強盗罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 盗罪 > 強盗罪の意味・解説 

ごうとう‐ざい〔ガウタウ‐〕【強盗罪】

暴行脅迫によって他人財物を奪い取ったり、自己または第三者不法財産上の利益を得させたりする罪。刑法236条が禁じ、5年上の有期懲役に処せられる


強盗罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 04:04 UTC 版)

強盗罪(ごうとうざい)は刑法236条で定められた罪。暴行又は脅迫を用いて、他人の財物を強取したり(一項強盗)、財産上不法の利益を自分で得たり他人に得させたり(二項強盗)すると成立する。法定刑は5年以上の有期懲役未遂も処罰され(刑法243条)、予備も処罰される(刑法237条強盗予備罪)。窃盗罪刑法235条)の加重類型であり、財物に関する特例規定も同様に適用される(なお親族相盗例は適用されない(刑法244条1項))。






「強盗罪」の続きの解説一覧




強盗罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強盗罪」の関連用語

強盗罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強盗罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強盗罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS