移住とは? わかりやすく解説

い‐じゅう〔‐ヂユウ〕【移住】

読み方:いじゅう

[名](スル)他の土地移り住むこと。特に、開拓商売などの目的で海外に居住地変えること。「南アメリカへ―する」


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/29 18:39 UTC 版)

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動である。


  1. ^ Elliott, Mark C. "The Limits of Tartary: Manchuria in Imperial and National Geographies." Journal of Asian Studies 59, no. 3 (2000): 603-46.
  2. ^ Dowty 1989, p. 69
  3. ^ Dowty 1989, p. 70
  4. ^ Thackeray 2004, p. 188
  5. ^ Böcker 1998, p. 207
  6. ^ a b Dowty 1989, p. 114
  7. ^ Böcker 1998, p. 209
  8. ^ Harrison 2003, p. 99
  9. ^ Dowty 1989, p. 122
  10. ^ Pearson 1998, p. 75
  11. ^ Kleinschmidt, Harald, Migration, Regional Integration and Human Security: The Formation and Maintenance of Transnational Spaces, Ashgate Publishing, Ltd., 2006,ISBN 0-7546-4646-7, page 110
  12. ^ Dowty 1989, p. 208
  13. ^ Dowty 1989, p. 186


「移住」の続きの解説一覧

移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 19:24 UTC 版)

気候変動適応策」の記事における「移住」の解説

しばしば移住には、移民候補者が、選択した目的地支援ネットワーク移動できる資金または物理的資源などの社会資本および金融資本アクセスできること必要である。 移住は世帯が彼らの生活を脅か環境要因直面したときに取最後の適応反応であることが多く他のメカニズムうまくいかなかったときの主要な手段である。 気候関連の移住に関するレトリック複雑であり、様々な議論がある 。ただし、広く受け入れられている移住イベント結果には複数原因があり、環境多くの要因1つにすぎない政策外では、人権団体専門家人口統計学者環境気候科学者がこの議論支配している。 多くの議論予測に基づいているが、現在の移住データ使用する議論比較少ない。 多くの移住イベント突然の環境変化に起因する可能性があるが、ほとんどの移住イベント長期的な環境変化結果であり、突然の移住を引き起こさない。 [出典無効] 一部学者これらの出来事は、自然災害のような突然の環境変化に起因するとしている。 何人かは 「気候変動」というラベル付けることを選択する。「気候変動」は、より長期的な変化始まり人間への影響要素を反映している。 この議論交差するアプローチ展開し問題予測観点から議論組み立てることは、研究投機的にするので、気候変動焦点を当てることは有益である気候変動適応ツールとしての移住は、今後10年間でより差し迫った問題になる予測されている。 多くの場合、これらは人権問題国家安全保障観点から組み立てられている。 移住イベント政府または政策決定機関環境変化抑制または効果的に管理できなかった失敗として扱われている。 例えば、カリブ海極端な干ばつは、水の不足のために人々移動促進させる。 これは、地方政府構造的かつ独立した資源を提供できなかったためと見られている多くの学者は、これらの適応失敗として 関心をもってこの地域を研究している。国連難民高等弁務官避難民支援する最高権威一つとして見られてきた。 具体的には、アフリカでは、移民ソーシャルネットワークソーシャルキャピタル構築し出身コミュニティ社会的回復力高め知識技術送金その他の資源移転によって地域全体でイノベーション引き起こすのに役立つ。 れらは、気候ストレスへの取り組みにおけるコミュニティ柔軟性多様性創造性高めホームとホストコミュニティをつなぐ共同開発新しい道を開く可能性があるアフリカでは、適応戦略に関しては、モザンビークジンバブエは特に明確な例であり、人口移民災害への曝露減らした移転政策実施している。 どのような場合であっても長期的に回復力構築することが重要であるそのためには災害後強制移動制限するツール導入する必要がある一時的であっても、IDP雇用プログラム促進するもしくは、彼らの安全を確保するための資金計画確立する必要があり、それはリスク地域人口脆弱性最小限抑えるめであるこれにより環境変異に起因する移動制限し正の波及効果送金経験など)を移民から出身国/地域へとより良く導くことができる。 「失敗した移民」の数字は、ほとんどのアフリカ諸国で、極端な異質性示している失敗関連する原因は、多くの場合社会的および個人的な性質(たとえば、個人的な失敗感情)に起因しますが、ホスト国の社会的孤立にも関連する可能性がある移行失敗の原因議論にはある程度進展ありましたが、未解決の問題はまだ多くある。 社会的水準低さ、生活計画の変更失業さらには環境ストレス干ばつ高温水不足など)などの要因は、アフリカ移民のほとんどが困難な社会経済的および生態学的条件住んでいることを我々が知るときに見落すリスク増加関連している。

※この「移住」の解説は、「気候変動適応策」の解説の一部です。
「移住」を含む「気候変動適応策」の記事については、「気候変動適応策」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 12:47 UTC 版)

ニーナ・ベルベーロヴァ」の記事における「移住」の解説

ベルベーロヴァ20歳だった1922年6月恋人であるヴラジスラフ・ホダセヴィチとともにソ連離れて西ヨーロッパ移住した以降アメリカ合衆国に渡る1950年まで西ヨーロッパ居住したイタリアソレントや、チェコスロバキアドイツのベルリン滞在経て1925年フランスパリ移って25年間居住したベルベーロヴァ移民先で散文デビューして短編小説発表したベルベーロヴァロシア亡命者文壇サークル所属して亡命者出版物「ノヴィドーム」で共編者勤める。さらに週刊誌ロシア思想」や、日刊紙最新報道」に詩や散文寄稿したベルベーロヴァ1932年ホダセヴィチ別れて1936年にニコライ・マキエフと再婚した1947年離婚するベルベーロヴァ最終的にフランス1950年発ってアメリカ合衆国移民し1959年アメリカ国籍取得した1954年ピアニストのコシェヴィツキーと再婚した米国ではベルベーロヴァヴォイス・オブ・アメリカラジオ勤めたその後1958年から1963年までイェール大学語学教員として着任した1963年プリンストン大学移って文学講義して1971年退職したニュージャージー州プリンストンからペンシルベニア州フィラデルフィア移ったベルベーロヴァアレクサンドル・ボロディンアレクサンドル・ブロークピョートル・チャイコフスキー伝記著した。また1969年自らの自伝「The Italics are Mine」を発表したレフ・トルストイ小説アンナ・カレーニナ英訳して質の高さから絶賛された。またロマン・ロランT・S・エリオットコンスタンディノス・カヴァフィス作品ロシア語訳してフョードル・ドストエフスキー作品フランス語訳した。ベルベーロヴァ1993年アメリカ合衆国フィラデルフィア死去した

※この「移住」の解説は、「ニーナ・ベルベーロヴァ」の解説の一部です。
「移住」を含む「ニーナ・ベルベーロヴァ」の記事については、「ニーナ・ベルベーロヴァ」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 04:26 UTC 版)

バーバー=リャシュチェンコ協定」の記事における「移住」の解説

この協定により、イギリス占領地域から外れ地域住民移住することになったソ連占領地域については、ドイツ人住民ソ連市民留まることも退去することも自由とされた一方で無国籍者はすべて移住することになったこの際イギリス軍司令官アシュワースは、ラウエンブルク公国地区地区長に「ソ連管理下に入る自分の農場に留まることを希望する農民には、複数の馬を飼うことは許されない」と伝達している。また、農場の牛、羊、豚の他、荷馬車、すき、まぐわなどの機材について30日以上予備を持つことを許されなかった。また、漁船はシャアール湖の西岸運ばれることになっていた。 ラサーン住民には11月14日デホーとトゥーローの住民には11月15日に、占領地域交換が行われる方針であることが知らされた。これを受けて11月16日にはまず牛と農機具移送始まった移送にはイギリス水陸両用車戦車馬車のほか、シュティンテンブルク半島からフェリーまで動員されデホーからだけで牛1130頭、馬および子309頭、羊406頭、豚554頭が移送された。 住民の移住は11月23日から3日間かけて行われた移住者は、シュミラウ難民一時収容所ラッツェブルクのシュッツェンホーフ(訳注射撃協会会館射撃祭などの際の集会場宿舎となったもので、現在ではホテルとして営業しているものもある)やラーツケラー(訳注市庁舎地下または近隣にあるワイン等の貯蔵庫レストラン)、ファルチャウ城とトゥシェンベック城に収容された。身を寄せる親戚宅や知人宅がある者は別として収容先を自分で選ぶことは許されなかった。しかも、一時収容所などに移ること自体移住先地区長の同意を得ることが前提になっていた。デホー住民1237人のうち120人、トゥーローの住民256人のうち79人はそのまま留まった11月27日朝にイギリス軍当局による移住者最終便出発した。 この集団移住により、ツィーテン、メホー、ベックレムニッツ人口大幅に増加したツィーテンでは268人から340人、メホーでは104人から230人、ベックでは204人から454人、レムニッツでは51人から91人に増加したラッツェブルク湖東岸のホーエンロイヒテ、メホー、レムニッツ、ヴィーティングスベック、ツィーテンなど計2442ヘクタールイギリス占領地域シュレースヴィヒ=ホルシュタイン編入された。 一方メクレンブルクにはトゥーローおよびトゥーロー郡、デホーなど1460.89ヘクタール編入され、うち119.65ヘクタール森林、41.42ヘクタール水域であったまた、シャアール湖東岸のラサーンベルンシュトルフ、ハーケンドルフ、シュティンテンブルク、シュティンテンブルク=ヒュッテ、テヒンなど3419.81ヘクタール(うち森林405.88ヘクタール水域773.59ヘクタール)も編入された。

※この「移住」の解説は、「バーバー=リャシュチェンコ協定」の解説の一部です。
「移住」を含む「バーバー=リャシュチェンコ協定」の記事については、「バーバー=リャシュチェンコ協定」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 05:39 UTC 版)

ローマ帝国の人口学」の記事における「移住」の解説

CavalliSforzaによる遺伝子再構成によると、鉄器時代以降のヨーロッパでは殆ど移住がなかった。殆どの人成長は、地域間の移住よりもむしろ、出生率改善状況による地域的なゆっくりとした拡大帰されている。本質的にからへの地域的な移住であり、新し居住地拡大集中成功したことによる必然だったといえよう地中海地形は非常に移住に適しており、初期の帝国において約75万人イタリア人属州住んでいた 。全体的な概数としては、奴隷貿易地域的移住においてはもっとも重要な要因で、数百万人がイタリア半島に連れてこられたその他の要因としては、帝国西部へ東方住民小規模な継続的移住を除けば帝国時代における地域間移住は殆ど見られなかった。

※この「移住」の解説は、「ローマ帝国の人口学」の解説の一部です。
「移住」を含む「ローマ帝国の人口学」の記事については、「ローマ帝国の人口学」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:43 UTC 版)

日本とペルーの関係」の記事における「移住」の解説

南米最初に日本人移住した国である。 ペルー首都リマにあるペルー日系人協会内には、ペルー日本人移住史料館「カルロス千代平岡」が存在する

※この「移住」の解説は、「日本とペルーの関係」の解説の一部です。
「移住」を含む「日本とペルーの関係」の記事については、「日本とペルーの関係」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 09:07 UTC 版)

五島市」の記事における「移住」の解説

比較大き離島であるが故の住みやすさや、地域住民移住者主体による地域活性化充実した雇用環境により、移住者増加している。 2016年には66人、2017年には129人、2018年には202人が五島市移住した。これは長崎県内トップクラスである。 また、移住者の7割以上が30代下の若者である。 定住率は8割を超える

※この「移住」の解説は、「五島市」の解説の一部です。
「移住」を含む「五島市」の記事については、「五島市」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 09:17 UTC 版)

アレクサンドラ・エクステル」の記事における「移住」の解説

1924年アレクサンドラ・エクステルは夫とフランス移住しパリに居を構えた。そこで、彼女はAcadémie Moderne教鞭をとった。1926年から1930年まで、フェルナン・レジェAcadémie d'Art Contemporainで教授務めた1933年から紙ガッシュ色をつけたオリジナルの装飾写本製作したヘレニズム時代詩人カリマコス讃歌フランス語訳テキストとする「Callimaque」写本1939年)は彼女の後期傑作とされている1936年ニューヨークの「Cubism and Abstract Art」展に出展プラハパリで個展開いた1936年から亡くなるまでの間、「Groupe Flammarion」社で本のイラストを描く。エクステル評価飛躍的に高まり作品価格高騰そのため、贋作出回った1949年3月17日フォントネー=オー=ローズ死去

※この「移住」の解説は、「アレクサンドラ・エクステル」の解説の一部です。
「移住」を含む「アレクサンドラ・エクステル」の記事については、「アレクサンドラ・エクステル」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 10:19 UTC 版)

東スラヴ人」の記事における「移住」の解説

スラヴ人原郷(Urheimat)については学者の中で未だに合意はなされていない1千年紀において、スラヴ人民族移動時代東ヨーロッパ平原横断してきた種族接触していたと思われる1世紀から9世紀にかけてサルマタイ人ゴート族フン族アラン人アヴァール人ブルガール人及びマジャル人などがポントス・ステップを越え西方向移動していった。その時に彼らの一部通過した土地スラヴ人従属させた可能性が強いが、このよそから来た部族達はスラヴ人土地にほとんど痕跡残していない。初期中世では、スラヴ人農業従事者養蜂家狩人漁師牧夫猟師として拡張していった。8世紀までには、スラヴ人東ヨーロッパ平原における支配的種族となった600年までに、スラヴ人言語の面において南スラヴ西スラヴ東スラヴの三派に分かれることになったそのうち東スラヴは二グループ分れ東ヨーロッパ地域なだれ込んだ。一つグループドニエプル川沿いの地域定住を始めそこから北へは北ヴォルガ渓谷東へ今日モスクワ近辺西へは北ドニエストル川流域南へ南ブーフ川まで拡散したもう一つグループポメラニアから北東方向移動し、そこでルーシ・カガン国ヴァリャーグ遭遇した。彼らは重要な中心地であるノヴゴロド築き今日トヴェリ州ベロゼルスク周辺定住し始め最終的にはメリャ人の土地まで達しドニエプルグループ合流果たした

※この「移住」の解説は、「東スラヴ人」の解説の一部です。
「移住」を含む「東スラヴ人」の記事については、「東スラヴ人」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 06:55 UTC 版)

ラテンアメリカ人」の記事における「移住」の解説

こ数十年における経済的社会的治安的な発展ラテンアメリカ地域影響与えていることに伴いラテンアメリカ移住する人々超過していた状況は、その逆の状況、つまりラテンアメリカから他の地域移住する人々超過する状況変わってきた。約1000万人ものメキシコ人アメリカ住み移り2006年時点では2830万人アメリカ人メキシコ人先祖をもつと述べた2005年コロンビア調査DANE)によると、3331107人のコロンビア人が現在外国で暮らしている。海外で暮らすブラジル人の数は200万人推定されている。推定150万人から200万人エルサルバドル人はアメリカ住んでいる少なくとも150万人エクアドル人は主にアメリカスペインなどの海外に移住した Approximately 1.5 million Dominicans live abroad, mostly in the US.。およそ150万人ドミニカ人は主にアメリカ海外移住している。130万人キューバ人も同様である80万人を超えるチリ人は主にアルゼンチンカナダアメリカスペインなどの外国に住み移ったチリ人コミュニティコスタリカメキシコスウェーデンにも存在する2006年時点で70万人ボリビア人アルゼンチン住んでいて、33000人がアメリカ住んでいた。2005年海外に住んでいた中央アメリカ人々3314300人であり、そのうち1128701人がエルサルバドル人で、685713人がグアテマラ人、633520人がニカラグア人、414955人がホンジュラス人、215240人がパナマ人、127061人がコスタリカ人、そして5万9110人がベリーズであった2006年時点で純移動率移入民と移出民の差)が正である(移入民の数が移出民の数より多い)ラテンアメリカの国はコスタリカチリの2国だけである。

※この「移住」の解説は、「ラテンアメリカ人」の解説の一部です。
「移住」を含む「ラテンアメリカ人」の記事については、「ラテンアメリカ人」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 00:52 UTC 版)

安岡孝章」の記事における「移住」の解説

移住(東京千葉そして高知2000年-ゆったりとした環境求め千葉県東金市に移住。同時にプライベートスタジオ「Dali」を自宅敷地内建設。そこでの音楽制作中心に活動する2010年-約10年千葉県での生活を離れて活動拠点故郷高知に。 2012年-高知県高知市にサスガ・ミュージック・クラブを設立

※この「移住」の解説は、「安岡孝章」の解説の一部です。
「移住」を含む「安岡孝章」の記事については、「安岡孝章」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:03 UTC 版)

フィリピンの歴史 (1965年-1986年)」の記事における「移住」の解説

1965年マルコス選出されてから1986年マルコス政権転覆するまでに約30万人フィリピン人フィリピンからアメリカ合衆国移住した

※この「移住」の解説は、「フィリピンの歴史 (1965年-1986年)」の解説の一部です。
「移住」を含む「フィリピンの歴史 (1965年-1986年)」の記事については、「フィリピンの歴史 (1965年-1986年)」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 23:38 UTC 版)

日系ペルー人」の記事における「移住」の解説

ペルー経済長い停滞により、1980年代後半から日本アメリカ合衆国へ労働移住(日本へは "Dekasegui")をした人が多い2012年12月31日現在、日本では49.483人のペルー国籍者が在留外国人となっている。それは日本国内ではブラジルブラジル国籍は193,571人)に次ぎラテンアメリカ第2在留人口である。平成22年時点で日本永住者も3万人越えつつある。 ペルー近年出稼ぎ送り出し国として知られている1980年代インフレ長引不況、それに伴う高失業率左翼ゲリラテロ等によって、多くのペルー人安定した仕事求めてアメリカをはじめスペインアルゼンチン等に移民している(海外に居住しているペルー人合計200万人を超える)。そして、前述の通り日本にも1990年入管法改正を機に多くの日系人ペルーよりやってくることとなった合計10万とされているペルー日系社会のその半分が(2011年12月現在52.842人の登録者日本生活している。この数字疑問視されているが、理由として多くの偽装日系人」として日本入国した人の一部が「在留特別許可」という手続によって正規のビザ取得している場合日系ペルー人が日本で出生した子弟年間平均500人)も含まれているためである

※この「移住」の解説は、「日系ペルー人」の解説の一部です。
「移住」を含む「日系ペルー人」の記事については、「日系ペルー人」の概要を参照ください。


移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 03:37 UTC 版)

ペマガツェル県」の記事における「移住」の解説

2011年2月遠隔地に住む42世帯市街地移住させる計画立てられた。 自然・社会資源利用容易にする為である。 移住によって生活環境向上しGNH(国民総幸福量)に反映される考えられた。 この方式が成功すればハ県ルンツェ県にも適用される

※この「移住」の解説は、「ペマガツェル県」の解説の一部です。
「移住」を含む「ペマガツェル県」の記事については、「ペマガツェル県」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「移住」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

移住

出典:『Wiktionary』 (2021/10/28 14:53 UTC 版)

名詞

 いじゅう

  1. 土地移り住むこと。特に遠隔地海外居住地を移すこと。

発音(?)

い↗じゅー

動詞

活用


「移住」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「移住」の関連用語

移住のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



移住のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの移住 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの気候変動適応策 (改訂履歴)、ニーナ・ベルベーロヴァ (改訂履歴)、バーバー=リャシュチェンコ協定 (改訂履歴)、ローマ帝国の人口学 (改訂履歴)、日本とペルーの関係 (改訂履歴)、五島市 (改訂履歴)、アレクサンドラ・エクステル (改訂履歴)、東スラヴ人 (改訂履歴)、ラテンアメリカ人 (改訂履歴)、安岡孝章 (改訂履歴)、フィリピンの歴史 (1965年-1986年) (改訂履歴)、日系ペルー人 (改訂履歴)、ペマガツェル県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの移住 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS