本国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 本国 > 本国の意味・解説 

ほん‐ごく【本国】

読み方:ほんごく

その人生まれ育った国。祖国また、その人国籍がある国。母国

植民地などに対して、その国本来の領土。「—から独立する


本国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/24 02:55 UTC 版)

本国(ほんごく)




「本国」の続きの解説一覧

本国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 08:53 UTC 版)

バリアスデイライフ」の記事における「本国」の解説

帝国のこと。皇帝一握り貴族のみが権力握っており、貧富の差激しい。新大陸とは違い個人自由に職を選ぶことも出来ない。エレビアの移植民達の多くは本国から志願してやって来ている。

※この「本国」の解説は、「バリアスデイライフ」の解説の一部です。
「本国」を含む「バリアスデイライフ」の記事については、「バリアスデイライフ」の概要を参照ください。


本国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:52 UTC 版)

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」の記事における「本国」の解説

フラーニャ・エルク・アルバレスト 声 - 千本木彩花 ナトラ王国王女ウェインの妹。兄ウェインをかなり慕っているブラコン。ニニムのことも慕っており、彼女と兄を結婚させたい考えている4巻騒動で、実は彼女自身かなりの才能がある片鱗見せる。 ナナキ 声 - 榊原優希 フラーニャ付きフラム人の少年主であるフラーニャのことを大事に思っている暗殺情報収集長け戦闘能力非常に高い。 ラークルム 声 - 濱野大輝 ナトラ王国軍の将軍隊長)。平生態度穏やかな人物だが、戦場で長い腕使ったさばきで高い戦闘力を誇る。 ウェイン見出され人材一人でマーデン軍との戦いでは、ウェイン初陣であるにも関わらずあまりにもマーデン軍が弱すぎて涙するハガル 声 - 菅生隆之 ナトラ王国軍の老将元は他国で名を挙げた名将であったが、ゆえあって国を追われ流浪末にナトラ王オーウェン仕える。ウェイン才能を高く評価する一人シリジス 声 - 土師孝也 デルーニオ王国宰相。のちフラーニャ側近5巻から登場初老小男国王傀儡としてデルーニオを実質的に支配している有力者元は農民の出ながらゆくゆくは選聖候の地位を得ることすらも狙うなど野心は高いが、国政における実際の能力も高い。5巻において仇敵ソルジェストとの同盟強行し、ナトラに外交戦を仕掛けるが、最終的にウェインやり込められ失脚する上記経緯後、知人を通してアースワルド帝国内で隠遁生活送っていた。そこをフラーニャ見いだされ、彼女の側近として仕えることになる。当初はウェインへの復讐心フラーニャ次期国王にしたいと考えていたが(なお、これはウェイン兄妹ともに承知した上で行動)、その後フラーニャ才幹を知ると、心から主君である彼女を王位に付けたいと考えるようになるナトラ王オーウェン ウェイン実父。国を安定させてきた名君物語開始少し前に病に伏したため、留学中ウェイン摂政として国に引き戻されることとなる。現在は離宮養生している。 レヴァン・ラーレイ ナトラ王国フラム人の族長ナトラ王オーウェン補佐官ウェインに対するニニムのような存在。 非常に優秀な人物ながら、あくまで王の補佐官あるためウェイン実質的に国政預かる身になっても王についている(ただし、4巻でニニム不在になった時は一時的にウェインについた)。

※この「本国」の解説は、「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」の解説の一部です。
「本国」を含む「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」の記事については、「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「本国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



本国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

本国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバリアスデイライフ (改訂履歴)、天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS