結婚指輪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > ファッション > 指輪 > 結婚指輪の意味・解説 

マリッジリング(結婚指輪)

カップルお揃い身につける結婚指輪のこと。婚姻の証に指輪交換するようになったのは、一般に紀元1世紀前後古代ロ-マ時代ではないかといわれている。指輪の「輪」はエンドレスであることから永遠守護性を意味する。薬指に着ける習慣古代エジプトに始まると言われている。人間身体には「愛の血管」というのがあって、これは心臓から左手薬指にまっすく通っている、とその頃エジプトでは信じられていた。今もそのロマンチック言い伝えが信じられている。

結婚指輪

作者モーリス・ルブラン

収載図書ルパン挑戦
出版社旺文社
刊行年月1990.3
シリーズ名必読名作シリーズ

収載図書アルセーヌ・ルパン
出版社集英社
刊行年月1997.8
シリーズ名集英社文庫

収載図書うろつく死神
出版社岩崎書店
刊行年月1998.2
シリーズ名アルセーヌ・ルパン名作

収載図書怪盗ルパン踊る光文字
出版社講談社
刊行年月1998.11
シリーズ名講談社 青い鳥文庫

収載図書七つ秘密
出版社ポプラ社
刊行年月2000.1
シリーズ名シリーズ怪盗ルパン

収載図書七つ秘密 文庫版
出版社ポプラ社
刊行年月2005.2
シリーズ名怪盗ルパン


結婚指輪

作者池田修三

収載図書ショートショートの広場 3
出版社講談社
刊行年月1991.6
シリーズ名講談社文庫


結婚指輪

作者イヴリン・ロウ

収載図書直な肉体
出版社幻冬舎
刊行年月1994.12


結婚指輪

作者鈴木光司

収載図書枝の折れた小さな樹
出版社新潮社
刊行年月2002.2

収載図書サイレントリー
出版社新潮社
刊行年月2004.12
シリーズ名新潮文庫


結婚指輪

作者園村昌弘

収載図書銀幕恋し
出版社海鳥社
刊行年月2007.3


結婚指輪

作者神田茜

収載図書フェロモン
出版社ポプラ社
刊行年月2007.8


結婚指輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 03:50 UTC 版)

結婚指輪(けっこんゆびわ)とは、身につける人が結婚していることを示す指輪である。




  1. ^ 藤高邦宏「英米文化の背景「英米人の迷信・俗信」考(8)-3-恋と結婚-その3-花嫁衣装・花嫁花婿の心得・結婚式・花嫁の涙・結婚指輪」『  倉敷芸術科学大学紀要』第5巻、加計学園倉敷芸術科学大学、2000年3月、 209-220頁。
  2. ^ プラチナって日本だけ? 世界の結婚指輪事情|ジュエリーかまたの結婚指輪・結婚情報ブログ” (日本語). ジュエリーかまた. 2020年5月4日閲覧。
  3. ^ Howard, Vicki (2003). "A 'Real Man's Ring': Gender and the Invention of Tradition". Journal of Social History 36 (4): 837–856.
  4. ^ 指輪の普及とその要因の探究―明治期から大正初期を中心に―”. ジュエリー文化史研究会. 2020年5月4日閲覧。


「結婚指輪」の続きの解説一覧



結婚指輪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結婚指輪」の関連用語

結婚指輪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



結婚指輪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2020 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚指輪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS