国籍とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 国籍 > 国籍の意味・解説 

こく せき [0] 【国籍】

一国国民であるという身分資格日本では原則として出生によって生じ、また帰化によって得られる。また、船や飛行機の、ある国への所属にもいう。 「 -を取得する」 「 -不明の船」


国籍(こくせき)

家族親子関係戸籍関わる用語

ある人がある国の国民であるという身分資格国際法上、国籍の得喪は、その国の国内法定められるのが原則で、わが国でも「国籍法」が制定されている。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

国籍

国または国家居住者は、ある種政治的権利享受するその国家臣民 1市民 1もしくは国民 1であるか、外国市民である在留外国人 2または外国人 2であるか、またはいずれの国の市民でもない無国籍者 3呼ばれる人々である。“臣民”という語は隷属的な意味を持っていたが、今では英語のsubjectsという語にその意味はなくなり、市民同義語として受け取られることが多い。ただし、時には臣民市民とを区別することがある一国市民一般に、その国の国籍 4を持つ。この語は今日市民権 4と同じ意味で用いられるが、多民族国家 6では政治的国籍 4民族籍 5とを区別することもある。


国籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/13 06:53 UTC 版)

国籍(こくせき)とは、個人と特定の国家を法的に結びつける絆であり[1]、18世紀以降のヨーロッパにおいて市民革命を経て国民国家という概念が生まれたことに対応して形成された概念である。


  1. ^ 杉原高嶺; 水上千之; 臼杵智史; 吉井淳; 加藤信行; 高田映 (2007). 現代国際法講義 (第4版 ed.). 江草貞治. p. 219. ISBN 978-4-641-04640-5. 
  2. ^ 芦部信喜 『憲法学III人権各論(1)増補版』 有斐閣、2000年、585頁。
  3. ^ https://www.planalto.gov.br/ccivil_03/constituicao/constituicao.htm



国籍

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 12:40 UTC 版)

名詞

こくせき

  1. 国民一員であることの資格

関連語

翻訳






国籍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国籍」の関連用語

国籍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国籍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2018 Houterasu All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国籍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国籍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS