犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > > 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪の意味・解説 

犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/15 13:56 UTC 版)

犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪(はんにんぞうとくおよびしょうこいんめつのつみ)とは、刑法に規定された犯罪類型の1つで、犯人をかくまったり証拠を隠滅したりすることで、捜査裁判など国家の刑事司法作用を阻害する犯罪のことをいう。




  1. ^ 牧師が信徒などを指導すること。
  2. ^ 判例時報768号』(判例時報社)p3、『判例タイムズ318号』(判例タイムズ社)p219
  3. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)461頁
  4. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)462頁
  5. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)462頁
  6. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)463頁


「犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪」の続きの解説一覧



犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪」の関連用語

犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS