名誉毀損罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > > 名誉毀損罪の意味・解説 

めいよきそん‐ざい【名誉毀損罪】

具体的なことがら挙げて相手の名誉を傷つける罪。挙げたことがら真偽かかわらず成立する。ただし、相手死者公務員選挙などの候補者である場合公共利害に関する場合、挙げたことがら真実であれば成立しない。刑法230条が禁じ、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処せられる

[補説] 具体的なことがらを挙げずに侮辱した場合侮辱罪となる。


名誉毀損罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 16:20 UTC 版)

名誉毀損罪(めいよきそんざい)は、日本刑法230条に規定される犯罪。人の名誉を毀損する行為を内容とする。なお、刑法上の名誉毀損罪を構成する場合に民法上の名誉毀損として不法行為になることも多い。民法上の名誉毀損については「名誉毀損」を参照。




  1. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)119頁


「名誉毀損罪」の続きの解説一覧



名誉毀損罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名誉毀損罪」の関連用語

名誉毀損罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



名誉毀損罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名誉毀損罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS