ソーシャルメディア・ハラスメントとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ソーシャルメディア・ハラスメントの意味・解説 

ソーシャルメディアハラスメント

読み方ソーシャルハラスメント
別名:ソーハラ

ソーシャルメディアハラスメントとは、Facebookに代表されるソーシャルメディア通じて行われるハラスメント行為のことである。特に、ソーシャルメディア職場関係が持ち込まれてトラブルストレス元になっている状況を指すことが多い。

ソーシャルメディアハラスメントの典型例として、Facebookのような実名登録制のSNS上司友達申請され、SNS上で上司に気を使わなくてはならなくなる、というような状況挙げることができる。いいね!ボタンを押すなどしてやたらと押して絡んできたり、自分に絡んでほしいと要求してきたりして気疲れ元になる。申請されればむげに断るわけにもいかず、アンフレンドするわけにもいかない

ソーシャルメディアハラスメントは、いわゆるソーシャル時代新たな悩みとして、2013年1月現在知られつつある。

ネット社会のほかの用語一覧
ネット社会:  自殺掲示板  ジオメディア  ソーシャルリクルーティング  ソーシャルメディアハラスメント  スニーカーネット  スラッシュドット効果  2ちゃんねる

ソーシャルメディア・ハラスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 06:20 UTC 版)

ソーシャルメディア・ハラスメント和製英語: social media harrassment)は、TwitterFacebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)において、職場などの上下関係を背景に行なわれる嫌がらせ行為[1][2]




  1. ^ a b 知恵蔵mini『ソーシャルメディア・ハラスメント』 - コトバンク
  2. ^ a b c d “増えるソーハラに気をつけろ 部下に「友達」を申請・投稿を細かくチェック…”. 週刊朝日: p. 36. (2012年11月2日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ ソーシャルハラスメントとは - 出典:日経情報ストラテジー、2013年1月
  4. ^ a b c d e ICTコミュニケーションズ株式会社『安心して使う Facebook』FOM出版、2013年、126頁。
  5. ^ a b c “「ソーハラ」増加 上司が「友達申請」「いいね!」強要”. 読売新聞・東京夕刊: p. 13. (2013年1月10日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  6. ^ すべての投稿に即「いいね!」 こんな「ソーハラ」オヤジは嫌われる”. J−CAST (2012年4月10日). 2013年12月11日閲覧。
  7. ^ 植木皓. “データ:上司がFacebookで「いいね!」など強要、ソーシャルハラスメントは2割が経験”. bizmash!DATA. 2013年12月11日閲覧。
  8. ^ 日刊SPA!の記事[1]


「ソーシャルメディア・ハラスメント」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソーシャルメディア・ハラスメント」の関連用語

ソーシャルメディア・ハラスメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソーシャルメディア・ハラスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソーシャルメディアハラスメントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソーシャルメディア・ハラスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS