ホームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ホームの意味・解説 

ホーム

「プラットホーム」の略。「上りの—」


ホーム【home】

読み方:ほーむ

家庭。家。「—バー」「マイ—」

故郷本国また、本拠地。→アウェー

人々収容する施設収容所療養所など。「老人—」

ホームベース」の略。


ホーム

作者ジェイン・アン・フィリップス

収載図書ラヴ・ストーリーズ 2
出版社早川書房
刊行年月1989.7

収載図書ブラックチケッツ
出版社彩流社
刊行年月1994.5
シリーズ名現代アメリカ文学叢書


ホーム

作者吉本由美

収載図書コンビニエンス・ストア
出版社新潮社
刊行年月1991.4


ホーム

作者ロドリゴ・レイローサ

収載図書その時殺され...
出版社現代企画室
刊行年月2000.1


ホーム

作者奥田哲也

収載図書帰還異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2000.9
シリーズ名光文社文庫


ホーム


ホーム

名前 HolmHolmeHomeHougham

ホーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 01:27 UTC 版)

英語の姓。同じ綴りでヒュームと読む姓もあり、間違われることもある。




「ホーム」の続きの解説一覧

@ホーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/05 05:11 UTC 版)

@ホーム』(あっとほーむ)は、髙木信孝による日本4コマ漫画作品。




「@ホーム」の続きの解説一覧

ホーム(空き地)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 05:28 UTC 版)

ラクガキ王国」の記事における「ホーム(空き地)」の解説

ガラクタ市場外れにある空き地で、ヒバナタロー活動拠点。ラクガキノートを開いてラクガキ描いたりゲームデータのセーブガレージ内にラクガキ保存するともできる

※この「ホーム(空き地)」の解説は、「ラクガキ王国」の解説の一部です。
「ホーム(空き地)」を含む「ラクガキ王国」の記事については、「ラクガキ王国」の概要を参照ください。


ホーム (home)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:33 UTC 版)

Twitter」の記事における「ホーム (home)」の解説

自分のホームページ自分の投稿や、フォローしているユーザー投稿タイムラインとして表示される

※この「ホーム (home)」の解説は、「Twitter」の解説の一部です。
「ホーム (home)」を含む「Twitter」の記事については、「Twitter」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ホーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ホーム

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:36 UTC 版)

名詞1

ホーム

  1. 多く複合語をなし)家。家庭故郷
  2. 本拠地
  3. 野球ホームベース本塁)。
  4. インターネットホームページの略
  5. 老人ホームなどの略

語源

英語 "home"の音写

発音(?)

ホ↘ーム

熟語

名詞2

ホーム

  1. 鉄道など) プラットホームプラットフォーム platform)の略。

翻訳


「ホーム」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ホーム」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ホームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホーム (改訂履歴)、@ホーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラクガキ王国 (改訂履歴)、Twitter (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのホーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS