罰金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > > 罰金の意味・解説 

ばっ‐きん【罰金】

読み方:ばっきん

罰として出させる金銭

刑法規定する主刑の一。犯罪処罰として科せられる金銭科料よりも重い財産刑

「罰金」に似た言葉

罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 05:29 UTC 版)

罰金ばっきんとは、刑罰の一種であり、行為者から強制的に金銭を取り立てる財産刑である。自然人だけでなく、法人に罰金刑を科すこともできる。




「罰金」の続きの解説一覧

罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:19 UTC 版)

ペナルティ (モータースポーツ)」の記事における「罰金」の解説

その名の通り当該ドライバー・チーム(エントラント)から罰金を徴収するもの。罰金の額は当該レースの審査委員会決定するが、レギュレーション等で特に定めない場合、罰金の最高額50,000ドル。また罰金は原則として通知があってから48時間以内支払う必要があり、支払い遅延した場合支払いが行われるまでの間一時的に出場停止態となる。

※この「罰金」の解説は、「ペナルティ (モータースポーツ)」の解説の一部です。
「罰金」を含む「ペナルティ (モータースポーツ)」の記事については、「ペナルティ (モータースポーツ)」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 03:44 UTC 版)

刑法典 (ポーランド)」の記事における「罰金」の解説

罰金には、一定額のものと日割ものがある後者は、裁判所はまず何日分(10日から540日まで)の収入支払うかを決めその後、その犯罪者日割り収入10ズウォティから2000ズウォティ)を決定する減軽加重がされない限り犯罪者収入に応じて100ズウォティから1080000ズウォティまでの罰金が科される

※この「罰金」の解説は、「刑法典 (ポーランド)」の解説の一部です。
「罰金」を含む「刑法典 (ポーランド)」の記事については、「刑法典 (ポーランド)」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:55 UTC 版)

アリピプラゾール」の記事における「罰金」の解説

アメリカ合衆国2007年ブリストル・マイヤーズ スクイブに、エビリファイ未成年者高齢認知症患者に対して適応外使用違法な病気喧伝をしたことによって、約5億ドルの罰金が課された。

※この「罰金」の解説は、「アリピプラゾール」の解説の一部です。
「罰金」を含む「アリピプラゾール」の記事については、「アリピプラゾール」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 18:16 UTC 版)

寺島・鈴木のちょっとこいや♥」の記事における「罰金」の解説

ゲストに話を振らない、行き過ぎたエロトーク提供クレジットかんだり必要な情報読み間違えたりすると 1NG=500円の罰金。 第9回川原慶久ゲストより登場する。 (ゲスト免除される為、引っ掛けエロトークの方転換などやりたい放題。但し、最終回罰金制度対象外貯金箱2代目まで登場。罰金総額は、寺島13,000円(26回)、鈴木15,000円(30回)、スタッフ1,000円(2回)初代貯金箱は、『ちょっとこい出張版』にて衣装代にて、2代目貯金箱は、最終回リスナープレゼントにて使われた。

※この「罰金」の解説は、「寺島・鈴木のちょっとこいや♥」の解説の一部です。
「罰金」を含む「寺島・鈴木のちょっとこいや♥」の記事については、「寺島・鈴木のちょっとこいや♥」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 14:32 UTC 版)

新宿の狼」の記事における「罰金」の解説

その場で罰金を支払わせることで容疑者見逃す。発動と同時に画面上出現したルーレット回り始め引き当て金額分だけ所持金獲得することができる。金額は全8段階存在し最低額一円実質ハズレ)、最高額百万となっている。また、極稀に一円」と「百万円」の2種類のみのルーレット発生することもある。

※この「罰金」の解説は、「新宿の狼」の解説の一部です。
「罰金」を含む「新宿の狼」の記事については、「新宿の狼」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 23:41 UTC 版)

ニューヨーク市交通の利用料金」の記事における「罰金」の解説

MTA不正利用による罰金は上限60ドルだったが、セレクト・バス・サービス導入に伴い2008年上限100ドル変更した

※この「罰金」の解説は、「ニューヨーク市交通の利用料金」の解説の一部です。
「罰金」を含む「ニューヨーク市交通の利用料金」の記事については、「ニューヨーク市交通の利用料金」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 15:39 UTC 版)

ERP (シンガポール)」の記事における「罰金」の解説

当初は70S$の罰金があったが、ほとんどの罰金者はカードへの入金忘れであり、それに対して70S$の罰金には不満があった。それにより、入金忘れの場合は手数料不足分のみの請求になり、車載器設置されていない場合のみ70S$の罰金に変更された。

※この「罰金」の解説は、「ERP (シンガポール)」の解説の一部です。
「罰金」を含む「ERP (シンガポール)」の記事については、「ERP (シンガポール)」の概要を参照ください。


罰金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 08:39 UTC 版)

外国為替スキャンダル」の記事における「罰金」の解説

英国米国スイス当局外国為替スキャンダル科した罰金(単位百万米ドルバンクCFTC DFSDOJ FCA フェドFINMA OCC 合計BofA 205 250 455バークレイズ 400 635 650 441 342 2,468シティバンク310 925 358 342 350 2,285HSBC275 343 618JPモルガン310 550 352 342 350 1,904RBS290 395 344 274 1,303UBS290 371 342 145 1,148合計1,8756352,5202,2091,84714595010,1812014年11月12日英国金融行動規範機構FCA)はG10スポット外国為替取引業務の行動規範適切に管理できなかったとして、5つ銀行に合17ドルの罰金を科した具体的には、Citibank $ 358 百万HSBC $ 343 百万JPモルガン352 百万RBS $ 344 百万UBS371百万となったFCAは、2008年1月1日から2013年10月15日までの間に、これら5つ銀行顧客情報守秘義務利益相反、および取引行動規範に関するリスク適切に管理できなかったと判断した。つまりこれらの銀行機密顧客注文情報他の銀行共有しG10通貨外国為替通貨レート操作し顧客市場利益損なうことで違法に利益上げたみなされた。同日米国商品先物取引委員会CFTC)は、FCA連携して同じ5行に対し特定のトレーダー利益為にベンチマークレートの操作、及び他行のベンチマークレート操作企てほう助したとして。合計14ドルの罰金を科した具体的にシティバンクJPモルガンそれぞれ310百万ドルRBSUBSそれぞれ290百万ドルHSBC275百万ドル となったCFTCは、5つ銀行通貨トレーダー他の銀行トレーダー取引調整しあって、ロンドン1600 WM /ロイターレートを含む外国為替ベンチマークレートを操作していることを発見した銀行通貨トレーダー達は、プライベートチャットルームで連絡を取り合って外国為替ベンチマークレートを操作する試み計画したこれらのチャットルームでは、銀行トレーダー達が、機密情報である顧客注文情報自己の取引ポジション開示しあったりグループ全体利益となるよう取引ポジション変更したり、様々な外国為替ベンチマークレートを操作する為にグループ全体としての取引戦略示し合わせるなどの行為行ったこれらのチャットルームは、多くの場合排他的招待された者のみが参加可能だった。 2015年5月20日5つ銀行は、米国司法省による起訴内容認め合計57ドルを超える罰金の支払いに合意した。バークレイズシティグループJPモルガンロイヤルバンクオブスコットランド4つ銀行は、外国為替市場操作に関する有罪認めたバークレイズ以外の銀行2014年11月からの捜査に関する和解ですでに罰金を科されていたが、バークレイズには24ドルの罰金が科せられた。UBSまた、不正通信犯したことに対して有罪認め203百万ドルの罰金支払いに合意した。更にバンクオブアメリカは、有罪とは見なされなかったが、外国為替市場での不適切な行為問われ204百万ドルの罰金に合意した。 2015年11月18日バークレイズ自動電子外国為替取引行動規範違反により、150百万ドルの罰金が追加科せられた。

※この「罰金」の解説は、「外国為替スキャンダル」の解説の一部です。
「罰金」を含む「外国為替スキャンダル」の記事については、「外国為替スキャンダル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「罰金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

罰金

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 23:56 UTC 版)

名詞

ばっきん

  1. 罰として取り立てる金銭
  2. 法律財産刑一つ日本では10000円以上とされているb:刑法第15条参照)。

発音(?)

ば↗っきん

関連語

翻訳


「罰金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



罰金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「罰金」の関連用語

罰金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



罰金のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罰金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのペナルティ (モータースポーツ) (改訂履歴)、刑法典 (ポーランド) (改訂履歴)、アリピプラゾール (改訂履歴)、寺島・鈴木のちょっとこいや♥ (改訂履歴)、新宿の狼 (改訂履歴)、ニューヨーク市交通の利用料金 (改訂履歴)、ERP (シンガポール) (改訂履歴)、外国為替スキャンダル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの罰金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS