報道被害とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 報道被害の意味・解説 

ほうどう‐ひがい〔ホウダウ‐〕【報道被害】

マスメディアによる強引な取材や偏った報道などにより、報道された側の生活や名誉などが傷つけられること。→メディアスクラム


報道被害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/18 14:25 UTC 版)

報道被害(ほうどうひがい)とは、マスメディア犯罪などの事件や出来事を報道するとき、誤報や事実と確認されていない事を決めつけた報道をしたり、事実を故意に編集誇張した報道により、被報道者の生活基盤、人間関係、名誉などを破壊してしまうことをいう。メディア・パニッシュメント(報道断罪)はこの一つ。また、「風評被害」のように、正しい情報を政府やマスコミが報道しない事によっても引き起こされる。




注釈

  1. ^ 例外的に一部マスメディアが実名報道した事件としては社会的影響が特に大きかった事件(女子高生コンクリート詰め殺人事件堺市通り魔事件川崎市中1男子生徒殺害事件名古屋大学女子学生殺人事件)や捜査中に加害者が自殺した山口女子高専生殺害事件などがあるほか、犯行時少年でも死刑が確定した、もしくは執行された事例である市川一家4人殺人事件大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件光市母子殺害事件石巻3人殺傷事件では死刑確定・執行時に多数の報道機関が実名報道に切り替えている。

出典



「報道被害」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「報道被害」の関連用語

報道被害のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



報道被害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報道被害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS