたりあるいは心理的な虐待を加えるというような、いわゆる児童虐待と言われるような行為がこの懲戒権の行使として許されないものであることは当然とされる。第153回参議院共生社会に関する調査会 田嶋陽子 また同意の回答を法務副大臣横内正明
  13. ^ Archived copy”. 2018年1月17日閲覧。
  14. ^ http://www.endcorporalpunishment.org/progress/legality-tables/ Archived 17 January 2018 at the Wayback Machine. Global Initiative to End All Corporal Punishment of Children
  15. ^ 障害児への暴行:「体罰」と認定 第三者委が結論 奈良 毎日新聞 2013年11月6日
  16. ^ [1][2]
  17. ^ [3]
  18. ^ 「体罰、報告するな」父母会役員が保護者に要求 兵庫 朝日新聞 2013年3月22日
  19. ^ 暴力 相撲部員に顧問ら ハンマーでたたく 福島・日大東北高 毎日新聞 2016年12月18日
  20. ^ 「わたしの雑記帳」内「子どもに関する事件・事故 2」より
  21. ^ NHK取材班+今橋盛勝:『NHKおはようジャーナル 体罰』(日本放送出版協会,1986年)より
  22. ^ 上掲サイト「子どもに関する事件・事故 2」より
  23. ^ 上掲書『体罰』および上掲サイト「子どもに関する事件・事故 2」より
  24. ^ 上掲書『体罰』より
  25. ^ 上掲サイト「子どもに関する事件・事故 2」より
  26. ^ 上掲サイト「子どもに関する事件・事故 2」より
  27. ^ 上掲サイト「子どもに関する事件・事故 2」より
  28. ^ 朝日新聞2007年3月23日付
  29. ^ 東海テレビ『ホームレス理事長 ~退学球児再生計画~』
  30. ^ 懲りない蛮行/生々しい体罰の現場をここに晒す !!
  31. ^ 「ぼくたちのたんにんをやってください」体罰の教諭復職 産経新聞 2007年6月12日
  32. ^ 第145回衆議院予算委員会第11号 池坊保子
  33. ^ 『店長が新人にパワハラ暴行 トヨタ車販売会社、労働審判に』共同通信 2008年9月5日
  34. ^ 北海道・遠軽の女児自殺:損賠訴訟 小6自殺、精神的苦痛認定 札幌地裁、賠償命令 毎日新聞 2013年6月4日
  35. ^ MSN産経ニュース2009.4.28 11:06[4]
  36. ^ 最高裁HPに掲げられている裁判例情報[5]
  37. ^ 刈谷工高生自殺:「顧問の体罰見てショック」第三者委報告 毎日新聞 2013年8月29日
  38. ^ 体罰で生徒骨折 神戸市教委、教諭2人を懲戒処分 産経新聞 2013年1月18日
  39. ^ 浜松商、体罰など13件 内部調査で教諭ら9人申告 静岡新聞 2013年2月22日
  40. ^ 保護者の期待に応えようとして平手打ち…依願退職 読売新聞 2013年7月5日
  41. ^ 重度知的障害の生徒虐待か 支援学校教諭が暴行、暴言「投げ飛ばすよ」 大阪・浪速 産経新聞 2016年7月20日
  42. ^ 補助金私的流用、財布を置引き…あきれた教諭、講師を免職処分 大阪府教育庁 産経新聞 2016年9月16日
  43. ^ 生徒の襟首つかみ、机に頭打ち付け…暴行容疑で特別支援学校教諭を逮捕 兵庫県警 産経新聞 2016年10月31日
  44. ^ 担任らの厳しい指導で自殺 福井・池田町の男子生徒死亡報告書
  45. ^ 京都の府立高 陸上部顧問が部員の尻など蹴る 左腕骨折 毎日新聞 2018年10月17日
  46. ^ 体罰 生活態度悪いと丸刈り命じる 帝京第五高サッカー部 毎日新聞 2018年10月24日
  47. ^ 全国大会常連の高校女子バスケ部監督 体罰や暴言で解任 NHKニュース 2018年12月1日
  48. ^ 九州学院高ラグビー部、体罰で監督解任 告発文届き発覚:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年9月28日閲覧。
  49. ^ 馬乗りで殴打、傘でたたく…体罰で男子陸上部監督停職 熊本・千原台高、8人けが” (日本語). 毎日新聞. 2019年12月26日閲覧。
  50. ^ お茶大付中で教諭が体罰 男子生徒蹴られ骨折 産経新聞 2019年11月21日



体罰

出典:『Wiktionary』 (2017/12/30 03:27 UTC 版)

名詞

たいばつ

  1. 教育戒めのために身体的苦痛与えること。

発音

た↗いばつ
た↘いばつ



体罰と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「体罰」の関連用語

体罰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



体罰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体罰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの体罰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS