結婚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 結婚 > 結婚の意味・解説 

けっ‐こん【結婚】

[名](スル)夫婦になること。「お見合いで結婚する」「結婚式」「結婚生活」→婚姻(こんいん)

[補説]  
2014年6月実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2014キャンペーンでの「結婚」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆親に反対されても強引に一緒になり、子に反対されても強硬別れるもの。
coniさん

お化け屋敷。入る時はドキドキし、入ったら恐怖体験し、出口に来た時、光と笑み待っている
あしだかおるさん

◆「自由な不安」が「不自由な安心」に変わること。
あきさん

互いの「空気」になること。
はるたぬさん

◆目に見えない「愛」を見えるように変換する行為
ototamaさん

幸せの種を買うこと。咲くか枯れるかは育て次第
トクホさん

これからの人生一人決められなくなること。一人決断しなくて良くなること。
bolnoさん

◆縁のあった他人が、お互い慣習持ちあい二人慣習作り出すもの。
ふらおさん

2014年1月24日放送笑っていいとも!」の優秀作

お米の固さの好み受け入れること。
木下優樹菜さん

愛で始まり、やがて憎悪変わり感謝で終わるもの
タモリさん

2014年5月27日放送ノンストップ!」での出演者作品

独り寂しさより二人わずらわしさを選ぶこと。
ハイヒール・リンゴさん


結婚

結婚 1に関する研究は、結婚(行動) 2、すなわち法もしくは慣習により規定された権利義務に伴う両性間の結合 3頻度、結婚・婚姻訳注)によって結びついている者たちの属性、そしてそのような結合(結婚)の解消取り扱う。さらに、その発生頻度ある程度高ければ、その他の夫婦的結合(503-8)の研究もまたこれに含まれる婚礼 4ないし結婚式 4とは、一人男性一人女性の間の結合配偶者 5、つまり夫 6と妻 7として一般に認知させるための儀式のことを指し、それは法もしくは慣習によって規定されている。配偶者同士総称して、夫婦 8と呼ぶ。


結婚

作者山口瞳

収載図書婚約
出版社講談社
刊行年月1987.5
シリーズ名講談社文庫

収載図書山口瞳大全 第4巻
出版社新潮社
刊行年月1993.2


結婚

作者富岡多恵子

収載図書富岡多恵子集 4 小説(3)
出版社筑摩書房
刊行年月1999.3


結婚

作者森泰三

収載図書冬日向創作
出版社鳥語
刊行年月2001.4


結婚

作者光野桃

収載図書実りを待つ季節
出版社新潮社
刊行年月2002.5
シリーズ名新潮文庫


結婚

作者平林たい子

収載図書戦後出発女性文学 第4巻 昭和24年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


結婚

作者川村典子

収載図書結婚
出版社健友館
刊行年月2004.4


結婚

作者彭小妍

収載図書でんでん太鼓の唄
出版社風濤
刊行年月2004.11


結婚

作者井上八三

収載図書短編集 コーヒーブレイク 2
出版社新風舎
刊行年月2007.9
シリーズ名新風舎文庫


結婚

作者三浦哲郎

収載図書三浦哲郎自選全集11巻 結婚・愁月記
出版社新潮社
刊行年月1988.7


結婚

作者耕治人

収載図書耕治人全集 第1巻 小説 1
出版社晶文社
刊行年月1988.12


結婚

作者芝木好子

収載図書慕情の旅
出版社集英社
刊行年月1990.1
シリーズ名集英社文庫


結婚

作者芹沢光治良

収載図書人間の運命
出版社新潮社
刊行年月1991.8


結婚

作者川崎長太郎

収載図書川崎長太郎選集
出版社河出書房新社
刊行年月1991.11


結婚

作者鮎川哲也

収載図書57人の見知らぬ乗客
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫

収載図書ポピュラー・ミステリーワールド―大きな活字読みやすい
出版社リブリオ出版
刊行年月1997.10


結婚

作者ドロシー・パーカー

収載図書結婚まで
出版社青弓社
刊行年月1992.12
シリーズ名ブルー・ボウ・シリーズ


結婚

作者鎌田敏夫

収載図書世界で一番ロマンチックな海
出版社角川書店
刊行年月1993.1
シリーズ名角川文庫


結婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/24 09:37 UTC 版)

結婚(けっこん)とは、夫婦になること[1][2]婚姻(こんいん)とは、「結婚すること[3]」「夫婦となること[3]」「社会的に承認された夫と妻の結合[4]」である。「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している[5]。本記事では「婚姻」あるいは「結婚」(: marriage)について解説する。


注釈

  1. ^ 住民票で「夫(未届)」「妻(未届)」等の記載をすることが可能である。
  2. ^ これは懲罰的措置ではなく精神的治療に必要な期間とされている

出典

  1. ^ 広辞苑 第五版 p.829 結婚
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ a b 婚姻(こんいん)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年10月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』vol.10, 【婚姻】pp.607-608 末成道夫 執筆箇所
  5. ^ a b 『文化人類学事典』 弘文堂、1987年1月、246頁
  6. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典』 1984、p.53【婚姻 Mariage】
  7. ^ a b 千葉他 2005, p. 16.
  8. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 150-.
  9. ^ 非婚とは
  10. ^ a b 木下 2003, p. 28.
  11. ^ 木下 2003, p. 31.
  12. ^ “母権家族の勧め”
  13. ^ 同性カップルの「事実婚」も婚姻に準じる関係であり法的保護対象となると示す初の高裁判決が下されました”. www.outjapan.co.jp. 2020年10月27日閲覧。
  14. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。181頁(346)。
  15. ^ カトリック教会の結婚観 カトリック東京大司教区
  16. ^ 第119回 結婚の秘跡の効果 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  17. ^ 第118回 混宗結婚と異宗結婚 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  18. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。182頁(349)。
  19. ^ 中世のキリスト教 II-3 教権と俗権の対立 カトリック中央協議会
  20. ^ 正教会にわくわくの好奇心を抱いておられる方に(結婚式について) - 名古屋ハリストス正教会
  21. ^ a b c d e f g h i j イスラーム法にもとづいた結婚
  22. ^ [1]
  23. ^ ユダヤの力(パワー)―ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著
  24. ^ 二宮周平著 『家族法 第2版』 新世社〈新法学ライブラリ9〉、1999年4月、51-52頁
  25. ^ 我妻 他 1999, p. 50.
  26. ^ 青山・有地 1989, p. 158.
  27. ^ 青山・有地 1989, p. 178.
  28. ^ a b 青山・有地 1989, p. 183.
  29. ^ 千葉他 2005, pp. 42-43.
  30. ^ 千葉他 2005, p. 43.
  31. ^ 青山・有地 1989, pp. 150-151.
  32. ^ 青山・有地 1989, p. 151.
  33. ^ 我妻 他 1999, p. 9.
  34. ^ 我妻 他 1999, p. 9,54-55.
  35. ^ a b c d 千葉他 2005, p. 22.
  36. ^ 青山・有地 1989, p. 194.
  37. ^ 千葉他 2005, p. 18.
  38. ^ a b 我妻 他 1999, pp. 79-80.
  39. ^ a b c 川井 2007, p. 26.
  40. ^ a b c d e 川井 2007, p. 12.
  41. ^ 浦野直樹 (2018年6月13日). “18歳成人、改正民法成立 結婚・契約に保護者同意不要”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASL6D3GBJL6DUTIL012.html 2018年10月1日閲覧。 
  42. ^ 18歳成人案:成立、民法改正 女性の結婚18歳以上 22年4月施行”. 毎日新聞 (2018年6月13日). 2018年10月9日閲覧。
  43. ^ ただし、女子については、2022年令和4年)4月1日から2024年令和6年)3月31日までの期間においては、2006年平成18年)4月1日以前に生まれており(2022年令和4年)4月1日の成人年齢引き下げの際に16歳に達しており)、成人年齢の18歳に達していない者については、親の同意を得て婚姻をすることができる(経過規定)。
  44. ^ 青山・有地 1989, p. 198.
  45. ^ 我妻 他 1999, p. 61.
  46. ^ 青山・有地 1989, pp. 198-201.
  47. ^ 千葉他 2005, p. 19.
  48. ^ 青山・有地 1989, pp. 202-204.
  49. ^ 青山・有地 1989, p. 201.
  50. ^ 青山・有地 1989, pp. 205-206.
  51. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 62.
  52. ^ a b c d 川井 2007, p. 13.
  53. ^ a b c 女性の再婚禁止、100日に短縮 改正民法が成立」日本経済新聞 2016年6月1日
  54. ^ 青山・有地 1989, p. 207.
  55. ^ 青山・有地 1989, pp. 209-210.
  56. ^ a b 青山・有地 1989, p. 211.
  57. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 63.
  58. ^ 千葉他 2005, pp. 20-21.
  59. ^ 青山・有地 1989, p. 216.
  60. ^ 青山・有地 1989, pp. 217-218.
  61. ^ a b 川井 2007, p. 14.
  62. ^ 青山・有地 1989, pp. 229-230.
  63. ^ 千葉他 2005, p. 21.
  64. ^ 青山・有地 1989, pp. 236-237.
  65. ^ 川井 2007, p. 15.
  66. ^ 青山・有地 1989, p. 237.
  67. ^ a b 青山・有地 1989, p. 236.
  68. ^ 我妻 他 1999, pp. 64-65.
  69. ^ 我妻 他 1999, p. 59.
  70. ^ 千葉他 2005, p. 23.
  71. ^ 青山・有地 1989, p. 352.
  72. ^ a b 我妻 他 1999, p. 77.
  73. ^ a b 青山・有地 1989, p. 348.
  74. ^ a b 竹内豊:日本でも「夫婦別姓」の時があった!~選択的夫婦別姓制度を考えるヒント(Yahoo! JAPAN News、2018年2月26日)
  75. ^ 二宮周平著 『家族と法』 岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、17頁
  76. ^ 青山・有地 1989, p. 358.
  77. ^ a b c 千葉他 2005, p. 37.
  78. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 76.
  79. ^ 青山・有地 1989, pp. 360-361.
  80. ^ 青山・有地 1989, p. 359.
  81. ^ 川井 2007, p. 32.
  82. ^ 青山・有地 1989, p. 362.
  83. ^ a b c 青山・有地 1989, p. 363.
  84. ^ 千葉他 2005, p. 39.
  85. ^ a b 川井 2007, p. 25.
  86. ^ 青山・有地 1989, p. 377.
  87. ^ 我妻 他 1999, p. 79.
  88. ^ 我妻 他 1999, p. 80.
  89. ^ 青山・有地 1989, p. 380.
  90. ^ a b 千葉他 2005, p. 41.
  91. ^ a b 川井 2007, p. 27.
  92. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 383-384.
  93. ^ 我妻 他 1999, pp. 80-81.
  94. ^ 千葉他 2005, p. 40.
  95. ^ 我妻 他 1999, p. 81.
  96. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 82.
  97. ^ 川井 2007, p. 28.
  98. ^ 千葉他 2005, pp. 41-42.
  99. ^ 我妻 他 1999, p. 83.
  100. ^ 川井 2007, pp. 32-33.
  101. ^ 我妻 他 1999, p. 85.
  102. ^ 我妻 他 1999, p. 88.
  103. ^ 『法令全書(明治9年)』 内閣官報局1890年、明治8年11月9日の内務省伺 第十五、1453頁。井戸田(2004)、52-3ページ。
  104. ^ 山田昌弘などが指摘している
  105. ^ a b c 白河 2009.
  106. ^ 労働政策研究報告書No.35「若者就業支援の現状と課題―イギリスにおける支援の展開と日本の若者の実態分析から―)」独立行政法人労働政策研究・研修機構
  107. ^ a b 『新平等社会』著:山田昌弘 文藝春秋 2006年9月
  108. ^ 平成22年 社会保障を支える世代に関する意識等調査報告書 厚生労働省
  109. ^ a b c d e f 白河 2009, p. 18.
  110. ^ 白河 2009, p. 19.
  111. ^ セクハラとは?(法!なっとくドットコム)
  112. ^ a b c 「【第28回】社内恋愛の衰退で“結婚氷河期”到来 新たな「お嫁さん候補」は派遣社員?!」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月27日付配信
  113. ^ a b 白河 2009, p. 33.
  114. ^ a b 白河 2009, pp. 32-35.
  115. ^ 第Ⅰ部 独身者調査の結果概要:第3章 希望の結婚像
  116. ^ 下流社会』著:三浦展 光文社 2005年9月
  117. ^ 『近代統計制度の国際比較』安本稔編集 2007年12月 日本経済評論社 ISBN 978-4-8188-1966-5
  118. ^ 結婚の没落?…欧州10ヵ国で婚外出産が全新生児数の半分以上”. 東亜日報 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  119. ^ 遠藤誉「第13回 全国人民代表大会の代表が「姐弟恋」を奨励 〜でも「anego」との恋は命がけ」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月8日付配信
  120. ^ a b 「大都市で晩婚化進む、結婚は家と車を購入してから」recordchina、2008年1月18日付配信
  121. ^ 「男性の65%が相手は「25歳〜28歳」を希望」recordchina、2008年2月16日付配信
  122. ^ a b c d e 遠藤誉「第3回 「小鳥」になれないA女たち 有能で美人、でも「釣り合う男性」にはそっぽを向かれる」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月14日付配信
  123. ^ 遠藤誉「第6回 欧米人夫妻にもらわれていく中国の女児たち <A女>の出現が女児遺棄を防ぐという皮肉」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月25日付配信
  124. ^ 「「愛よりお城よ」、未婚者の意識調査「結婚は住居を買ってから」が過半数」recordchina、2008年2月21日付配信
  125. ^ 遠藤誉「第5回 <A女>の影に潜む「隠婚族」の女たち 「仕事にマイナスになるから」結婚をひた隠す」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月11日付配信
  126. ^ a b c d 遠藤誉「「第9回 私が出会った<A女>たち (2) 〜「漢民族の男とは結婚したくない!」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  127. ^ a b 「「僕と婚約してくれたら高級車を1台贈呈しよう」 お金持ちが大学内で“花嫁募集”をするのが流行っている」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  128. ^ a b 遠藤誉「第11回 結婚も離婚も稲妻のように〜一人っ子政策が生み出した「閃婚族」と「閃離族」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月27日付配信



結婚

出典:『Wiktionary』 (2020/05/09 13:53 UTC 版)

名詞

けっこん

  1. 夫婦になること。

発音

東京アクセント
けっ↗こん
京阪アクセント
けっこん

関連語

翻訳

動詞

活用

結婚-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
結婚

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 結婚しない 未然形 + ない
否定 結婚せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
結婚される 未然形 + れる
丁寧 結婚します 連用形 + ます
過去・完了・状態 結婚した 連用形 + た
言い切り 結婚する 終止形のみ
名詞 結婚すること 連体形 + こと
仮定条件 結婚すれば 仮定形 + ば
命令 結婚せよ
結婚しろ
命令形のみ

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




結婚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結婚」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結婚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS