礼服とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > 衣服 > 礼服の意味・解説 

らい‐ふく【礼服】


れい‐ふく【礼服】

読み方:れいふく

冠婚葬祭その他、儀式のときに着る衣服。⇔平服


礼服

読み方:ライフク(raifuku)

大儀時に五位以上の男女官人着用する服装


礼服

作者木下順一

収載図書礼服―中折帽とセーラー服
出版社新風舎
刊行年月2004.6


礼服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 14:13 UTC 版)

礼服(れいふく)とは、冠婚葬祭の儀式典礼[1]といった改まった席[2]で着用する衣服のことであり、礼服の着装状態を礼装[1]という。英語では「フォーマルウエア(Formal wear)」と呼ばれ[3]、その格式によって、正礼装準礼装略礼装平服、などと区別される。また、昼間に行われる結婚式披露宴などは昼の礼服、夜に行われる舞踏会晩餐会などは夜の礼服、と「昼」(モーニングドレスアフタヌーンドレスなど)と「夜」(イブニングドレスディナードレスなど)のものに分けられており、特に夜会[4]で着用される礼服は夜会服と呼ばれる[5]


  1. ^ a b 『ブリタニカ国際大百科辞典 小項目版 2015』「礼服」
  2. ^ 『三省堂国語辞典 第七版』「礼服」
  3. ^ 『世界大百科事典 第二版』「礼装」
  4. ^ 夜に行われる会合のこと:舞踏会晩餐会
  5. ^ 『新明解国語辞典 第七版』「夜会服」
  6. ^ Kimbei KUSAKABE Marriage”. オーストラリア国立美術館. 2018年1月1日閲覧。
  7. ^ 清家壽子 2002, p. 39.
  8. ^ 清家壽子 2002, p. 77.
  9. ^ 時間(=英語: time)・場所(=英語: place)・目的(=英語: occasion)。
  10. ^ 清家壽子 2002, p. 74.
  11. ^ 清家壽子 2002, pp. 35–36.
  12. ^ 清家壽子 2002, p. 85.
  13. ^ a b 寺西千代子 2014, p. 152.
  14. ^ 寺西千代子 2014, pp. 22–23.
  15. ^ a b 寺西千代子 2014, pp. 156–157.
  16. ^ 寺西千代子 2014, p. 161.
  17. ^ a b 寺西千代子 2014, pp. 158–159.
  18. ^ オバマ前大統領は「何年も同じタキシードを着てた」ミシェル夫人が教えてくれたこと”. ハフポスト (2017年6月8日). 2017年12月30日閲覧。
  19. ^ a b 寺西千代子 2014, pp. 157–158.
  20. ^ Court suit”. メトロポリタン美術館. 2018年1月8日閲覧。
  21. ^ 清家壽子 2002, pp. 142–144.
  22. ^ Man's Morning Coat and Vest”. ロサンゼルス・カウンティ美術館. 2018年1月1日閲覧。
  23. ^ 清家壽子 2002, pp. 144–146.
  24. ^ 清家壽子 2002, p. 150.
  25. ^ Hot'n Cool:長手袋 Opere Gloves
  26. ^ ルールを知り、アレンジを愉しむ!
  27. ^ 家庭画報:大人検定365「ローブデコルテ」とは?
  28. ^ 日本の礼儀作法~宮家のおしえ~[リンク切れ] 竹田恒泰
  29. ^ UNITED STATES NAVY UNIFORM REGULATIONS Article 3207〜3212 他
  30. ^ 勲章等着用規程
  31. ^ 日本の勲章・褒章の種類と着用規定
  32. ^ 勲章の概要と叙勲のドレスコード(着装ルール)
  33. ^ 昭和39年総理府告示第16号「勲章等着用規程」第3条
  34. ^ 写真より、家紋が袖の背面にあり、前胸にはないため、三つ紋であることが分かる。
  35. ^ 小池百合子都知事、ファッションという名の大きな「武器」”. AFPBB News (2016年12月5日). 2018年1月6日閲覧。
  36. ^ 木村孝 2010, pp. 60–61.
  37. ^ a b 寺西千代子 2014, p. 154.
  38. ^ 木村孝 2010, pp. 80–82.
  39. ^ 木村孝 2010, pp. 124–125.
  40. ^ 2015年4月9日「中日新聞」朝刊35面
  41. ^ 皇室:写真特集・天皇、皇后両陛下がパラオ訪問”. 毎日新聞 (2015年4月8日). 2017年12月30日閲覧。
  42. ^ a b かりゆしウェアとは”. 沖縄県 (2014年8月29日). 2018年1月8日閲覧。
  43. ^ かりゆしウェアの定義・歴史”. 内閣府. 2018年1月8日閲覧。


「礼服」の続きの解説一覧

礼服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 03:02 UTC 版)

軍服 (朝鮮半島)」の記事における「礼服」の解説

1897年制定両側の付け根李花意匠となった5列の肋骨服で、エポレット肩章ケピ帽着用。襟には階級に応じて李花が入る。尉官左右一個ずつ(日本のように平織金線入らない)、領官で襟外側金線足され、花は左右二個ずつ、将官では日本の佐官似た電紋が入り、花は左右三個ずつとなっている。袖章は人字型細線頂点李花の形に結んでおり、階級太線の上に連なる細線の数で示す。 1900年以降明治19年制式のようなフロックコート型となる。階級配列変わらないが、袖章細線下に太線が入るようになる騎兵科上衣が赤である。 1897年制式の参尉(少尉)。朴昇煥 李垠着用していた1897年制式礼服。副将中将)だが騎兵仕様となっている。襟や肋骨退色して白くなっているが、本来は緑であった1900年制式副将(閔泳煥(朝鮮語版)、1905年1900年制式副将李秉武権重顕 参将。尹雄烈 礼服の将校常服兵士、および将校相当官前列左2名)

※この「礼服」の解説は、「軍服 (朝鮮半島)」の解説の一部です。
「礼服」を含む「軍服 (朝鮮半島)」の記事については、「軍服 (朝鮮半島)」の概要を参照ください。


礼服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 03:02 UTC 版)

軍服 (朝鮮半島)」の記事における「礼服」の解説

1958年被服改正に伴い新たに一般将校対象とした開襟式の礼服が採用された当初、色はOD色鉢巻もなく、また女性蝶ネクタイ使用し紺のプリーツスカート穿いていた。現在では下の正装礼装常勤服)、そして略礼装3種類がある。 正装 正装は、1970年採用されたもので、集会海外要人との会見などといった一般的な場や板門店警備隊などでも日常的に用いられていたが、1985年よりその役割常勤に取って代わられた。現在では主に軍事パレード儀礼の場着用されるのみである。1958年制式の礼服と似ているが、色合い明るカーキ色で、帽子には赤い鉢巻入り装飾華やかなものとなった肩章ショルダーボード型。ズボンには2本ストライプ付いているポケットは胸2点下部2点の計4点であったが、92年胸ポケット廃止され同時に将官礼服襟章佐官礼服襟章デザイン変更された。2011年金正日総書記死去時に将官帽子装飾廃されその後赤い鉢巻廃された。 2015年10月10日の党創建70周年記念式典では新たに飾緒付けている事が確認できる正装着用陸軍次帥2000年10月10日2011年改正後正装着用した軍官前列2名)。上衣には飾緒付けている。その後ろの兵士戦士礼装着用2015年10月礼装常勤服) 1985年ごろに採用されたもので、やや古臭さの残る外出服や正装比較する比較洗練された印象を受ける機能性実用性重視し装飾控えたシンプルな意匠となっている。裁断4つボタンブレザー肩章ショルダーループ型で、ポケット下部2点のほか右胸にもある。将官以上は帽子腰回り礼装と同様装飾入っていたが、こちらも正装と同様2011年以降廃止された。 板門店警務隊説明員などの重要職務につく軍官には夏季シャツ支給されるソ連軍ブルゾン盛夏シャツ似ているが、腰の調節タブ絞り部分ボタン付き、胸のポケットにはプリーツが入る。長袖タイプ半袖タイプがあり、長袖の場合はワンタッチ式の短いネクタイ着用2013年ごろから将官向けにも新たな夏季シャツ導入された。こちらは開襟で腰の絞りゴム型である。 陸軍中佐2008年9月26日米韓高官会談する将官。奥から二番目人物人民解放軍軍人。(1990年10月1日男性用常勤服(2011年8月女性用常勤服(2011年8月夏季常勤服の博物館員たる女性軍官(2012年8月夏季シャツ板門店警備要員(奥のヘルメットかぶった中尉2014年8月改正後次帥黄炳瑞2014年10月略礼装 2012年4月15日金日成生誕100周年祝賀閲兵式にて新たに導入確認されたもの。前述の夏季白キーチェリを強く意識した意匠となっている。上衣白の折襟で、階級章肩に付け、襟には赤で縁っ柏葉型の金色装飾がつく 。サムブラウンベルト使用する場合もある。袴は紺色で、赤のパイピング2本入っており、スラックス乗馬ズボン2種類がある。帽子官帽ではなく略帽を被る。勲章佩用略綬行われる。 なお、これまで将官の中で上将級~次帥といった最上級軍人しか着用確認されてこなかったが、2015年10月10日の党創建70周年記念式典では学校部隊と思われる下級軍官着用しており、着用対象不明パレード礼装 主な構造通常の外出服や戦士と同様だが、ソ連M69のように軍事称号を示す肩章朝鮮人民軍徽章のみが入った襟章が付く。戦士級だけではなく部隊長以外の軍官着用するソ連のように取外して平時の外出服と共用しているのかは不明2015年閲兵式では肩章襟章ともに外側黄色囲むようになったが、2016年10月10日の党創建70周年閲兵式では再び元に戻っている。2017年4月の太陽節閲兵式では、正装のような袖章追加された。また、迷彩服にも同様の仕様がなされていることが確認できる護衛司令部所属と思われる閲兵式での警備要員軍楽隊などに支給される仕様も同じ構造だが、襟と袖そして袴に赤いパイピング入り肩章両端藍色パイピングが入る 。

※この「礼服」の解説は、「軍服 (朝鮮半島)」の解説の一部です。
「礼服」を含む「軍服 (朝鮮半島)」の記事については、「軍服 (朝鮮半島)」の概要を参照ください。


礼服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 00:25 UTC 版)

平安装束」の記事における「礼服」の解説

即位礼朝賀用いられ中国風豪奢な装束孝明天皇即位式まで最高礼装として用いられた。

※この「礼服」の解説は、「平安装束」の解説の一部です。
「礼服」を含む「平安装束」の記事については、「平安装束」の概要を参照ください。


礼服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 00:25 UTC 版)

平安装束」の記事における「礼服」の解説

即位式の際、式に出席する女官着用

※この「礼服」の解説は、「平安装束」の解説の一部です。
「礼服」を含む「平安装束」の記事については、「平安装束」の概要を参照ください。


礼服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:14 UTC 版)

ジャケット」の記事における「礼服」の解説

燕尾服 - 指揮者羽織る礼服 スペンサー - 燕尾服から尾を取り除いた短い上着タキシード ディレクターズスーツ - または平服ファンシータキシード・スーツ - または平服ブラックスーツ - または平服フロックコート - または平服モーニングコート - または平服

※この「礼服」の解説は、「ジャケット」の解説の一部です。
「礼服」を含む「ジャケット」の記事については、「ジャケット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「礼服」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「礼服」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



礼服と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「礼服」の関連用語

礼服のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



礼服のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの礼服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの軍服 (朝鮮半島) (改訂履歴)、平安装束 (改訂履歴)、ジャケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS