着用とは? わかりやすく解説

ちゃく‐よう【着用】

読み方:ちゃくよう

[名](スル)衣服などを身につけること。「制服を―する」「ヘルメットを―のこと」


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 05:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「着用」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「着用」を含むページの一覧/「着用」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「着用」が役に立つかも知れません。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/24 09:05 UTC 版)

パーシン」の記事における「着用」の解説

腰にぴったりとフィットするように筒状パーシン履いての余りを右か左に折り返して巻き、布ひもかベルト留めるこの時上の部分を下に折り返してベルトを隠すように履くのが一般的である。 タイ女性パーシン履き終わった上から、スアー(sya:上着)と呼ばれる薄手のブラウスを着る。 伝統的なスアーは、丸首で襟は無くごく短い袖があるのみの貫頭衣仕立てであったが、現在は洋風の襟があるものや袖が長いものも見受けられる。 非常に暑い地方であるためタイ人たち習慣的に沐浴するが、スアーを脱ぐことはあってもパーシン脱がないのが普通で普段着パーシンの布は絹のように高価でもろいものよりも、安価で丈夫な生地のほうが喜ばれる。 また余り布を多く取る仕立てなのは、タイでは男女問わず胡坐で座る習慣あるため、脚が出ないよう裾を大きく開くようにする工夫である。

※この「着用」の解説は、「パーシン」の解説の一部です。
「着用」を含む「パーシン」の記事については、「パーシン」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 13:37 UTC 版)

略綬」の記事における「着用」の解説

一般的に勲章正装時に着用し略綬略礼装平服時に着用してもよいと規定されている。一方軍隊では常装等の服に着用する勲章類を略綬から正規の勲章記章に付け替えることによって、正装通常礼装とすることが広く行われている。この場合、軍や時代によって異なるが、その他に儀礼刀や白手袋等の着用が規定される一般ホワイトタイ燕尾服)にはフルサイズ大綬章星章着用するが、小綬章褒章記章ミニチュアメダル着用することがあり、ブラックタイタキシードの場合は原則としてミニチュアメダルのみを付けるのが慣例である。そして、略綬略章併用できないため、これら夜会服着用することは一般的ではない。軍服としては、夜会服用にメスジャケット元はブラックタイ当の服だが国によってはホワイトタイ当の服装制定されている)があるが、その着用時も略綬着用しないのが一般的である。 日本では略綬勲章記章褒章又はそれらの略章併用できない規定されているが(明治二十二二月十二賞勲局告示第二号「略章略綬佩用心得第六号及び平成15年内閣府告示第9号略綬略章着用規程第3条第1項)、円形略綬併用でなければ燕尾服等にも着用できる自衛隊の制服では第2種礼装ブラックタイ当の服装であり、陸・海・空自衛隊共にメスジャケット採用しているが、ホワイトタイ服装制定されていない規定では、第2種礼装時に防衛記念章着用できることになっているが(防衛庁訓令43第6条)、自衛官着用しないのが通例となっている。 一方アメリカ軍ではミニチュアメダル略綬併用禁止されており、章自体略綬形式のユニットアワード等はメスジャケット着用時には着用しない。但し、フルサイズ勲章記章とユニットアワード等の併用禁止されておらずその場合は勲章記章左胸に、略綬形式の章は右胸着用する規定されている。 マイケル・マレン大将に見るアメリカ海軍に於ける略綬着用のTPO常装夏服 常装冬服 正装夏服 正装冬服 常装では全ての勲章記章略綬左胸着用する。章自体略綬形式のユニットアワード等は勲章従軍記章下に付けられている。そして、正装で勲章従軍記章正章左胸に付け、ユニットアワード等は右胸に付ける。一方陸軍では常装でもユニットアワード等を右胸に付ける (アメリカ陸軍将官(1) (2) 参照)。 ディナードレス・ブルージャケット (参考空軍将官士官下士官のメスユニフォーム (参考)アーミーブルー・メスユニフォームの陸軍将官参考ブラックタイ陸軍下士官 フォーマルドレスホワイトタイ相当)やディナードレスブラックタイ相当)の夜会服にはミニチュアメダル着用する略綬ミニチュアメダル併用できないため、ユニットアワード等は着用していない。陸軍空軍でもメスユニフォーム(海軍ディナードレスに相当)の場合は海軍と同様ミニチュアメダル着用するため、ユニットアワード等は着用できない。しかし、陸軍のアーミーブルー・ユニフォームやアーミーグリーン・サービスユニフォーム或いは空軍のサービスドレスユニフォームに黒い蝶ネクタイ着用してブラックタイとする場合は、それらを含む略綬着用できるそのため、写真陸軍下士官達はアーミーブルー・ユニフォーム又はアーミーグリーン・サービスユニフォームにブラックタイ着用し略綬着用している。それに対して海軍には詰襟セーラー服のサービスジャケットがあり、これらにはネクタイ着けられないため、ミニチュアメダルによってブラックタイ服装であること表されるそのため、ネクタイ着用できるサービスジャケットを含めて一律に、サービスジャケットをブラックタイとして使用する場合ミニチュアメダル着用と規定されている。従って、アメリカ海軍で夜会服略綬着用できる場合はない。 サービス・カーキ サービス・カーキ (参考)サービス・カーキの大将(左)とワーキング・カーキの少将(右) 迷彩服 サービス・カーキでは略して一部のみを着け場合もある。ワーキング・カーキはサービス・カーキと似た服装だが、略綬着用しない迷彩服にも着用しない一方パキスタン軍将官上の写真) は迷彩服にも着用している。

※この「着用」の解説は、「略綬」の解説の一部です。
「着用」を含む「略綬」の記事については、「略綬」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/02 20:17 UTC 版)

スル」の記事における「着用」の解説

スルは丈が60センチ前後長さは1.3メートルプリント施した綿(古式にはタパ布)の布である。 着用する場合女性スーツに合わされるような膝下丈タイトスカートのように見える。 裾は真っ直ぐなものと、鋸の歯のようなジグザグの山型切ってあるもの二種類があり、腰の部分公務員制服に多いベルト締めタイプ日本の腰巻と同様上部縫い付けられ腰紐締めタイプがある。 普通に着用する場合は本来上半身裸のままであるが、軍人は白いジグザグ裾のスル欧風軍服巡査白地まっすぐなの上に黒い横線があるスルに白い半袖制服ホテル従業員は紺無地脇に青いラインがあるジグザグ裾のスル丸首シャツ会社員まっすぐな裾の紺などのスルに白い開襟半袖シャツなどを合わせる。 表・話・編・歴 民族服 アフリカ ダシキ英語版) タゲルムスト ヘッドタイ ベルガー ブーブー ハイク ラジャール ケンテ ジェラバ リタム エジプトミラーヤ ガラビア ロインクロス カンガ カンギ トベ リタム マシパイ ジブチ バブーシュ ランバ アジア 中央 テュベテイカ トウルルークゴータル デール 東 中国漢服 唐服(英語版長袍 深衣 弁服 チャイナドレス 馬掛 人民服 方衣 和服 琉装 アットゥシ 朝鮮半島韓服 チマチョゴリ 加髢 南 インド ネワール パキスタン パシュトゥン チッタコ・ファリア チョリ ドウティ ドゥパッタ ペラク サリー サルワール・カミーズ パンジャビスーツ シェルワーニー(英語版) ブータンゴ キラ 東南 バティック サロンサロン・カバヤ ルンギー インドネシア英語版)スレンダン クピア(英語版カンボジア英語版クロマー サンポート英語版ケバヤ マレーシア英語版) フィリピンバロツサヤ(英語版) バロング(英語版タイ英語版パーシン ガウンバウン(英語版) ベトナムアオババ(英語版アオザイ アオトゥータン(英語版) ラオスシー・スアー シン ミャンマーエンジー・ロンジー ヨーロッパ バルカン フスタネーラ アルバニア英語版クロアチア英語版コソボ英語版マケドニア英語版ルーマニア英語版セルビア英語版英国 アイルランド英語版スコットランド英語版キルト アボイン・ドレス(英語版ウェールズ英語版中央 トガ マニカ・スタッカビーレ サボ コアフ ディアンドル レーダーホーゼン トラフト 東 アルメニア英語版アゼルバイジャン英語版カラガイ英語版ヴィシヴァンカ英語版ヴィノク英語版) マルシュキニアイ ブルガリアスクマーン エストニアサルク カイセッド ポーランド チェコ ロシアサラファン ロシア帽 ルバシカ シャプカ 北欧 ブーナッド(英語版サーミ民族衣装英語版アイスランド英語版スェーデン英語版プク 中東 アッシリア クルド英語版パレスチナ英語版イスラム圏の女性の服装アバヤ チャードル ニカブアラビア語版、英語版ヒジャブ ブルカ クーフィーヤ ジェラバ(英語版イザール英語版) ターバンヘジャジ(英語版) アフガニスタンチャドリ レバースニー ペロン・トンボン タジキスタンアトラス クイナク チュピチェイク イランチャルシャフ サウジアラビア サウブアラビア語版、英語版)ガンドーラ バーヌーズ アガール ケフィイエ トルコカフタン フェズ 中南米 ウィピル カミサ グアヤベラ(英語版ケスケミトル レボソ スーテ ソンブレロ サラベ ティニョン(英語版) ペラッヘ ポリェラ ポンチョ ボンバチャ マンテイーヤ レファヨ 北米 ウエスタンポーラー・タイ チャップス アノラック オセアニア スル タオバラ タパ ツベヌ ドーバ パレオ フラスカート(英語版ムームー ラバラバ この項目は、フィジー関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ウィキプロジェクト 国)。 この項目は、ファッション関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル ファッション)。

※この「着用」の解説は、「スル」の解説の一部です。
「着用」を含む「スル」の記事については、「スル」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/02 09:57 UTC 版)

サパンペ」の記事における「着用」の解説

サパンペ日常的に着用するものではなくイオマンテなど重要な祭礼、あるいは客人迎える時などハレの場用いられた。渡島胆振日高など北海道南西部では儀礼参加する成人男性多く着用したが、十勝では重要な祭礼の折、長老格の男性でなければ着用が許されなかった。また釧路では身分にかかわらずサパンペ着用しなかったという。 サパンペ着用している折にもめごと起こすのは、大変なとされるまた、葬式祖霊祭など死者にかかわる儀礼の折はサパンペ着用しない

※この「着用」の解説は、「サパンペ」の解説の一部です。
「着用」を含む「サパンペ」の記事については、「サパンペ」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/04 02:15 UTC 版)

マタンプシ」の記事における「着用」の解説

アイヌには髪を結う習慣無く男女ともに肩のあたりで切りそろえていた。狩り家事など日常作業の場合は髪の乱れを防ぐため男女ともに鉢巻をしたが、刺繍入りマタンプシ男性のみ着用していた。女性日常時無地黒布「センカキ」で頭を覆いハレの場では飾り結びをした無地鉢巻「チェパヌプ」を頭に巻いた。しかし明治後期より女性マタンプシ着用するようになり、21世紀現在では儀礼の際のアイヌ男性サパンペ(冠)を着用し女性マタンプシ盛装する場合が多い。

※この「着用」の解説は、「マタンプシ」の解説の一部です。
「着用」を含む「マタンプシ」の記事については、「マタンプシ」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:02 UTC 版)

カマーバンド」の記事における「着用」の解説

ドレスコードブラックタイとされる場合上着タキシードメスジャケット)の下に着用する正式な物は黒とされるが、軍服では赤(例:アメリカ海兵隊)やオレンジ(例:陸上自衛隊)等の色も見られるまた、最近の軍服では、ドレスコードホワイトタイ燕尾服の場合はウェストコートブラックタイタキシードの場合はカマーバンドを同じメスジャケット下に着用するよう規定されている場合もある(ウェストコート#用いられる衣服参照)。指揮者演奏者服装軍服のように燕尾服下にカマーバンド着用しているところもある。 蝶ネクタイセットになって販売しているところもあり、同じ色や柄で着用することが多い。 元々はチケット入れておくためのポケットのような役割果たしていたため襞を上に向けて(襞に手が入るように)着用する。 黒のカマーバンド 赤いカマーバンド 柄物カマーバンド着用する男性

※この「着用」の解説は、「カマーバンド」の解説の一部です。
「着用」を含む「カマーバンド」の記事については、「カマーバンド」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 15:00 UTC 版)

小直衣」の記事における「着用」の解説

小直衣地質および色目全て狩衣準じる。袖括についても同様である。ただし狩衣では束帯下襲生地使った帯を替帯として使用することがあるが、小直衣ではもっぱら共裂の帯を使用する。 なお、直衣という名はあるもの狩衣一種なので、烏帽子とともに使用し、冠は原則として使わない上皇御所私家では使用できるが、発生期平安末期)から江戸時代末期まで原則として参内には使用しなかった。 平安時代最末期上皇の住む院での衣装として考案されたものと考えられるが、詳し経緯不明である鎌倉前期までは「狩衣直衣」の名称のほうが多い。「かりの御直衣」(『高倉院厳島御幸記』)も小直衣とみられる中世に上皇のほか、摂家任大臣以後一般清華家摂家につぐ名門公家近衛大将経て大臣になる)では任大将以後大臣家清華家より下公家で、近衛大将経ず大臣になる)では任大臣以後使用した室町時代初期の文献によると、上皇小直衣狩衣随時着用することができたが、摂家以下はそれぞれ任大臣・任大将小直衣着用し始めると、原則として狩衣着ないであった(「小狩衣」と称する後ろ裾を短く仕立てた狩衣小直衣かわりに着用できたが、こちらの使用例少ない)。鎌倉時代以後の例では、狩衣より略装みなされ狩衣着用のときは、改まったときは指貫を下括(足首裾口を縛る)とし略儀では上括(すねで縛る)としたのに対し小直衣ではもっぱら上括とするものとされた。したがっ上皇退位後はじめて狩衣着用する布衣始」には(在位中の天皇狩衣小直衣等を着ない狩衣使用狩衣かわりに小直衣を着なければならない大臣小直衣をあえて着ず烏帽子直衣着用している。室町時代には、大臣などは小直衣指貫のほか白大口袴を着ることもあった。また足利将軍家は任大将以後使用している(『建内記正長二年八月四日条) 。近世には上皇親王及び中世同様、大臣大将着用し、また准大臣儀同三司)も使用の例がある(『基熈公記貞享四年十二月二十八日条)。近世には小直衣狩衣よりも略装であることが忘れられ後西霊元上皇布衣始で上皇等が使用しており、指貫を下括にすることも行われた。ただし中御門上皇以後は再び布衣始に狩衣用いられるようになった徳川将軍家でははじめは使用がなかったが、家宣法事琉球使引見などに使用した吉宗は一旦これを廃止したものの(『徳川実紀』)、家斉が再び使用をはじめ(甲子夜話続編十五ほか)、以後恒例化した家斉以降の徳川家所用品は極めて豪奢で、なおかつ原則として毎年調進されている。その文様図は宮内庁書陵部松岡家旧蔵本中などにみられる維新期に参内にも使用されことがあるようだが、ほどなく装束自体祭祀限られることとなり、このことは絶えた。(ただし有栖川宮幟仁親王体の不調理由洋服代えてしばらく着用参内勅許得ている―『太政類典』明治七年二月七日)しかし明治天皇直衣略装として小直衣使用を行う(『明治天皇紀四年十一月二十三日横須賀海軍演習御覧早い例)。近代天皇小直衣生地御引直衣準じ(冬は白小文綾に二藍平絹裏・夏は二藍や縹の三重襷の紗)、御金巾子冠に白小袖、紅大口袴とともに使用した。なお天皇小直衣直衣代なので袖括はない。 近代には、天皇上記の姿で毎年の節折の儀出御使用する。また即位礼習礼(予行演習)で皇族使用し(このときは立烏帽子指袴(切袴)・烏皮履使用)、また神宮祭主など、皇族神職をつとめる場合使用例がある(皇族狩衣着用しない)。文化学園には久邇宮多嘉王神宮祭主時代着用した小直衣が所蔵されている現代でも、神社本庁管轄外神社神主などがよく身につける。(神社本庁制度にはない)制外のため、冠にあわせたり烏帽子に合わせたりなど着用の構成様々である一例として、出雲国造古伝新嘗祭神楽使用するのは、袍のような黒い生地小直衣で、冠とともに使用する

※この「着用」の解説は、「小直衣」の解説の一部です。
「着用」を含む「小直衣」の記事については、「小直衣」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 14:07 UTC 版)

ファシネーター」の記事における「着用」の解説

ファシネーター伝統的な帽子比べ着用方法自由度高くさまざまなアレンジができる。着ける場所の選択肢広く特別な決まりはないが、通常は頭の横か前に着用する。高さは眉毛すぐ上位置レースついている場合レースが少し目の下なる程度が最も見栄え良いと言われる髪型シンプルな方がファシネーターデザイン生かすことができる。頭の大きさヘアスタイルとのバランス重要で、頭の大きさヘアスタイルボリューム比例した大きさのものを選ぶとバランス取りやすい。 クリップでつけるタイプ位置自由度高く前に横に着けられる。ただし固定関係であまり下の位置には着けられず、またファシネーター支えるため髪型一定のボリューム必要になるでつけるタイプしっかり固定するためには、取り付ける場所の逆毛立て少しボリューム増やすようにする。ファシネーターをつけた後、周辺ヘアスプレー用いると固定しやすい。この際ファシネーターそのものにはスプレーかからないようにする。必要な場合はさらに数本ヘアピン用いて固定するアリスバンド取り付けるタイプは、位置自由度が低いが、頭には比較しっかりと固定できバンド目立ちにくい。髪の毛後方にすこし引っ張りながらバンド着け、髪を元に戻すとバンドの部分髪の毛で隠すことができる。

※この「着用」の解説は、「ファシネーター」の解説の一部です。
「着用」を含む「ファシネーター」の記事については、「ファシネーター」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 07:09 UTC 版)

スリングショット (水着)」の記事における「着用」の解説

元々の発祥地1980年代末から1990年代前半にかけてアメリカフロリダであり、ビキニコンテストでの着用がスリングショットブレークきっかけである。この頃フロリダのビキニコンテストはスリングショット着た女性溢れ中にはプロスリングショットモデル彼女たち通称「サーキットガール」と呼んだ)もおり、彼女たちさまざまなコンテスト毎回異なスリングショット着用しては、ファン楽しませた。サーキットガールは日本で言うローカルなグラビアアイドルに近い存在だった。サーキットガールたちは、スリングショット着てダンス披露するためにビキニバイトと呼ばれる接着剤使い水着胸の部分と胸接着してズレ防いでいた。サーキットガールは自らほぼ裸に近いスリングショットをビキニコンテストで着用し賞金稼ぎ生計建てた当時フロリダローカル番組ではビキニコンテストの内容放送されていた。「bikini beach party」というビキニコンテストのVHS発売されることもあった。フロリダのビキニコンテストやスリングショット日本国内でも『世界まる見え!テレビ特捜部』で1994年紹介されたが、本場のモデルCindy Richというサーキットガール)がスリングショット着てスタジオ登場した。彼女の着たデザインフロント全体にラメ施され後ろテグスのような細い糸1本あるだけとてもセクシースリングショットだった。また彼女の紹介VTRでは黒のメッシュタイプのスリングショット(胸に星型パッチ)を着ておりそれも後ろ黒い紐1本のとても露出の多いスリングショットだった。それを含めゴールデンタイムとは思えない過激な内容であった同じくして日本人企画着たものだと日本テレビ系列の『投稿!特ホウ王国』にて「これ以上はとても・・・日本一大胆な水着で泳ぐ美女」「ここまでやるか!日本一大胆な水着で泳ぐ美女」というネタがありどちらも公共プール施設にてスリングショット着て泳ぐ女性映像存在した日本では過激なデザインとして捉えられグラビアアイドル一部見られる程度となっており、一般に使用される水着としてはあまり見られていない逆に露出プレイの一環として公共プールなどでこの水着をあえて着用する女性少なくない男性用のものもあり、テレビ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』放送され人気コント放課後電磁波クラブ」で今田耕司東野幸治着用したことでも知られている男性用 男性ビキニ着用した場合は、マンキニ(英語:mankini、manと、bikiniかばん語)と呼ばれる。これは2006年5月行われたカンヌ国際映画祭映画ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のプロモーションで、主演俳優サシャ・バロン・コーエン蛍光緑のマンキニ姿を披露したことから有名になった。イギリスニューキーなど、一部海水浴場では着用を禁止されている。 2009年にはコリンズ英語辞典収録され2011年8月にはオックスフォード英語辞典にも記載されることが決定し話題になった日本では「ムタンガ」(Mutanga)と銘打ってこの水着販売しているところが存在する

※この「着用」の解説は、「スリングショット (水着)」の解説の一部です。
「着用」を含む「スリングショット (水着)」の記事については、「スリングショット (水着)」の概要を参照ください。


着用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 06:46 UTC 版)

メンズブラ」の記事における「着用」の解説

女性向けブラジャー男性にはアンダーバスト足りないことがあり、ゴムひもなどでホック引っかけて留めるホックかからないまま放置する伸び縮みするスポーツブラを使う、外国人に合わせて作られた輸入品ブラ使用するアンダー長くする製品使用するなどの措置とられる2008年11月には、この問題発生しないよう男性用独自に製作されメンズブラ東京の「ウィッシュルーム」から発売され楽天ランキング1位となった2012年においては1日6程度ペース売れている上に着る下着ワイシャツ白いものだと、ブラジャー外に透けることがある。これは通常の生活をしている男性にとっては不都合であるため、グレイや紺などの下着着けことがある店頭での購入抵抗がある場合には、通販購入する者もいる。店頭購入する場合試着困難であるため、自分に合うサイズ見つけるのが難しいとされている

※この「着用」の解説は、「メンズブラ」の解説の一部です。
「着用」を含む「メンズブラ」の記事については、「メンズブラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「着用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

着用

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 09:01 UTC 版)

この単語漢字
ちゃく
第三学年
よう
第二学年
音読み 音読み

発音

ちゃ↗くよー

名詞

(ちゃくよう)

  1. 衣服装具類等を身に付けること。また、衣服等に装具類等を取りつけること。

動詞

活用


「着用」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「着用」の関連用語

着用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



着用のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの着用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパーシン (改訂履歴)、略綬 (改訂履歴)、スル (改訂履歴)、サパンペ (改訂履歴)、マタンプシ (改訂履歴)、カマーバンド (改訂履歴)、小直衣 (改訂履歴)、ファシネーター (改訂履歴)、スリングショット (水着) (改訂履歴)、メンズブラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの着用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS