妻とは?

さい [1] 【妻】

多く手紙文の中などで)自分の妻つまのことを他人にいうときに用いる語。家内かない女房ようぼう。 「よろしくと-も申しておりました」

【さい】[漢字]

【才】 [音] サイザイ
学問教養。 「和魂漢才」 〔年齢の「歳」に当てるのは、俗用
【再】 [音] サイ ・サ
ふたたび。二度。 「再建再婚再審再度再発一再
【西】
⇒ せい〔西〕 [漢]
【災】 [音] サイ
(自然の)わざわい。 「災禍災害災難災厄火災人災息災天災
【妻】 [音] サイ
つま。夫の配偶者。 「妻子妻帯愛妻後妻正妻夫妻
【采】 [音] サイ
〔「採」に同じ〕 とる。 「采詩采薪さいしん納采
〔「彩」に同じ〕 いろどり。あや。 「采色文采
すがた。かたち。 「神采風采
さいころ。賽さい。 「六采
【 哉 】 [音] サイ
感嘆助辞。かな。 「快哉善哉
】 [音] サイ
しば。雑木。 「柴薪さいしん柴扉さいひ柴門
ふさぎ守るかこい。 「鹿柴ろくさい
【砕(碎)】 [音] サイ
くだく。くだける。 「砕片破砕・粉砕砕氷船粉骨砕身
【宰】 [音] サイ
【栽】 [音] サイ
植える。 「栽培植栽
【殺】
⇒ さつ〔殺〕 [漢]
【 砦 】 [音] サイ
【彩】 [音] サイ
美しかがやき。つや。 「光彩生彩
【採】 [音] サイ
草木などを切りとる。 「採集伐採
【済(濟)】 [音] サイ ・セイ
救う。 「済度救済共済経済
なしとげる。 「済美せいび
すむ。すます。 「皆済既済返済
そろって盛んなさま。 「済済せいせいさいさい)」
【 猜 】 [音] サイ
そねむ。ねたむ。 「猜忌
うたがう。邪推。 「猜疑猜忍
【祭】 [音] サイ
神をまつる。 「祭祀さいし祭政祭壇祭典葬祭
まつり。にぎやかな催し。 「芸術祭文化祭
【細】 [音] サイ
ほそい。 「細小細流繊細毛細管
小さい。こまかい。 「細菌細心細則細大細目
くわしい。 「細緻さいち細密子細詳細
とるに足りない。 「細君細民些細ささい零細
】 [音] サイ
・根などを食用とする総称。 「菜園菜食白菜野菜
おかず。副食物。 「前菜惣菜そうざい一汁三菜
【斎(齋)】 [音] サイ
ものいみする。神仏をまつる。 「斎戒潔斎
ものいみをする場所。また、静かに学問などをする部屋。 「斎場書斎山斎
〘仏〙法会ほうえまた、その際食事。とき。 「斎日
【最】 [音] サイ
この上なく。もっとも。 「最愛最悪最期さいご最初最上最善・最低」
【 犀 】 [音] サイ ・セイ
哺乳動物の一。さい。 「犀角燃犀斑犀はんざい
たくするどい。 「犀利
【裁】 [音] サイ
衣服仕立てるために布をたちきる。 「裁断裁縫
さばく。是非を判断する。 「裁決裁断裁判
きりもりする。処理する。 「裁量総裁独裁
かた。きまり。様式。 「体裁ていさい
裁縫」の略。 「洋裁和裁
裁判所」の略。 「家裁地裁最高裁
【債】 [音] サイ
返済する義務のあること。借金。おいめ。 「債券債務負債
返済求めること。 「債鬼債権
債券」の略。 「起債公債社債
【催】 [音] サイ
もよおす。きざす。 「催眠催涙
や行事を行う。もよおす。 「開催主催
【塞】
⇒ そく〔塞〕 [漢]
【歳】 [音] サイ ・セイ
とし。一年。 「歳暮さいぼせいぼ)・歳末千秋万歳ばんぜい
とし。よわい。年齢。 「百歳・満二十歳
田畑一年のみのり。 「凶歳
時間。つきひ。 「歳月歳時記
木星。 「歳次歳星
【載】 [音] サイ
物を車などにのせる。 「積載満載
書きしるす。書籍雑誌などにのせる。 「載録記載掲載転載連載
〔「歳」に同じ〕 とし。 「千載せんざい一遇
【際】 [音] サイ
きわ。はて。 「際涯さいがい際限水際辺際
まじわる。 「交際国際
おり。機会また、ある機会いきあう。 「際会際遇実際
【 賽 】 [音] サイ
神仏へのお礼参り。 「賽銭報賽
さいころ

つま [1] 【夫・妻】

配偶者の意〕 夫婦恋人などが、互いに相手を呼ぶ称。男女ともに用いた。 「吾はもよ女にしあれば汝を除て男は無し、汝を除て-は無し古事記
深い関係にある一組のものを夫婦にたとえてその一方をいう。 「小牝鹿さおしかの-にすめる萩の露にも/源氏 匂宮
夫婦のうちの男のほう。女性からいう。おっと。 「親の代につかはれし下男を-として/浮世草子二十不孝 1」 → つま(妻)

つま 【妻】

〔「つま(夫)」と同源
[1]
配偶者ある女性。 ⇔ おっと 「 -を娶めとる」 「新-にいづま」 「糟糠そうこうの-」
[2]
主要な料理、特に刺身などのあしらい添え野菜海藻。 「刺身の-」
主となるものを引き立てるために添えるもの。 「話の-」

つま [2] 【端・妻】

もののはし。特に、建物の端。建物側面や棟の方向直交する面。 ⇔ ひら
いとぐちてがかり端緒。 「ながらへての身のなげきは増さる-とこそならめ/寝覚 3

[1] 【雌・女・妻・牝

おんな。 「吾はもよ-にしあれば/古事記
妻。 「 -とすべき人/宇津藤原
他の語に付いて、複合語をつくる。
女性、または、動植物のめすを表す。 「 -神」 「 -牛」
一対物のうち、「小さい」「弱い」など、女性的思われる方を表す。 「 -滝」 「 -波」
▽⇔


【用  語】
よみがなつま
【意  味】
 三角部分をいう。(切妻

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

妻(つま)

建物長手方向の端。棟木と直角の壁面側。主に小屋組み三角形部分を指す。⇔平

結婚 1に関する研究は、結婚行動) 2、すなわち法もしくは慣習により規定された権利義務に伴う両性間の結合 3頻度結婚婚姻訳注)によって結びついている者たちの属性、そしてそのような結合結婚)の解消取り扱う。さらに、その発生頻度ある程度高ければ、その他の夫婦的結合(503-8)の研究もまたこれに含まれる婚礼 4ないし結婚式 4とは、一人男性一人女性の間の結合配偶者 5、つまり夫 6と妻 7として一般に認知させるための儀式のことを指し、それは法もしくは慣習によって規定されている。配偶者同士総称して、夫婦 8と呼ぶ。


作者渋川驍

収載図書銀色の線路
出版社青桐書房
刊行年月1987.10


作者きくちたえ

収載図書ともこさんの結婚
出版社碧天舎
刊行年月2005.4


妻(バシタ)

作者青山光二

収載図書金銭と掟
出版社双葉社
刊行年月2000.3
シリーズ名双葉文庫


作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 5 決闘気まぐれ女
出版社筑摩書房
刊行年月1987.12

収載図書チェーホフ全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1994.1
シリーズ名ちくま文庫


作者丹羽文雄

収載図書昭和文学全集 11
出版社小学館
刊行年月1988.3

収載図書
出版社学芸書林
刊行年月1990.1

収載図書母の日・妻―丹羽文雄短篇集
出版社講談社
刊行年月2006.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者北川あつ子

収載図書悪意パラダイム
出版社沖積舎
刊行年月1990.4


作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集 第1巻 〔復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.4


作者大岡昇平

収載図書大岡昇平全集 3 小説 2
出版社筑摩書房
刊行年月1994.11


作者椎名誠

収載図書鉄塔のひと・その他の短篇
出版社新潮社
刊行年月1994.11

収載図書の中の渦巻星雲超常小説ベスト・セレクション
出版社新潮社
刊行年月1997.4

収載図書鉄塔のひと その他の短篇
出版社新潮社
刊行年月1997.12
シリーズ名新潮文庫


作者庄司肇

収載図書わが弾片
出版社沖積舎
刊行年月2002.2
シリーズ名庄司肇コレクション

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


作者石倉

収載図書ゴルバチョフ機関
出版社新風舎
刊行年月2003.12
シリーズ名新風舎文庫


読み方:ずま

  1. 奇術師のことをいふ。手づましの「づま」だけとつたのである。〔役者語〕
  2. 〔的〕手品のこと。「テヅマ手品)」の略語。「ヅマネタバイ」といふのは、手品の種明しの本を売る商売のこと。
  3. 奇術師のことをいふ。手づまのづまだけをとつたものである
  4. 手品師を云ふ。〔香具師
  5. 奇術師を云ふ。手づましの略。
  6. 手妻手品奇術、又は奇術師のこと。〔芸能寄席落語)〕
  7. 香具手品師
  8. 奇術師手品を手ずまといい、これを省略したもの。〔俗〕
  9. 隠語手妻手品奇術、又奇術師の事。
  10. 手爪(てずま=手品)の略称。

分類 俗語、俗/一般寄席寄席落語役者役者語、芸能香具師

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ツマ(tsuma)

所在 和歌山県橋本市


読み方:ツマ(tsuma)

所在 宮崎県西都市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/10 14:22 UTC 版)

(つま)は、結婚している女性の配偶者を示す言葉である。一般的に「妻」は、配偶者の中でも女性の方を示す。妻という表現は、自分の相手から分かれた女性には適用され続けているが、合法的に認められた離婚やパートナーの死亡によって、その女性の結婚が終わった時にのみ、その表現は適用されなくなる。配偶者と死別した女性は、未亡人とも呼ばれるが、配偶者と離婚した女性にはこの呼び名は適用されない。彼女のパートナーとの関係における妻の権利と義務と、地域社会と法律における地位は文化によっても異なり、時代とともに変化していっている。


  1. ^ India's invisible widows, divorcees and single women”. BBC News. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ In 1985, a referendum guaranteed women legal equality with men within marriage.[1][2] The new reforms came into force in January 1988.Women's movements of the world: an international directory and reference guide, edited by Sally Shreir, p. 254
  3. ^ In 1983, legislation was passed guaranteeing equality between spouses, abolishing dowry, and ending legal discrimination against illegitimate children [3]Demos, Vasilikie. (2007) “The Intersection of Gender, Class and Nationality and the Agency of Kytherian Greek Women.” Paper presented at the annual meeting of the American Sociological Association. August 11.
  4. ^ In 1981, Spain abolished the requirement that married women must have their husbands’ permission to initiate judicial proceedings Archived copy”. 2014年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月25日閲覧。
  5. ^ Although married women in France obtained the right to work without their husbands' permission in 1965,Archived copy”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月3日閲覧。 and the paternal authority of a man over his family was ended in 1970 (before that parental responsibilities belonged to the father who made all legal decisions concerning the children), it was only in 1985 that a legal reform abolished the stipulation that the husband had the sole power to administer the children's property. [4]
  6. ^ http://www.alaviandassociates.com/documents/civilcode.pdf#
  7. ^ Britannica 2005, dowry
  8. ^ Why should women change their names on getting married?”. BBC News. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Reuters (1983年1月26日). “AROUND THE WORLD; Greece Approves Family Law Changes”. 2017年5月2日閲覧。
  10. ^ Heather Long. “Should women change their names after marriage? Ask a Greek woman - Heather Long”. the Guardian. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. ^ Changing Patterns of Nonmarital Childbearing in the United States”. CDC/National Center for Health Statistics (2009年5月13日). 2011年9月24日閲覧。
  12. ^ Bawah, Ayaga Agula; Akweongo, Patricia; Simmons, Ruth; Phillips, James F. (1999). “Women’s fears and men’s anxieties: the impact of family planning on gender relations in Northern Ghana”. Studies in Family Planning (Wiley on behalf of the Population Council) 30 (1): 54–66. https://www.popcouncil.org/research/womens-fears-and-mens-anxieties-the-impact-of-family-planning-on-gender-rel.  Pdf.
  13. ^ Stephanie Kirchgaessner. “Pope Francis: not having children is selfish”. the Guardian. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Frances Burney, Evelina, Lowndes 1778, and Seeber, English Literary History of the Eighteenth Century, Weimar 1999
  15. ^ William C. Horne, Making a heaven of hell: the problem of the companionate ideal in English marriage, poetry, 1650–1800 Athens (Georgia), 1993
  16. ^ Anti Arjava, Women and Law in Late Antiquity Oxford, 1996, pp. 29–37.
  17. ^ J. Sheehan, "The formation and stability of marriage in fourteenth century England" Medieval Studies 33 (1971) 228–63.
  18. ^ J. Sheehan, "The formation and stability of marriage in fourteenth century England" Medieval Studies 33 (1971) 228–63.
  19. ^ Beatrice Gottlieb, The family in the Western World from the Black Death to the Industrial Age Oxford, 1993, pp. 55–56.
  20. ^ Antti Arjava, Women and law in late antiquity Oxford, 1996, p. 63
  21. ^ A. Arjava, Women and law in late antiquity Oxford, 1996, 133-154.
  22. ^ Elizabeth M. Craik, Marriage and property, Aberdeen 1984
  23. ^ In the 18th and 19th centuries, which contained much criticism of these facts, see also Mary Wollstonecraft, A Vindication of the Rights of Women, Boston 1792
  24. ^ William Blackstone, Commentaries upon the Laws of England
  25. ^ Brockhaus 2004, Kranzgeld.
  26. ^ Though cloisters' practices were not bound by modern national borders, see sources for Spain, for Italy, and for Britain
  27. ^ a b The White Veil”. jesus-messiah.com. 2017年5月2日閲覧。
  28. ^ CATHOLIC ENCYCLOPEDIA: Cloister”. newadvent.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  29. ^ Silvia Evangelisti, Wives, Widows, And Brides Of Christ: Marriage And The Convent In The Historiography Of Early Modern Italy, Cambridge 2000
  30. ^ John Hajnal, "European marriage patterns in perspective" in D.E. Glass and D.E.C. Eversley eds. Population in History London, 1965.
  31. ^ Michael Flynn, The European Demographic System, 1500-1820 Johns Hopkins, 1981, pp. 124–127.
  32. ^ "Companionship marriage" and "companionate marriage" are synonyms (the latter being the older one), although the term usually refers to a relationship based on equality, it might instead refer to a marriage with mutual interest in their children, Archived copy”. 2007年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月5日閲覧。
  33. ^ Stepfamily as individualized marriage”. 2007年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  34. ^ Howard, Vicki. "A 'Real Man's Ring': Gender and the Invention of Tradition." Journal of Social History. Summer 2003 pp. 837–856
  35. ^ Pregnant employees' rights”. direct.gov.uk. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  36. ^ Cuckoo's egg in the nest, Spiegel 07, 2007
  37. ^ The restrictions of her abilities to do this vary immensely even within a legal system, see case NY vs. Fishman Archived 2007-02-20 at the Wayback Machine., 2000
  38. ^ Clothes”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  39. ^ Qur'an verse 4;4
  40. ^ ZAWAJ.COM: Articles and Essays About Marriage in Islam”. zawaj.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  41. ^ Britannica 2004, Legal limitations on marriage (from family law)
  42. ^ Britannica, Legal limitations on marriage (from family law)
  43. ^ Handley, Paul (2010年9月11日). “Islamic countries under pressure over stoning”. AFP. https://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5ixvYN7oeF8ehN9beAHZ4G_YlfKeA 2011年4月22日閲覧。 
  44. ^ Frequently Asked Questions about Stoning”. violence is not our culture. 2013年5月14日閲覧。



出典:『Wiktionary』 (2012/03/25 03:45 UTC 版)

発音

名詞

  1. つま配偶者
  2. つま建物側面軒端(のきば)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





妻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「妻」の関連用語



3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

畳寄せ

地下室

北側斜線制限

敷居

根太床

層間変形角

増築

ひねり金物





妻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2018 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS